オギハラ食品

qrcode.png
http://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

オギハラ食品株式会社 福岡県

   
「ごまたかな」の先駆け企業
 
 
オギハラ食品 社屋全景
オギハラ食品 社屋全景
 

<企業紹介> オギハラ食品株式会社

<企業紹介> オギハラ食品株式会社
 
絶対的な定番商品「ごまたかな」

 〝ごまたかな〟のパイオニアメーカーである同社は、大正5年創業。その間、沢庵や楽京を取り扱っていた時期もあったが、高菜漬は創業以来ひとすじに製造を続けている。

 その歴史の中で、「ごまたかな」というヒット商材が生まれ、同社を高菜漬の中でもトップ企業に押し上げる原動力となった。
 ごまの芳ばしい香りが高菜独特の臭みを消し、食べやすさが消費者に受け入れられた。また、大手弁当チェーンの「高菜弁当」に採用されたことも売上増に拍車をかけた。

 その後も「ラーメン高菜」「明太子高菜」などで、高菜カテゴリでのシェアを伸ばしている。

 「ごまたかな」は、吉本興業が選出する「47シュフラン」〝2016ご飯のお供部門〟の金賞を受賞している。

 
また「ごまたかな」は、日本経済新聞が実施した「日経POSセレクション2017」で164品目のひと品に選ばれた。
 
※「日経POSセレクション」とは?
 ユニークな商品開発やマーケティングを武器に急成長する商品にスポットを当てたい。そんな思いから日経POSセレクションは創設されました。
 ニッチ市場で彗星のように姿を現し、快走を続ける商品でも売上高やシェアなど既存のモノサシではキャッチできない、そんなジレンマに一石を投じ、今注目したい商品にフォーカスを当てていきます。
 初回となる日経POSセレクション2017は、2016年4月から2017年3月の実売データを使い164点を選定。(「日経POSセレクション」特設サイトより)

http://nkpos.nikkei.co.jp/posselection
 

<おススメ商品>

<おススメ商品>
 
博多の名物コラボ「明太子高菜」
 オギハラの「明太子高菜」は、付け合わせの「漬物」ではなく、より「惣菜」に近い商材としての利用を見込んで開発された。
 九州を代表する二大名産品の明太子と高菜漬のコラボレーションで、しっとりと甘辛い味付けに仕上げている。明太子のひと粒ひと粒が際立つ食感と旨味にこだわった一品である。
 日経POSデータでは「元祖ごまたかな」に次ぐ人気を誇っている。
 
 
オギハラ食品の事務所
明るく清潔なオギハラ食品の事務所
 
オギハラ食品のテストキッチン
オギハラ食品のテストキッチン。商品の試作や検査などが行われる
 

記者のココがイチ押し!

記者のココがイチ押し!
 
 大ヒット商品である「ごまたかな」は刻み醤油漬だが、同社が実は、業界内で早い時期から「油炒め」を始めた企業であることはあまり知られていない。長く培ってきたその技術力が、ごまたかな以後も「ラーメン高菜」や「明太子高菜」などのヒット商品を生み出す原動力となっている。(担当記者:菰田隆行)
 

オギハラ食品 プロモーションビデオ

オギハラ食品 プロモーションビデオ
 

ラーメンにこだわる人のための高菜 特別MOVIE!

こだわりぬいたスープにマッチした高菜をセレクトして頂くために、ラインナップを充実!

 

<企業情報>

<企業情報>
 
会社 オギハラ食品株式会社
代表
代表取締役 荻原 浩幸
創業 大正5年4月
業務内容 高菜漬の製造及び販売
住所(本社) 〒836-0026 福岡県大牟田市浜田町20-7
電話(代表)
0944-52-3003
FAX 0944-51-3003
HP www.ogihara-foods.co.jp/
メール
 
   
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921