前田食品工業有限会社

qrcode.png
http://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

前田食品工業有限会社 佐賀県

   
九州特産の高菜、本物の味を追求
 
 
 相知高菜の畑
 

<企業紹介> 前田食品工業有限会社

<企業紹介> 前田食品工業有限会社
 
前田食品の高菜乃華シリーズ
高菜乃華シリーズ

 毎年、ゴールデンウィークに開催される「有田陶器市」で有名な佐賀県有田町にて創業以来、一貫した漬物製造卸の会社として、半世紀にわたり高菜漬製造に専念している。
会社の理念として、
1.安心、安全なる原料は健康な土壌から。
2.伝統の製造方法を大切にする。
3.国内原料にこだわり、製品に妥協はしない。
これらを掲げ、安心かつ美味しい製品を食卓に届けている。
漬け込みは、発酵菌が棲みついた昔ながらの木樽に、一株一株丁寧に塩とウコンを加えながら、手作業で並べていく。これにより、乳酸発酵した美味しい高菜漬ができあがる。

 

<オススメ商品> 幻の高菜・相知高菜 「本場の本物」に認定

<オススメ商品> 幻の高菜・相知高菜 「本場の本物」に認定
 
「本場の本物」の認定証

 製品の中でも、高級仕様の「高菜乃華」シリーズの評価が高い。「葉がくれ」(レギュラー)、「辛子高菜」、「辛子めんたい高菜」などがあり、やや高めの価格設定ながら安定した売れ行きを示す。特に「辛子めんたい高菜」は、お土産品として定着している。
 一方、佐賀県唐津地区で〝幻の高菜〟と呼ばれた「相知たかな」の復活に取り組み、見事に再生させた。その努力が実り、平成25年5月に、その相知高菜が「本場の本物」に認定された。

 「本場の本物」とは、食品産業センターが策定する認証マーク。製造者を中心とする地域の団体もしくは特認者が定めたこだわりの基準を、同センターが設置した審査専門委員会がチェックした上で、はじめて商品に表示できるようになるもの。

 「相知たかな」のアイテムは「姿もの」「ごま高菜」「葉がくれ(油炒め)」「辛子高菜」「辛子めんたい高菜」など。通常本漬高菜に使用される品種・三池高菜よりも、葉部の割合が多く、繊維も柔らかいのが特徴である。

 
 
相知高菜「辛子高菜」
 
相知高菜の「ごま高菜」
相知高菜「ごま高菜」
 
相知高菜「めんたい高菜」
相知高菜「めんたい高菜」
 
相知高菜「高菜炒め」
相知高菜「高菜炒め」
 

記者のココがイチ押し!

記者のココがイチ押し!
 
 明治27(1894)年創業、120年を超える歴史を持つ同社。漬物カテゴリの中では比較的安価な商材だった高菜漬を、「高菜乃華」などのブランドでいち早く「高級路線」へとかじを切った同社の功績は大きい。その集大成が、「相知たかな」の復活である。ひと味違う同社の高菜漬をぜひ一度、ご賞味ください。(担当記者:菰田隆行)
 

<企業情報>

<企業情報>
 
会社 前田食品工業有限会社
代表
代表取締役社長 前田節明
創業 明治27年
業務内容 高菜漬各種 製造卸
住所 佐賀県西松浦郡有田町本町丙1497-10
電話 0955-42-4019
FAX 0955-42-5140
HP http://www.maeda-shokuhin.jp/index.html
メール
   
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921