五味商店

qrcode.png
http://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

株式会社五味商店 千葉県

   
全国から厳選した商品を紹介する「こだわりの食品問屋」
 

<企業紹介> 株式会社五味商店

<企業紹介> 株式会社五味商店
 
「こだわり商品展示会」
「こだわり商品展示会」

 消費者の本物志向が高まる中、全国から厳選したこだわり商品を紹介する食品問屋が株式会社五味商店。同社では、「安全安心」「美味しい」「本物」「健康」という4つの視点で商品をセレクト、無添加製品など素材にこだわった食品を取り揃えている。
 取り扱いアイテム数は、全国1500社の約20000点。その大多数を占めるのが地方の中小零細企業だ。高品質なものづくりを行いながらも売場を持てない地方メーカーが多い一方で、売場側は地域性の高い商材を求めている。この両者の橋渡し役を担い、地域商材を表舞台に送り出すのが同社の役割といえる。最近では、地方自治体や中小企業基盤整備機構との連携が進み、さらに魅力的な商品が集まっている。

 
「さしすせそ 味くらべ」コーナー
「さしすせそ 味くらべ」コーナー

 毎年2月に開催される『スーパーマーケット・トレードショー』における「こだわり商品コーナー」、7月に東京・丸ビルで開催される「こだわり商品展示会」は、それぞれ100社以上のメーカーが出展する一大イベントとして知られ、有名百貨店や高質スーパーのバイヤーらを中心に、本物志向のアイテムや地域性の強い商品を求める来場者で賑わいをみせる。
 様々な食品群の中で、同社が特に力を入れるのが日本の伝統調味料「砂糖・塩・酢・醤油・味噌」。2月の「こだわり商品展示会」では「さしすせそ 味くらべ」コーナーを設け、全国から700以上のアイテムを厳選し試飲を行っている。「和食のベースである伝統調味料を使用してもらい、日本食文化を後世に残すことも我々の使命」と寺谷健治社長は食育にも力を注ぐ。

 

<寺谷社長の思い>

<寺谷社長の思い>
 
寺谷社長
寺谷社長

 同社の寺谷社長は、「簡単便利な食文化が根付くことで、古くから続いてきた伝統的な食文化が失われつつある」と懸念する。しかし、ここにきて流れが変わってきた。時間をかけてじっくりと熟成させた醤油や、添加物を使用せず素材の味を丁寧に引き出した加工食品など手間暇かけてつくられたモノへの理解が進んでいる。
 また、若者でも本格的なダシをとるなど、より本物の味を求める人が増えてきた。その背景には、健康志向や安全安心への意識の高まりと共に、インターネットの普及により、個人が自分好みの食品を選択できるようになったことがあるという。今後は、社会の中心層となっていくミレニアルズ(1980年~1999年頃に生まれた世代)の消費形態に対応し、”モノ”から”コト”へと価値発信の基準を変えていくことも大切だと指摘する。

 
『スーパーマーケット・トレードショー』の「こだわり商品コーナー」
『スーパーマーケット・トレードショー』の「こだわり商品コーナー」
 毎日の食卓が無添加製品など健康的な食品に変われば、国民の健康寿命が伸び将来的な社会保障費の削減にもつながる。日本の伝統的な食文化を継承し、日本人の健康を守る。
 寺谷社長の思いは少しずつ日本の食卓を変えている。
 

<企業情報>

<企業情報>
 
会社 株式会社 五味商店
代表
代表取締役 寺谷 健治
創業 1931年3月1日(昭和6年)
業務内容 農水産加工品卸、小売業
住所(本社) 千葉県我孫子市本町3丁目4番9号
電話(代表)
04-7183-7700
FAX 04-7183-7710
HP http://www.5-3.co.jp/index.html
メール
 
   
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921