株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
http://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

漬物 佃煮 エンタメ/スポーツ2015

   
このページでは 漬物・佃煮など和日配をテーマにした活動で活躍される方や、その活動を紹介しています。
バックナンバー <2014
 
 

ためしてガッテン 粕漬の魅力を紹介 マイ・粕床でおいしく

ためしてガッテン 粕漬の魅力を紹介 マイ・粕床でおいしく
 
 酒粕のおいしさパワー全開「かす漬け」の魅力が、NHK「ためしてガッテン」(2015 [平成27] 年11月25日放送)で紹介された。
 同番組では5年前にも酒粕の効能が紹介され、「百薬の長」とも称された。今回は、奈良時代からの歴史がある「かす漬け」と、家庭で簡単に作れる「マイ・かす床」の作り方にスポットを当てた。
 漬物大使に任命されているタレントの高橋愛さんが奈良のかす漬け専門店、㈱今西本店(奈良市)を訪れ、6年~16年もののかす漬けとご対面。普通の奈良漬よりもっと色が黒いかす漬けに戸惑うが、同社の今西泰宏氏は「10年ものは味の芸術品」という。スタジオゲストも試食し、その奥深い味わいに感銘した。
 これは、酒粕をしっかり踏み込む(3時間踏み込み、半年寝かせる)ことで、麹菌が死滅する時に酵素を生み出し、糖やアミノ酸を増やす「アミノカルボニル反応」が起きるため。これにより、粕の色が白→茶色→黒と変化し、糖が約5倍、アミノ酸(うまみ)が約1・8倍に増え、コクが増す。ウリで6年、スイカで8年、ひょうたんで16年漬けたものでも食べられるのは、酒粕に塩分が全く入っていないためだ。漬ければ漬けるほど、酒粕のうまみが素材に染みこむのだという。
 次に、㈱小林春吉商店(神戸市東灘区)の小林大祐社長が登場して、普通の酒粕を家庭でも簡単に踏み込み粕に近づける方法を紹介した。酒粕をバラして、みりん(または清酒・焼酎等のアルコール分)を加え、電子レンジで40秒ほど温めるだけ。
 40~50℃が酵素活性が最も起こりやすい温度帯で、これをよくつぶしてペースト状にすれば出来上がりだ。あとは、冷蔵庫では酵素が働かないため常温で保存し、野菜・肉・魚など好きなものを漬け込めばよい。
 また、奈良女子大の生徒が50品目もの様々な食材を漬け込む実験を行い、街角で試食アンケートを実施。干物・イカ・ホタテ・チーズ・パン・ささみ・パスタ・おにぎり・枝豆・干し椎茸などが好評だった。中でも一番人気だったのが、なんとマシュマロ。卵白のたんぱく質を酵素が分解し、うまみに変化させるためだという。
 「マイ・かす床」の作り方は、同番組のホームページで見ることができる。
 
NHK「ためしてガッテン」 http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20151125.html

 
 

フジTV「ノンストップ」 吉岡屋のべったら漬など紹介

フジTV「ノンストップ」 吉岡屋のべったら漬など紹介
 
築地・吉岡屋のべったら漬
 フジテレビ・朝の情報番組「ノンストップ」(2015 [平成27] 年11月30日放送)で漬物が特集された。
 銀座の老舗寿司店でこの季節お口直しにだされる旬の漬物として紹介されたのが「べったら漬」。
 築地・吉岡屋の水谷幸男店長が漬物通が選ぶべったら漬としてクイズ形式で「皮付きべったら漬」を紹介、スタジオで同社のべったら漬の実食が行われた。
 また、新選組が愛した漬物として奈良漬が紹介され、京都・近清の刻んだ奈良漬・沢庵・ねぎ味噌のお茶漬け、長野県・野沢温泉村で年明けに食べられている野沢菜漬として、とみき漬物のべっこう漬と本漬けの試食がスタジオで行われた。
 
株式会社吉岡屋 http://www.tokyo-tsukemono.com/yoshioka/
フジテレビ「ノンストップ」 http://www.fujitv.co.jp/nonstop/index.html
 
 

ミソガール トキ米応援大使に任命

ミソガール トキ米応援大使に任命
 
佐渡で田植えを行う藤本代表(右)
味噌の魅力を国内外へ発信
 味噌を食し、美と健康を目指して味噌のPR活動を行っているミソガールの藤本智子代表が「朱鷺と暮らす郷(トキ米)」応援大使2015に任命された。
 トキ米とは、生き物との共生を大切にした農法で育てられた佐渡産の米。佐渡はそうした農業の姿が世界に認められ、世界農業遺産にも認定されている。藤本代表はトキ米大使として、自身が編集長を務める味噌の専門誌「ジャパン味噌プレス」やブログなどで、トキ米や佐渡の魅力、「ご飯と味噌汁」の大切さを伝えていく。
 5月には頭にお椀をのせて田植えを行った他、トキ米で作った麹で味噌仕込みを実施。8月1日には田んぼの草取り&生きもの調査を体験し、5月に仕込んだトキ味噌の天地返し作業を行った。体当たりで奮闘し、味噌の最高のパートナーであるトキ米をPRしている。
 
佐渡産コシヒカリ「朱鷺と暮らす郷」
 10月21日にはイタリア・ミラノで開催されている食の博覧会にて日本館イベント広場で行われる佐渡市のPR活動に参加することも決定。同会場では手作りの即席味噌汁「みそまる」のパフォーマンスも行う予定だ。ミラノ万博日本館サポーターにも任命されているミソガールが国内外に味噌の魅力を発信する。
 藤本代表は、自分とまだ見ぬわが子のためにキレイな体を贈る『ゲシェンク』(ドイツ語で贈り物という意味)プロジェクトを立ち上げ、美と健康について調べてたどり着いたのが日本の伝統的な調味料である味噌。以来、味噌を学び、味噌を食し、味噌の魅力を伝えることを目的に、365日味噌活(味噌を楽しむ活動)を宣言。藤本代表は自ら「ミソガール第1号」として味噌の普及、促進に取り組み、全国に約30人いる「ミソガール」のリーダー役となって日々奮闘している。
【2015(平成27)年8月31日第4815号3面】
 
ミソガール http://miso-girl.com/
 
 

みなべ町 内山、八重樫選手が梅干をPR

みなべ町 内山、八重樫選手が梅干をPR
 
小谷町長(中央)とプレゼントされた梅製品を持つ内山高志選手(左)と八重樫東選手(みなべ町提供)
ボクサーの疲労回復に
 【大阪支社】ボクシングのファイトにも梅干が良い ― と、日本一の梅産地南紀(和歌山県)のみなべ町(同町芝)を訪れた世界ボクシング協会(WBA)スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志選手と、元世界2階級王者の八重樫東選手が7月中旬に小谷芳正同町長と懇談し、明らかにした。
 二人はボクシングの名門として知られる拓殖大学の卒業生。県内白浜町湯崎の漁業振興施設「フィッシャーマンズワーフ白浜」であった県内の卒業生でつくる拓大学友会県支部の総会の席にゲストとして招かれ、同地を訪れた時にみなべ町役場に小谷町長を表敬したもの。
 この席で、二人は「梅干は良く食べている。夏の時期の塩分補給やクエン酸の疲労回復効果もあり、梅干を食べる効果は大きい」と語ったとされる。
 二人と交流があり、同席した拓大OBで梅干の有力メーカー、マルヤマ食品株式会社(丸山幸雄社長、みなべ町西本庄)の丸山社長が、「今年の梅の日に因んで実施された梅で健康のまち宣言のPRに一役買えれば…」として小谷町長表敬に尽力し実現したもの。
 小谷町長は、2人にスポーツ時に最適な梅干「ウメパワプラス」や紀州みなべ梅干協同組合(杉本宗一理事長)が作ったゼリー飲料「梅アクティーボ」、梅肉を使った「梅歯みがき」などをプレゼントした。
 小谷町長は梅干で脂肪が減少する研究を進めていることを話し、二人が活躍することで梅干にも理解が深まれば、などと懇談したという。
 同町うめ課によると、スポーツと梅干を絡めてアピールする取り組みの一環として、2人には今後も継続的に梅干や梅関連製品を贈って支援し、梅干のPRに協力してもらうと、している。
【2015(平成27)年8月24日第4814号5面】
 
紀州みなべ梅干協同組合の加盟社一覧 http://wakayama.tsukemono-japan.org/list_minabe.html
 
 
 

滋賀漬協 近江米のPR お笑いタレント宮川大輔さんが〝近江米PR隊長〟に就任

滋賀漬協 近江米のPR お笑いタレント宮川大輔さんが〝近江米PR隊長〟に就任
 
金井理事長らステージで近江漬物(日野菜漬)をPR
 
三日月知事(左)と、近江米PR隊長に任命された宮川さん(右)
   
 近江ブランドのPRを図る滋賀県(食のブランド推進課)は2015(平成27)年6月26日、消費者で賑わう平和堂などのショッピングセンター〝ビバシティ彦根センタープラザ〟を会場に『もっと食べよう「近江米」!県民運動キックオフ』イベントを開催。かねてより「お米の消費拡大で漬物のアピールを」と唱えていた滋賀県漬物協同組合・金井長光理事長は、ご飯には欠かせない食文化として、地元の特産漬物「日野菜漬」を提供しアピールした。
 主催したのは県や滋賀県農協中央会などで作る滋賀県米消費拡大推進連絡協議会(会長=三日月大造知事)。三日月知事から滋賀ゆかりのお笑いタレント宮川大輔さんを〝近江米PR隊長〟に任命する式典も賑やかに行われ、宮川隊長は炊き立てのご飯を食べながら〝うまい〟を連発。
 この後、ステージで滋賀漬協が提供した日野菜の漬物、シーズンの湖魚、小鮎の塩焼き、佃煮を食した。滋賀漬協からは金井理事長らスタッフがステージで「近江は四季を通じた伝統野菜がある。それを加工する技術もある。もっと食べてもらいたい」と地元の近江漬物を熱くPRした。
【※本文は一部割愛、詳細は2015(平成27)年7月6日第4809号4面で】
 

 
 

中田食品 新TVCMスタート 川澄選手が「梅なでしこ」PR

中田食品 新TVCMスタート 川澄選手が「梅なでしこ」PR
 
 明治30年創業の中田食品株式会社(中田吉昭社長、和歌山県田辺市)の新テレビCMが「梅の日」に当たる2015(平成27)年6月6日からスタートした。
 同社梅干製品「梅なでしこ」の製造・販売事業のイメージキャラクターである女子サッカー日本代表の川澄奈穂美選手がユニホーム姿ではなく、大和撫子をイメージさせる和服の装いで登場し、「さわやかな酸味、やさしい甘みが好きです。梅なでしこ」とPR。上品に梅干を食べるシーンが印象的なCMとなっている。
 7日に開幕したサッカー女子ワールドカップ(カナダ大会)の主力選手として期待される女子日本代表MF川澄選手のサッカーに対する情熱は、同社が創業以来持ち続けてきた誠心誠意お客様に尽くすという企業姿勢と共通するものがあり、川澄選手の知名度と好感度は「商品をこよなく愛していただきたい」という同社の思いを伝えていくために最適であるとしてイメージキャラクター起用が決定。また、今回のトップアスリートの起用によりスポーツとクエン酸・ミネラル補給の関係性からみた〝新しい梅干の食提案〟を行っていく。
 清楚で可憐でありながら心の強い日本人女性=〝やまとなでしこ〟をイメージし、その〝やまとなでしこ〟の凛とした強さをもって世界へはばたけるよう願いを込めて名付けられた「梅なでしこ」。パッケージには可憐な梅の花をあしら女性らしさを表現。原料には「特選紀州梅干」だけを使用しており、果肉たっぷりでやわらかくとろけるような食感が特徴の梅干。
 
 味付けは梅干らしいさわやかな風味を生かしつつ、やさしい口当たりに仕上げた発売以来、12年以上の人気を誇る減塩梅干の「新」定番。弁当、おにぎり、お茶うけなどにも利用できる大粒の紀州南高梅だ。
 2連覇を狙う女子日本代表にあって、エース級の実力、人気を誇る川澄選手。『梅なでしこ』パワーで日本を再び頂点に導く。
 
中田食品株式会社 http://www.nakatafoods.co.jp/
 
 

前田瑠美さん(かごしま漬物大使) ディナーショーを開催

前田瑠美さん(かごしま漬物大使) ディナーショーを開催
 
デビュー6周年記念 帝国ホテルで
 鹿児島県の「つけもの大使」で本紙の「漬物ウーマン」にも登場した、〝闘う歌姫〟こと前田瑠美さんが来る7月7日、帝国ホテル(本館3階「富士の間」)で「デビュー6周年記念・ワンマンディナーショー」を開催する。
 日時は、7月7日(土)18時開場、18時30分開演。料金は一人2万円(料理・飲み物付き。サービス料・消費税込)。
 前田さんは、平成音楽大学声楽科卒、米・カーネギーホールでのミュージカル出演の他、女優・司会など幅広く活躍。東日本大震災被災地への慰問も続ける。第25代ミス鹿児島で、かつ極真空手全日本チャンピオンという異色の経歴。歌とともに、空手で「瓦割り」なども披露するステージが人気を呼んでいる。
 最近では、大手スーパー「ダイエー」のテレビCMメーンキャストへの起用や、関東近県での1日警察署長、警察学校での講演、飲酒運転撲滅キャンペーンのポスターなど、新しいジャンルの仕事にも挑戦中。
問い合わせは、タイズエンタープライズ 前田瑠美音楽事務局
TEL03―6311―0984
前田瑠美オフィシャルサイト http://maedarumi.main.jp/
 
 

岡畑農園 梅干と梅飲料提供 プロ野球のオリックスに

岡畑農園 梅干と梅飲料提供 プロ野球のオリックスに
 
岡畑農園の製品を前に
 
オリックスのエース・金子千尋投手
   
 【大阪支社】梅干の有力メーカー株式会社岡畑農園(和歌山県田辺市上芳養1809)は、日本プロ野球史上初!?と見られるオリックス・バファローズ(大阪市西区)のオフィシャルスポンサーとして「梅干」と完熟梅のエキスを凝縮したクエン酸飲料「梅宝水」を提供すると発表した。
 今回のスポンサー契約のPRには、オリックス・バファローズのエース、金子千尋投手が協力している。
 金子投手は「体は疲れないのが一番!『クエン酸』の補給は日頃から心がけています。梅干や梅宝水は、美味しくてさらにクエン酸がとれ健康に良いので、何よりですね。岡畑農園さんの梅干は『幻の梅』も好きですが、特に『うまい梅』が好きで、家や遠征先で食べています。一日で、朝3粒・夜5粒食べたりして『そんなに食べるんですか!?』と他の選手にビックリされたりしています(笑)」とコメントしている。故障の経験から体調管理に人一倍気を使っている金子投手らしく梅パワーを存分に活用していることを明らかにしている。岡畑農園は、選手の体のケアのためオリックス・バファローズ優勝を祈願して、一年間「梅干」と「梅宝水」を選手に提供する。
 良い仕事のためには健康が第一で、これによりオリックスの今年の優勝に期待が高まっている。
 「梅宝水」の特長は次の通り。
 ●完熟梅のエキスを凝縮したすっきり味のクエン酸飲料。●ビタミンCがレモンの約60倍も含有されている「カムカム」の粉末果汁を含有。●ハチミツの栄養分・オリゴ糖が配合。
 <商品概要>
 商品名‥梅宝水、小売価格=税込3672円(280ml×12本)、賞味期限=1年間。
 一方、「梅干」では、安全な有機肥料だけを使い、紀州梅を減農薬で栽培、合成保存料・着色料・甘味料一切不使用、紀州上芳養の天然水をオゾン殺菌して使用。工場は、オゾンガス殺菌し衛生管理を徹底。和歌山食品衛生管理認定など多数の受賞歴を誇る。 詳しい問い合わせは同社担当、営業部、伊藤氏まで。電話0739‐37‐0111、E-mail:itou@okahata.com
 
株式会社岡畑農園 http://www.okahata.com/
オリックス・バファローズ  http://www.buffaloes.co.jp/index2.php
 
 

茨城マルシェ ねば~る君もPR 上野東京ライン開業記念

茨城マルシェ ねば~る君もPR 上野東京ライン開業記念
 
茨城県広報監の三輪貞夫氏
 
だるま納豆が無料配布された
 
吉本芸人フルーツポンチの村上健志さん
 
村上さんとねば~る君
   
    ねば~る君も体を張ってPR
 茨城県の名産品・地産品を紹介するアンテナショップ「茨城マルシェ」(東京都中央区)が2015(平成27)年3月20日、上野東京ライン開業を記念して「ねば~る君の〝伸び~る茨城〟PRイベント」を開催した。
 JR東日本において14日より運転が開始された「上野東京ライン」で、常磐線は東京駅や品川駅まで延伸される。
 主催者挨拶に立った茨城県広報監の三輪貞夫氏は「東京から茨城がちょっと近くなったということで、常磐線を使って来ようかなという人が増えればと期待している。この機会に実際に茨城まで来てもらい、その魅力を大いに感じて頂きたい」と述べた。
 続いて、県非公認キャラクターねば~る君と牛久市出身の吉本芸人フルーツポンチの村上健志さんが登場。ねば~る君の一日店長就任セレモニーが開かれるとともに、村上さんとのトークバトルではさながら漫才のような息の合った掛け合いを披露。開業を祝福して、体を張って得意のパフォーマンスを披露するなど大奮闘した。
 また、茨城マルシェ店頭では開業の3月14日にちなんで314個のだるま納豆(だるま食品株式会社)を来場者に無料配布。大いに茨城をPRした。
 
茨城マルシェ http://ibarakimarche.com/
 
 

関西テレビ 情報番組『ウラマヨ!』 東海漬物・小村美香さん出演

関西テレビ 情報番組『ウラマヨ!』 東海漬物・小村美香さん出演
 
 ものごとの裏側に迫る番組「ウラマヨ!」(関西テレビ・毎週土曜、13時放送)は2月28日、「みんな大好き〝あつあつ白ご飯〟にピッタリのご飯の供」と題し、放送。
 番組では、「53年のロングセラー!〝きゅうりのキューちゃん〟の裏側を大公開」として、東海漬物(大羽泰史社長・愛知県豊橋市)を代表する漬物「きゅうりのキューちゃん」が紹介され、本紙(2014年7月28日号)の「漬物WOMAN」でもインタビューした、漬物機能研究所の要素技術開発グループ兼商品開発グループの小村美香主任も出演した。
 漬物機能研究所に訪れたリポーターは小村主任の仕事ぶりを紹介したり、3月にリニューアル予定の同商品の味の最終確認として、責任者である商品開発グループの長野雄平主任を中心に話し合いしている場面も撮影した。
 その後、小村主任の自宅にも訪問。女性らしい清潔感のある部屋には、漫画「ONE PIECE」の人形が、ずらり。「趣味で集めている」と、意外な一面も見せた。また、冷蔵庫の中も披露され、見慣れない瓶詰めの漬物が置いてあり、リポーターが話を聞くと、自家製の漬物「ピーマンのピーちゃん」とのこと。味については高評価であった。
 さらに、小村主任が普段楽しんでいる「キューちゃんレシピ」として、刻んだキューちゃん、しらす、ゴマを混ぜたおにぎりが紹介された。極め付けとして、キューちゃんの漬け汁をご飯に掛けて食べる方法を提案。「ちょっと濃い目の出汁茶漬けみたい」(リポーター)とした。
 スタジオでは、「500種類以上食べた漬物女子」として出演し、漬物が好きになった理由として「祖母の家に漬物小屋があるような田舎で育ち、漬物はみかんと同じ感覚で、テーブルに置いてあった。暇さえあれば、手作りの漬物を食べて育ちました」と笑顔で答え、出演者の1人から「小村さん美人だね」、「どうしてそんなにかわいいの?」と褒められ、はにかむ姿も見せた。
 また、新フレーバーが存在するそうで、長野主任は「個人的に開発しているもので、まだ上へ話しを通していない未発表品です」とし、キューちゃんトマト味とすき焼き味を出演者らに振舞った。
 
「ウラマヨ!」公式サイト http://www.ktv.jp/uramayo/index.html
 東海漬物株式会社 http://www.kyuchan.co.jp/
「漬物WOMAN」東海漬物・小村美香さんの掲載ページはこちら
 
 
 

豊ノ島関 T-1決勝の審査員務める 公認漬物大使にも就任

豊ノ島関 T-1決勝の審査員務める 公認漬物大使にも就任
 

2015(平成27)年2月22日に千葉県千葉市のイオンモール幕張新都心グランドモールにて開催された「第5回T―1グランプリ全国決勝大会」(林英邦実行委員長)において、時津風部屋の豊ノ島関が特別審査員を務めた。
 同イベントでは、法人の部及び個人の部の実食、審査を担当。その人気から会場中の注目を浴びるとともに、漬物をおいしそうに試食する様子が、来場者の食欲を誘った。
 また、T―1GPの公認漬物大使に就任することが発表され、林実行委員長から特製の名刺が贈られるとともに、今後の活動を約束した。
 表彰式では、法人の部グランプリ作品「一汁三菜のすゝめ」(㈲あっさり漬食品工業)に「体調が悪いときでも、ご飯が進むと思いました」と、そのやさしい味を巧みに表現。続く個人の部では、グランプリ作品「にんじんシリシリ漬」(神田光輝さん)を「5種類のニンジンが入っており、色合いや味の部分で際立ったものがありました」と的確に評するとともに、部屋の近所にお住まいの神田さんに「差し入れを期待しています」とおねだりするなど、会場を沸かせた。
 終了後、同イベントを振り返った豊ノ島関は、「どの作品もとてもおいしかった。今後は漬物を持って歩こうと思う」と述べた。また、今後の活動については、「全国各地に巡業にまわるので、いろんな漬物を食べて、感想をブログに書くなどしたい」と抱負を語った。
 豊ノ島関は1983年、高知県出身。高校卒業後に時津風部屋に入門。現在は前頭5枚目として、抜群の相撲センスと身体能力を生かし、活躍している。また、土俵を離れれば、ユニークな人柄で人気を博し、テレビにも多数出演。自身のブログも注目されている。

 

豊ノ島関のブログ http://ameblo.jp/toyonoshima-daiki/
 
 
 

TBS「マツコの知らない世界」で生姜 身体のポカポカ効果を実感

TBS「マツコの知らない世界」で生姜 身体のポカポカ効果を実感
 
 今度は生姜ブームが到来?
 2015(平成27)年2月3日に放送された『マツコの知らない世界』で、生姜が特集された。
 生姜の世界の案内役として登場したのは永谷園生姜部部長の矢島幸一氏。本紙でもインタビュー(2010年6月14日号掲載)した同氏が生姜の魅力について熱く語った。
 永谷園生姜部はシリーズ累計8000万食以上を販売するなどコンビニエンスストアでも人気商品となっている「冷え知らず」さんシリーズを開発。日本全国の生姜料理を食べ尽くした男は、「生姜は美味しい上に身体を温める食材なのです」とポカポカ効果をPR。マツコ・デラックスさんも「冬になると生姜の味が恋しくなるよね」と返した。
 「生姜部特選お店で食べられる生姜料理」では、飲み物としてWILKINSONのジンジャーエールと「冷え知らず」さんの生姜チャイ、おうどん銀座うららの「生姜鍋」、昨年9月8日号でインタビューした森島土紀子さんの祝茶房紅白手の「ジンジャー黒カレー」、生姜焼き専門店笑姜やの「生姜焼き」、美空の「生姜ラーメン」が紹介され、マツコさんが全て試食。「美味しい、体が温まる」を連呼した。温度が測定できるサーモグラフィカメラで試食前と試食後の温度を比べてみるとその差は歴然で、全身が真っ赤になるほど生姜料理によって体が温められていた。
 最後にすし「道」のガリが登場。奥多摩産の生姜を丸ごと塩漬にした後、甘酢漬にする。漬け込みには1カ月以上かかり、食べる前にスライスして提供される。マツコさんは「うま~い。ガリというより、ちょっとした一品みたいな感じね」と絶賛した。締めの一品として永谷園の生姜ミルク茶漬も紹介され、マツコさんは体が温まることを実感するとともに生姜ワールドに魅了されていた。(千葉友寛)
 
永谷園生姜部 www.shouga-bu.com/
 
 
 

味噌ガール バレンタインみそまる モーニングバードで紹介

味噌ガール バレンタインみそまる モーニングバードで紹介
 
土屋社長(右)と「みそまる」をPRする味噌ガールの藤本さん
 見た目はチョコレートだけど中身は味噌?
 味噌を食し、美と健康を目指して味噌のPR活動を行っている「味噌ガール」が作った「みそまる」(手作りの即席味噌汁)が2015(平成27)年2月13日に放映されたテレビ朝日の『モーニングバード』で取り上げられた。
 同番組は「味噌ガール」がスーパーマーケット・トレードショー2015の株式会社ジャポニックス(土屋勇蔵社長、大阪市西区)ブースでディスプレイしていた「バレンタインみそまる」をピックアップし、「味噌ガール」の藤本智子さんが作った3種類(和風、中華、イタリアン)の「みそまる」を紹介した。「みそまる」は、一杯分の味噌、だし、乾燥具材を丸めてだんごにしたもの。
 味噌汁を試飲したアナウンサーの羽鳥慎一さんは「美味しい」と絶賛。バレンタインのチョコレートのような見た目で、お菓子の箱に入った「みそまる」は女性を中心に多くの来場者に驚きを与えていた。
 藤本さんは「味噌汁をちょっとかわいく現代風にアレンジしようと思って考えました」と説明。「味噌ガール」は、バレンタインのプレゼントにチョコレートではなく、「みそまる」を提案している。
 
ミソガール http://miso-girl.com/
株式会社ジャポニックス www.japonix.co.jp/
 
 

遠藤食品・遠藤社長がラジオ出演 生姜の魅力PR

遠藤食品・遠藤社長がラジオ出演 生姜の魅力PR
 
 栃木県で放送されている「RADIO BERRY(レディオ ベリー)」の『とちぎのいいものがたり』で、遠藤食品株式会社(遠藤栄一社長、栃木県佐野市下彦間町)が紹介され、出演した遠藤社長が生姜の魅力をPRした。
 『とちぎのいいものがたり』の番組内容は、栃木のいいものとそのいいものを支える人の物語をテーマに、食にまつわるエピソードを紹介するもの。佐野市で生姜製品を製造、販売する遠藤食品が栃木県を代表する企業として紹介された。
 遠藤社長は会社の歴史や業務内容を紹介した上で、「生姜はがりや紅生姜が定番となっておりますが、ご飯に合うものがないということで『おかずしょうが』や『しょうがフレーク』を開発しました」と定番の食べ方以外の生姜製品を開発した経緯を説明。『おかずしょうが』はご飯のおかずとして、『しょうがフレーク』は様々な料理の薬味として利用できる食べ方を伝えた。「生姜はメーンではなく、脇役でいいと思っています。料理を引き立たせる名脇役として日本の食文化を支えてきました」と日本の食卓において生姜が欠かせない存在となっていることを強調した。
 『しょうがフレーク』を試食したパーソナリティーの吉田茜さんは、「シャキシャキとした食感で、口の中に生姜ワールドが広がります。ご飯に良く合う味で、また食べたくなります」と絶賛。遠藤社長も「白いご飯とも合いますが、半熟の目玉焼きに乗せる食べ方がお勧めです。私も毎日食べています」とお勧めのレシピを披露。「皆様の家庭の冷蔵庫にいつも生姜が置かれるような状況を考えています」と商品開発の方向性を示し、性別関係なく幅広い人に食べてもらえるように取り組んでいくことをテーマに掲げた。
 
遠藤食品株式会社 http://www.endo-foods.co.jp/
 
 
 

NHK「ひるまえほっと」 甘酒の健康パワーを紹介

NHK「ひるまえほっと」 甘酒の健康パワーを紹介
 

 甘酒が注目の商材としてテレビに取り上げられた。2015(平成27)年1月27日放映のNHK『ひるまえほっと』の「@ほっと」コーナーで、「女性に人気!甘酒活用術」をテーマとし、「今、女性たちから注目されている甘酒!栄養価が高く、調味料としても活用できるんです。甘酒の健康パワーについてたっぷりご紹介します!」と甘酒の魅力に迫った。
 東京農業大学の小泉武夫名誉教授は、「甘酒の主成分はブドウ糖で、エネルギー源になります。必須アミノ酸も甘酒の中に入っている他、人間が1日に必要なビタミンがみんな(全種類)入っています」と冷え対策、活力源、風邪予防などの効果が期待でき、栄養価がバランスよく一気にとれるため冬にぴったりの飲み物であることを強調した。
 残った冷やご飯でつくる甘酒、もち米で作る甘酒、餅で作る甘酒の作り方が紹介され、料理研究家の舘野真知子さんが甘酒活用レシピを紹介。甘酒を万能調味料として使用し、「砂糖もみりんも使わない甘酒鍋」、「だしいらずっ!甘酒で作る肉じゃが」、「さとうも生クリームも使わない!甘酒チーズケーキ」と料理の逸品からデザートまで幅広く使用できることをPR。健康効果だけでなく、調味料としても使用できる甘酒の可能性を広げる内容となった。

 

 

 

ぬかづけの素工業会 「ぬか床の日」制定

ぬかづけの素工業会 「ぬか床の日」制定
 
講演するアップダウン
 
 
「ぬか床の日」の記念日登録証を掲げる松井前会長(左)と長崎新会長
 
 全国ぬかづけの素工業会の総会
   
総会でぬかづけマンが講演
 
 全国ぬかづけの素工業会(松井義明会長)の平成27年通常総会が1月20日午2時過ぎより、愛知県あま市の漬物祖神を祀る萱津神社(青木節夫宮司)において開催され、大寒の日(今年は1月20日)を正式に「ぬか床の日」に制定したことを確認した。既に前年の総会で内定を得ていたことや12月の持ち回り会議等で承認手続きを終え、(一社)日本記念日協会に申請していたもので、登録証が総会で披露された。
 総会では、平成26年度事業報告並びに収支決算、監査報告を満場一致で承認可決すると共に、同27年度事業計画及び予算案を承認可決した。また、役員改選では、松井会長が勇退し、後任には、会計の長崎成任衛氏を新会長に、会計には里村大像氏がそれぞれ就任する人事を満場一致で可決した。総会の前段では、お笑いコンビのアップダウンの竹森功氏が「ぬかづけマンショーと食育教育」をテーマに「エディティメント(教育と娯楽の融合)」の概念を詳説し、「芸人が関わる教育活動に当初は批判的な声もあったが10年近く続ける内に賛同を得た」と語り、子供達に漬物を広めることに一役買う姿勢を強調した。この他の議案では、①新入会員承認の件に関して、有限会社樽の味(細田幸治社長、本社=和歌山県御坊市島661)からの申請を可決し、会員9社体制での運営を図って行くことになった。②全国で、ぬかづけマンショーを通じ、漬物の普及と啓蒙や食育イベントを展開する吉本興業所属の芸人・アップダウン(竹森巧、安部浩貴の両氏)の活動を後援する、③主に東日本のぬか漬の素メーカーで構成される日本いりぬか工業会との会員交流事業は引き続き進め、意思の疎通に努めることが確認された。特に、広報事業では業界紙への広告展開と共に、フェイスブックを通じての方法を模索するためにIT活用費を予算計上し長崎会長を中心に立ち上げを図ることが承認されHP開設よりも安価に対応できる手法を模索する事になった。
 総会終了後、会場を名古屋市内に移し、アップダウンの両氏を交えた懇親会を持ち、業界の現状と同工業会の今後について活発に情報交換が行われると共に懇親を深めた。
 
 
 

TBS「マツコの知らない世界」で漬物を紹介

TBS「マツコの知らない世界」で漬物を紹介
 
売り場活性化に期待集まる 東海漬物の小村美香さんが出演
東海漬物株式会社漬物機能研究所の小村美香主任
  平成27(2015)年1月13日21時から放送されたTBSテレビ『マツコの知らない世界』で約20分にわたり漬物が特集された。
 漬物の世界の案内役として登場したのは東海漬物株式会社漬物機能研究所の小村美香主任。マツコ・デラックス氏と軽快なトークを繰り広げながら漬物の世界を案内した。
 番組の主要テーマは、スーパーで買える絶品漬物と究極のお取り寄せ漬物ベスト5の2つ。スーパーで買える絶品漬物では、「きゅうりのキューちゃん(東海漬物)」「瓜味醂漬(大和屋守口漬総本家)」「ご飯がススムキムチ(ピックルスコーポレーション)」の3品が紹介され、キューちゃんバター、瓜味醂漬とクリームチーズのクラッカー、キムチツナ豆腐サラダといったアレンジレシピが披露された。
 また、究極のお取り寄せ漬物ベスト5では、第5位に「すんき漬(ひまわりマーケット)、第4位に「ごぼうとナッツの胡麻味噌漬(丸越)」、第3位に「しゃくしな漬(石川漬物)」、第2位に「ごはんが美味しいからし高菜(よしの味噌)」、第1位には「いぶりがっこ(雄勝野きむらや)」がランクイン。紹介された全ての漬物をマツコ氏がスタジオで実食。ご飯のおかわりを繰り返す豪快な食べっぷりは、お茶の間に「ご飯には漬物」のイメージを強烈に印象付けた。
 ツイッターとフェイスブックのツイートをまとめて検索できる「Yahoo!リアルタイム検索」では「漬物」という単語を含むツイート数が放送前2時間の342件から、放送中・放送後2時間で7214件と急増。「漬物食べたい」「小村さんかわいい」といったツイートが相次いだ。
 小村主任が所属する東海漬物の公式ホームページにも放送開始から視聴者のアクセスが集中。現在までに約3万件を超えるアクセスを記録するなど、注目を集めている。また、お取り寄せ漬物で1位にランクされた雄勝野きむらやの通販サイトにも注文が殺到。当日夜だけで300件以上の発注があり、その後アクセス集中によりサイトがダウン、現在も注文が続いている。
 スーパーの漬物売場でも、「マツコも大好き」といったPOPによる販促が見られるなど、放送を機に売場の活性化が図られている。今回の放送が漬物需要回復の起爆剤となるか、今後の展開に期待が集まる。
 因みに、東海漬物の小村主任員は弊紙企画『漬物WOMAN』にも過去に登場している。(登場ページはこちら
 
 
 

道本食品 たくあん缶TV登場

道本食品 たくあん缶TV登場
 
日本TV系 「世界一受けたい授業」で
      箱入りの「たくあん缶」
 【福岡支局】道本食品株式会社(道本英之社長、宮崎市田野町)の「たくあんの缶詰」(たくあん缶)が、またまたTVで取り上げられた。
 放送されたのは、平成27(2105)年1月10日の「世界一受けたい授業」(午後7時~8時54分、日本テレビ系)で、「日本に住む外国人がハマったJAPANフードベスト50」という内容。この中でたくあん缶は「海外で人気が高まっている食材」と紹介され、羽田空港の国際線ターミナル売店「ANA FESTA」では、お土産として買っていく外国人も多いという。
 外国では、お寿司の「お新香巻き」がヘルシーであるとして人気が高いそうで、またパリパリの食感とも相まって沢庵の人気につながっているようだ。たくあん缶は各方面で話題となっており、これまでにも地元TV局や全国放送の番組、ヤフーニュースなど様々なメディアで取り上げられている。
 たくあん缶の特徴は、①携帯で便利②すぐに食べられる③長期保存が可能―など。アイテムは3種で、北海道産昆布であっさりとした「こんぶ味」、紀州産梅酢でさわやかな甘酸っぱさの「梅酢味」、ジワッと来るピリ辛味の「とうがらし味」がある。3品とも80g入りで、宮崎県産干し大根100%使用。賞味期限は3年。
 先ごろ、持ち運びに便利な持ち手付きのパック包装タイプも発売した。
 
道本食品 www.hinatazuke.co.jp/
 
 
 
道本食品の「たくあん缶」
 道本食品の「たくあん缶」
 
羽田空港国際線の売店
 羽田空港国際線の売店
 

公開中の映画「千年の一滴 だししょうゆ」でトークショー

公開中の映画「千年の一滴 だししょうゆ」でトークショー
 
吹田商店・吹田社長 昆布テーマに
昆布漁の竿を手に説明する吹田社長(右)
  公開中の映画「千年の一滴だししょうゆ」のゲストとして株式会社吹田商店の吹田勝良社長が、平成27年1月10日13時からの回の上映終了後に登場。柴田昌平監督とトークショーを行った。
 満員御礼となった会場内で、吹田社長は昆布漁で使用する竿や利尻昆布・真昆布・羅臼昆布を実際に手に取り紹介。昆布の戻し方や食べ方のコツ、昆布流通の歴史などについて説明した。客席からも積極的に質問が飛ぶなどだしへの関心の高まりを感じさせた。
 同映画は日本人と自然との関係を、食を切り口に見つめる日仏合作のドキュメンタリー映画。東京・東中野の「ポレポレ東中野」で公開されている。
   
和食の神髄に迫る映画「千年の一滴 だし しょうゆ」2014年1月2日公開
 日本人と自然との関係を、食を切り口に見つめる日仏合作のドキュメンタリー映画「千年の一滴 だし しょうゆ」が平成27(2015)年1月2日より東京・東中野のポレポレ東中野で公開される。第一章「だし‥大自然のエッセンス」、第二章「しょうゆ‥ミクロの世界との対話」を通して和食の神髄に迫る。
【公式ホームページ】http://www.asia-documentary.com/dashi_shoyu/
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921