株式会社コダマ

qrcode.png
http://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

株式会社コダマ 宮崎県

   
発芽穀物の良さを知り 毎日元気健康生活
 

<企業紹介>株式会社コダマ

<企業紹介>株式会社コダマ
 
 株式会社コダマ(児玉富喜夫社長、宮崎県日向市)は、独自技術で精米した発芽玄米「元氣米」で知られる健康米・雑穀米の製造メーカーである。
 コメを白米に加工する従来の精米方法では、食べやすいコメにはなるが、胚芽が取れて傷がついた状態になり、コメ本来の栄養素が失われる。胚芽を残した玄米食は、脳の活性化を促すギャバ(γアミノ酪酸)や、美肌効果のあるフィチン酸など以前からその栄養素の高さなどで食している人もいるが、同社の「元氣米」は、独自の技術によって発芽玄米として提供される。
 まず、同社が特許を出願する「一分皮剥ぎ」という技術により、硬い皮がなくなって食べやすくなるうえ、残留農薬や汚染物質も排除される。
 続く洗米と流水に浸すことによって玄米を発芽させ、γアミノ酪酸やフィチン酸、ビタミンB1・B2・E、食物繊維など胚芽の栄養分を引き出す。次に、この芽が出た状態の米粒を乾燥させると長期保存が可能になり、ドライタイプとなるため、普通のコメと同じように炊飯器で炊くことができる。
 玄米を発芽させるには約1日浸水させなければならないが、発芽と同時にバクテリアも増殖。菌の増殖を防ぐには殺菌及びpH調整剤を添加しなければならなくなる。そこで「元氣米」は特殊な製法にて低温で乾燥させ、栄養分を損ねずに保存性も高めることに成功した。玄米の栄養素を丸ごと吸収することができる。
 
 発芽玄米「元氣米」の特徴は、
①食べやすい一分皮剥ぎ=硬い表皮部分を削ってあるため食感が良く、消化も良くなる
②流水発芽製法=いったん発芽させることにより、ギャバ(γアミノ酪酸)やフィチン酸、食物繊維などの栄養素が増加する
③低温乾燥技術によるドライタイプ=保存性が良く、普通のお米と同じように炊くことができる
④化学薬品不使用=pH調整剤や殺菌剤などを使用せず、生きたお米が摂取できる
―となっている。

 発芽玄米「元氣米」は、減農薬栽培米100%を使用。有機JAS認定製造者として徹底的な衛生管理のもと、独自技術で安全と安心を消費者に提供するコダマの取り組みは、着実に認知度が向上。同社と取引のある弁当屋が「九州駅弁グランプリ」に優勝したり、漬物メーカーのカタログ販売で漬物とセットのコラボ販売が決まるなど、広がりを見せている。
 
※同社では現在、販売の代理店や、PB加工(相手先ブランドでのOEM生産)の相手企業を募集中。発芽玄米「元氣米」のほか、5穀から25穀まで混合が可能な「雑穀米」の加工も行っている。
 

<企業情報>

<企業情報>
 
会社 株式会社コダマ
代表
児玉 富喜夫
創業
昭和20年8月
業務内容 1.発芽穀物製造業
2.米穀・雑穀製造加工業
3.米穀・雑穀小売業
4.以上各号に付帯する一切の事業
住所(本社) 〒883-0013 宮崎県日向市新生町1-100
電話(代表) 0982-52-2308
FAX 0982-52-5515
HP http://kodamaltd.com/
メール
   
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921