株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
http://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

【バイヤー必見】イチ押し商品!

 

三和漬物食品(山形県) おみ漬

三和漬物食品(山形県) おみ漬
 
   

「ねぎからし」や「山形のだし」で広く認知されている薬味漬物のパイオニア三和漬物食品株式会社(鈴木尚彦社長、東置賜郡高畠町)は、秋冬向け商品をラインナップ。新商品として「山形のおみ漬昆布」、「やさしい菜っぱ」、「ねぎから大根」の3品を発売し、ご飯のおかずはもちろん、鍋の薬味、料理素材として幅広いアイテムを揃えている。

 
 
おみ漬
 
おみ漬昆布
 
山形のおみ漬昆布
   

 「おみ漬」は、山形特産の青菜を刻み、大根、人参、しその実と合わせた。醤油ベースで昔懐かしい母の味を再現している。青菜の独特の辛味とシャキシャキとした歯ごたえが特徴だ。ご飯にのせて、納豆に混ぜて、お茶請けやお酒のお供にもオススメだ。内容量は180gで賞味期限はD+9。

 「おみ漬昆布」は、山形の母の味「おみ漬」に大葉を加え、北海道産がごめ昆布をたっぷり混ぜ込んだ。青菜のシャキシャキした食感に昆布の粘りと旨味がご飯によく合う。内容量は220gで賞味期限はD+9。

 「おみ漬昆布」の少量タイプとなる「山形のおみ漬昆布」は、130g。世帯人数が少ない家庭など、個食ニーズに対応した新規格となっている。内容量は130gで賞味期限はD+9。

 「おかわり三杯」は、米こうじと米から作った甘酒と刻んだ白菜、大根、人参をミックス。するめの風味と麹の甘みで旨さ倍増。青唐辛子のさわやかな辛味があと引く美味しさで、昆布のとろみでご飯が進む。野菜がたっぷり摂れる一品で、人気となっている。内容量は230gで賞味期限はD+11。

 
 
おかわり三杯
 
やさしい菜っぱ
 
ねぎから大根
   

「おかわり三杯」は、米こうじと米から作った甘酒と刻んだ白菜、大根、人参をミックス。するめの風味と麹の甘みで旨さ倍増。青唐辛子のさわやかな辛味があと引く美味しさで、昆布のとろみでご飯が進む。野菜がたっぷり摂れる一品で、人気となっている。内容量は230gで賞味期限はD+11。

 「やさしい菜っぱ」は、小松菜と山形特産の青菜を細かく刻み、大根、人参をミックス。小松菜と青菜の風味としその実のほのかな香りで、さっぱりと食べられる。内容量は150gで賞味期限はD+9。

 「ねぎから大根」は、国産ねぎと大根を細かく刻み、ピリッと甘辛い味付けで仕上げた。「かける・まぜる・のせる」をコンセプトにした風味豊かな薬味だれで、冬のあったかメニューに幅広く利用できる。内容量は190gで賞味期限はD+11。

 
 

企業情報

企業情報
 
商号  三和漬物食品株式会社
代表者  代表取締役 鈴木尚彦
設立  1965年9月1日
資本金  1千15万円
年商  11億円
事業内容  漬物の製造・加工
所在地  〒999-2174 山形県東置賜郡高畠町大字福沢1464   
電話番号  0238-57-2317
FAX  0238-57-2412
HP  http://www.nappaya.jp/
 

地図

地図
 
〒999-2174 山形県東置賜郡高畠町大字福沢1464
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921