株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
http://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

【バイヤー必見】イチ押し商品!

 

谷口醸造(長野県)万里風味

谷口醸造(長野県)万里風味
 
万里風味
谷口醸造株式会社(谷口春之社長、長野県飯田市)は清らかな水と空気に恵まれた南信州の地で様々な野沢菜漬の商品ラインナップに加え、絶品のザーサイ「万里風味」といった数々のヒットアイテムを生んできた老舗メーカー。

「万里風味」はコリコリと食感良く処理したザーサイに北海道産の帆立貝ひもと胡瓜をミックスし旨味たっぷりに味付けした超人気アイテムである。肉厚のザーサイにおける醤油とゴマ油とラー油のバランス取れた味つけは絶妙で胡瓜と貝ひもは主役のザーサイをうまく引き立てており一緒に食べるとさらに旨味が増し箸は止まらなくなる。(中村裕貴)
 
 
若採りザーサイ
本場、中国で採れた若採りのザーサイをローズマリー、ガーリック等の香辛料を使い浅漬に仕上げた「若採りザーサイ」も人気だ。若採りのザーサイの姿物は珍しく、形状のインパクトと鮮やかな緑が食をそそる。コリコリとした食感とみずみずしい味わいがくせになる逸品。
 
 
高原ミックス
「高原ミックス」の引き合いも強い。野沢菜とキャベツの刻み商品であり、即食性があるのはもちろんだが、ワサビ風味のさっぱりした味わいとシャキシャキした食感がやみつきになる。
   
 

 
谷口醸造は野沢菜漬のラインナップを多数持ち、季節ごとの商品を揃えているのが特徴である。
 
 
春の野沢菜
「春の野沢菜」はほんのりと桜の香りがする野沢菜漬で春の売場にピッタリの商品だ。販売期間は3~4月末となっている。
 
 
初夏の野沢菜漬
「初夏の野沢菜漬」は枕崎産の鰹節からとっただしをぜいたくに使用した風味豊かな野沢菜漬。販売期間は5~6月末。
 
夏の野沢菜
「夏の野沢菜」は爽やかなシソの味付けが夏にピッタリの商品だ。販売期間は7~8月中旬。
 
秋の野沢菜漬
「秋の野沢菜漬」はこだわりの木桶による天然醸造の丸大豆醤油で漬けた風味・香り豊かな野沢菜漬。新米との相性も良く、秋の売れ筋となっている。販売期間は8月中旬~11月末まで。
 
冬の野沢菜漬
「冬の野沢菜漬」も風味・香りの良い丸大豆醤油を使用し、芳醇な醤油の香りが特長となっている。冬の寒さで旨味成分が凝縮された野沢菜を美味しく仕上げている。販売期間は11~12月。
 
   
 

 
野沢菜は本漬タイプも2種を揃えている。
 
 
無化調本漬野沢菜
「無化調本漬野沢菜」は化学調味料不使用で従来品よりも減塩30%を実現した新しいタイプの商品だ。枕崎産のかつお節から取った出汁で旨味を取り、信州産リンゴ酢で酸味を加えている。
 
 
本漬野沢菜生姜風味
「本漬野沢菜 生姜風味」はじっくり漬込んだ本漬の野沢菜に国産の生姜をトッピングした。平成22年度長野県園芸特産振興展漬物品評会で農林水産大臣賞を受賞している。
 

企業情報

企業情報
 
社名 谷口醸造株式会社
本社・工場

〒395-0803  長野県飯田市鼎(かなえ)下山975番地

事業目的 食料品製造販売・観光土産販売
創業 昭和元年
会社設立 昭和32年
資本金 1,000万円
従業員数 103名(平成30年5月現在 パート含む)
代表者名 代表取締役 谷口春之
主な営業品目

野沢菜漬(古漬、浅漬)・山ごぼう漬・ザーサイ漬・長いも浅漬など 

電話番号

0265-22-0979

FAX番号

0265-52-3244

ホームページ

https://www.t-jozo.com/

 

地図

地図
 
〒395-0803  長野県飯田市鼎(かなえ)下山975番地
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921