食料新聞 電子版

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 
   

 
新型コロナウイルス対策に伴い、弊社では当面の間、社員の一部を下記の通り在宅勤務とさせていただく場合もございます。
 
①編集記者は在宅勤務となりますので、御用向の際は担当者携帯電話、メールアドレスまでご連絡をいただきますようお願いいたします。
 
②東京本社、大阪支社の事務担当者は時差出勤、交代勤務となりますので、何卒ご理解のほどお願いいたします。
 
③福岡支局への御用向きは、支局長・菰田の携帯電話、メールアドレスまでご連絡をいただきますようお願いいたします。

※本社、支社、支局へのご連絡は、弊社電子版(当ホームページ)の「お問い合わせフォーム」もご活用ください。
こちらから→ https://www.syokuryou-shinbun.com/publics/index/3/
 
以上、たいへんご迷惑をおかけいたしますが、今後も感染予防対策に努力して参る所存でございますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
食料新聞社
 

   
 
≪株式会社食料新聞社≫は、「伝統食を次世代に受け継ぐこと」を目標に、新聞紙面・電子版・メールニュース・SNS「おいしい新聞 食料新聞社」を併用した広報、宣伝サービスを行っております。
 
ご質問・ご相談などは、電話 03-5835-4919(ショクイク) またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。
 

紙面見本

紙面見本
発刊済み各号の、紙面見本画像です。主に1面を収録。(1日、11日、21日発刊)
クリックすると拡大し、記事と広告を確認することができます。
2020年8月~10月
2020年5月~8月
2020年2月~5月
2019年11月~20年2月
2019年9月~11月
2019年6月~8月
 

会社案内

会社案内
       
   
 
☆★毎月19日は「食育の日」★☆
☆★毎月21日は「漬物の日」★☆
☆★5月29日は「こんにゃくの日」★☆
☆★6月29日は「佃煮の日」★☆
☆★8月5日は「発酵の日」★☆
☆★8月31日は「野菜の日」★☆
☆★11月3日は「高野豆腐の日」★☆
☆★11月24日は「和食の日」★☆
 

食べて応援!伝統食品

食べて応援!伝統食品
 

新型コロナウイルスの影響を受けている伝統食品業界の現況に、「食べて応援」できる取り組みをご紹介します。

 

コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ

コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ
 

全国各自治体の新型コロナウイルスの影響を受けている企業への融資に関する情報、相談窓口をまとめてご紹介しています。

 

オンライン情報サービス

オンライン情報サービス
 
         
   
 

食料新聞フェイスブック

食料新聞フェイスブック
 
 

食料新聞インスタグラム&ツイッター

食料新聞インスタグラム&ツイッター
   
 

直営店紹介

直営店紹介
 
 

<農水省> 地域の創意による販売促進事業

<農水省> 地域の創意による販売促進事業
 
経費を最大半額支援
農林水産省では、インバウンドの減少や外出自粛などにより在庫の滞留、価格の低下、売上減少が顕著な牛肉、水産物、果物、茶などについて、国産農林水産物等販売促進緊急対策により、販売促進の取り組みを支援している。
スーパーマーケットや道の駅、直売所などでは「地域の創意による販売促進事業」として、食材費やイベント経費(広告・宣伝費等)の最大半額を支援する事業が用意されている。
たとえば和牛や水産物、年末に向けたおせちキャンペーンなどを企画し、販売促進活動を行う際に、必要となる食材費、広告・宣伝費などが支援される。事業の申請受付は11月30日まで。事業の実施期間は2021年1月31日までとなっている。
【2020(令和2)年10月21日第5037号2面】
 
詳細は同事業ウェブサイトまで  →こちらから
 

秋本食品 秋のプレゼントキャンペーン

秋本食品 秋のプレゼントキャンペーン
 
賞品イメージ
「祇園料亭米 翁霞5㎏」が当たる
秋本食品(秋本大典社長、本社=神奈川県綾瀬市)は、9月から10月まで八代目儀兵衛「祇園料亭米 翁霞5㎏」が当たる秋の感謝祭プレゼントキャンペーンを実施する。
日頃からご愛顧いただいている消費者への謝恩と「あとひきだいこん」、「王道キムチ」、「オモニの極旨キムチ」をより多くの人に楽しんでもらうためにプレゼントキャンペーンを実施。ハガキ又は同社HPから応募すると、抽選で500名に八代目儀兵衛「祇園料亭米 翁霞5㎏」があたる。
【キャンペーン概要】
◆応募期間:9月1日~ 10月31日)(当日消印有効)
◆応募方法:《ハガキ》対象商品のバーコード1枚を一口としてハガキにしっかり貼り、郵便番号・住所・氏名・年令・性別・電話番号・商品の感想を明記の上、応募。《インターネット》プレゼントキャンペーン期間内に対象商品を購入したレシートを撮影し、秋本食品HPから応募。
◆対象商品:あとひきだいこん、王道キムチ、オモニの極旨キムチの3品
◆応募宛先:〒252‐1123 神奈川県綾瀬市早川2696‐11 秋本食品株式会社「プレゼントセール」係
◆抽選・発表:厳正な抽選の上、賞品の発送をもって発表にかえる。発送予定:2020年11月下旬
◆賞品:八代目儀兵衛「祇園料亭米翁霞5㎏」を500名プレゼント
◆問合せ先:TEL0467‐71‐6034(受付時間/10時~17時(土日・祝日は除く)
 

秋本食品 インスタいいね&フォローキャンペーン

秋本食品 インスタいいね&フォローキャンペーン
 
無添加キムチ
 
安全・安心を訴求したキムチ
   
「無添加キムチ」発売記念
秋本食品(秋本大典社長、本社=神奈川県綾瀬市)は、9月から10月31日まで、「無添加キムチ」の発売を記念して「Instagramいいね&フォローキャンペーン」を実施する。
Instagramにて、同社公式アカウントをフォローの上、対象のキャンペーン投稿にいいね!を押すと、抽選で30名に「無添加キムチ入り漬物詰合せ」が当たる。
【キャンペーン概要】
◆応募期間:9月1日~10月31日
◆応募方法:キャンペーン期間中、Instagramにて
①秋本食品公式アカウント(@akimoto_foods)をフォロー
②対象のキャンペーン投稿にいいね!を押して応募完了
◆賞品:無添加キムチ入り漬物詰合せを抽選で30名にプレゼント
◆問合せ先:TEL0467‐71‐6034(受付時間/10時~17時(土日・祝日は除く)
【無添加キムチ商品概要】
乳酸発酵が生みだす、自然な旨味を味わえる、化学調味料・保存料・着色料無添加のキムチ。発売日=9月1日。内容量は250gで賞味期限は15日間。
【2020(令和2)年8月21日第5031号8面】
 
 

すが野(栃木県) 国産ごぼう秋のキャンペーン

すが野(栃木県) 国産ごぼう秋のキャンペーン
 
ごはんにかけるごぼうと昆布(20g増量)
 
すが野の国産たたきごぼう
 
 
国内産ピリ辛らっきょう
 
国内産甘らっきょう
 
国内産紅しょうが
 
国内産寿司がり
   
国産楽京漬のトップメーカーとして知られている株式会社すが野(菅野弘社長、栃木県下都賀郡壬生町)は、「国産ごぼう秋のキャンペーン」を期間限定で実施する。
食物繊維が豊富なごぼうは女性からの人気が高い食材で、新型コロナウイルスの影響で巣ごもり消費が定着している中、盛り付けるだけで一品が完成する〝おうちごはん〟の強い味方として提案。「ごはんにかけるごぼうと昆布」は9月から20g増量キャンペーンを開始(10月31日まで)するなど、「食卓に食物繊維をプラス」をコンセプトに味だけではなく、ニーズとして高まっている健康志向に対応し、素材の魅力を訴求している。
「ごはんにかけるごぼうと昆布」は、2015年9月の発売以来、漬物グランプリ2016金賞、「フード・アクション・ニッポンアワード2018」FAN特別賞を受賞した逸品。ご飯はもちろん、豆腐にかけるだけで美味しい一品メニューになる。新米シーズンにピッタリな同商品は、テレビでも取り上げられるなど、多くの話題を呼んだ。内容量は90g+20g(増量キャンペーンは9月1日~10月31日まで)で賞味期限は150日。
ごぼうを炊き上げない独自製法で作った「すが野の国産たたきごぼう」は、若掘りした国産ごぼうの豊かな風味とシャキッとした程良い歯応えが楽しめる。白醤油ベースの甘めの味付けで酸味が少し効いている。たっぷりと胡麻を加え、後引く美味しさに仕上げた。同商品は農林水産省主催の「フード・アクション・ニッポンアワード2019」で特別賞(中食部門)を受賞するなど、高い評価を受けている。内容量は200gで賞味期限は120日。
健康的なイメージが浸透している酢漬製品の売れ行きも好調。「安全安心で高品質」を訴求する同社の楽京、生姜製品も伸長している。
充実のラインナップを誇る同社の楽京製品の中でも看板商品となっている「国内産甘らっきょう」と「国内産ピリ辛らっきょう」は、契約農家で栽培した風味豊かな国産らっきょうを長期低温熟成させ、素材を生かす贅沢な味に仕込んだ自信の商品だ。
「国内産甘らっきょう」は国産らっきょうならではの豊かな風味を生かしてまろやかな甘さに仕上げた。「国内産ピリ辛らっきょう」は国産らっきょうならではの豊かな風味を生かしてピリッとしたまろやかな甘さに仕上げた。ともに内容量は90gで賞味期限は120日。
高付加価値商品として提案している生姜製品も人気だ。「国内産寿司がり」は、契約栽培した若掘りの国産生姜を、鮮度を活かして漬け込み生姜の風味を大切にさっぱりとした甘味と酸味で仕上げた。ほどよく辛い国産生姜本来の香味が存分に楽しめる。
「国内産紅しょうが」も若掘りの国産生姜を使用。りんご酢でさわやかな味付けの紅しょうがに仕上げた。国産生姜本来の風味と香りが特徴。ともに内容量は45gで賞味期限は90日。
【2020(令和2)年9月11日第5033号8面】
 
株式会社すが野 https://www.sugano-foods.co.jp/
 
 
 

日本食品機械工業会 FOOMA JAPAN 2021 ~国際食品工業展~

日本食品機械工業会 FOOMA JAPAN 2021 ~国際食品工業展~
 
FOOMA JAPAN2019
 
食品機械(ロボット)の実演風景
   
愛知スカイエキスポで来年6月開催
 9月1日より出展申込スタート
一般社団法人日本食品機械工業会(海内栄一会長)は、2021年6月1日~4日の4日間、愛知スカイエキスポ(Aichi Sky Expo 愛知県国際展示場)全館を使用して「発想力が食の未来を変えていく。」をテーマに、「FOOMA JAPAN 2021(国際食品工業展)」を開催する。
食品製造プロセスの上流から下流まであらゆる分野の製品や技術およびサービスなどが一堂に集結する「食の技術」の総合トレードショー「FOOMA JAPAN」はコロナ禍によって2020年の開催中止を余儀なくされた。しかしながら「FOOMA JAPAN」2021年の開催の要望が多く寄せられ、主催者として技術開発発表の場、また食品業界が抱える課題解決の場として寄与するべく、“44回目”を迎える来年は、日本最新、最大級規模を誇る愛知スカイエキスポ (Aichi Sky Expo 愛知県国際展示場)A~F全館(約6万平米)を使用して開催することになった。
例年、4日間の会期中、国内外から約10万人が来場する同展示会の会場内では出展者と来場者のみならず、出展社同士の商談も活発に行われ、食品製造業の事業所数・従業員数ともに全国トップランク(第2位※)を誇る産業首都・愛知での開催が、新たなビジネスを切り拓く機会創出の場となるよう努めていく。
そして最先端の製品、技術、サービスの展示と併せ、ウィズコロナ、アフターコロナの社会に対応した新たな発想力による食の技術の提案を通じて、食品産業界全体の発展に貢献する総合展示会を目指す。また、政府・自治体・日本展示会協会策定の「COVID-19感染拡大予防ガイ ドライン」に則った「新しい開催様式」のもと会場とも一体となり、出展社・来場者の安心・安全を第一に十分な対策を講じて開催する。
出展申込受付は、9月1日(火)より開始。愛知で開催する今回は、中部・東海・近畿エリアの企業にとっては、FOOMA JAPAN会場で“食の未来を変えていく発想力に溢れる進化”の披露の場としてまたとないチャンスとなる。
※出典:(一社)食品産業センター 平成30年度版「食品産業統計年報」(2016年/従業員数4人以上の事業所)
【開催概要】
会期:2021年6月1日(火)~4日(金)の4日間10時~17時
会場:愛知スカイエキスポ、規模:688社/2万3677・5平米(2019年実績)
※出展社数は共同出展社を含む
来場者数: 10万680人(2019年実績)
入場料:1000円(税込)※招待券持参者、事前登録者は無料
主催:一般社団法人日本食品機械工業会
後援:経済産業省/農林水産省/厚生労働省/日本貿易振興機構 (順不同・予定)
<公式サイト>https://www.foomajapan.jp/
【2020(令和2)年9月1日号6面】
 
 
 

野菜ソムリエ 入会キャンペーン

野菜ソムリエ 入会キャンペーン
 
 
 「野菜ソムリエコース」入会費用割引実施中  
  
 食料新聞では一般社団法人日本野菜ソムリエ協会(福井栄治理事長)の協力のもと、「野菜ソムリエ」の資格取得制度を推奨しています。
 
 本紙を通して「野菜ソムリエコース」にお申し込みいただいた方を対象に入会金(1万800円)を割引致します。
 
<全国各地で無料講座説明会を開催中!>
「野菜ソムリエコース」についての詳しい情報はこちら
 
 また、各都道府県の講演会に講師として野菜ソムリエを迎えることも可能です。ご要望の際は本紙東京本社編集部(03-5835-4919)までご連絡ください。
 
 「野菜ソムリエ」は野菜・果物の基礎知識から種類・旬・保存方法・栄養価・素材を生かした調理方法や野菜・果物の魅力を一般の人にどう伝えるかといったコミュニケーションの分野まで幅広く学べる資格取得制度です。
 
 
|トップページ|会社案内|食料新聞オンライン情報サービス2020|公式メールマガジン「食料新聞ニュース」|食料新聞デジタル2020|記者のオススメ!2020|プロが売りたい! 地域セレクション|工場長・店長必見!関連資材機器・原料|総務・福利厚生サポート|食べて応援!伝統食品|コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ|全日本漬物協同組合連合会|自由民主党 漬物振興議員連盟|漬物グランプリ2020|漬物JAS・全国漬物検査協会2020|漬物研究同志会2020|日本漬物産業同友会 2020|業界インタビュー2020|全国調理食品工業協同組合 2020|全国水産加工たべもの展 2020|「梅」関連情報2020|業界人事・機構・IR情報 2020|データ・法令・資料2020|講演録 2020|フェイスブック掲載記事アーカイブス|漬物WOMAN・漬物MEN 2020|全国スーパーマーケット協会|AJS・オール日本スーパーマーケット協会|【バイヤー必見】イチ押し商品!|本店・催事・キャンペーン・イベント情報|お店へ行こう♪|ぬか情報2020|糀(麹)・甘酒情報2020|こんにゃく情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2019|「大豆」関連情報2020|熊本県辛子蓮根 情報|「塩」関連情報2020|漬物イタリアンの提案|ご購読・広告出稿のご案内|リクルート情報|お問い合わせ|サイトマップ|個人情報保護方針|
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921