食料新聞 電子版

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 
   

 
新型コロナウイルス対策に伴い、弊社では当面の間、社員の一部を下記の通り在宅勤務とさせていただく場合もございます。
 
①編集記者は在宅勤務となりますので、御用向の際は担当者携帯電話、メールアドレスまでご連絡をいただきますようお願いいたします。
 
②東京本社、大阪支社の事務担当者は時差出勤、交代勤務となりますので、何卒ご理解のほどお願いいたします。
 
③福岡支局への御用向きは、支局長・菰田の携帯電話、メールアドレスまでご連絡をいただきますようお願いいたします。

※本社、支社、支局へのご連絡は、弊社電子版(当ホームページ)の「お問い合わせフォーム」もご活用ください。
こちらから→ https://www.syokuryou-shinbun.com/publics/index/3/
 
以上、たいへんご迷惑をおかけいたしますが、今後も感染予防対策に努力して参る所存でございますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
食料新聞社
 

   
 
≪株式会社食料新聞社≫は、「伝統食を次世代に受け継ぐこと」を目標に、新聞紙面・電子版・メールニュース・SNS「おいしい新聞 食料新聞社」を併用した広報、宣伝サービスを行っております。
 
ご質問・ご相談などは、電話 03-5835-4919(ショクイク) またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。
 

紙面見本

紙面見本
発刊済み各号の、紙面見本画像です。主に1面を収録。(1日、11日、21日発刊)
クリックすると拡大し、記事と広告を確認することができます。
2020年5月~6月
2020年2月~5月
2019年11月~20年2月
2019年9月~11月
2019年6月~8月
2019年3月~6月
 

会社案内

会社案内
       
   
 
☆★毎月19日は「食育の日」★☆
☆★毎月21日は「漬物の日」★☆
☆★5月29日は「こんにゃくの日」★☆
☆★6月29日は「佃煮の日」★☆
☆★8月5日は「発酵の日」★☆
☆★8月31日は「野菜の日」★☆
☆★11月24日は「和食の日」★☆
 

食べて応援!伝統食品

食べて応援!伝統食品
 

新型コロナウイルスの影響を受けている伝統食品業界の現況に、「食べて応援」できる取り組みをご紹介します。

 

コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ

コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ
 

全国各自治体の新型コロナウイルスの影響を受けている企業への融資に関する情報、相談窓口をまとめてご紹介しています。

 

オンライン情報サービス

オンライン情報サービス
 
         
 

食料新聞フェイスブック

食料新聞フェイスブック
 
 

食料新聞インスタグラム&ツイッター

食料新聞インスタグラム&ツイッター
   
 

直営店紹介

直営店紹介
 
 

更新情報

更新情報
2020-07-09 <業界人事・機構・IR情報2020>人事情報を更新
2020-07-09 <今週の記者のオススメ!>井上食品「オトナリッチシリーズ」
2020-07-09 <「塩」関連情報2020>を更新
2020-07-08 <食べて応援!伝統食品> 神奈川県1社を追加登録
2020-07-07 <コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ>を更新
2020-07-07 <九州うまかモン トピックス>鹿児島県漬物組合 桜島大根部会が発足
2020-07-07 <食べて応援!伝統食品> 九州の企業9社を追加登録
2020-07-06 <本店・催事・キャンペーン情報>丸越(愛知県)7月催事
  2020-07-03 <こんにゃく情報2020>、<「大豆」関連情報2020>を更新
  2020-07-03 <漬物業界インタビュー2020>を更新
  2020-07-02 <食料新聞オンライン情報サービス2020> を更新
  2020-07-02 <関連資材機器トピックス2020> 三洋グラビアを追加
  2020-07-02 <トップページ> お知らせ、紙面見本を更新
  2020-06-29 <今週の記者のオススメ!>三幸「青とうがらし味噌」
  2020-06-26 <食べて応援!伝統食品>近畿の6社を追加登録
  2020-06-26 <「塩」関連情報2020>を更新
  2020-06-26 <トップページ> 片山食品(新潟県)キャンペーン情報
  2020-06-25 <「梅」関連情報2020>を更新
  2020-06-25 <漬物業界インタビュー2019>を更新
  2020-06-25 <今週の記者のオススメ!>落合一郎商店「にんにくさばくるみ」
 

片山食品(新潟県) 発売16周年記念セール

片山食品(新潟県) 発売16周年記念セール
 
ドデカ盛 割干ハリハリ
 
ドデカ盛 きんぴらめかぶ
   
発売16周年記念ドデカ盛企画 家ご飯 家飲み需要にぴったり
片山食品株式会社(片山吉朗社長、新潟県新発田市藤塚浜)は、全国トップシェアのにんにく漬を主力に、農産物と海産物を組み合わせた惣菜漬物など、数々のヒット商品を生み出している有力メーカーとして知られている。
同社では発売16周年を記念した感謝セール「発売16周年記念ドデカ盛企画」を実施する。
ボリューム満点の超目玉企画で、まだまだ続くことが予想される家ご飯、家飲み需要にぴったりだ。販売期間は7月27日出荷~9月30日出荷まで。
 
発売16周年で累計販売数3000万パックを達成した「割干ハリハリ」と、同じく発売16周年で累計販売数2000万パックを達成した「きんぴらめかぶ」の感謝セール企画としてドデカ盛規格で販売。ともに売場で存在感を発揮するよう表面積を大きくした大カップ形態で、商品ラベルは縦横兼用タイプを使用し、売場に合わせた陳列が可能。縦置きすると現行角カップと同サイズになるので売場のメンテナンスに手間がかからない。
「ドデカ盛 割干ハリハリ」は、国産原料(割干大根、昆布、人参)を使用。割干大根のパリポリした歯ごたえが楽しめる醤油ベースの味付けで、ご飯のおかずやお酒のおつまみにピッタリの一品だ。内容量は200gで賞味期限はD+29。
「ドデカ盛 きんぴらめかぶ」は、めかぶと千切ごぼうと千切人参を、きんぴらごぼう風の調理感のある特製醤油ベース調味液で旨味よく仕上げた。ご飯のお供はもちろん、納豆や豆腐のトッピングにも利用できる。内容量は280gで賞味期限はD+29。
【2020(令和2)年6月22日第5025号3面】
 
片山食品株式会社 →こちらから
 
 

丸越(愛知県)どちらかもらえるキャンペーン

丸越(愛知県)どちらかもらえるキャンペーン
 
どちらかもらえるキャンペーンのポスター
6月1日からキャンペーン 
お茶かエコバッグがもらえる
大正3年創業の株式会社丸越(野田明孝社長、本社=愛知県名古屋市天白区)は、6月1日より各店舗にて「どちらかもらえるキャンペーン」を開催。対象期間は7月31日まで。
期間中に税込み216円お買い上げごとに1スタンプ獲得。25スタンプ集めると、「静岡県産新茶」または「丸越オリジナルエコバッグ」のいずれかをプレゼント。漬物を食べてお茶かエコバッグのどちらかをもらっちゃおう! ※景品は先着順、無くなり次第終了となり、希望に添えない場合がある。
 ◆キャンペーン名:どちらかもらえるキャンペーン
 ◆対象期間:6月1日~7月31日
 ◆引換最終締切日:8月5日
 
株式会社丸越 http://www.marukoshi.co.jp/
公式フェイスブック https://www.facebook.com/marukoshi1914/
 

やまう(東京都)2020年夏季キャンペーン

やまう(東京都)2020年夏季キャンペーン
 
増量 ピリ辛なす
100g(80g+20g)
 
増量 ピリ辛きゅうり
100g(80g+20g)
 
増量 しば漬きゅうり
100g(80g+20g)
   
やまう株式会社(梅澤綱祐社長、東京都目黒区)では、2020年夏季キャンペーンとして、「一本漬トレー シリーズ 負けるなニッポン! 増量20gキャンペーン」を実施する。
同キャンペーンは「新型コロナウイルスの感染拡大が世界中に大きな打撃を与える中、日頃ご愛顧くださるお客様に少しでも還元させていただき、日本の食卓を明るく元気に応援します」という同社の思いより実施するもの。
実施期間は2020年6月1日製造分~7月31日製造分。
対象商品(全3品)は、「増量 ピリ辛なす100g(80g+20g)」「増量 ピリ辛きゅうり100g(80g+20g)」「増量 しば漬きゅうり100g(80g+20g)」。
【商品概要】
「増量 ピリ辛なす100g(80g+20g)」内容量:100g(80g+20g)、賞味期間:45日(要冷蔵)、商品特徴:わさびの風味がきいた、食べやすいヘタ取りのなす。
「増量 ピリ辛きゅうり100g(80g+20g)」内容量:100g(80g+20g)、賞味期間:45日(要冷蔵)、商品特徴:わさびの風味がきいた、胡瓜の一本漬。
「増量 しば漬きゅうり100g(80g+20g)」、賞味期間:45日(要冷蔵)、商品特徴:さっぱりしたしば漬に仕上げた、胡瓜の一本漬。
 
また、同社では「二色カップシリーズ 冷やし茶漬け訴求キャンペーン」も実施する。同キャンペーンにより、ご飯と刻み漬の需要が減少傾向にある夏季シーズンに「冷やし茶漬け」を訴求することで、刻み漬需要を喚起していく。
■実施期間:2020年6月25日出荷分~7月22日出荷分
■対象商品:全5品(「二色 お茶漬パリパリ・赤しば漬 90g」、「二色 お茶漬パリパリ・つぼ漬 90g」、「二色 赤しば漬・つぼ漬 90g」、「二色 ハリハリ漬・生しば漬 90g」、「国産二色 千切ごま沢庵・うめ沢庵 90g」)
■商品概要:内容量90g(5品共通)、賞味期間は要冷蔵45日(5品共通)
※なお、両キャンペーン共に予定数量に達した際はキャンペーンを終了する可能性がある。
※本キャンペーンに関する問い合わせは、やまう株式会社 販売企画課(TEL 03-3463-7273)まで
 
やまう株式会社 https://www.yama-u.co.jp/
 
 
二色 お茶漬パリパリ・赤しば漬90g
 
二色 お茶漬パリパリ・つぼ漬90g
 
二色 赤しば漬・つぼ漬90g
 
二色 ハリハリ漬・生しば漬90g
 
国産二色 千切ごま沢庵・うめ沢庵 90g
 

新進 福神漬レシピコンテスト

新進 福神漬レシピコンテスト
 
キャンペーンパンフレット
テーマは”「和食」のアイデアレシピ”
株式会社新進(籠島正雄社長、東京都千代田区)は、毎年恒例となっている「福神漬を使ったレシピコンテスト」を今年も開催する。
12回目となる今回のテーマは“福神漬を使った「和食」のアイデアレシピ”。応募は例年同様、同社ホームページの募集専用フォーム、または郵送にて受け付ける。また、レシピに合わせて「日本の良いところ」を添えて応募する内容となっている。
【募集内容】
「和食」をテーマに福神漬を使ったアイデア料理と、「日本の良いところ」を募集。メニューは福神漬を使用し、本人が作成した未発表の作品に限る。料理はカレー以外でも可。料理のタイトル、メニューの材料・分量と作り方、メニュー写真(福神漬の使用が分かる ように)を必ず記載、添付して応募する。
【応募方法】 新進ホームページ(https://www.shin-shin.co.jp/)の専用フォーム、または、郵送のいずれかで応募。郵送先:〒371-0857 群馬県前橋市高井町 16 (株)新進「福神漬を使ったレシピコンテスト」係あて。※1回の応募につきレシピ1点とし、何回でも応募可能。
【応募締切】2020年6月30日(郵送は当日消印有効)
【審査発表】2020年7月29日 (福神漬の日)、当社ホームページ上で発表予定。
【賞品】最優秀賞:1名様 ギフトカード5万円分 優秀賞:5名様 ギフトカード5千円分 入賞:30名様 新進のおすすめ商品セット
<過去作品>
2019年最優秀レシピ:とろり福神漬チーズのはさみカツレツ
2018年最優秀レシピ:福神漬のミニピザ
2017年最優秀レシピ:もちもち福神漬団子 和風出汁あんかけ
 
 
2019年最優秀レシピの
「とろり福神漬チーズのはさみカツレツ」
 
2018年最優秀レシピの
「福神漬のミニピザ」
 
2017年最優秀レシピの
「もちもち福神漬団子 和風出汁あんかけ」
 

野菜ソムリエ 入会キャンペーン

野菜ソムリエ 入会キャンペーン
 
 
 「野菜ソムリエコース」入会費用割引実施中  
  
 食料新聞では一般社団法人日本野菜ソムリエ協会(福井栄治理事長)の協力のもと、「野菜ソムリエ」の資格取得制度を推奨しています。
 
 本紙を通して「野菜ソムリエコース」にお申し込みいただいた方を対象に入会金(1万800円)を割引致します。
 
<全国各地で無料講座説明会を開催中!>
「野菜ソムリエコース」についての詳しい情報はこちら
 
 また、各都道府県の講演会に講師として野菜ソムリエを迎えることも可能です。ご要望の際は本紙東京本社編集部(03-5835-4919)までご連絡ください。
 
 「野菜ソムリエ」は野菜・果物の基礎知識から種類・旬・保存方法・栄養価・素材を生かした調理方法や野菜・果物の魅力を一般の人にどう伝えるかといったコミュニケーションの分野まで幅広く学べる資格取得制度です。
 
 
|トップページ|会社案内|食料新聞オンライン情報サービス2020|公式メールマガジン「食料新聞ニュース」|今週の記者のオススメ!2020|プロが売りたい! 地域セレクション|工場長・店長必見!関連資材機器・原料|総務・福利厚生サポート|食べて応援!伝統食品|コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ|全日本漬物協同組合連合会|自由民主党 漬物振興議員連盟|漬物グランプリ2020|漬物研究同志会2020|日本漬物産業同友会|漬物業界インタビュー2020|全国調理食品工業協同組合 2019|全国水産加工たべもの展 2020|「梅」関連情報2020|業界人事・機構・IR情報 2020|データ・法令・資料2020|漬物WOMAN・漬物MEN 2020|全国スーパーマーケット協会|AJS・オール日本スーパーマーケット協会|【バイヤー必見】イチ押し商品!|本店・催事・キャンペーン情報|お店へ行こう♪|ぬか情報2020|糀・甘酒情報2020|こんにゃく情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2019|「大豆」関連情報2020|熊本県辛子蓮根 情報|「塩」関連情報2020|漬物イタリアンの提案|ご購読・広告出稿のご案内|リクルート情報|お問い合わせ|サイトマップ|個人情報保護方針|
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921