株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

人事・機構・IR情報 2021

 

2021年11月

2021年11月
 
前田食品工業(佐賀県)=前田龍哉氏が社長就任
前田龍哉新社長
〝高菜漬〟一筋の前田食品工業有限会社(佐賀県西松浦郡有田町)では、先月開催の同社取締役会において役員人事を決定し、前田節明社長の子息で取締役統括本部長の前田龍哉氏が代表取締役社長に就任した。節明氏は代表権のある会長に就任した。
龍哉新社長は、「コロナ禍が続く厳しい中での就任となりましたが、社業発展に全力を尽くす所存でございますので、前任者同様格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます」と語っている。

【前田龍哉(まえだ・たつや)氏の略歴】
▼昭和48年10月7日生まれ▼東亜大学工学部卒業後、前田食品工業入社▼平成18(2006)年11月より取締役統括本部長就任▼令和3(2021)年10月の取締役会にて代表取締役社長就任
【2021(令和3)年11月1日第5074号1面】
 
 

2021年10月

2021年10月
 
サミット(東京都)9月29日付一般人事発表
 
サミット株式会社(服部哲也社長、東京都杉並区)は9月29日付け一般人事を次の通り発表した。
新職(旧職):氏名の順に記載、敬称略。
▼板橋弥生町店長(板橋弥生町店副店長):佐藤貴志
▼下馬店長(横浜岡野店副店長):土屋大成
【2021(令和3)年10月26日第5073号13面】
 
 
国分グループ(東京都)10月1日付けの組織改定・人事
 
国分グループ本社株式会社(國分勘兵衛代表取締役会長兼CEO、東京都中央区)は10月1日付け組織改定および主要人事を次の通り発表した。
<組織改定>
【国分東北株式会社】
経理業務機能を国分ビジネスエキスパート株式会社に業務を委託し、「経理財務部」および「経理財務課」を廃組する。
【国分西日本株式会社】
「中国支社」の傘下に「広域支店」を設置する。
<主要人事>
※氏名:発令事項(旧所属)の順に記載、敬称略。
【国分西日本株式会社】
▼丹下智之:中国支社広域支店長(量販事業部営業二課副課長)
【国分九州株式会社】
▼長尾学:第一支社副支社長兼第一支店長兼営業業務課長(第一支社副支社長兼第一支店長)
【2021(令和3)年10月26日第5073号13面】
 
 
大森機械工業(埼玉県)=持ち株会社体制へ移行
グループ体制図(国内)
大森機械工業株式会社(大森利夫社長、埼玉県越谷市)は8月17日開催の株主総会において、9月1日付で持株会社体制へ移行することを決議し、持株会社(完全親会社)「株式会社大森ホールディングス」を設立した。
今後の環境や顧客ニーズの変化に対応し、経営資源を最大限に活用するため、持株会社体制へ移行することとなった。
常に時代のニーズに応じた製品開発による永続的な発展のため、資本・資金関係・人的関係の統制強化を行う。
更なるグローバル戦略を描くための効率的な体制を構築し、企業グループ全体の経営効率の向上を目指していく。
【2021(令和3)年10月11日第5072号7面】
 
 
野崎漬物(宮崎県)=野﨑偉世常務が新社長就任
野﨑新社長
野崎漬物株式会社(宮崎県宮崎市)は10月1日付で、常務取締役の野﨑偉世氏が代表取締役社長に就任した。全日本漬物協同組合連合会会長で前社長の野﨑伸一氏は代表権のある会長に就任、専務取締役の野﨑重雄氏は取締役相談役に就任した。
 
【新役員構成】(敬称略)
▼代表取締役会長:野﨑伸一
▼代表取締役社長:野﨑偉世
▼取締役相談役:野﨑重雄
 
【野﨑偉世(のざき・いっせい)氏の略歴】
▼昭和54年12月19日生▼日向学院高等学校卒▼中央大学卒▼平成13年:凸版印刷入社▼平成18年:野崎漬物取締役経営企画室長▼平成22年:常務取締役
 
 
野﨑会長
【関連会社】
▼野崎商事㈱ 代表取締役社長 野﨑偉世(昇任)
▼㈱一ツ葉フーズ 代表取締役社長 野﨑偉世(昇任)
▼㈱ほっかほっか亭宮崎地区本部 代表取締役社長 野﨑偉世
▼㈱野崎ファーム 代表取締役社長 野﨑偉世
▼宮崎フードサステナ事業協同組合 代表理事 野﨑偉世
▼社会福祉法人睦美福祉会 理事長 野﨑伸一
【2021(令和3)年10月1日第5071号1面】
 
食料新聞電子版 九州うまかモン →こちらから
野崎漬物 HP
 
 

2021年9月

2021年9月
 
濱金商店(愛知県)=株式会社へ組織変更 髙坂悠太氏が新社長に
髙坂新社長
合資会社濱金商店(愛知県豊橋市)では、10月1日より、合資会社から株式会社への組織変更を行う。
また代表取締役社長に髙坂悠太常務が就任。代表社員の髙坂彰一氏は、相談役に就く。髙坂新社長は「新しい企業形態のもと社業の発展に一層心を引き締めて努力していく」としている。
同社は明治7年創業の老舗。伝統の味わいを受け継ぎながら、時代に合わせた商品開発に取組んでいる。
【2021(令和3)年9月11日第5069号1面】
 
 
ゆめマート北九州(福岡県北九州市)=井上宏春氏が新社長に
井上新社長
株式会社イズミ(広島市東区)のグループ会社でスーパーを展開する株式会社ゆめマート北九州(福岡県北九州市八幡西区)は、1日付で代表取締役の異動を行った。
執行役員販売部長の井上宏春氏が代表取締役社長に就任。前社長の松本淳氏は、イズミSM本部 グループSM販売部長に就任(出向解除)した。
【井上宏春氏の略歴】
▼1998年4月 株式会社イズミ入社▼2014年2月 ゆめタウンサンピアン店長▼2017年3月 ゆめタウン山口支配人▼2019年2月 ゆめタウン出雲支配人▼2021年3月 ゆめマート北九州執行役員販売部長
【2021(令和3)年9月11日第5069号5面】
 
 
 
ワタミ(東京都)=新社長に渡邉美樹氏
渡邉新社長
ワタミ株式会社(清水邦晃社長、東京都大田区)は、2021年8月23日開催の取締役会において、代表取締役の役職の変更について決議した。
渡邉美樹代表取締役会長兼グループCEOが代表取締役会長兼社長に就任し、清水邦晃代表取締役社長兼COOは代表取締役副社長兼人材開発本部長に就任する。変更日は10月1日。
本異動の理由は、長期化する新型コロナウイルスの影響を受け、大胆な構造改革を行って強い組織を確立するため。渡邉美樹代表取締役会長兼社長のもとに経営を集中させる一方で、執行責任を明確化する。
具体的には、CEOとCOO職を廃止し、8人の営業系事業本部長を実質的なCOOと位置付け、意思決定権を大幅に拡大し、スピード経営を行う体制を確立する。
また、代表取締役副社長のポストを新設し、最重要と位置付ける「人材」の責任者として長引く店舗休業に不安を抱える社員に寄り添い、人材育成、労務改革へ一層力を入れていく。
【2021(令和3)年9月1日第5068号1面】
 
 

2021年8月

2021年8月
 
新進(東京都)=新役員人事
籠島社長
株式会社新進(籠島正雄社長、東京都千代田区)は6月22日に開催された同社第87回定時株主総会後の取締役会において役員・執行役員の陣容を決定した。新役員は次のとおり。<敬称略>
代表取締役会長(会長執行役員):籠島正直、代表取締役社長(社長執行役員企画開発本部長):籠島正雄、取締役副社長(副社長執行役員管理本部長):古平誠、常務取締役(常務執行役員生産本部長):小林昌美、取締役(執行役員管理副本部長兼経営企画室長):白井勝次、取締役(執行役員営業本部長):清水裕、取締役(執行役員SPS兼グループ経営推進統括):大山茂人、監査役:秋谷清※新任、会計参与(税理士法人加藤会計センター代表社員):加藤幸雄、執行役員食品安全推進室長:長谷川雅宏、執行役員品質保証部長兼衛生管理室長:須藤憲一、執行役員食品部長:千本木秀道、執行役員業務用部長兼大阪支店長:杉山隆史、執行役員調味料部長:小西秀和、執行役員広域営業部長:中島浩文、執行役員生産本部:髙橋宏輔、なお前監査役の大熊茂は退任
【2021(令和3)年8月11日第5066号1面】
 
 
辻しば漬本舗(京都府)=辻和豊氏が新社長
辻和豊社長
株式会社辻しば漬本舗(京都市左京区大原上野町)では6月1日より、専務だった辻和豊氏が代表取締役社長に就任した。前社長の辻照雄氏は、取締役に就いた。
同社は「辻しば漬本舗」として1970年に創業。昨年、株式会社辻しば漬本舗として再スタートを切った。
辻新社長は「当社は以前から通販を主体としていて、昨年度は大原名産の『生しば漬』が早々に完売となった。一方で土産店への卸は厳しかった。今後は本社併設直売店の改装し、通販との相乗効果を図り、環境変化に負けない強い自社ブランドを育てていきたい」と新社長就任の抱負を語った。
【2021(令和3)年8月11日第5066号1面】
 
 
 
合食(兵庫県)=73期決算発表 当期純利益は7289万円
砂川社長
株式会社合食(砂川雄一社長、神戸市中央区)は6月25日、定時株主総会を開き、2021年3月期決算を発表した。売上高は前期比2・2%減の415億9310万円、経常利益は130・4%増の7004万円、当期純利益は7289万円と、減収増益となった。
水産事業においては、新たに商品本部と営業本部を設立し、商品ごとの調達力と地域における販売力の強化を図り、また新たに農産物の輸入販売事業を立ち上げた。
食品事業においては、主力商品の「いかの姿あげ」「鮭フレーク」の販売が堅調に推移するとともに、新しいジャンルの洋風おさかな惣菜の「バル料理」の開発と販売を行った。また呉工場においては製造ラインを増設し、収益拡大に向けた生産体制の強化に取組んだ。
物流事業においては、引き続き農産・畜産関連貨物の取扱量の拡大に努めつつ、加工業務・運送手配業務の強化を図り、冷蔵倉庫業から総合物流業への転換を一層前進させることができた。
今期は、コロナ禍により、国際的なバリューチェーンが断絶したことを受け、同社の海外拠点と連携し、海外の協力工場をバランスよく分散、再配置し、より強固なグローバル・サプライチェーン作りに取り組んでいく。
引き続き、天然の加工用水産原料の安定供給に努める一方、養殖の加工用水産原料やナッツなどの農産物といった新しい分野の商品の取扱いを増やしていく。4月に素材菓子の玄米グランビッツと、弘前大学との産学共同研究によるドライアップルの販売を開始するなど、健康美容関連商品の販路拡大にも注力していく。
2022年3月期の業績予想は、売上高450億円、経常利益2億5000万円を計画している。
また、同株主総会並びに取締役会で次の通り取締役および執行役員が選任され、それぞれ就任した。
【6月25日付の新体制】(旧職は略)
▼代表取締役社長執行役員:砂川雄一▼取締役専務執行役員:池田正文水産事業部長▼取締役常務執行役員:成田毅技術本部長、石川裕一食品事業部長▼取締役執行役員(新任):宮原吉勝物流事業部長▼取締役:金井芳朗▼監査役:松山昌司▼執行役員:四戸正光食品事業部製造部長、牧野達彦食品事業部おつまみビジネスユニットリーダー、矢橋哲弥水産事業部営業本部長、多田納志郎水産事業部商品本部長、古泉俊夫(新任)食品事業部加工水産ビジネスユニットリーダー※敬称略
【2021(令和3)年8月11日第5066号5面】
 
 
 
フジッコ(兵庫県)=第1四半期決算短信(連結業績)を公開
福井社長
フジッコ株式会社(福井正一社長、神戸市中央区)は7月30日、2022年3月期第1四半期(2021年4月1日~2021年6月30日)の決算短信(連結業績)を公開した。
当第1四半期連結累計期間の売上高は、前年より16億4400万円減少し、135億6800万円となった。
大幅な減収となったのは当期より販売促進費等の顧客に支払われる対価について「売上高」から減額する方法に変更した影響が含まれる。
参考情報として、前第1四半期連結累計期間にも当該基準を適用した場合の売上高は137億8200万円で、2億1400万円の減収だった。
利益面では、減価償却費の増加に加え、昨年はコロナ禍で自粛したTVCMの放映を当第1四半期連結累計期間に予定通り執行したことから、経常利益は6億8900万円(前年同四半期比36・7%減)となった。製品分類別の販売状況は次の通り。
惣菜製品では、「おばんざい小鉢」シリーズが好調に推移したが、収益性改善に取り組む日配惣菜が前年実績を下回ったことから、惣菜製品全体の売上高は46億4000万円(前年同期比3000万円減)となった。
昆布製品では、佃煮は堅調に推移したものの、塩こんぶは業務用をはじめ伸び悩み、昆布製品全体の売上高は34億2200万円(同4100万円減)となった。
豆製品では、2021年3月に関東工場新工場棟が竣工し、省人化、自動化による生産性の向上を進めるとともに、あっさりだし味の「おまめさん彩り豆」を発売したが、煮豆の品目集約の影響や、水煮・蒸し豆が前年実績を下回ったことから、豆製品全体の売上高は24億53百万円(同2億9100万円減)となった。
ヨーグルト製品では、「カスピ海ヨーグルト」及び「大豆で作ったヨーグルト」のTVCMを全国各地で放映したことや、通販チャネルのサプリメント「善玉菌のチカラ」が成長したことから、ヨーグルト製品全体の売上高は18億4200万円(同2900万円増)となった。
デザート製品では、「フルーツセラピー」の賞味期間を60日から90日に延長したことや、期間限定商品「ピンクグレープフルーツ」等の投入により品群全体の活性化に取り組んだことから、デザート製品の売上高は7億1000万円(同4800万円増)となった。
【2021(令和3)年8月11日第5066号5面】
 
 
 
マルイチ産商(長野県)=藤沢政俊氏が代表取締役会長に
藤沢政俊会長
株式会社マルイチ産商(長野市市場)は、7月21日開催の取締役会において、代表取締役の異動(追加)についての決議を行った。
同社代表取締役社長の平野敏樹氏が病気療養のため、取締役会長の藤沢政俊氏(同社前代表取締役社長)を代表取締役会長に選定、当面の業務執行に遺漏が生じないようにする。
なお、これにより同社の代表取締役は、代表取締役会長の藤沢政俊氏と代表取締役社長の平野敏樹氏の2名となる。
【藤沢政俊氏の略歴】
生年月日:1953年1月6日(68歳)
出身地:長野県中野市
最終学歴:1976年3月東京農業大学農学部卒業
業歴:1976年同社入社、2003年執行役員伊那支社長、2007年執行役員水産セグメント統括、2008年取締役執行役員水産セグメント統括、2010年取締役執行役員営業部門統括兼水産事業部甲信越本部長、2011年取締役執行役員フードサービス事業部長、2012年取締役常務執行役員フードサービス事業部長、2013年代表取締役社長社長執行役員、2018年取締役会長(現任)
【2021(令和3)年8月11日第5066号13面】
 
 
 
日本アクセス(東京都)=第1四半期売上 5271億円に
佐々木社長
株式会社日本アクセス(佐々木淳一社長、東京都品川区)は、2022年3月期第1四半期の連結業績(2021年4月1日~6月30日)を発表した。
売上高は5271億7000万円。2022年3月期期首より「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号)等を適用している。
このため、当該会計基準等を適用する前の前年同四半期の売上高に対する増減率は発表していない。
営業利益は40億2800万円で、前年同四半期比100・7%。経常利益は42億100万円で、同96・6%。親会社株主に帰属する四半期純利益は26億3000万円で、同742・9%であった。
【2021(令和3)年8月1日第5065号12面】
 
 
 

2021年7月

2021年7月
 
フジッコ(兵庫県)=「フジッコNEWデリカ」 日配惣菜製造の新会社を設立
籠谷一徳社長
フジッコ株式会社(福井正一社長、神戸市中央区)では、これまでデリカ事業部として運営してきた日配惣菜の製造部門を独立させ、8月2日より新会社として「フジッコNEWデリカ」を設立することを発表した。
独立専門化された新会社においては、迅速な意思決定とともに、スピード感ある開発主体の経営体制を構築する。
また、日配惣菜市場における多様化するニーズに柔軟に対応するとともに、工場生産性を高め、収益性の改善と「働き方改革」に取り組み、新しい惣菜ビジネスモデルの実現に挑戦していく。
【新会社概要(予定)】
▼名称:フジッコ NEWデリカ株式会社▼所在地:兵庫県神戸市中央区港島中町六丁目13番地4▼代表者の役職・氏名:代表取締役 籠谷一徳(かごたにかずのり)▼事業内容:米飯、そう菜、漬物類の製造・販売等▼決算期:3月31日▼設立年月日:2021年8月2日(予定)▼資本金:90百万円▼大株主及び持株比率:同社100%
【2021(令和3)年7月11日第5063号1面】
 
 
 
良品計画(東京都)=堂前宣夫氏が新社長に
堂前宣夫社長
「無印良品」を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区)は、2日開催の取締役会において9月1日付で社長交代人事、及び役付取締役を定める人事を次のとおり決議した。現専務取締役兼執行役員の堂前宣夫氏が、代表取締役社長兼執行役員に就任、現社長兼執行役員の松﨑曉氏は取締役副会長兼執行役員に就任する。他に、常務取締役兼執行役員、中国大陸事業部長の清水智氏が専務取締役兼執行役員、中国大陸事業部長に就任する。
【堂前宣夫氏の略歴】
▼1969年1月25日生▼1993年4月 マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン入社▼1998年9月 株式会社ファーストリテイリング入社▼同年11月 同社取締役▼2016年6月 株式会社ディー・エヌ・エー社外取締役▼同年6月 マネックスグループ株式会社社外取締役(現任)▼2019年2月 良品計画上席執行役員営業本部長兼情報システム部、流通推進部、商品計画部管掌▼同年5月 同社専務取締役兼執行役員営業本部長兼情報システム部、流通推進部、商品計画部管掌▼2020年9月 同社専務取締役兼執行役員営業本部長(現任)
【2021(令和3)年7月11日第5063号6面】
 
 
 
ピックルス(埼玉県)=第1四半期決算短信 売上高は120億6700万円
宮本社長
株式会社ピックルスコーポレーション(宮本雅弘社長、埼玉県所沢市)は6月29日、2022年2月期第1四半期決算短信を発表した。
売上高は外出自粛に伴う巣ごもり需要が継続していることにより、家庭内での食事の機会が増加している状況や家飲みによる消費が継続していることや、健康志向の高まりにより乳酸菌を含む食品としてキムチの需要が継続していることなどにより、製品売上高は増加した。
利益については、天候が比較的順調に推移し、原料価格が安定したことにより増益となった。以上の結果、当第1四半期連結累計期間における売上高は120億6700万円(前年同四半期比0・4%増)、営業利益は13億2600万円(同45・3%増)、経常利益は13億6100万円(同45・2%増)、親会社に帰属する四半期純利益は9億2800万円(同42・4%増)となった。
2021(令和3)年7月11日第5063号6面
 
 
 
 
関門食品(福岡県)=宮本正敏氏が取締役に
宮本正敏取締役
関門食品株式会社(柳田宗樹社長、福岡県北九州市)は、5月25日付で役員の交代を行った。宮本正敏営業部長が現場責任者として取締役に就任、半田謙一専務取締役はグループ会社へ異動となった。
同社は昭和24年、山口県下関市で設立。九州の特産品である高菜漬や、干し大根のつぼ漬沢庵等の製造販売に力を注いでいる。九州・山陽地区でスーパーを展開するサンリブグループの中核企業として、一般食料品卸売業も営んでいる。
宮本取締役営業部長は、昭和39年3月28日生まれ、57歳。山口県出身。昭和61年、サンリブ前身の株式会社丸食に入社。食品を中心に様々な売場担当から商品部、店舗運営部を経たのち、平成30年に関門食品に転籍した。
【2021(令和3)年7月1日第5062号2面】
 
 
 
 
 
エバラ食品工業(神奈川県)2021年3月期決算と新役員発表
家庭用商品好調で増収増益
エバラ食品工業株式会社(森村剛士社長、神奈川県横浜市)は5月24日、2021年3月期決算を発表した。売上高は513億3400万円(前期比0・2%増)、営業利益は36億2700万円(前期比57・0%増)と増収増益となった。 巣ごもり消費による購買機会の増加により家庭用商品が好調に推移、商品構成の変化や経費の未使用等も影響した。
食品事業における家庭用商品では、肉まわり調味料群の『黄金の味』が新たなフレーバーを展開、さわやか檸檬や旨にんにくをフックとして、甘口、中辛、辛口といった既存ラインナップの露出強化につなげた結果、前期比7億1800万円の増収。
また『なべしゃぶ』『プチッと鍋』の鍋物調味料群は、前期比18億9000万円の増収、売上伸長が最も大きかったセグメントとなった。両商品ともコロナ禍において家事の負担が増加する中、食材の準備や調理の簡便性が消費者からの支持を得た。
野菜まわり調味料群は、第2四半期において、野菜価格が高値であったことにより『浅漬けの素』が低調に推移し、前期比1億5800万円の減収となった。
その他群では、『プチッとうどん』が調理の手軽さを訴求したテレビCМを通じて、第1四半期を中心に大きく売上を伸ばしたが、チルド商品の販売移管に伴う売上の減少のカバーには至らず、前期比2億1500万円の減収で着地した。 一方、食品事業における業務用商品は、コロナ禍の影響により肉まわり、スープ、その他全てのセグメントにおいて前期比7割前後の推移となった。業務用商品全体では前期比で21億8800万円の大幅減収となった。
なお2022年3月期の業績見通しについては、新収益認識基準適用の影響などにより、売上高413億4000万円、営業利益は17億8100万円としている。
 
森村社長
新役員を発表
エバラ食品工業は、6月25日開催の定時株主総会及び取締役会にて選出された役員を発表した。 
新役員は次のとおり(◎=新任)。
代表取締役社長:森村剛士、代表取締役副社長(社長補佐及び特命担当):髙井孝佳、専務取締役(経営統括部門及びSCM部門担当):吉田泰弘◎、取締役(コミュニケーション部門、品質保証部及びお客様相談室担当兼コミュニケーション本部長):半田正之、取締役(クリエイティブ部門及び製造部門担当):半沢尚人、取締役(営業部門担当):近藤康弘◎、取締役:赤堀博美、取締役:菅野豊、常勤監査役:金谷浩史、監査役:小田嶋清治、監査役:青戸理成。なお、取締役の半田正之は7月1日よりコミュニケーション部門品質保証部及びお客様相談室担当となる。
以上敬称略。
【2021(令和3)年7月1日第5062号2,9面、食料新聞デジタル6月30日号併載】
 
 
相鉄ローゼン(神奈川県)=曽我清隆氏が新社長に
曽我清隆社長
相鉄ローゼン株式会社(神奈川県横浜市)では、6月29日に開催の第22期定時株主総会及び取締役会終了後の役員構成を次の通り発表した。
代表取締役社長の長谷川正昭氏が退任し、現取締役専務執行役員の曽我清隆氏が代表取締役社長に就任する。同日付の役員一覧は、次の通り。(※昇)は昇任、(※新)は新任、敬称略。
▼代表取締役社長社長執行役員=曽我清隆(※昇)▼取締役専務執行役員=細谷和夫▼取締役常務執行役員=小嶋俊雄(※新)▼取締役執行役員=山田浩央(※新)▼取締役=滝澤秀之▼常務執行役員=杉山修之(※昇)▼執行役員=吉田敏朗、後藤謙吾、髙野宏志(※新)▼監査役=加藤尊正
【曽我清隆(そが・きよたか)氏の略歴】
▼1966年10月14日生▼1989年4月 相模鉄道(株)入社(現相鉄ホールディングス(株))▼2012年7月 相模鉄道(株)経営管理部部長▼2013年7月 同社営業部長▼2015年7月 相鉄ホールディングス(株)経営戦略室部長▼2019年6月 相鉄ローゼン(株)取締役常務執行役員▼2019年6月 同社管理本部長▼2020年6月 相鉄ホールディングス(株)相鉄グループ執行役員(現)▼2020年6月 相鉄ローゼン(株)取締役専務執行役員(現)▼2020年7月 同社経営管理本部長(現)
【2021(令和3)年7月1日第5062号8面】
 
 
 
三井食品(東京都)=2021年3月期決算発表 廃棄ロス削減は前年比48%達成
柴田社長
三井食品株式会社(柴田幸介社長、東京都中央区)は6月23日、2021年3月期決算発表を行った。
売上高7857億円(前期比95・8%)、経常利益16億円(前期比77・3%)、経常利益率0・20%(前期比▲0・05%)、当期純利益12・9億円(前期比82・5%)となった。2022年3月期事業計画は2022年3月期の期首より「収益認識に関する会計基準」等を適用することにより売上高影響額が1060億円減となり、売上高6748億円、経常利益13・1億円(前期比81・9%)、経常利益率0・19%、当期純利益は10億円(前期比80・1%)を見込んでいる。
来期に向けて取り組むテーマで「消費行動の変化」「環境意識の高まり(SDGs)」「デジタル化の進展」などがあり、それらの機会を迅速に捉え、変化へ柔軟に対応していく。廃棄ロス削減の取組みを強化しており、すでに今期には前年比48%削減を達成している。中期経営計画2023年では、3年間で最終的にIT投資を40~50億円、物流投資を1190億円行う。物流投資先で、今年9月稼働予定の大阪府交野市「三井食品近畿統合物流センター」、2023年に千葉県流山で開設予定のセンターなどを新設することで、首都圏・関西圏ともに物流の効率化を図る。
2021(令和3)年7月1日第5062号9面】
 
 
 
 

2021年6月

2021年6月
 
JA広島市(広島県)=新所長に沖野勝治氏
沖野勝治所長
広島市農業協同組合の広島菜漬センター(広島市安佐南区)の総合所長に、沖野勝治氏が4月より就任した。
前所長だった吉田耕司氏は、JA広島市の伴(とも)支店で営農指導員に就く。広島菜漬センターは、広島菜産地の中心である安佐南区に立地し、原料の収集・供給を担うのに加え、自らも広島菜漬の加工を行っている。
【沖野新所長コメント】
平素より、JA広島市の各種事業に対しましてご理解ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。さて、このたびの人事異動によって広島菜漬センターの総合所長に就任致しました。同センターのある広島市安佐南区川内地区は、広島菜の伝統的な産地であり「本場川内特産」と謳われるほど歴史ある産地です。この産地を守っていくためには、若い農家の皆さんが伝統を受け継ぎ、広島菜栽培が再生産可能な農業であることが大切だと感じます。昨年までは営農指導員として農家のお手伝いをさせていただいておりましたが、これからは農家の皆さんが栽培した広島菜を原料に、丹精込めて広島菜漬の製造、そして販売に取り組んでいきたいと思います。
【2021(令和3)年6月21日5061号2面】
 
 
 
 
AJS(大阪府)=新役員が就任 田尻一会長は留任
田尻会長
オール日本スーパーマーケット協会(田尻一会長)は10日、第59期定期総会を開催。新型コロナウイルスの感染防止のため会員及び株主は来場せず、書面により議決権を行使。田尻会長の留任を含め、新役員の就任が決まった。
【新役員】(敬称略)
▼会長:田尻一▼副会長:福谷耕治、服部哲也、前原宏之、田中康男、中野 義久▼常務理事:中村伸一郎(新任)▼理事:松本英男、中村憲治、萩原清(新任)、秦雅秀、高木大(新任)、梅林裕暁▼監事:若井禎彦、曽根誠司▼名誉会長:荒井伸也▼特別顧問:玉置泰、中山保彦、松本隆文 ※本総会をもって、前田伸司は常務理事を退任。松本隆文氏は理事を退任し、特別顧問に就任した。
また、コプロ株式会社(田尻一会長)は同日、第31期定時株主総会を開催。新役員がそれぞれ就任した。
【新役員】(敬称略)
▼代表取締役社長:田尻一▼常務取締役:中村伸一郎▼取締役:深瀬司朗(新任)、吉川彰一(新任)▼取締役(非常勤):服部哲也、前原宏之、松本英男、中村憲治、山口力、秦雅秀、高木大、梅林裕暁▼監査役(非常勤):若井禎彦、曽根誠司▼相談役(非常勤):福谷耕治、田中康男、中野義久、萩原清
※本総会をもって、前田伸司、井上康文、松本隆文は取締役をそれぞれ退任した。
【2021(令和3)年6月21日5061号8面】
 
 
 
日本アクセス(東京都)=新役員体制が決定 定時株主総会
佐々木社長
株式会社日本アクセス(東京都品川区)では、14日開催の定時株主総会ならびに取締役会において、役員体制を次のとおり決定した。(敬称略)
▼代表取締役社長 社長執行役員:佐々木淳一(経営全般)▼代表取締役副社長 副社長執行役員:西村武(社長補佐)▼取締役専務執行役員:亀岡正彦(広域営業部門長)、髙倍正浩(総合企画・ICT管掌)、福田雅弘(西日本営業部門長)▼取締役常務執行役員:宇佐美文俊(ロジスティクス管掌)、成戸肇(東日本営業部門長)、服部真也(次世代ビジネス管掌)、田中建治(商品統括・マーケティング管掌)、泉竜也(管理管掌)▼取締役:佐藤英成(非常勤)、渡辺良博(同)、佐藤雅俊(同)▼監査役:山口潔、渡部良二(新任)、谷和夫(非常勤)▼常務執行役員:鶴島孝保(生鮮管掌)、高野哲朗(最高リスクマネジメント責任者兼人事・総務・法務・コンプライアンス・食品安全管理管掌)、奥川洋介(総合企画・ICT管掌補佐 ICT担当)、布施和博(広域営業部門長代行 広域CVS統括)、見留正俊(広域営業部門長代行 広域チェーン統括)▼執行役員:松本和宏(外食流通営業部門長)、大石康也(西日本宮業部門長代行 九州エリア統括)、山本泰之(ロジスティクス管掌補佐兼広域営業部門長代行 広域ロジスティクス統括)、小川多賀志(管理管掌補佐兼事業管理・審査部長)、平松和高(広域営業部門長補佐 CVS事業戦略推進担当)、三木田哲夫(生鮮管掌補佐兼生鮮第1営業部長)、和田龍裕(西日本営業部門長代行 中四国エリア統括)、神慶照(東日本営業部門長代行 東北エリア統括)、秋山剛(デリカ管掌)※監査役の三木啓史氏は本総会をもって退任し、理事(非常勤)に就任。
【2021(令和3)年6月21日5061号8面】
 
 
 
アークランドサービスHD(東京都)= 新社長に坂本守孝氏
 坂本守孝社長
アークランドサービスホールディングス株式会社(臼井健一郎社長、東京都千代田区)は5月21日、同日開催の取締役会において、代表取締役の異動について決議した。7月1日付で坂本守孝取締役が代表取締役社長に就任し、臼井健一郎社長は会長に就任する。新社長の坂本守孝氏は、これまで子会社エバーアクション株式会社を立ち上げ、社長として業績向上並びにアークランドサービスグループ全体の業績向上のために統率力を発揮し経営に貢献してきた。臼井健一郎新会長は、2006年の社長就任以来、かつやの全国展開や海外展開、また新業態の開発、新規事業の展開を促進し、安定した事業拡大を可能にする会社基盤、成長動力の構築を図ってきた。その結果、コロナ禍においても着実に成長し、目標としているグループ売上1000億円への道筋に目途がついたため今回、社長交代をすることとなった。
【坂本守孝(さかもと・もりたか)新社長の経歴】
▼1985年3月13日新潟県三条市生まれ▼2007年4月岡三証券株式会社入社▼2010年9月アークランドサービスHD㈱入社▼2015年9月エバーアクション株式会社取締役営業本部長就任▼2016年7月同社常務取締役営業本部長就任▼2018年10月同社代表取締役社長就任(現任)▼2021年3月アークランドサービスHD取締役就任(現任)
【2021(令和3)年6月21日第5061号8面】
 
 
 
ピックルス(埼玉県)=第45回定時株主総会開催 取締役と監査役を選任
    
宮本社長
株式会社ピックルスコーポレーション(宮本雅弘社長、埼玉県所沢市)は5月28日、第45回定時株主総会を開催。取締役会において役員が選任。選任された取締役及び監査役は次の通り。(敬称略)
▼代表取締役社長:宮本雅弘▼代表取締役副社長:影山直司(昇任)▼専務取締役:蓼沼茂(昇任)▼常務取締役:三品徹(昇任)▼取締役:宮腰建一郎、荻野芳隆、取締役(社外):萩野賴子、田中徳兵衛、土居鋭一(新任)▼常勤監査役:西渉▼監査役(社外):村木徹、神﨑幸雄、小高正裕(新任)※取締役の藤原秀次郎、監査役の磯部真一は退任
【2021(令和3)年6月11日第5060号1面】
 
 
 
 
森藤食品(福島県)=森藤洋紀氏が専務取締役に
森藤食品株式会社(森藤洋一社長、福島県福島市大波)の森藤洋紀統括本部長は6月1日付で専務取締役に就任した。同社は同日、森藤食品工業株式会社から森藤食品株式会社に商号を変更した。
【2021(令和3)年6月11日第5060号2面】
 
 
国分グループ(東京都)=組織改定及び 主要人事発表
國分勘兵衛会長CEO
国分グループは5月26日、6月1日付の組織改定および主要人事について、次のとおり発表した。
<組織改定>
【国分首都圏株式会社】マーケティング部の傘下に、「商品開発課」を設置する。
<主要人事>(※旧職、敬称は省略)
【国分グループ本社株式会社】
▼伴場誠:海外統括部中国事業部付課長出向(上海峰二食品有限公司)(上海駐在)▼髙橋淳:フードサービス統括部フードサービス事業部営業担当部長兼マーケティング課長兼外食営業三課長兼戦略推進室外食担当部長▼若林裕:フードサービス統括部フードサービス事業部マーケティング課商品開発担当課長▼中村典正:国分フードクリエイト(株)常務執行役員営業統括兼デリカ事業部長兼国分グループ本社(株)低温フレッシュデリカ統括部戦略推進室低温推進部長▼竹中久人:国分フードクリエイト(株)マーケティング部長兼国分グループ本社(株)低温フレッシュデリカ統括部戦略推進室マーケティング推進部長
 
國分晃社長COO
【国分北海道株式会社】
▼青山知夫:執行役員経営統括部長兼人事総務部長兼地域共創部長兼事業共創課長▼石田健二:地域共創部商品共創課長兼フレッシュ課長▼田中秀樹:道東支社釧路支店支店長補佐兼釧路総合センター長
【国分首都圏株式会社】
▼久松紀仁:マーケティング部商品開発課長▼平直人:マーケティング部商品課長▼田雑栄一郎:マーケティング部付課長▼浅井 收:第二営業本部第一支社第二支店長
【国分西日本株式会社】
伊藤雅孝:中国支社営業業務課長
【2021年(令和3)6月11日5060号8面】
 
 
 
 
サミット(東京都)=役員・一般の人事異動
服部社長
サミット株式会社(服部哲也社長、東京都杉並区)は2日、役員並びに一般人事について発表した。
※新職(継続職):氏名の順に記載、旧職・敬称は略。◎発令日:6月30日【取締役】▼営業企画部担当(取締役執行役員営業企画部マネジャー):岡田崇▼取締役執行役員店舗サポート部担当(ブロック担当):安達晋一郎【執行役員】▼総務部、人事部担当(執行役員):清水則久【顧問】▼顧問(人事部分掌、オペレーション統括):田村詔▼顧問(青果部、鮮魚部、精肉部、総菜部、ベーカリー部、川崎塩浜プロセスセンター担当):辰野清◎発令日:7月1日▼総務部マネジャー:加藤豊
【2021(令和3)6月11日第5060号8面】
 
 
 
ミツカンHD(愛知県)=新社長に中埜裕子氏
中埜裕子社長
株式会社Mizkan Holdings(中埜和英会長、愛知県半田市)は5月24日、同日付で役員人事異動を行い、中埜裕子専務取締役が代表取締役社長に就任した。
その他は、中埜聖子専務取締役が取締役副社長、結城幸一専務取締役が取締役副社長、小島淳常務取締役が専務取締役に就任した。
なお、株式会社Mizkan Assetでは、中埜和英会長兼社長が社長を退任したが、会長は留任する。中埜聖子専務取締役は代表取締役社長に就任した。
【中埜裕子(なかの・ゆうこ)新社長の略歴】
▼1976年2月1日生、愛知県出身
▼成蹊大学法学部卒▼1999年3月 ㈱ミツカングループ本社入社▼2006年5月 ミツカングループ本社監査役▼2014年3月 Mizkan Holdings監査役▼2016年9月 Mizkan Holdings専務取締役▼2020年11月 Mizkan Holdings専務取締役兼Mizkan 代表取締役会長兼Mizkan Partners代表取締役会長▼2021年5月 Mizkan Holdings代表取締役社長兼Mizkan代表取締役会長兼Mizkan Partners代表取締役会長
【2021(令和3)年6月1日第5059号4面】
 
 
 
クオールHD(東京都)=2021年3月期決算短信
 
クオールホールディングス株式会社(中村敬社長、東京都港区)は5月14日、2021年3月期決算短信を発表した。
当連結会計年度における同社グループ連結業績は、売上高1618億3200万円(前年同期比2・2%減少)、営業利益73億6400万円(前年同期比4・8%減少)、経常利益74億300万円(前年同期比7・7%減少)、親会社株主に帰属する当期純利益は33億6500万円(前年同期比17・3%減少)となった。
また、EBITDAについては、120億3500万円(前年同期比2・6%減少)となった。
当連結会計年度における出店状況は、新規出店16店舗、事業譲受5店舗、子会社化による取得13店舗の計34店舗増加となった。
その一方、閉店16店舗、事業譲渡12店舗の計28店舗減少した結果、当事業全体で店舗数は811店舗となった。
【2021(令和3)年6月1日第5059号7面】
 
 
 

2021年5月

2021年5月
 
森永乳業(東京都)=新社長に大貫陽一氏
森永乳業株式会社(宮原道夫社長、東京都港区)は5月13日、同日開催の取締役会において、代表取締役の異動について次のとおり決議した。6月29日開催予定の第98期定時株主総会およびその後の取締役会決議を経て、正式に決定される予定。
大貫陽一専務取締役が代表取締役社長、宮原道夫社長は代表取締役会長に就任する。大川禎一郎代表取締役副社長は留任。
【大貫陽一新社長の略歴】
▼1959年12月4日生▼1983年4月森永乳業株式会社入社▼2008年5月同社営業本部営業本部室長▼2010年2月営業本部室長▼2011年6月執行役員経営企画部長・広報部長▼2014年11月執行役員経営企画部長▼2015年6月取締役常務執行役員経営企画部長▼2016年4月取締役▼2017年6月常務取締役▼2018年6月常務取締役常務執行役員経営戦略本部長▼2019年6月専務取締役専務執行役員経営戦略本部長(現職)
【2021(令和3)年5月21日第5058号3面】
 
 
 
 
エームサービス(東京都)=新社長に小谷周氏
エームサービス株式会社(山村俊夫社長、東京都港区)は4月23日、6月24日開催予定の定時株主総会および総会後の取締役会に付議する役員の異動を発表した。
小谷周取締役が代表取締役社長に就任し、山村俊夫代表取締役社長は退任して特別顧問に就任する。新任の取締役には太田俊也氏、小野川貴氏が就任する。金子健史取締役は退任する。
【小谷周新社長の略歴】
▼1968年6月22日生、兵庫県出身▼1991年3月東京理科大学工学部卒▼1991年4月三井物産株式会社入社物資開発経理部▼2005年10月Mitsui&Co.(U.S.A.),Inc.,Consumer Service Business Department▼2014年3月三井物産株式会社サービス事業部グローバルサービス事業室長▼2015年10月同社人事総務部人事企画室次長▼2017年4月同社へルスケア・サービス事業本部サービス事業部長(現ウェルネス事業本部ホスピタリティ事業部長)、同社取締役就任(現職)▼2021年6月同社代表取締役社長(就任予定)
【2021(令和3)年5月21日第5058号3面】
 
 
 
 
マルキョウ(福岡県)=新社長に坂本守氏
株式会社マルキョウ(富松俊一社長、福岡県大野城市)は5月6日、同月21日開催の第57期定時株主総会におけるマルキョウグループの役員人事案を発表した。同21日に坂本守取締役管理本部長が代表取締役社長COOに就任する。斉田敏夫代表取締役会長CEOは重任。富松俊一代表取締役社長COOは退任し、同日付で青木商事代表取締役社長に就任する予定。
▼代表取締役会長CEO=斉田敏夫(重任)▼代表取締役社長COO=坂本守(昇任)▼常務取締役営業本部長=西林宗俊(重任)▼取締役加工食品部長=堀本隆光(重任)▼取締役青果部長=原田昭(重任)
【坂本守(さかもと・まもる)新社長の略歴】▼1967年10月5日生▼1990年3月(株)マルキョウ入社▼1996年4月営業本部課長▼1996年5月日佐店店長▼1997年7月営業本部課長▼2003年4月食品部次長▼2009年4月食品部部長▼2014年12月取締役セルフ本部長▼2015年12月取締役営業本部副本部長▼2017年7月取締役管理本部長▼2019年5月取締役管理本部長兼経営企画室長(現任)
【2021(令和3)年5月21日第5058号3面】
 
 
 
 
キッコーマン(千葉県)=新社長に中野祥三郎氏
 
キッコーマン株式会社(堀切功章社長、千葉県野田市)は4月27日開催の取締役会において、会長・社長人事を含む役員及び執行役員の異動を発表した。6月22日開催予定の定時株主総会並びにその後に開催される取締役会及び監査役会において正式決定される。
中野祥三郎代表取締役専務執行役員は代表取締役社長COOに就任する。堀切功章代表取締役社長CEOは、代表取締役会長CEOに就任する。
【中野祥三郎新社長の略歴】▼1957年3月28日生▼千葉県出身▼1981年3月慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了▼1981年4月キッコーマン株式会社入社▼2002年6月同社営業企画部長▼2006年6月同社プロダクト・マネジャー室プロダクト・マネジャー▼2008年6月同社執行役員経営企画部長▼2011年6月同社常務執行役員経営企画室長▼2015年6月同社取締役常務執行役員CFO▼2019年6月キッコーマン株式会社代表取締役専務執行役員、キッコーマン食品株式会社代表取締役社長▼2021年6月キッコーマン株式会社代表取締役社長COO(予定)、キッコーマン食品株式会社代表取締役社長
【2021(令和3)年5月11日第5057号1面】
 
キッコーマン HP
 
 
 
クリエイト・レストランツ・ホールディングス(東京都)=川井潤氏が新社長
 
株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(岡本晴彦社長、東京都品川区)は、5月27日開催予定の第24期定時株主総会及び取締役会を経て、代表取締役の異動(社長交代)を正式に決定する。
新社長には川井潤専務取締役が就任し、岡本社長は退任する。川井新社長は、同社で2003年より管理体制の構築、株式上場準備、M&Aの推進及びグローバル事業の展開を推進してきた。
【川井潤新社長の略歴】
▼1963年10月7日生▼1987年4月株式会社日本興業銀行(現株式会社みずほ銀行)入行▼2002年4月みずほ証券株式会社へ出向▼2003年8月退社▼クリエイト・レストランツ・ホールディングス入社、取締役管理本部長▼2004年6月同社常務取締役管理本部長▼2008年3月同社専務取締役管理本部担当▼2010年9月同社専務取締役管理本部及び海外営業本部担当▼2019年5月create restaurants asia Pte. Ltd.Director(CEO)(現任)▼2020年9月同社専務取締役海外事業部及び財務企画部管掌(現任)
【2021(令和3)年5月11日第5057号2面】
 
 
 
 
岩田屋三越(福岡県)=伊倉秀彦氏が新社長に
伊倉秀彦社長
三越伊勢丹ホールディングス(HD)傘下の株式会社岩田屋三越(福岡市中央区)は、4月1日付で代表取締役社長執行役員に伊倉秀彦氏が就任した。
前社長執行役員の細谷敏幸氏は、三越伊勢丹HD代表執行役社長CEO兼三越伊勢丹代表取締役社長執行役員に就任した。
【伊倉秀彦(いぐら・ひでひこ)氏の略歴】▼1964年7月5日、神奈川県出身▼1987年3月:慶應義塾大学法学部政治学科卒▼1987年4月1日:伊勢丹入社▼2008年4月1日:三越伊勢丹HD経営戦略本部企画推進部情報企画グループ長▼2014年4月1日:エムアイカード取締役専務執行役員、エムアイ友の会代表取締役社長▼2017年4月1日:三越伊勢丹イノベーションズ代表取締役社長(~2018年6月23日)▼2018年4月1日:三越伊勢丹HD執行役員経営企画部門長▼2019年4月1日:三越伊勢丹HD常務執行役員CFO、三越伊勢丹取締役▼2019年6月17日:三越伊勢丹HD取締役常務執行役員CFO▼2020年6月15日:三越伊勢丹HD取締役執行役常務CFO、三越伊勢丹 取締役
【2021(令和3)年5月11日第5057号7面】
 
 
 
 
さいか屋(神奈川県)=井出陽一郎氏 新社長就任へ
井出陽一郎社長
株式会社さいか屋(岡本洋三社長、神奈川県川崎市)は4月16日の取締役会で、代表取締役の異動を決議した。
5月24日開催予定の第89回定時株主総会および株主総会終了後の取締役会を経て正式に決定する。
なお、岡本洋三取締役社長兼社長執行役員は、同社取締役を退任し、新たに新会長に就任する。
【井出陽一郎新社長の略歴】▼1952年3月22日生▼1974年4月松坂屋入社▼2010年3月大丸松坂屋百貨店執行役員MD推進部長▼2012年5月日本百貨店協会専務理事▼2017年9月エーエフシー専務取締役▼2020年5月同社取締役執行役員社長付特命担当
【2021(令和3)年5月11日第5057号7面】
 
 
 
三井食品(東京都)=新社長に柴田幸介氏
柴田幸介社長
三井食品株式会社(萩原伸一社長、東京都中央区)は4月21日、6月21日開催予定の定時株主総会・取締役会を経て代表取締役社長に柴田幸介氏が就任することを発表した。なお、萩原伸一現社長は退任後、取締役として新社長をサポートする。
【柴田幸介(しばた・こうすけ)新社長の略歴】▼1967年6月19日生、53歳▼1991年3月一橋大学商学部卒▼同年4月三井物産入社▼2014年同社食品事業本部戦略企画室長▼2016年同社流通事業本部商品流通部長▼2020年4月流通事業本部リテール事業開発部長▼2021年6月三井食品代表取締役社長に就任予定。
【2021(令和3)年5月11日第5057号7面】
 
 
 
 
明治屋(東京都)=磯野太市郎氏が社長就任
磯野太市郎社長
株式会社明治屋(松沢幸一社長、東京都中央区)は4月27日、5月28日開催の定時株主総会およびその後開催の取締役会において、磯野太市郎氏が代表取締役社長に就任することを発表した。
松沢幸一社長は退任し、同日特別顧問に就任する。
【磯野太市郎新社長の略歴】▼1977年6月10日生▼2000年3月慶應義塾大学法学部卒業▼同年4月伊勢丹入社▼2002年10月同社浦和店婦人服アシスタントセールスマネージャー▼2007年4月同社支店グループ商品部婦人服バイヤー▼2012年4月三越伊勢丹地域店舗商品統括部婦人服バイヤー▼2015年4月同社地域店商品部婦人服バイヤー、5月明治屋取締役▼2017年5月同社小売事業本部長代行▼2018年5月同社小売事業本部長 現在に至る▼2020年5月同社常務取締役
【2021(令和3)年5月11日第5057号7面】
 
 
 
トオカツフーズ(神奈川県)=新社長に池田晋一氏
池田晋一社長
トオカツフーズ株式会社(反田英樹社長、神奈川県横浜市)は4月27日、6月30日付で代表取締役社長が交代することを発表した。同日、池田晋一専務取締役が新社長に就任し、反田英樹社長は退任する。
【池田晋一新社長の略歴】▼1965年11月21日生▼1989年3月明治大学商学部産業経営学科卒業▼1989年4月日清製粉㈱(現㈱日清製粉グループ本社)入社▼2004年4月イニシオフーズ㈱マーケティング部営業課長▼2005年10月イニシオフーズ㈱マーケティング部次長▼2007年6月日清フーズ㈱広域営業部長代理▼2011年9月日清フーズ㈱広域営業部長▼2017年6月タイ日清テクノミックCo;Ltd取締役社長▼2020年11月トオカツフーズ㈱専務取締役(現在)
【2021(令和3)年5月11日第5057号8面】
 
トオカツフーズ HP
 
 
 
東海澱粉(静岡県)=葉山裕氏が新社長に
葉山裕社長
東海澱粉株式会社(静岡県静岡市)は、4月13日開催の取締役会において、第75期(2021年7月1日から2022年6月30日)の執行体制を内定。葉山裕常務執行役員営業1部長が7月1日付で新社長に就任すると発表した。新役員体制は次の通り。◎は昇任、〇は新任、敬称略。
代表取締役会長最高経営責任者:神野建二、代表取締役社長社長執行役員:葉山裕◎、常務執行役員総務部長:秋山和浩◎、常務執行役員営業1部長:篠原宏直◎、執行役員TDCサービス株式会社代表取締役社長 東海シープロ株式会社取締役会長:南幾雄、執行役員営業2部長:大川雅広、執行役員品質保証部長:山本浩、執行役員経営企画部長:大石敬一郎、執行役員開発部長:長島香示〇、執行役員東京量販支店長:鈴木常夫〇、※森憲司社長は東海澱粉株式会社顧問に就任。
【2021(令和3)年5月6日第5056号1面】
 
東海澱粉 HP
 
 
 
フジッコ(兵庫県)=執行役員規定を改定 経営と執行の分離明確に
福井社長
フジッコ株式会社(福井正一社長、神戸市中央区)は、経営と執行の分離を明確にするため、執行役員規程を全面的に見直すことを4月26日開催の取締役会で決議。同日付で変更することを発表した。
また、6月23日開催予定の株主総会・取締役会終了後の新体制(内定)を発表した。その内容は次のとおり。※敬称略
【「執行役員規程」の変更】
取締役会の決議により、執行役員の中から社長執行役員1名を選定し、副社長執行役員、専務執行役員、常務執行役員、最上席執行役員と上席執行役員を若干名選定することができる。
【取締役の異動】
①執行役員体制の見直しに伴う異動=取締役専務執行役員:石田吉隆(現常務取締役)(4月26日付)
②新任候補者=社外取締役:池田純子(元株式会社プラップジャパン常務取締役)(6月23日付予定)
【取締役の新体制(内定、6月23日の株主総会・取締役会終了後)】
▼福井正一:代表取締役社長執行役員▼石田吉隆:取締役専務執行役員▼荒田和幸:取締役上席執行役員▼寺嶋浩美:取締役上席執行役員▼渡邉正太郎:社外取締役▼小瀬昉:社外取締役▼池田純子:社外取締役▼藤澤明:監査等委員である取締役(常勤)▼石田昭:監査等委員である社外取締役▼曳野孝:監査等委員である社外取締役
【2021(令和3)年5月6日第5056号1面】
 
 
 
 
丸越(愛知県)=新人事と組織発表
野田社長
株式会社丸越(野田明孝社長、愛知県名古屋市)は、4月1日付の2021年度の新人事と組織体制を発表。前年度までの本部長制を廃止し、野田豊嗣専務取締役が新たに加わった管理統括本部を含め、専門店本部、営業本部、マーケティング本部を統括する体制とした。野田専務は専門店本部、管理統括本部、西日本専門店部、専門店運営開発部、総務部を兼務する。
新田美智雄常務執行役員は社長直轄の組織としてグループ全体の経営戦略の立案に参画し、全体の管理統率を行う新設の経営企画室の室長を兼務する。
 
 
※組織図はクリックで拡大表示できます。
その他、関東支店の支店長・次長に黒木大介氏、業務部次長に野田久雄氏が就任(ともに新任)。生産統括部本部の佐々木義廣部長が三好工場の工場長を兼務する。また、関連会社である寺田食品株式会社の永岡晋一次長が統括部部長に就任した。
【2021(令和3)年5月6日第5056号3面】
 
 

2021年4月

2021年4月
 
丸漬(京都府)=新社長に加勢智啓氏
加勢智啓社長(右)と加勢克己会長
求められることへ対応
株式会社丸漬(京都市下京区)は、4月1日より加勢智啓氏(40)が新たに代表取締役社長に就任し、加勢克己社長(79)は代表取締役会長に就く役員人事を発表した(詳細後掲)。
加勢新社長は1980年生まれ。前職は繊維関係の会社で、主に営業業務に従事していた。2017年8月に丸漬に入社してからは製造や営業などの業務をこなし、経験を積んできた。
加勢新社長は「当社は1937年に青果問屋として創業した。その後時代の要請に合わせて漬物にメインが移り、さらに79年には滋賀工場を建て漬物製造も本格化させてきた歴史がある。今回のコロナ禍においても、守るべきものは守りながら、求められることを見極め柔軟に対応していきたい」と語る。本社併設の店舗などを含めた直販部門の強化も図っていく方針だ。
当面は加勢会長と二人三脚で経営に当たる。加勢会長は「私は漬物が本当によく売れた時代を知っている。今は和食離れ、コスト高など以前からの課題に加えてコロナ禍が加わり難しい時代だが、だからこそ変化の時代でもある」と新社長への期待感を見せた。
<新役員体制>(敬称略)
▼名誉会長:加勢満男 ▼代表取締役会長:加勢克己 ▼代表取締役社長:加勢智啓 ▼専務取締役:中江清彦 ▼取締役:藤原洋・安藤義浩 ▼監査役:木村忍
【2021(令和3)年4月21日第5055号1面】
 
 
 
 
トモシアホールディングス(東京都)=新社長に荒木章氏
荒木章社長
トモシアホールディングス株式会社(東京都港区)の代表取締役社長に、荒木章副社長が4月1日付で就任した。
竹内成雄社長は同日付で代表取締役となったが、取締役としての任期満了となる6月28日の株主総会で代表取締役を退任し、相談役に就任する予定。また代表取締役副社長には堀内琢夫氏、竹内孝久氏(昇任)が就く。
荒木新社長は、同グループの一員であるカナカン株式会社(石川県金沢市)の代表取締役会長も務めている。
【2021(令和3)年4月21日第5055号2面】
 
 
 
 
国分グループ本社(東京都)=役員人事発表
 
国分グループ本社株式会社(國分勘兵衛社長、東京都中央区)は3月31日、定時株主総会と取締役会を開催した。この結果、役員がそれぞれ選任され、次のとおり就任した。
<※は昇任☆は新任>
▼代表取締役会長兼CEO:國分勘兵衛▼代表取締役社長執行役員:國分晃▼取締役副社長執行役員:國分泰孝▼取締役常務執行役員:杉野直起、山崎佳介、※相澤正邦、※物井敦、※鈴木嘉一▼取締役執行役員:山本栄二、柄秀典、小木曽泰治、☆荻野司▼執行役員:福井稔、東野聡、高波圭介、石橋逸平、鈴木公一、平井匠、佐藤登志也、前原康宏、今井博臣、川野政治、諏訪勝巳、佐藤和宏、堀内孝之▼常勤監査役:奥村恆弘、秋山隆司▼監査役:國分達夫、右近順一
なお、土井弘光、内藤悟の両氏は、取締役を退任して、各々相談役に就任し、碇豊樹氏は国分西日本㈱取締役会長に就任。
【2021(令和3)年4月21日第5055号2面】
 
 
クオールホールディングス(東京都)=役員人事を決議
 
クオールホールディングス株式会社(中村敬社長、東京都港区)は3月24日開催の取締役会において、6月29日に開催予定の同社第29期定期株主総会で承認を求める取締役の候補者を次のとおり決議した。
<監査等委員ではない取締役候補>
▼取締役会長:中村勝▼代表取締役社長:中村敬▼代表取締役常務:福滿清伸▼代表取締役常務:石井孝芳▼常務取締役薬剤師:荒木勲▼取締役薬剤師:恩地ゆかり▼取締役:富樫豊▼取締役窪木法律事務所所長弁護士:窪木登志子▼取締役山本会計事務所所長税理士:山本行治[全員再任]
<監査等委員である取締役候補>
▼常勤社外監査役:武士俣充▼常勤監査役薬剤師:橋本千枝▼社外監査役公認会計士:宮﨑源征[3名全員新任]
<補欠の監査等委員である取締役候補>
▼監査等委員である橋本千枝氏の補欠取締役:大島美岐子▼監査等委員である社外取締役武士俣充氏及び監査等委員である社外取締役宮﨑源征氏の補欠取締役:角替隆志
【2021(令和3)年4月21日第5055号2面】
 
 
 
芝田商店(和歌山県)=芝田和明氏が新社長
 
芝田商店(和歌山県田辺市上芳養)は、4月1日をもって個人事業の芝田商店から株式会社芝田商店に移行した。また、今回の法人化に伴い、芝田晃吉氏は代表を退任し、芝田和明氏が代表取締役に就任した。
【2021(令和3)年4月11日第5054号1面】
 
 
 
 
阪急オアシス(大阪市)=永田靖人氏が新社長に
永田靖人社長
エイチ・ツー・オーリテイリング株式会社(荒木直也社長、大阪市北区)は、子会社である阪急オアシスの4月1日付役員人事を発表。永田靖人取締役専務執行役員が代表取締役社長に就任。並松誠社長は3月31日で退任。取締役・執行役員の異動は次のとおり。( )内は旧職。
<新任>▼取締役執行役員:髙木一郎(業務標準化推進部長兼人材開発部長)、黒澤憲一(大阪ブロック長)
<異動>▼執行役員:志水孝行(取締役常務執行役員)
<退任>▼取締役:林克弘▼取締役専務執行役員:松元努▼取締役常務執行役員:藤原成人▼取締役執行役員:西本和也▼執行役員:垣内利文
【永田靖人新社長の略歴】
▼1958年11月1日生まれ▼1982年3月大阪市立大学商学部卒▼1982年4月株式会社阪急百貨店に入社▼2006年4月株式会社阪急キッチンエール代表取締役社長▼2007年10月年エイチ・ツー・オーリテイリング株式会社関連事業企画室長▼2013年4月株式会社阪食人事部長▼2014年4月同社取締役執行役員▼2015年4月同社取締役常務執行役員▼2017年同社取締役専務執行役員総務人事室長
【2021(令和3)年4月11日第5054号11面】
 
 
 
 
 
天政松下(大阪府)=第49期経営方針発表会
経営方針発表会に全国から社員が集結
漬物メーカーベンダーの株式会社天政松下(松下雄哉社長、大阪市西淀川区)は第49期目を迎えた1日、本社で経営方針発表会を実施した。
前期(2020年4月〜2021年3月)の売上は過去最高となる約84億円、経常利益は約2.1億円の予想。経常利益が2億円を超えるのは9年ぶりで、関東エリアやメーカー部門の収支改善などが貢献した。
松下社長は今期のさらなる成長へ向けて人材戦略を重視する考えを示し、その具体策の一つ「人事異動の活性化」では、本日より管理職15名中12名が異動すると話した。
またメーカー部門について、夏の水なす、冬の千枚漬以外の時季が弱点となっていることから、新たな通年商材並びに春秋の季節商材を開発する重要性を指摘した。
さらに、5月中に鶴橋キムチメーカーの「株式会社とうがらしのやまだ」を設立する予定を発表。松下氏が代表取締役会長、天政松下の元工場長の山田良太氏が取締役社長に就く。
【2021(令和3)年4月5日食料新聞 大阪支社デジタル速報】
 
 
 
 
東洋自動機(東京都港区)=PACRAFTへ社名変更
 
自動計量・包装システムの開発、製造、販売を行い、ナブテスコグループの東洋自動機株式会社(北村明義社長、東京都港区)は、4月1日より、社名を「PACRAFT(パックラフト)株式会社」へ変更する。これに合わせ、ブランドマークやスローガンも一新する。
創業60周年を迎える同社の主力事業であるパッケージングと、技術や技巧を意味するクラフトを掛けた新社名となる。パッケージングの課題に技術をもって最適なソリューションを提供していく思いが込められている。現在は巣ごもりや通販の拡大が牽引役となり、自動軽量・包装システムは引き合いが増えている。
【2021(令和3)年4月1日第5053号2面】
 
 
 
 
レインズインターナショナル(横浜市西区)=澄川浩太氏が新社長に
澄川浩太社長
株式会社コロワイド(野尻公平社長、神奈川県横浜市西区)の連結子会社株式会社レインズインターナショナルは、同社の代表取締役社長の異動を決議した。
コロワイド取締役、大戸屋ホールディングス取締役の澄川浩太氏が代表取締役社長に就任。前社長の根本寿一氏は取締役に就任した。異動日は3月1日。
【澄川浩太(すみかわ・こうた)氏の略歴】
▼生年月日:1978年11月8日▼最終学歴:2001年3月、東京大学経済学部卒▼同年4月:監査法人トーマツ入社▼2016年7月:コロワイド入社▼2017年6月:カッパ・クリエイト取締役▼同年10月:同社代表取締役専務▼2018年6月:コロワイド取締役(現任)▼2020年11月:大戸屋ホールディングス取締役(現任)
【2021(令和3)年4月1日第5053号2面】
 
 
 
 
塩水港精糖(東京都中央区)=久野修慈氏が会長兼社長に
久野修慈社長
塩水港精糖株式会社(東京都中央区)は3月16日開催の取締役会において4月1日付の代表取締役、役付役員及び執行役員の異動ならびに6月29日開催予定の第88回定時株主総会に付議する取締役の異動について決議した。代表取締役社長の丸山弘行氏が取締役に就任し、代表取締役会長の久野修慈氏が代表取締役会長兼社長に就任する。
【2021(令和3)年4月1日第5053号2面】
 
 
 
 
あじかん(大阪府摂津市)=新社長に足利直純氏
足利直純社長
株式会社あじかん(足利恵一社長、大阪府摂津市)は3月1日に開催した取締役会において代表取締役の異動を決議。4月1日をもって、足利直純常務取締役ヘルスフード事業部長が代表取締役社長に就任する。足利恵一社長は、代表権のない取締役会長に就任する。
【足利直純(あしかが・なおずみ)氏の略歴】
1968年5月16日生まれ。98年10月にあじかん入社。2010年商品企画部長、12年執行役員・西日本営業部長、14年取締役、18年ヘルスフード事業部長(現任)、19年常務(現任)。
【2021(令和3)年4月1日第5053号2面】
 
 
 
名古屋三越(愛知県名古屋市)=新社長に椎野聡氏
椎野聡社長
株式会社名古屋三越(愛知県名古屋市)は、三越伊勢丹取締役常務執行役員MD統括部長の椎野聡氏が4月1日付で代表取締役社長執行役員に就任する人事を発表した。
笠原慶弘代表取締役社長執行役員は、三越伊勢丹ホールディングスの執行役員社長付に就任する。椎野氏は1984年伊勢丹入社。2013年岩田屋三越取締役常務執行役員。2017年三越伊勢丹執行役員。2019年取締役常務執行役員(現任)
【2021(令和3)年4月1日第5053号3面】
 
 
 
 
株式会社札幌丸井三越(北海道札幌市)=新社長に神林謙一氏
神林謙一社長
株式会社札幌丸井三越(北海道札幌市)では4月1日付で、代表取締役社長執行役員に神林謙一氏が就任すると発表した。前代表取締役社長執行役員の栗原憲二氏は退任する。
神林氏は1992年慶應義塾大学商学部卒業後、株式会社伊勢丹入社。2017年株式会社三越伊勢丹百貨店事業本部商品統括部特選・宝飾時計統括部長兼統括部付(コンプライアンス)、2019年同執行役員MD統括部特選MD統括部長、2020年同常務執行役員MD統括部ストアクリエイショングループ長(現任)
【2021(令和3)年4月1日第5053号3面】
 
 
 
 
日新製糖株式会社(東京都中央区)=大久保亮氏が新社長に
大久保亮社長
日新製糖株式会社(東京都中央区)は、3月10日に開催した取締役会において、2021年4月1日付の代表取締役および執行役員の異動ならびに同年6月開催予定の定時株主総会に付議する取締役の異動について決議。
取締役専務執行役員の大久保亮氏が4月1日付で代表取締役社長COOに就任、森田裕代表取締役COOは取締役顧問に就任する。
大久保氏は1981年日新製糖入社。2011年取締役、2015年取締役執行役員、2017年取締役常務執行役員、2019年取締役専務執行役員(現任)
【2021(令和3)年4月1日第5053号3面】
 
 
 
 
株式会社シモジマ(東京都台東区)=笠井義彦氏が社長に内定
笠井義彦社長
株式会社シモジマ(東京都台東区)は取締役会において、代表取締役の異動を決議した。代表取締役専務上席執行役員営業統括本部長兼営業本部長の笠井義彦氏が、代表取締役社長に就任。
現社長の下島和光氏は、代表権のある会長に就任する。就任予定日は4月1日。
【笠井義彦(かさい・よしひこ)氏の略歴】
▼出身地:東京都北区▼生年月日:1959年1月21日▼最終学歴:1981年3月:京都産業大学経営学部経営学科卒▼1981年4月:シモジマ商事入社▼2012年6月:シモジマ取締役営業本部副本部長▼2019年6月:同社代表取締役専務上席執行役員営業統括本部長兼営業本部長(現在)
【2021(令和3)年4月1日第5053号3面】
 
 
 
 

2021年3月

2021年3月
 
日本アクセス(東京都)=役員・審議役の委嘱業務変更および主管者人事
 
株式会社日本アクセス(佐々木淳一社長、東京都品川区)は、3月22日および25日に、2021年度 役員・審議役の委嘱業務変更および主管者人事について、次のとおり発表した<新職(旧職)氏名の順に記載>。
【4月1日発令】▼審議役 広域営業部門広域ロジスティクス統括補佐(広域営業部門広域ロジスティクス統括補佐)村上達則▼関係会社出向【ジャパンフードサプライ株式会社】(広域営業部門CVS物流改革推進部長代行)麻生康介▼広域営業部門CVS物流改革推進部長(株式会社ファミリーマート)根本健一朗▼広域営業部門CVS物流改革推進部長代行(株式会社ファミリーマート)山田豊樹
【5月1日発令】▼執行役員管理管掌補佐兼事業管理・審査部長(執行役員 管理管掌補佐)小川多賀志
▼出向受入解除(事業管理・審査部長)藤村美加子
【食料新聞デジタル 2021(令和3)年3月30日号】
 
 
 
国分グループ(東京都)=組織改定および主要人事
 
国分グループ本社(國分勘兵衛代表取締役会長兼CEO 、東京都中央区)は3月26日、4月1日付組織改定および主要人事について、次のとおり公表した。
<組織改定>
【国分グループ本社 株式会社】「経営統括本部」の傘下にある「環境管理委員会」を廃組し、「サステナビリティ委員会」を設置する。
【国分東北株式会社】「第二支社岩手支店」の傘下にある「青森営業所」を閉鎖する。
【国分九州株式会社】「第三支社熊本支店」の傘下にある「天草営業所」を閉鎖する。
 
<主要人事>※氏名:発令事項<旧所属>の順に記載
【国分グループ本社 株式会社】
▼金井真吾:物流統括部付部長出向(国分ロジスティクス(株))<物流統括部戦略推進担当部長>
▼御供講之:低温フレッシュデリカ統括部戦略推進室副部長兼フレッシュ推進課長兼国分フレッシュリンク(株)出向<低温フレッシュデリカ統括部戦略推進室副部長兼国分フレッシュリンク(株)出向>
 
【国分首都圏株式会社】
▼三原直樹:経営統括部副部長<丸紅(株)より出向受入>
▼猪忠孝:丸紅(株)からの出向受入を解く<取締役専務執行役員>
 
【国分九州株式会社】
▼落合淳一:物流・システム部物流・システム課(福岡総合ロジスティクスセンター長)<業務センター販売業務課長兼第一支社第一支店九州HUBセンター長兼物流・システム部物流・システム課福岡総合ロジスティクス副センター長>
▼荒川謙一:第一支社長兼マーケティング部長兼業務センター部長兼販売業務課長<第一支社長兼マーケティング部長兼業務センター部長>
 
【国分フードクリエイト株式会社】
▼川副勝也:物流・システム部長兼販売業務部長<中部支社副支社長兼中部支店長兼北陸営業所長>
▼稲熊篤:中部支社中部支店長兼北陸営業所長<国分グループ本社(株)低温フレッシュデリカ統括部フレッシュ推進課長兼国分フレッシュリンク(株)出向兼フレッシュリンク大田(株)出向>
【食料新聞デジタル 2021(令和3)年3月30日号】
 
 
 
サミット(東京都)=機構改革、役員人事、一般人事
 
サミット株式会社(服部哲也社長、東京都杉並区)は4月1日付の機構改革、役員人事、一般人事について次の通り発表した。
<機構改革>
【内容】
(1) 経営企画室を経営企画部とし、経営企画グループとDX推進グループを新設する。
(2) 人事部女性活躍推進グループの名称を人事部多様性推進グループに変更し、ダイバーシティへの
 取組みを明確にする。
(3) 人事部能力開発グループの名称を人事部採用・能力開発グループに変更する。
(4) 経理部の資金グループおよび経理グループを廃止し、業務の効率化を図る。
(5) 情報システム部の開発グループおよび運用グループを廃止し、業務の効率化を図る。
(6) (株)サミット・コルモとの経営統合に伴い、コルモピア事業部を新設する。
【目的】
事業ビジョン実現および中期経営計画(GG2022)を達成するために、取組むべき業務や実現すべき課題を明確にし、業務を効率よく進める。
【機構図】(新・旧)※下記よりPDFをダウンロード可
 
<役員人事>※新職(旧職)<継続職>氏名の順で記載
▼経営企画部担当経営企画部マネジャー兼経営企画部DX推進グループグループマネジャー(経営企画室担当経営企画室マネジャー)<執行役員経営企画部マネジャー兼 経営企画部DX推進グループグループマネジャー広報室担当SDXプロジェクトリーダー>山元淳平
▼新職なし(経理部マネジャー)<執行役員 経理部、情報システム部担当>谷川満
▼執行役員コルモピア事業部マネジャー((株)サミット・コルモ取締役執行役員)<継続職なし>山越成智
 
<一般人事>※新職(旧職)氏名の順に記載
▽ライフガーデン浦安富岡店長(三鷹市役所前店副店長)髙橋知介
▽保木間店長(ライフガーデン浦安富岡店長)原田大介
▽川口青木店長(人事部)須藤光章
▽柳瀬川駅前店長(尻手駅前店長)長島賢一
▽上連雀店長(小平上水本町店副店長)赤塚裕司
▽富士見町店長(柳瀬川駅前店長)土屋弘幸
▽上北沢店長(和泉店長)原田道彦
▽和泉店長(高井戸東店長)藤原博
▽高井戸東店長(川口青木店長)市川昌英
▽尻手駅前店長(富士見町店長)西村裕
▽綾瀬タウンヒルズ店長(藤沢駅北口店長)堀内元樹
▽藤沢駅北口店長(綾瀬タウンヒルズ店長)木口悟
▽経理部マネジャー(経理部経理グループマネジャー)望月保光
▽情報システム部マネジャー(情報システム部マネジャー兼 情報システム部開発グループマネジャー)梅木英一郎
▽第5ブロックマネジャー(精肉部マネジャー)大河原一正
▽精肉部マネジャー(営業企画部営業企画グループマネジャー)草木迫伸彦
▽物流・グロサリー業務部マネジャー兼 物流・グロサリー業務部物流グループマネジャー(第5ブロックマネジャー)松本浩昭
【食料新聞デジタル 2021(令和3)年3月30日号】
 
   
アサヒグループホールディングス(東京都)=新社長に勝木敦志氏
勝木敦志社長
アサヒグループホールディングス株式会社(東京都墨田区)は、2月12日開催の取締役会において、代表取締役の異動を内定。3月開催の定時株主総会後の取締役会において、正式に就任予定。勝木敦志専務取締役兼専務執行役員兼CFO兼日本統括本部長が代表取締役社長兼CEO兼日本統括本部長に就任する。代表取締役社長兼CEOの小路明善氏は取締役会長兼取締役会議長に就任する。勝木氏は1984年ニッカウヰスキー株式会社入社、2002年アサヒグループホールディングス株式会社転籍、2016年執行役員兼Asahi Holdings (Australia)Pty Ltd, Group CEO、2017年取締役兼執行役員、2018年常務取締役兼常務執行役員、2020年専務取締役兼専務執行役員兼CFO、2020年4月専務取締役兼専務執行役員兼CFO兼日本統括本部長(現職)。※就任予定日2021年3月25日
【2021(令和3)年3月21日第5052号5面】
 
 
ヤマトホールディングス(東京都)=長尾裕氏が新社長就任
長尾裕社長
ヤマトホールディングスは(東京都中央区)は1月21日、4月1日付でヤマト運輸(東京都中央区)の社長にヤマトホールディングスの長尾裕社長が就任し、両社の社長を兼務する人事を発表した。
ヤマト運輸の栗栖利蔵社長は、同社専務執行役員(機能本部統括兼プロフェッショナルサービス機能担当)に就く。
長尾裕氏は、昭和63年高崎経済大学経済学部卒業、ヤマト運輸入社。平成25年常務執行役員。平成27年代表取締役社長社長執行役員兼ヤマトホールディングス執行役員。平成31年ヤマトホールディングス代表取締役社長社長執行役員兼ヤマト運輸取締役。
【2021(令和3)年3月21日第5052号5面】
 
 
 
 
スターゼン(東京都)=横田和彦氏が新社長に就任
横田和彦社長
スターゼン株式会社(東京都港区)は1月18日開催の取締役会で、代表取締役の異動を次の通り決議した。
4月1日付で、横田和彦専務取締役営業本部長が代表取締役社長に就任する。代表取締役会長兼社長の中津濵健氏は取締役会長に、代表取締役副社長の永野章氏は、取締役副会長に就任する。
横田氏は1986年入社、2013年執行役員、2015年常務執行役員、2016年取締役、2017年スターゼン販売株式会社代表取締役社長、2018年常務取締役、2019年常務取締役営業本部長、2020年専務取締役営業本部長(現任)。
【2021(令和3)年3月21日第5052号5面】
 
 
フジッコ(兵庫県)=組織変更と人事異動 寺嶋浩美氏が取締役に新任
 
【大阪支社】フジッコ株式会社(福井正一社長、神戸市中央区)は1日、組織変更ならびに人事異動について次の通り発表した。
《組織変更(4月1日付)》
①業務執行の集中力と効率性を高めるために、6つの本部に集約する。人財コーポレート本部、経営企画本部を新設する。人財コーポレート本部は人事総務部、法務グループ、秘書室、経営企画本部は経営企画部、経理部、システム企画部をぞれぞれ配置する。
②システム企画室をシステム企画部に改称し、DXの推進を図る。
③重要な経営課題の取り組みとして、生産本部内にSCM部を新設して物流改革を推進する。
《人事異動》
①取締役の異動(6月23日付予定)=<新任候補者>取締役:寺嶋浩美(現執行役員人事総務部長)<退任予定者>常務取締役:籠谷一徳、常務取締役:山田勝重<昇格の予定>専務取締役:石田吉隆(現常務取締役)※6月23日以降、籠谷氏は最上席執行役員、山田勝重氏は同社フェローの予定
②執行役員の異動(4月1日付)=<新任>志賀重久:執行役員製造部長、紀井孝之:執行役員昆布・豆事業部長 <昇役> 寺嶋浩美:上席執行役員人財コーポレート本部長、丸山健太郎:上席執行役員開発本部長兼商品開発部長、尾西輝昭:上席執行役員経営企画本部長兼経営企画部長<退任>山本和則、藏樂豊彦、飯田秀喜
③部長職等の異動(4月1日付)=<再任と異動>荒田和幸:取締役コア事業本部長兼マーケティング推進部長、宮本公資:執行役員営業本部東日本統括部長、山本和則:お客様相談室長、豊村正之:東京工場長、安川尚志:鳴尾工場長、槙野弘一:東日本営業部長、角井祐己:中四国九州営業部長、南出洋:デリカ西営業部長、森本和之:生産技術室長、永坂昇一:SCM部長<新任>鈴木一嘉:広域営業部長、入道知生:ヨーグルト・デザート事業部長、山下正義:人事総務部長、村山哲律:和田山工場長、山田雄一郎:横浜工場長、近藤亘:北海道工場長、近野芳敬:システム企画部長、石井啓員:設備開発部長(敬称略)
【2021(令和3)年3月11日第5051号2面】
 
 
 
マツモトキヨシホールディングス(千葉県)=松本貴志氏が新社長に就任
松本貴志社長
株式会社マツモトキヨシホールディングス(千葉県松戸市)は、2月15日開催の取締役会において、同社子会社である株式会社マツモトキヨシの代表取締役の異動を決定。4月1日付で松本貴志取締役副社長(株式会社マツモトキヨシホールディングス専務取締役営業統括本部長)が代表取締役社長に就任する。代表取締役社長の大田貴雄氏は取締役会長(株式会社マツモトキヨシホールディングス常務取締役戦略事業推進本部長)に就任する。松本氏は1999年佐藤製薬株式会社入社。2002年株式会社マツモトキヨシ入社、2009年取締役、2015年専務取締役、2021年取締役副社長(現任)。
【2021(令和3)年3月11日第5051号5面】
 
 
 
サッポロビール(東京都)=野瀬裕之氏 社長就任へ
野瀬裕之社長
サッポロビール株式会社は、代表取締役社長の異動について内定した。現取締役常務執行役員マーケティング本部長の野瀬裕之氏が代表取締役社長に就任し、現社長の髙島英也氏はサッポロホールディングス顧問に就任する。
3月30日に開催予定の定時株主総会および取締役会にて正式決定。なお、野瀬氏はサッポロホールディングス常務グループ執行役員への就任も内定している。
【野瀬裕之(のせ・ひろゆき)氏の略歴】▼生年月日:1963年2月3日、58歳▼出身地:福岡県▼1986年3月:九州大学経済学部経営学科卒▼同年4月:旧サッポロビール(現サッポロホールディングス)入社▼2020年3月:サッポロビール取締役常務執行役員マーケティング本部長国内営業部門管掌
【2021(令和3)年3月11日第5051号5面】
 
 
 
丸大食品(大阪府)=佐藤勇二氏が社長就任へ
佐藤勇二社長
丸大食品株式会社(大阪府高槻市)は佐藤勇二氏が6月下旬に代表取締役社長に就任すると発表した。井上俊春社長は取締役を退任し特別顧問に就く。佐藤新社長は1983年入社、2013年執行役員営業部長、2018年安曇野食品工房株式会社 代表取締役社長(現任)。
【2021(令和3)年3月1日第5050号1面】
 
 
 
クレディセゾン(東京都)=水野克己氏が新社長に就任
水野克己社長
株式会社クレディセゾン(東京都豊島区)は3月1日付で、代表取締役(兼)社長執行役員COOに水野克己氏が就任した(山下昌宏社長は2月28日をもって取締役も退任)。水野新社長は1992年クレディセゾン入社、2013年取締役、2016年常務取締役、2020年取締役(兼)専務執行役員。
【2021(令和3)年3月1日第5050号1面】
 
【総務・福利厚生サポート】
 
 
国分中部(愛知県)=3月1日付の主要人事
 
国分中部株式会社(福井稔社長、名古屋市北区)は、3月1日付の主要人事を次の通り発表した。▼氏名=発令事項の順に記載。旧所属と敬称は省略。
▼斉藤修平=経営統括部副部長兼セントラルフォレストグループ㈱出向▼山本真一朗=人事総務部人事総務課長兼セントラルフォレストグループ㈱出向▼坂本亮一=経理財務部経理財務課長兼セントラルフォレストグループ㈱出向▼山﨑祐司=名古屋業務センター販売業務課長▼山内浩人=第一支社静岡第一支店長兼静岡第二支店長▼杉山真浩=第二支社金沢支店長
【2021(令和3)年3月1日第5050号2面】
 
 
 
伊藤忠食品(大阪府)=役員の異動を決議 4月1日付主管者人事も決定
 
伊藤忠食品株式会社(岡本均社長、大阪本社=大阪府大阪市、東京本社=東京都港区)は2月15日開催の取締役会において、役員の異動を決議。取締役については2021年6月17日開催予定の定時株主総会ならびに同総会終了後に開催予定の取締役会における承認を経て、正式に決定される予定。また、2021年4月1日付の主管者人事も決定。異動の内容は次の通り(敬称略)。
(1)2021年3月31日付
①取締役・執行役員の退任
現職:取締役・執行役員財経本部本部長 中島聡
②執行役員の退任 現職:執行役員経営企画本部本部長 小谷信之
(2)2021年4月1日付
①執行役員の新任
新職:執行役員東海営業本部本部長 佐藤太一(現職:東海営業本部本部長)、新職:執行役員西日本営業本部本部長 緒方学(現職:西日本営業本部本部長)、新職:執行役員財経本部本部長 大森賢律(現職:伊藤忠商事㈱監査部長)
②執行役員の昇格および業務分掌の変更
新職:取締役・専務執行役員営業統括部門部門長 河原光男(現職:取締役・常務執行役員営業統括部門部門長)、新職:常務執行役員経営統括部門部門長(兼)CSR担当(兼)ダイバーシティ推進室室長 魚住直之(現職:執行役員経営統括部門部門長(兼)CSR担当(兼)ダイバーシティ推進室室長)、新職:常務執行役員社長補佐財経本部管掌(兼)ISCビジネスサポート㈱代表取締役社長 酒井健雄(現職:常務執行役員社長補佐(兼)ISCビジネスサポート㈱代表取締役社長
(3)2021年6月17日付(定時株主総会決議予定)
①取締役の退任
現職:取締役(非常勤)橋本健、現職:取締役(非常勤) 萩原武
②取締役の新任候補 新職:取締役・執行役員商品本部本部長代行 福嶋義弘(現職:執行役員商品本部本部長代行)、新職:取締役(非常勤) 中条薫 新職:取締役(非常勤) 佐藤英成
【主管者人事】(2021年4月1日付)
新職:広域営業本部営業第一部部長 山中一樹(現職:広域営業本部営業第二部販売第一課課長)、新職:東日本営業本部東日本商品部部長 秋元博信(現職:管理本部法務・コンプライアンス部部長)、新職:東海営業本部営業第一部部長(兼)DK推進チームチーム長 上村一仁(現職:営業企画本部本部長代行(兼)営業企画部部長(兼)EC部部長、新職:西日本営業本部本部長代行(兼)九州支店支店長 森洋之(現職:西日本営業本部九州支店支店長(兼)販売第一課課長)、新職:西日本営業本部営業第一部部長 小林正典(現職:西日本営業本部本部長代行(兼)営業第一部部長)、新職:西日本営業本部中四国支店支店長 蛭川義久(現職:西日本営業本部中四国支店販売課課長(兼)業務チームチーム長)、新職:商品本部本部長代行 樋上佳秀(現職:商品本部本部長代行(兼)商品統括部部長)、新職:商品本部商品統括部部長 向田隆志(東日本営業本部東日本商品部部長)、新職:ロジスティクス本部CVSロジスティクス部部長 内田正和(現職:広域営業本部CVSロジスティクス部部長)、新職:営業企画本部本部長代行 飯田裕之(現職:東海営業本部本部長代行(兼)営業第一部部長)、新職:営業企画本部DK事業部部長 横川貴之(現職:広域営業本部営業第一部部長)、新職:営業企画本部商品開発部部長 上辻匠(現職:営業企画本部低温開発部部長)、新職:管理本部人事総務部部長 森谷健司(現職:管理本部人事総務部部長代行(兼)総務チームチーム長)、新職:管理本部法務・コンプライアンス部部長 北川正英(現職:伊藤忠商事㈱法務部長代行(兼)法務部コンプライアンス室長)、新職:経営企画本部本部長 佐伯泰昌(現職:伊藤忠モードパル㈱取締役)、新職:監査部部長 津田雄一(現職:監査部部長代行)
【2021(令和3)年3月1日第5050号2面】
 
 
 
飛騨山味屋(岐阜県)=若宮食品の事業継承
 
株式会社飛騨山味屋(長岡俊輔社長、岐阜県高山市)は1月25日、若宮食品株式会社(岐阜県高山市)の事業を承継した。若宮食品の代表取締役社長には長岡氏が就任し、商品やブランドは存続する。
【2021(令和3)年3月1日第5050号3面】
 
 
 

2021年2月

2021年2月
 
山梨農産食品(山梨県)=守屋善正氏が専務就任
守屋善正社長
山梨農産食品株式会社(守屋善隆社長、山梨県韮崎市)の守屋善正氏は、令和2年12月1日付け臨時株主総会において、取締役専務に就任した。
守屋専務は就任に際して、「アフターコロナで、今後変革していく時代の流れを見据えて、製造面・営業面ともに、フレキシブルに対応させていただく所存です」とコメントしている。
【2021(令和3)年2月21日第5049号2面】
 
 
 
木曽路(愛知県)=内田豊稔氏が新社長に
内田豊稔社長
株式会社木曽路(名古屋市昭和区)は1月28日、取締役会において代表取締役の異動(社長の交代)について次の通り決議した。
常務取締役の内田豊稔氏が代表取締役社長に就任する。現代表取締役会長兼社長の吉江源之氏は代表権のある会長に、現代表取締役副社長の青野康徳氏は、取締役副社長に就任する。就任予定日は3月1日。
【2021(令和3)年2月21日第5049号4面】
 
 
 
ファミリーマート(東京都)=細見研介氏が社長就任
細見研介社長
株式会社ファミリーマート(澤田貴司社長、東京都港区)は1月13日、次の通り代表取締役社長の就任を決定した。
新代表取締役社長には、伊藤忠商事株式会社執行役員第8カンパニープレジデントの細見研介氏が3月1日付けで就任する。なお、現社長の澤田貴司氏は、同日付で代表取締役副会長に就任する予定。
【細見研介氏の略歴】
▼生年月日:1962年12月31日▼出身地:大阪府豊中市▼最終学歴:1986年3月神戸大学経営学部卒▼1986年4月:伊藤忠商事入社▼1994年12月:ハンティングワールドジャパン出向(取締役)▼2002年4月:伊藤忠商事ブランドマーケティング事業部ブランドマーケティング第七課長▼2010年4月:同社ブランドマーケティング第三部長▼2014年4月:同社ブランドマーケティング第二部門長▼2017年4月:同社執行役員食品流通部門長▼2019年7月:同社執行役員第8カンパニープレジデント(現職)
【2021(令和3)年2月1日第5047号2面】
 
 
 
サミット(東京都)=一般人事を発表
 
サミット株式会社(服部哲也社長、東京都杉並区)は13日、一般人事について次の通り発表した。発令日は1月20日。
▼新職(旧職):氏名の順に記載、敬称略。
▼川口エルザタワー店長(成田東店長):三浦勉▼新座片山店長(川口エルザタワー店長):佐藤充▼板橋弥生町店長(人事部):石本真治▼成田東店長(渋谷本町店長):奈良将和▼渋谷本町店長(新座片山店長):杉山良太郎
【2021(令和3)年2月1日第5047号6面】
 
 
 

2021年1月

2021年1月
 
日本惣菜協会=事務所を移転
 
一般社団法人日本惣菜協会(平井浩一郎会長)では、協会事務所を2月8日より移転する。旧事務所での最終営業日は2月5日となる。
【新住所】〒102‐0093 東京都千代田区平河町1‐3‐13 ヒューリック平河町ビル2F
【新電話番号(代表)】 03‐6272‐8515
【新FAX番号】
03‐6272‐8518
【業務開始日】
2021年2月8日(月)
【2021(令和3)年1月21日第5046号1面】
 
 
 
備後漬物(広島県)=役員を選任
 
備後漬物株式会社(広島県福山市)は、昨年12月に開催した定時株主総会ならびに取締役会において、次の通り役員が選任され、就任した。(敬称略)
▼代表取締役社長:佐藤豊太郎(経営全般)▼専務取締役:神谷功(経営企画室室長、財務本部本部長、財務・経理)▼同:西澤道夫(管理本部本部長、総務・人事)▼常務取締役:保田実(生産本部本部長)▼監査役:佐藤智子▼執行役員:井ノ口稔(営業本部本部長)▼同:坂上良二(品質管理部部長)。
なお、取締役副社長の国原徹暁氏は退任した。
【2021(令和3)年1月1日第5044号2面】
 
 
 
ウメタ(東京都)=山本篤史氏が新社長就任
山本篤史社長
株式会社ウメタ(東京都大田区)は、取締役会において泰地武代表取締役社長の退任及び代表取締役会長就任を決定。後任として山本篤史取締役営業部長が代表取締役社長に就任した。人事異動は12月1日付け。
【2021(令和3)年1月1日第5044号15面】
 
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921