有限会社川津食品

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

有限会社川津食品 大分県

   
豊かな自然と共に歩む、柚子の香りをまとう企業
 

<企業紹介> 川津食品

<企業紹介> 川津食品
 
 九州発祥の調味料・柚子こしょう製造の老舗。50年以上前から取り組んでいる先駆け的存在であり、確かな品質で定評のある有力企業である。昭和30年代に先代社長の川津英美氏が、まだ市販されていなかった柚子こしょうの生産を開始。ここ数年で柚子こしょうの人気が全国的に広まりつつあり、業務用はますます拡大中だ。
 また同社では、敷地内で「川津シャクナゲ園」も営み、毎年4月中旬~5月中旬にかけて開園。この園で誕生した八重咲きの日本種「卑弥呼(ひみこ)」は、英国王立園芸協会から国際登録日本種の第1号認定を受けており、ここだけでしか見られない希少品種である。
 
 
 

<オススメ商品> 「粒柚子胡椒」「ゆずリッチ」など豊富に

<オススメ商品> 「粒柚子胡椒」「ゆずリッチ」など豊富に
 
 「粒柚子胡椒」は、従来のペースト状の製品にはない、食感も楽しめる柚子こしょう。柚子と唐辛子を完全にすり潰すのではなく、つぶつぶを残した状態で加工しているため、口の中でばらばらと解けてゆき、噛み砕くときに柚子の香りと唐辛子の辛味がつんと鼻に抜ける。柚子と唐辛子、存在感たっぷりの商品だ。
「YUZU RICH(ゆずリッチ)」は、スイートチリソースから発想を得た液状の「甘酸っぱい柚子こしょう」。甘さと酸味をプラスし、砂糖の「甘味」と醸造酢の「酸味」、唐辛子の「辛味」と、柚子のほんのりした「苦味」という4つの味が合わさり、それを素材にかけることによって「旨味」が増す、まさに「リッチ」な味わい。第24回東京ビジネスサミット2010「隠れた逸品コンテスト」食品部門でグランプリを受賞したのを皮切りに、「楽天市場O―1グランプリ決定戦」新創作料理部門大賞を受賞するなど、数々の賞に輝いた名品。
 
新感覚!「パクチーペッパー」
佐賀県武雄市の「江口農園」(江口達郎社長)が研究に研究を重ねて作り上げた香り高いパクチー。
このパクチーと運命的に出会った川津社長が、数年の構想期間を経てようやく完成したのが「パクチーペッパー」だ。
手摘みによる新鮮な葉を濃厚なペースト状に加工し、パンチのある辛みが特徴の九州産唐辛子と合わせ、液体調味料に仕上げた。
九州の太陽のエネルギーをたっぷり蓄えた「佐賀たけおパクチー」のフレッシュ感あふれるスパイスである。パスタ・ピザはもちろん、揚げ物や蒸し料理などにさっとひと振りすれば、いつもの味がエスニック料理に変身する。
 
第2弾!「わさびペッパー」
「わさびペッパー」は、同社が日田地区商工会青年部と大分県の地域活性化を目的として取り組んだもの。日田市の名産「津江わさび」と川津食品の柚子胡椒にも使われているピリッと辛い「九州産青唐辛子」を組み合わせた、「ペッパー」シリーズの第2弾である。
大分県の最西端で、福岡と熊本に隣接する日田市。林業で栄えたこの地区の、日田杉の山々に囲まれた筑後川源流域にあたる津江地区(前津江町・中津江村・上津江町)、天瀬町、大山町では、豊富な湧水に恵まれて野山に自生するわさびが昔から食されている。昭和56(1981)年には、盛夏でも涼しい日田杉の林を利用した林間わさびの栽培が始まり、今では九州最大のわさび産地である。
わさびは根っこの部分をすりおろして使うだけではない。収穫量が限られるためスーパーなどには出回らないものの、葉わさびも日田地域では伝統的な食として好まれている。この爽やかな辛味が特徴の葉わさびと、同社が柚子胡椒に使用する九州産青唐辛子をベースに、インパクトのある辛味を追求した結果、地元色豊かな辛味調味料「わさびペッパー」が完成した。わさびの激しい刺激と、ピリッと辛い青唐辛子を活かしたペッパーソースタイプの調味料だ。
 

記者のココがイチ押し!

記者のココがイチ押し!
 
 川津食品の柚子こしょうが他のと違うのは、なんといってもその「香り」です。口に入れた瞬間、柚子のさわやかな香りがふわりと鼻腔をくすぐり、それだけで食が進みます。仕事柄、いろいろな柚子こしょうを食べてみましたが、この「香り」が他者と決定的に違うのです。
 一度食べたらやみつき。ほかの柚子こしょうを食べても、なんとなく物足りなくなるはずです。ぜひ一度、お試し下さい。
(担当記者:菰田隆行)
   
 

「川津食品」ショッピングサイト http://yuzu-kosyo.shop-pro.jp/

 
 

川津食品 youtubeチャンネル

川津食品 youtubeチャンネル
 
製造元が教える 柚子こしょうの美味しい食べ方!
 
↓ こちらから
 
 
 
 

<企業情報>

<企業情報>
 
会社 有限会社川津食品
代表 代表取締役社長 川津峰之
創業 昭和36年
業務内容 1.柚子こしょうの製造、卸
2.柚子果汁、カボス果汁の製造、卸
3.農産物加工(柚子・その他柑橘類、いちご、唐辛子等)
4.加工食品の開発
5.その他、付随する一切の業務
住所(本社) 〒877-0212 大分県日田市前津江町大野2256番地
電話(代表) 0973-53-2501
FAX 0973-53-2413
HP http://www.yuzu-kosyo.jp
メール info@yuzu-kosyo.jp
   
 

<企業情報 紙面アーカイブ>

<企業情報 紙面アーカイブ>
 
食料新聞
2019(令和元)年9月23日号10面掲載
 
|トップページ|会社案内|食料新聞オンライン情報サービス2020|公式メールマガジン「食料新聞ニュース」|今週の記者のオススメ!2020|プロが売りたい! 地域セレクション|工場長・店長必見!関連資材機器・原料|総務・福利厚生サポート|食べて応援!伝統食品|コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ|全日本漬物協同組合連合会|自由民主党 漬物振興議員連盟|漬物グランプリ2020|漬物研究同志会2020|日本漬物産業同友会|漬物業界インタビュー2020|全国調理食品工業協同組合 2019|全国水産加工たべもの展 2020|「梅」関連情報2020|業界人事・機構・IR情報 2020|データ・法令・資料2020|漬物WOMAN・漬物MEN 2020|全国スーパーマーケット協会|AJS・オール日本スーパーマーケット協会|【バイヤー必見】イチ押し商品!|本店・催事・キャンペーン情報|お店へ行こう♪|ぬか情報2020|糀・甘酒情報2020|こんにゃく情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2019|「大豆」関連情報2020|熊本県辛子蓮根 情報|「塩」関連情報2020|漬物イタリアンの提案|ご購読・広告出稿のご案内|リクルート情報|お問い合わせ|サイトマップ|個人情報保護方針|
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921