株式会社ミヤタ

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

株式会社ミヤタ 長崎県

   
「長崎」のお漬物を食卓に
 
 
長崎特産 唐人菜の畑
 長崎特産・唐人菜の畑(長崎県雲仙市)
 

<企業紹介> 株式会社ミヤタ

<企業紹介> 株式会社ミヤタ
 
 「長崎」にこだわり、「乳酸発酵した本漬製品」を得意とする漬物メーカー。主原料である「唐人菜(とうじんな)」をはじめ、白菜・高菜・胡瓜・生姜も、100%長崎県内で契約栽培している。
 健康的な漬物食文化の提供により、顧客満足と社員の幸せを実現することで、社会に貢献する企業を目指す。主力の唐人菜漬「うまかばい」は、九州内のスーパーを中心に販売。また「ぶらぶら漬」の品名でも広く認知され、大手外食チェーンの付け合わせとしても採用されている。
 

<オススメ商品> 長崎特産・唐人菜の「うまかばい」

<オススメ商品> 長崎特産・唐人菜の「うまかばい」
 
 「うまかばい」は、長崎特産のひとつ「唐人菜」を細かく刻み、独自の製法で丹念につくりあげた漬物。まろやかな味と香りが自慢の逸品だ。
 「昔ながらの白菜漬刻み」は、長崎県産の白菜を使用。冬の寒さでいちばん甘味がのる旬の12月から1月にかけて収穫し、漬け込み、漬けかえを繰り返し乳酸発酵させた昔ながらの漬物。「深みのある酸味の味わい」と「昔懐かしいおいしさ」が楽しめる。
 「甘口生姜みそ漬」は、長崎県産生姜を旬の10月から11月にかけて収穫し、すぐに塩漬け。たっぷりの「みそ」に、漬け込み・漬けかえを繰り返して出来上がる。薄切りで仕上げてあるので、そのまま食べられる。九州産みそ漬の「コクのある甘み」と「生姜の香りと美味しさ」が堪能できる。
 

記者のココがイチ押し!

記者のココがイチ押し!
 
 同社の唐人菜漬は、大手外食チェーン・リンガーハットグループの「とんかつ浜勝」で付け合わせとして採用されている。何度でもおかわりできるこのお漬物だけで、ごはんが1杯いただけるほどだ。
 美味しさのカギは「乳酸発酵」。しっかりと乳酸発酵した同社のお漬物には深い味わいがあり、それがヤミツキになる秘密である。(担当記者:菰田隆行)
 

<企業情報>

<企業情報>
 
会社 株式会社ミヤタ
代表
代表取締役 宮田正一
創業 平成16年3月
業務内容 漬物の製造及び販売
住所(本社) 〒856-0806 長崎県大村市富の原2-383-1
電話(代表) 0957-55-5870
FAX 0957-55-5652
HP http://www.miyata-nagasaki.co.jp
メール
   
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921