有限会社伊藤食品

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

有限会社伊藤食品 大分県

   
多角的に伸長する高菜漬の有力企業
 

<企業紹介> 有限会社伊藤食品

<企業紹介> 有限会社伊藤食品
 
 有限会社伊藤食品(伊藤正則社長)は、主に大分県産の良質な高菜原料を使用して、高菜漬製品を製造する有力メーカー。昭和55年に伊藤正則社長の実父・伊藤由則氏が設立。たくあん・高菜漬などの製造を始めた。現在は高菜漬のみの製造で、主に外食・弁当・おにぎり用などの業務筋、生協関係の取引きが多い。
 また、正則社長の弟・裕二氏が社長を務めるグループ企業「株式会社アジア開発貿易」では、中国に複数ある合弁・契約工場で高菜漬などを製造している。
 

<オススメ商品> 「ゆずこしょう高菜」「高菜鶏めしの素」

<オススメ商品> 「ゆずこしょう高菜」「高菜鶏めしの素」
 
 海外産原料の製品は、大ヒット商品となった「伊藤家のごま高菜」や「伊藤家のピリ辛高菜」などがある。いずれもリーズナブルな価格設定で、多方面から幅広い支持を得ている。薄味の醤油漬で、そのままでもおいしいが、油炒めの調理例をウラ面に印刷。食べ方訴求も怠りない。
 中国製造の青高菜(浅漬)も、おにぎり用の料理店向けが順調。ドリップしにくい特殊な凍結法で、品質保持に努めている。野沢菜原料の代替需要として、引き合いも来ているという。
 一方、九州産の高菜漬では、地元の柚子こしょうメーカー・㈲川津食品とのコラボ商品で「ゆずこしょう高菜」が大人気。現在、同社イチ押しのヒット商材で、九州産のゆず皮と青唐辛子を使用した柚子こしょうと高菜をじっくりと油で炒め、香り豊かに仕上げた一品である。
 

<企業情報>

<企業情報>
 
 会社 有限会社伊藤食品
 代表
代表取締役社長 伊藤正則
 創業 昭和55年
 業務内容 高菜漬製造・卸
 住所(本社) 大分県日田市大字神来町454 - 2
 電話(代表) 0973-24-1093
 FAX 0973-24-1198
 HP
 伊藤食品
 アジア開発貿易
 メール
 
   
有限会社伊藤食品
〒877-0022 大分県日田市大字神来町454 - 2
 
 
株式会社アジア開発貿易 福岡営業所
〒811-2233 福岡県糟屋郡志免町別府北1-8-20
TEL092-405-0601 FAX092-402-0608
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921