熊川食料工業株式会社

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

熊川食料工業株式会社 福岡県

 

<企業紹介>熊川食料工業

<企業紹介>熊川食料工業
 
漬け込みの風景
漬け込みの風景
 熊川食料工業は、良質な高菜を生産するみやま市瀬高町に工場を置く高菜漬専門メーカー。
 大正3年の創業以来、原料を瀬高産の高菜にこだわり、代々受け継がれてきた独自の製法で高菜漬を製造している。
 厳選された素材と、昔ながらの手作業にこだわる漬込み技術から生み出される秘伝の味は、業界で広く認められている。
 工場に隣接する自社ビル1階事務所の玄関部分には、直売店を設けている。通りから店内が見渡せる大きなガラス張りの店構えで、内装は格子や木目を生かした「和」テイスト。
 陳列用には樽などを使用し、落ち着いた雰囲気の店である。
 
HACCPの認証を取得
 同社は2019年3月、HACCPの認証を取得した。今後も高度な衛生管理と、地元農家との連携による原料の確保で、よりいっそう高質商材製造にまい進する。
 

<オススメ商品>豚たかな

<オススメ商品>豚たかな
 
熊川食料工業「豚たかな」
豚肉を高菜漬に混ぜ込んだ「豚たかな」           
 熊川食料工業の斬新な発想の高菜漬「豚たかな」は、その名の通り豚肉を高菜漬に混ぜ込んだ、ユニークな一品。福岡県糸島産の「糸島豚」を使用している。まずミンチ状にした豚肉をじっくりと炒め、うま味のある油がたっぷりと出たところで豚肉を一旦取りだす。その油で刻み高菜漬を炒め、最後に豚肉と混ぜ合わせて仕上げるという、たいへん手の込んだ工程で作られている。
シリーズ製品として、お土産使用の紙パッケージ「黒豚たかな」がある。鹿児島県産の黒豚を使用。こちらの豚肉は1㎝角のブロック状にカットし、豚肉を炒めてから高菜漬と混ぜ合わせる工程は同じだ。
「豚たかな」は、高菜漬と豚肉というユニークな組み合わせが評価され、平成24年度「優良ふるさと食品中央コンクール」において、新製品開発部門の農林水産省食料産業局長賞を受賞している。
 

記者のココがイチ押し!

記者のココがイチ押し!
 
 創業100年を超える老舗メーカーでありながら、同社は常に革新的な新風を業界に送り込むことで有名だ。
 現社長・熊川稔也氏は、数々のアイデアで新しい高菜漬を生みだしている。その集大成が「豚たかな」。高菜漬に豚肉を合わせるという斬新な発想で、一品惣菜としても充分通用する漬物が生まれた。
 とにかく一度、食べてみて下さい!(担当記者:菰田隆行)
 

熊川食料工業 プロモーションビデオ

熊川食料工業 プロモーションビデオ
 
「熊川のこと」
100年続く高菜漬け専門店。
熊川稔也社長が語る、同社のこだわり。
   
   
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921