株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

【バイヤー必見】イチ押し商品!

 

丸将木曽路家(東京都) おやき 野沢菜

丸将木曽路家(東京都) おやき 野沢菜
 
おやき一番人気は野沢菜
 株式会社丸将木曽路家(原田勝巳社長、東京都練馬区下石神井)はヒット商品の「黒みつ寒天」をはじめ「懐かしの味おやき」やドレッシング、健康飲料など幅広いジャンルでオリジナリティ溢れる商品を製造・販売している。通販分野にも積極的で、業界の生き字引である原田社長の目利きに加え癒しをテーマにした商品セレクトが消費者に受けており、同社の通販部門「ふみのひ」も好評を博している。
 原田社長は「昭和30~40年代は糖絞り大根や酢大豆が飛ぶように売れた。当時は対面販売が主でその経験を活かし何が売れるのかを常に考えてきた」と話す。供給過多の今、何が売れるのは中々見えにくくなっているのでは?という問いに対しては「人手不足で物流コストが追いつかないのが、厳しい状況である今を象徴している。旬物を季節限定で売ることに専念すれば需要が変化し売場にも変化が出てくるのかもしれない。私は引き続き地域産品に着目し、それを流通に乗せていきたい」と意欲的だ。
 
 そんな同社の「懐かしの味おやき」は、信州の郷土食として人気を集め看板商品となっている。長野オリンピックの時に伝統的なイメージに回帰し商品展開しようと原田社長の肝いりで製造・販売を開始。長野県飯田市に専用工場を置き、生協をはじめ量販店向けに対応し万全の生産体制も敷いている。
 おやき商品のラインナップは豊富で一番人気の味わいは「おやき 野沢菜」。信州の特産である野沢菜を油で炒め包んだ。野沢菜の味・香りと焼き加減の良い香ばしい生地のハーモニーがリピーターを呼び続ける。
 「おやき きのこ」は、信州産しめじを自社オリジナルの味付けで具に採用した。醤油ベースの味わいでこちらも生地との相性は抜群。「おやき かぼちゃ」は、国産かぼちゃを具に採用。ペースト状になるまで丁寧に炊き上げ程よい甘さが口に広がる。その他「おやき 紫いも」、「おやき 茄子」、「おやき 切干し大根」、「おやき あん」など種類は豊富で、子供達のおやつにもピッタリだ。郷土食としては冷凍・チルド製品として五平餅の開発にも着手している。
 
株式会社丸将木曽路家 http://marushok.jp/
 
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921