株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

総務・福利厚生サポート

   
※クリックで拡大した画像を保存いただき、リンク等でご自由にお使い下さい。
   
総務ご担当者様必見企画!
従業員の方々が安心して働くための福利厚生、業務効率化に貢献するサービスをご紹介。
 
「エムアンドアール」 レジアウトソーシングを提案
 
「労働調査会」「働く高齢者の安全衛生管理Webセミナー」 
 
「クレディセゾン」 給与前払いサービス
 
「PIECE(ピース)」 日配食品専門の販売管理システム開発
 
 
 
 

株式会社エムアンドアール

株式会社エムアンドアール
 
レジアウトソーシングを提案
99%近い稼働率を実現!
   
河原社長
株式会社エムアンドアール(河原郁夫社長、東京都渋谷区)は、小売店レジ運用に関わる業務を一括して受託し、99%近いレジ稼働率を実現できる「レジアウトソーシング」を提案する企業である。

スーパー、専門店など小売業のレジ要員は現在、パートや学生などが主力である。昨年から今年にかけては、新型コロナウイルスによって外食産業などでの雇用が減り、小売業の人材はある程度充足する一面も見られた。
しかし、少子高齢化やフルタイム勤務の女性が増えるなど、人手不足の要因となる社会的な問題はこれからも継続する。アフターコロナを見据えると、今後も問題はいっそう深刻化してくることが予想される。

実際の現場でも、主婦、学生、フリーター、留学生など様々な属性や勤務条件を持つスタッフがいる中でシフトを組む作業は、大変な労力を要する。さらに、レジ要員の当日欠勤や急な退職などイレギュラーな対応に追われ、正社員が本来行わなければならないコア業務が滞ってしまうという問題も発生する。人手を確保するための手段としては人材派遣もあるが、導入前の研修やシフト管理などは自社で行う必要があり、自社採用の社員・パートと比べてもメリットはそれほど多くない。
 
接客トレーナーによる教育
アウトソーシングで問題解決
こうした現状を打破するために、同社が提案するのが「レジアウトソーシング」だ。
同社は、流通・小売業界のレジ周辺業務に特化して受託。従って、採用活動からスタッフ研修、入退社時の総務・人事手続きからシフト管理まで全てを請け負うので、リスクの低い運用が可能である。

流通・小売業界で15年以上の取引実績があり、これまでスーパー、GMS(総合スーパー)、ホームセンター、ショッピングセンター、百貨店、専門店、複合商業施設など、約80社の企業が導入(2020年7月時点)。また、同社は一般社団法人全国スーパーマーケット協会の賛助会員であり、同協会加盟企業のサポートも行っている。

採用する人材は、レジ業務に特化した求人サイト「レジ・スーパー求人ナビ」を運営することで確保。集まった人材に接客トレーナーとして「チェッカー技能検定1級」の保持者が教育を担当する。研修センターを完備し、入社時のレジ研修や接客マナーを売場と同じ環境で教えているため、質の高い人材を揃える。

さらに、優秀なレジスタッフを募った社内コンテストを定期的に実施してスキルアップを図る。また、グローバル人材においては専門学校で講義枠を得て、社員が講師として外国人留学生にチェッカー検定の内容と同様の接客用語やサービス、ノウハウ、接客マナーなどを教えている。
   
質の高い人材が揃う
「サポート・スムーズ・スピード」
サービス導入フローは、次の「3S」が基本だ。
①サポート=万全のフォロー体制で、企業本部及び店舗の要望を聞き取り、業務委託導入前後の疑問点を解消。さらに導入後も、専任担当者が取引先企業と毎月定例ミーティングを実施し、稼働状況を確認して改善提案なども行う。
②スムーズ=知識と経験をもとに、業務遂行まで滞りなく進行する。
③スピード=要望に素早く対応するノウハウを有し、もし委託開始まで急ぎの場合は、委託による開始日まで関連会社の利用による派遣での対応も可能だ。
委託できるレジ台数は、基本的にアウトソーシングのメリットを最大限に活かせる全台委託を提案しているが、忙しい時間帯などでの部分台数委託も可能。急な欠員が出ても、各店舗を巡回するラウンダースタッフが業務を代行するなど、フレキシブルな業務提供を実現している。
 
全国での対応が可能
同社は現在、本社を含め10カ所に営業拠点があり、基本的に全国での対応が可能だ。
「ある程度の規模で受注できる場合は、現在未対応エリアでも事務所を作って対応していく」(河原社長)とし、要望があれば日本全国に拠点(営業所)を展開する準備がある。
 
製造業のアウトソーシングも
また同社では、レジアウトソーシング業務の他、製造業のアウトソーシング業務も請け負う。惣菜・弁当など食料品製造業、倉庫内作業全般、ピッキングや商品の箱詰めや機械オペレーション等、製造業務補佐などのサポートも行っている。
 
 
 
 
 
   
 

企業情報

企業情報
 
社 名 株式会社エムアンドアール
創 立 平成16年 7月8日
資本金 3,700万円
代表者名 代表取締役 河原 郁夫
本社所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-18-20 代々木フォレストビル9階
電 話 TEL:03-6273-1371
FAX:03-6273-1372
フリーダイヤル:0120-711-336
ホームページ
エムアンドアール https://mr-os.co.jp/
レジ・スーパー求人ナビ https://reji-superkyujin.com/
業務内容
◆レジ業務(アウトソーシング)
◆製造業(アウトソーシング)
◆教育研修
◆接客調査
 
 
 

株式会社労働調査会

株式会社労働調査会
 

働く高齢者の安全と健康確保のための!


「働く高齢者の安全衛生管理Webセミナー」 受講料等は無料

株式会社労働調査会(藤澤直明代表取締役、東京都豊島区)では、安全・衛生・人事労務管理を対象とする実務的セミナーを実施しています。

このほど、厚生労働省委託事業として、第三次産業の経営トップや人事労務担当者向けの「働く高齢者のための安全衛生管理Webセミナー」を開催します。

 


 
 
働く高齢者の安全衛生管理Webセミナー
   
 
高年齢労働者の労働災害は増加傾向
人生100年時代を迎え、高齢者から若者まで、すべての人々が元気で活躍でき、安心して暮らせる社会づくりが求められています。
一方で、近年、高年齢労働者の労働災害は増加傾向にあり、高年齢労働者特有の加齢に伴う心身機能の低下を踏まえた労働災害防止対策が必要とされています。
 
 
小売業の労働災害
 
小売業の労働災害〔転倒災害〕
   
 
小売業の労働災害発生状況
高年齢労働者が多く従事する第三次産業の内、小売業の労働災害発生状況をみると、「転倒災害」が最も多く、次いで「無理な動作によるもの」、「低所からの墜落・転落」など労働災害の発生率が非常に高く、転倒災害は特に60歳前後の高齢女性に顕著です。
 
 
サービス業の労働災害
 
年齢・男女別の事故型別 年千人率
   
 
厚生労働省がガイドラインを策定
60歳以上の高齢者は働く意欲が高いのですが、身体機能や健康状況などの影響による災害が多いため、加齢に伴う心身機能の低下を考慮し、安全で安心な職場環境に改善することが、事業主や人事労務担当者には求められています。
このため、厚生労働省では令和2年3月にエイジフレンドリーガイドラインを策定し、高年齢労働者が安心して安全に働ける職場環境の実現に向け、事業主や人事労務担当者による取組が求められる事項を取りまとめました。
 
 
高年齢労働者の労働災害防止対策の取組状況
 
小売店の災害事例
   
 
具体的な取組事例などをわかりやすく解説
本セミナーでは、高年齢労働者の労働災害の状況、ガイドラインの理解の促進のための解説、具体的な企業の取組事例などをわかりやすく解説します。
本事業は、厚生労働省労働基準局安全衛生部安全課委託により実施していますので、受講料・テキスト等、すべて無料で配布させていただきます。
(数に限りがございますので早めにお申込みください。)
Webセミナーは、本年9月6日から令和4年1月まで、10回開催します。ご視聴内容は、各回全て同じ内容になりますので、10回開催する中で1回ご視聴ください。
(約2時間程度の動画教材をご用意しています。)
対象者は、高年齢労働者を雇用する事業主や安全衛生担当者、今後、高年齢労働者の雇用を検討している(予定している)事業主や安全衛生担当者の方などです。
 
 
セミナーガイドライン
 
職場環境の改善<共通事項>
   
【参加方法】
専用Webサイト(下記参照)から、専用の申込みフォームに必要事項を入力の上、送信してください。ご視聴用のログインIDとパスワードを折り返しメールで返信させていただきます。お申込み後、開催日の約10日位前までに、テキスト2種をご郵送いたします。
本セミナーの講師には、小林繁男氏(労働安全コンサルタント、労働衛生コンサルタント、元奈良労働局長)が、エイジフレンドリーガイドラインの解説や、企業の環境改善事例などを丁寧にわかりやすく解説します。
 
お問合せ先:株式会社労働調査会 03‐3915‐7221まで
   
 

企業情報

企業情報
 
社 名 株式会社 労働調査会
代表者名 代表取締役 藤澤 直明
本社所在地
〒170-0004
東京都豊島区北大塚2丁目4番5号 調査会ビル
電 話 03-3915-6401(代表)
ホームページ https://www.chosakai.co.jp/
主な事業
主な商品
◆主な事業内容
 労働、経済に関する書籍・雑誌・その他の印刷物の編集、製作及び販売
 安全・衛生・人事労務管理を対象として実務的セミナーの実施、
 人事労務・安全衛生コンサルタント業務(専門家派遣)
◆主な商品
 ・「労働基準広報」 昭和39年 創刊(月3回刊行)
 ・「先見労務管理」 昭和38年 「企業通信」として創刊(月2回刊行)
  昭和42年に「企業通信」を「賃金と雇用」に改題
  昭和47年に「賃金と雇用」を「先見労務管理」に改題
 ・「労働安全衛生広報」 昭和44年 創刊(月2回刊行)
 ・「建設労務安全」 昭和51年 「建設雇用管理者会報」として創刊(月1回刊行)
  昭和59年に「建設雇用管理者会報」を「建設労務安全」に改題
 ・「月刊社労士受験」 平成19年 創刊(月1回刊行)
 ・書籍:
  「安衛法便覧 年度版」(昭和47年創刊)、「労働安全衛生規則実務便覧」、
  「労働安全衛生法実務便覧」、「労働基準法解釈総覧」、「最低賃金決定要覧」
  「労働関係法のポイント」、「産業保健ハンドブック」 ほか
 ・建設安全DVD 各種
 
 
 

株式会社クレディセゾン

株式会社クレディセゾン
 

人材確保の必需品!

クレディセゾンの給与受取(前払い)サービス

「Advanced pay SAISON(アドバンストペイ セゾン)」

 

カード会員総数約2,640万人というクレジットカード発行会社・クレディセゾンの給与受取(前払い)サービス「アドバンストペイ セゾン」。日払いや週払いのニーズに応える「給与前払いサービス」は、人材確保が難しい昨今、その一助になると導入を検討する企業が増えています。

 


 
 
給与受取(前払い)サービスとは?
給料日より前に、既労働の範囲内で必要に応じて給与を早く受け取れる仕組みです。借入ではない方法で、急な出費などに対応できるため、福利厚生の一環として従業員様に提供できます。
   
(イメージ)
【サービスの流れ】
クレディセゾンと契約を結びます。仕組みは(図参照)企業様から頂いた勤務実績データを基に自動的に前払い可能額を計算します。導入企業の従業員は、サービス専用サイトおいて「前払い」を申請(図-①)。その後、クレディセゾンから従業員様の給与口座へ振込み(図-②)。企業様は前払い利用額を天引きした給与を規定の給与支給日に支払い(図-③)、同時に前払い利用分をクレディセゾンへ精算(図-③)頂く簡単な仕組みとなっています。
サービスの利用にあたり勤務先の上司や経理への申請など、面倒な手間も不要。従業員様はお持ちのスマートフォンやパソコンから24時間申請できるなど簡単便利なサービスです。
 
 一般的に、前払いを自社で対応すると、「前払い可能額の算出、従業員への振込、給与天引き額の計算」等の事務作業が通常の業務に加わり、経理や人事等、管理部門の負担が増えます。本サービスを導入すると、勤務実績データを「アドバンストペイ セゾン」に連携するだけで、「前払い可能額の計算から申請の受付、従業員への振込」、さらに「従業員からの問い合わせ」もクレディセゾンで対応するため、業務を増やすことなく、「前払い」に対応できます。
 
 
導入コスト「¥0」、前払い資金不要!
 サービスの導入にかかる費用は「ゼロ」。また、クレディセゾンが、企業様に替わり従業員様へ振込むため、資金の準備や前払い給与に関する専用口座の開設も不要です。導入に際して、企業様の負担が少ないのも、サービス特徴となっています。
 
「即時振込」でさらに便利に!
 前払い給与は、希望する金額を1,000円以上1円単位で申請でき、平日11時までの申請分を申請当日に、受け取ることができます。さらに受取口座を「セブン銀行」および「ゆうちょ銀行」に指定すると、申請日時を問わず、すぐに前払い給与を受け取ることが可能となります。
 
人材確保には必需品!
 人材不足だけど、募集しても人が集まらないなど、人材確保に苦心しているという企業様のお声をよく聞きます。
一方、求人情報サイト「バイトル」のフリーワードランキングにおいては「日払い・週払い・前払い」というワードが上位になっています。
 つまり、人材採用時には「日払い・週払い・前払い」のワードがなければ、求職者の選択肢からも漏れてしまい、
採用競争自体に参加できないとのこと。それほど人材確保には「前払い」が必需品ということが言えます。
 「アドバンストペイ セゾン」の導入企業様からも、「募集時の応募者数が1.5倍になった」など、人材募集に効果があったというお声をいただいています。
 
 
 「簡単・便利」、給与受取(前払い)サービス「アドバンストペイ セゾン」。給与前払いを検討されている方、また興味をお持ちの方は、ぜひ一度、お気軽にクレディセゾン アドバンストペイセゾン担当(03-3988-2135)または、クレディセゾンホームページよりお問い合わせください。
 
クレディセゾン アドバンストペイ セゾン ホームページ http://www.saisoncard.co.jp/adpay/
 

企業情報

企業情報
 
商号 株式会社 クレディセゾン
会社設立 1951年5月1日
本社所在地
〒170-6073
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52F
電話 03-3988-2135(アドバンストペイ担当)
ホームページ http://www.saisoncard.co.jp/adpay/ (アドバンストペイ セゾン ホームページ)
営業内容 クレジットサービス・リース・ファイナンス・不動産関連ほか
 

<企業活動情報 紙面アーカイブ>

<企業活動情報 紙面アーカイブ>
 
食料新聞
2020(令和2)年8月1日号12面掲載
 

株式会社PIECE(ピース)

株式会社PIECE(ピース)
 
時代の流れに取り残されない 永久にアップグレードしつづけるシステム
 

《ごあいさつ》

《ごあいさつ》
 
企業経営のキモ 「見える化」

現代の企業にとって、システムはもはや必需品です。

一昔前は、コンピュータは単なるワープロや電卓代わりだったり、伝票発行マシーンでした。
ところが今では、システムを経営の中心に据えて、すべての作業のやり方や手順を規定して作業の標準化を進め、さらに結果を誰にでも見られるようにオープンにして「見える化」を進めることが要求されています。
私は経営者がシステムを使いこなすことが、これからの企業経営のポイントではないかと考えます。
私たちはそのためのお手伝いをし、お客様の経営パートナーとなることを目標としています。
PIECEという社名にはお客様の経営(パズル)に無くてはならない存在(ピース)になれるようにという意味が込められています。
これからも時代の流れに敏感に反応し、新たな価値のあるシステム作りに励んでいきます。

代表取締役社長 秋本 薫
 

 

《設立の経緯》

《設立の経緯》
 
当社の前身は、漬物製造トップメーカー「秋本食品株式会社」のグループ企業である「株式会社アキモ」のシステム部門です。
 
アキモの販売管理システムは、もともとオフコンのシステムでしたが高コストな上に使い勝手が悪いものでした。
そこで、学生時代から得意としてきたパソコンを使ったシステムを構築できないかと考えた社長自ら「販売管理システム」を一から作り上げたのです。
 
経営者の視点で作られた、漬物企業に特化したシステムとして業界内で脚光を浴び、いくつかの企業から問い合わせを頂き、また実際に採用されるうちに漬物業界ではこのようなシステムにニーズがあることに気づいたのです。
 
なぜ今まで漬物業界はシステム化が立ち遅れていたのでしょうか。
 
それは、業界特有の商習慣(リードタイムの短さや受発注の煩雑さ、商品管理の難しさ)があるため、従来のシステム会社やソフトハウスでは構築することが困難でかつ1社当たりのITへの投資額が非常に限られており、「旨み」のない業種と見られていたためと私たちは考えました。
しかし、このような業界だからこそIT化の必要性とメリットは高いのです。
 
そこで、この販売管理システムを業界へ浸透させ、漬物業界のITを底上げしようと動き始めました。
同じ業界とはいっても各社管理方法がまちまちで、パッケージソフトのように入れたらそれでOKということはありません。
1社1社必ずカスタマイズが必要ですので時間も掛ります。
 
当初は、アキモとしてシステムを販売していましたが、システム開発のためであってもユーザー企業から見て同業者へ情報を公開することは機密事項の漏洩と同様であるとの危惧があったことも事実です。
これを払拭し、安心してお使いいただけるようにアキモからシステム部門を独立・分社化することとしました。現在アキモとの資本関係は一切ありません。
 

《開発コンセプト》

《開発コンセプト》
 
PIECEの開発コンセプトは、ユーザー企業の業務にシステムを合わせて構築する「パートナー開発」です。ユーザー企業のご要望に沿った形で経営実態を「見える化」し、ともに課題を解決することを目的としています。
システムを活用するためには、業務を標準化することが必要です。これができてこそコスト削減が可能となります。
そのため、ユーザー企業の経営者に推進役を担っていただき、全体のバランスを見ながらシステム構築の目標を達成するための舵取りをお願いしています。企業の成長に合わせたシステムを作り上げるため、PIECEは受動型開発ではなく「協業型開発」を実践しております。
また、当社システムのご提案だけでなく他社製品も視野に入れたうえで、ユーザー企業にとって最善の結果となるように業務コンサルティングを行ないます。PIECEを活用することで、社内にシステム部門やシステム担当者を置けない企業でも専属のPIECE SEにより、幅広い知識や最適な技術をすぐに享受することができます。
 
 

《業務内容》

《業務内容》
 
01 ソフトウェア開発
 
日配食品メーカー・卸売企業向けに特化した販売管理、生産管理、在庫管理システム等を開発しています。
保守料制を採用することにより、導入時のコストを抑えることを可能としました。また、保守をしながら開発・改善を随時行なうため、追加コストなしでシステムをアップグレードすることが可能です。
最初の段階で、ある程度の機能(業務が行なえるレベル)を提供します。そこからは随時お客様のご要望に応じて機能を追加していきます。これまでの経験からPIECEのシステムを導入いただいたお客様は、PIECEのシステムを導入することによって、こんなこともできるんだ、あんなこともできるんだと導入する前は気付かなかった要件が次々と出てきています。保守期間内であれば、新たな機能は無償で追加しますので、どれだけ機能を追加してもコストはかかりません。
つまり、PIECEが保守をしている期間内であればシステムが永久にアップグレードし続けていくのです。
 
業務の平準化、組織改革に!!
現在お使いの会計ソフトとの連携も可能です。
会計連動により売上・仕入、入金・支払データを市販会計ソフトの仕訳データとして取り込むことが可能です。会計ソフトへの伝票入力の省力化が図れます。
TKC、弥生会計等の会計ソフトとの連携実績があります。
 
02 業務コンサルティング
 
20数年に及ぶ食品業界でのシステム開発経験を活かしたコンピューターシステムをコアとした業務コンサルティングを行ないます。
当社が提供するソフトウェア以外に関してもご相談ください。例えば新たにサーバーやパソコンなどを購入するとき、導入企業側に立って販売メーカーと交渉します。通販サイトの構築やネットワークカメラの設置等、PIECEの提供する業務システムと直接かかわらない分野についても相談、アドバイスします。
また、PIECEのSEが最低でも1人、専属SEとして導入企業の担当となります。PIECEのSEは開発・保守業務だけでなく、導入企業内のシステムに関する相談・改善を行ないます。導入企業では保守費用のみで、社内のシステム部門を持つことなく低コストでシステムを運用することが可能です。
ご希望があれば、WordやExcelなどの社内研修も行ないます。
 

《会社概要》

《会社概要》
 
株式会社PIECE(ピース)
●所在地
〒321-0912  栃木県宇都宮市石井町2342番地
●電話番号 028-667-8636
●URL
●設立 2008(平成20)年4月1日
●資本金 5,000,000円
●代表者 代表取締役社長 秋本 薫
●業務内容
・業務ソフトウェアの受託開発、及び販売事業
・コンピューターシステムをコアとした業務コンサルティング事業
主要取引先 秋本食品株式会社(神奈川)
株式会社すが野(栃木)
株式会社荒井食品(栃木)
株式会社東京にいたか屋(東京)
株式会社日本橋にいたか屋(東京)
株式会社シオダ食品(栃木)
株式会社河鶴(和歌山)
三和漬物食品株式会社(山形)
株式会社山重(東京)
株式会社増子(新潟)
株式会社築地フーズ(東京)
有限会社八百熊本店(栃木)
株式会社アグリンク和歌山(和歌山)
株式会社アキモ(栃木)
株式会社菅野漬物食品(福島)
竜王食品株式会社(滋賀)
(順不同敬称略)
●開発実績
販売管理システム、生産管理システム、在庫管理システム労務管理システム、原価管理システム、Web受発注システムその他
 
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921