株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

【バイヤー必見】 竹内農産

 

無添加の野沢菜「お葉漬」

無添加の野沢菜「お葉漬」
 
野沢菜「お葉漬」
 
野沢菜生ふりかけ
 
信州産みどり大根
   
株式会社竹内農産(竹内武史社長、長野県小県郡長和町)は美ヶ原と霧ヶ峰の高原が連なる大自然豊かな山麓に位置。自社で作り上げた有機質堆肥”大地”を使用し土からこだわった野沢菜づくりを行っている。

同社の注目商品が無添加の野沢菜製品「お葉漬」。合わせだしと、天日塩で仕上げた野沢菜漬はまろやかで野沢菜本来の味が楽しめる。化学調味料、保存料、着色料は使用せず無添加で仕上げている。

また「野沢菜生ふりかけ」も人気。天日塩で仕立てた国産の野沢菜漬を細かく刻み白ごまを加えた生タイプのふりかけで、着色料・保存料を使用しない自然な味わいとチャック付の袋を採用した使い勝手の良さが人気を集めている。おにぎりやお弁当などの米飯はもちろん、納豆に混ぜたり卵焼きにしても手軽に楽しめる。シャキシャキとした野沢菜本来の美味しさに白ごまの香ばしさがアクセントになりご飯が進む味わいだ。

「信州産みどり大根」は地大根として親しまれてきた信州産みどり大根の風味を生かしながら、まろやかな醤油味に仕上げた商品。寒暖差の激しい信州の気候が育くむたっぷりの甘みと程良い辛み、パリパリとした食感にファンが多い。
 
   
 

ショッピングサイト http://www.shinsyu-nozawana.co.jp/order.htm

 
 

会社概要

会社概要
 
会社 株式会社竹内農産
代表
代表取締役会長 竹内 武四郎
代表取締役社長 竹内 武史
創立 昭和49年4月25日
資本金 3,300万円
業務内容
漬物製造(特に野沢菜漬)
住所(本社) 〒386-0701 長野県小県郡長和町和田1623番地
電話 0268-88-2071
FAX
0268-88-2564
 
 

マップ

マップ
 
長野県小県郡長和町和田1623番地
 
|トップページ|会社案内|食料新聞オンライン情報サービス2020|公式メールマガジン「食料新聞ニュース」|今週の記者のオススメ!2020|プロが売りたい! 地域セレクション|工場長・店長必見!関連資材機器・原料|総務・福利厚生サポート|食べて応援!伝統食品|コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ|全日本漬物協同組合連合会|自由民主党 漬物振興議員連盟|漬物グランプリ2020|漬物研究同志会2020|日本漬物産業同友会|漬物業界インタビュー2020|全国調理食品工業協同組合 2019|全国水産加工たべもの展 2020|「梅」関連情報2020|業界人事・機構・IR情報 2020|データ・法令・資料2020|漬物WOMAN・漬物MEN 2020|全国スーパーマーケット協会|AJS・オール日本スーパーマーケット協会|【バイヤー必見】イチ押し商品!|本店・催事・キャンペーン情報|お店へ行こう♪|ぬか情報2020|糀・甘酒情報2020|こんにゃく情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2019|「大豆」関連情報2020|熊本県辛子蓮根 情報|「塩」関連情報2020|漬物イタリアンの提案|ご購読・広告出稿のご案内|リクルート情報|お問い合わせ|サイトマップ|個人情報保護方針|
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921