宝化成株式会社

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

宝化成株式会社〔調味料・添加物・原料〕

   
調味料・食品添加物・原料をトータルで提案
 

企業紹介

企業紹介
 

 宝化成株式会社(小暮始社長、東京都千代田区)は漬物・惣菜・冷凍食品・タレ・ソース・畜産加工・製菓製パンなど加工食品に必要な調味料・食品添加物・原料素材等を扱う1956年設立の専門メーカー。原料・調味料・食品添加物までトータルで提案、食品メーカーの様々なニーズに応えながら商品開発をサポートしている。東京本社のほか、大阪・福島にも営業所を有し、万全のサポート体制を敷く。

 
 

調味料・添加物

調味料・添加物
 

 

弁当や惣菜類の日持向上に効果

 

 宝化成株式会社が提案するのが、天然素材の「明日葉」が配合された日持向上剤の「タカラフレッシュG」と「アジアップN」。
 
 「タカラフレッシュG」は現在、煮物や漬物・キムチの他、いなり寿司・巻き寿司、炊き込みご飯やチャーハンといった米飯、ちくわ・蒲鉾といった水産練り製品、ハム・ソーセージ、肉じゃがなどに幅広く採用されており、ポテトサラダやあんこの品質改善にも役立てられている。
 
 「タカラフレッシュG」は天然素材である「明日葉」を配合した日持向上剤で、従来の日持向上剤の課題である「酸味」を抑えているのが大きな特長。煮物、米飯、麺、水産練り製品のネト発生を防止し、弁当や惣菜類の日持向上に適している。特に、耐熱性芽胞菌や乳酸菌などに効果がある。
 
 また、袋物惣菜の封切り後の保存にも効果を発揮する。業務用惣菜商品を開封しトレーに盛り付けて提供する際には、同製品を使用していれば封切り後でも味の変化が抑えられ日持ちも向上する。比較試験においても従来の製剤と比べて品質の優位性が確認されている。「輸入食品の海外生産向け加工輸出にもご相談いただきたい」(同社)としている。
 
 尚、「タカラフレッシュG」に配合された明日葉の成分であるアシタバ抽出物カルコンの抗菌特性について、東京家政大学・宮尾茂雄教授が月間フードケミカルに寄稿している。この別刷りをご要望の方はTEL06(6376)2775まで(開発部・湯浅部長宛)。
 
 
 
 他にも同社では日持向上剤「アジアップN」の提案を行っている。「アジアップN」は餃子、肉だんご、肉まんなどの日持ち向上目的にも使用されており、保存料・酸味料・pH調整剤などの表記をしたくない又は配合出来ない商品に適している。
 
   
 
【アジアップの使用例】
 

国産原料及び輸入原料

国産原料及び輸入原料
 

ベトナム原料に注目

 

 同社では国内外の原料取り扱いを行う。昨今、注目を集めているのがベトナム原料。ASEAN物品貿易協定(ATIGA)によりベトナムの輸入関税は、2018年4月1日よりフリーになり、ますますコスト的な輸入メリットが強まっている。同社では、1990年代初頭からいち早くベトナム現地原料メーカーと産地形成に取り組み、約25年に亘り確固たるネットワークを築いてきた。塩蔵原料の取り扱い品目も幅広く、胡瓜(常盤・四葉)・ミニ胡瓜・白瓜・メンマ(新商品)・唐辛子3種(ホール青唐辛子・ホール赤唐辛子・天鷹種)・中茄子・小茄子・人参(新商品)を揃えている。

 

 また、同社では国産塩蔵原料も取り扱っている。生姜(ガリ・刻み)、胡瓜(常盤・四葉)、無色茄子、色止め茄子、紫蘇の実、青揉みしそ、赤揉みしそ、茗荷、刀豆、大根、蓮根などこちらのラインナップも幅広い。更に、中国産野菜原料(冷凍・乾燥・塩蔵・水煮)にも定評がある。

 

 担当は喬(キョウ)氏、問い合わせはTEL03(3861)8066

 
 
胡瓜(常盤(右)と四葉)
 
ミニ胡瓜
 
 
メンマ
 
ニンジン
 
 

企業情報

企業情報
 
商号 宝化成株式会社(Takara Kasei Co.,Ltd)
創業
昭和28年1月
設立 昭和31年2月
資本金 4,880万円
代表
代表取締役社長 小暮始
住所(本社) 〒101-0024
東京都千代田区神田和泉町1-11(末広ビル)
電話(代表) 03-3861-8066
FAX 03-3865-2400
HP  http://takarakasei-net.co.jp/
事業内容
・総合調味料と食品添加物の販売
・国内及び輸入原料(塩漬野菜・冷凍野菜)の販売
・畜肉食肉原料及び食品素材の販売
・上記各項に附帯する一切の業務
 
 

マップ

マップ
 
本社
〒101-0024
東京都千代田区神田和泉町1-11(末広ビル)
 

紙面アーカイブ

紙面アーカイブ
 
 
2020年9月21日号9面
資材特集
 
|トップページ|会社案内|食料新聞オンライン情報サービス2020|公式メールマガジン「食料新聞ニュース」|食料新聞デジタル2020年11月30日号|記者のオススメ!2020|プロが売りたい! 地域セレクション|工場長・店長必見!関連資材機器・原料|総務・福利厚生サポート|食べて応援!伝統食品|コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ|全日本漬物協同組合連合会|自由民主党 漬物振興議員連盟|漬物グランプリ2020|漬物JAS・全国漬物検査協会2020|漬物研究同志会2020|日本漬物産業同友会 2020|業界インタビュー2020|全国調理食品工業協同組合 2020|全国水産加工たべもの展 2020|「梅」関連情報2020|業界人事・機構・IR情報 2020|データ・法令・資料2020|講演録 2020|フェイスブック掲載記事アーカイブス|漬物WOMAN・漬物MEN 2020|全国スーパーマーケット協会|AJS・オール日本スーパーマーケット協会|【バイヤー必見】イチ押し商品!|本店・催事・キャンペーン・イベント情報|お店へ行こう♪|アニバーサリー 2020|ぬか情報2020|糀(麹)・甘酒情報2020|こんにゃく情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2019|「大豆」関連情報2020|熊本県辛子蓮根 情報|「塩」関連情報2020|漬物イタリアンの提案|ご購読・広告出稿のご案内|リクルート情報|お問い合わせ|サイトマップ|個人情報保護方針|
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921