株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

竹士蒲鉾商店(不動ちくわ本舗)

   
昔ながらの手作り製法で自然の味わいを
 

企業紹介

企業紹介
 

 「不動ちくわ本舗」の屋号で知られ、ちくわ、蒲鉾、そして辛子蓮根の製造販売を行っているのが合資会社竹士蒲鉾商店(竹士学社長、熊本県熊本市)だ。約160年前、安政年間創業の老舗である。

 

<取扱商品>

<取扱商品>
 
手作業で辛子味噌を詰める

ちくわに加え、熊本名産の辛子蓮根を製造する。竹士社長は、2019年7月現在、熊本県辛子蓮根協同組合の理事長も務めている。

 

同社の辛子蓮根の特徴は、辛子味噌へのこだわりにある。

味噌メーカー3社4種類の麦味噌、粒味噌、昔ながらの熟成味噌をオリジナルの割合で和辛子とブレンド。ただ辛いだけではなく味噌だけ食べても美味しいような仕上がりで、ツンとする辛子の奥に塩気や甘味が感じられる。誰からも愛され、料理にも合わせやすい味わいとなっている。

 

蓮根はシャキシャキとした食感が残る絶妙な茹で具合を追求している。そこに辛味噌を詰め込み、ウコン・くちなしを混ぜた衣を付けてカラリと揚げれば、鮮やかな黄色が目を惹く辛子蓮根の完成だ。

 
不動ちくわ本舗の辛子蓮根

バリエーションとして、衣に紫芋を加えて紫色にした辛子蓮根も製造している。こちらはより甘味を強調していて、辛味が苦手な人でも食べやすいと好評だ。同社商品は本社併設の直売店や熊本空港店、通信販売、県内土産店で販売しているほか、全国の物産展・催事へも積極的に出店している。

 
 

<企業情報>

<企業情報>
 
社名 合資会社竹士蒲鉾商店
代表
代表取締役社長 竹士学
住所(本社) 〒861-4204 熊本県熊本市南区城南町下宮地505
電話 0120-09-6049
年間売り上げ 約3億円
メール info@fudo-chikuwa.com
   
〒861-4204 熊本県熊本市南区城南町下宮地505
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921