株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

【バイヤー必見】 長谷川醸造

 

長谷川醸造株式会社(山梨県)「甲州産小梅」

長谷川醸造株式会社(山梨県)「甲州産小梅」
 
山梨で育まれた小梅
 
~山梨県は日本一の小梅産地~
 

山梨県産小梅の特徴

山梨県産小梅の特徴
 
長谷川醸造本社近く
釜無川からの眺め

自然豊かな山梨が生む「甲州小梅」

周囲を南アルプスや富士山、八ヶ岳、奥秩父等の山にぐるりと囲まれ、県面積の約8割を山岳地帯が占める山梨県。その自然豊かな土地柄を背景に、桃や葡萄の生産量が日本一であることはよく知られているが、実は小梅の生産量でも日本一。

 

「甲州小梅」は種は小さく実は厚く、小粒ながら食べごたえがあるのが特徴の品種。清らかな水と土で育まれ、爽やかな香りが豊かで味も一級。カリカリ梅はこの小梅を若もぎしたもので、梅干しは完熟させたもので作るのが一般的だ。

 

イチ押し商品

イチ押し商品
 
「甲州産小梅」と「梅干しと昆布」

【お菓子・おつまみ売場】
山梨県産の小梅を使用した、お菓子・おつまみ売場にイチ押しの商品が「甲州産小梅」とその姉妹品「梅干しと昆布」だ。どちらもチャック付きの袋入で常温保存可能なため、CVSSMでの導入が広がっている。

 

「甲州産小梅」は甘味料や糖などの甘みを加えず、さっぱりとした味付けながら、梅本来のすっぱさを楽しめるカリカリ小梅。スポーツやレジャー中の熱中症対策としても便利だ。無着色で、袋の小窓から見える緑色の梅の実が爽やかな味を思い起こさせ、食欲をそそる。

 

「梅干しと昆布」は、小梅と北海道産昆布を乾燥させて、パリパリ食感のスナック状にしたもの。油を使わずに乾燥させているため風味がそのまま残り、梅干しの酸っぱさをしっかりと感じさせてくれる。そして昆布は一噛みするとパリっと砕け、口の中で次第に粘り気とともにうま味が出てくるという、新感覚のスナック。

※本品の販売者は東京の老舗乾物メーカー・株式会社川越屋の名義。長谷川醸造は製造者として併記される。

 


 
 
【漬物売場】

漬物売場向けの主力商品の一つが「信玄小梅ぼし昆布漬」である。塩分は12%。カップの底に北海道産昆布を敷いて、昆布のうま味を足しつつ梅の酸味を和らげた。
 

もう一つの人気商品である「昔ながらの小梅ぼし」は、地元山梨や東京など多くのスーパーで定番商品となっている。〝昔ながら〟とうたうように、塩分は15%と高めだが、本物志向の高まりから、着実に売り上げを伸ばしている。しその風味を加えた「昔ながらの小梅ぼし(しそ漬)」も人気で、賞味期限はいずれも6カ月。
 

梅干市場は、はちみつ梅など低塩タイプの商品が主流となっているが、同社ではその昔ながらの梅干にこだわり、山梨県特産の甲州小梅で商品化を図っている。

   
 

 

記者の“ココがイチ押し!”

カリカリした食感と酸っぱさが心地よく、ついつい2個、3個と食べてしまう「甲州産小梅」。せっかくのチャック付き袋なのに、一気に食べきってしまいそうな美味しさです。暑い時期、カバンに忍ばせておけばクエン酸補給、塩分補給ができる強い味方になってくれます。

(担当記者:小林悟空)

 


 
 

甲州小梅干ができるまで

甲州小梅干ができるまで
 

小梅を収獲

完熟した小梅を収穫します。カリカリ用の場合は梅が熟しきる前に若もぎします。

 

洗浄・選果

収穫した梅をすぐに水で洗浄した後、果径18mmを基準に選果します。

 

塩漬け

小梅を大量の塩で塩漬にします。

 

天日干し

自社敷地内にあるハウスで天日干しにします。小梅が均等に干し上がるよう、毎朝ざるを揺する作業が欠かせません。

 

塩慣れ

干し上がった小梅を3ヶ月間樽の中で熟成。塩角が和らぎ、まろやかな酸味が生まれます。

 

検査・包装・出荷

完成した小梅干は厳密な検査を経てから包装し、出荷されます。

 

企業紹介

企業紹介
 
長谷川醸造本社

 

明治393月より醤油製造業としてスタートして以来、110年以上の歴史をもつ長谷川醸造。甲州小梅の漬物製造を始めたのは昭和35年から。現在はこの2つが二大柱となって、だしつゆ、金山寺味噌、漬物各種と時代の変化に対応した食品製造を目指している。
 

特に山梨の特産である「甲州小梅干し」は主力として「地域の小梅生産者とともに生きる」を信念に、特産農産物振興の一翼を担う。

 
 
   
 

公式オンラインストア https://www.umeume.co.jp/products/index.html

 
 

企業情報

企業情報
 
会社 長谷川醸造株式会社
代表

代表取締役 長谷川 正一郎

創業 明治39年(1906年)
業務内容
甲州小梅ぼし、醤油、だしつゆの製造・販売
住所(本社) 〒400-0332 山梨県南アルプス市鏡中條3481
電話(代表)
055-282-1516
FAX 055-282-1704
ホームページ
https://www.umeume.co.jp/
メール
info@umeume.co.jp
 

地図

地図
 
〒400-0332 山梨県南アルプス市鏡中條3481
 

健康情報『甲州小梅の健康機能性』ー甲州小梅に見出すアンチエイジング効果

健康情報『甲州小梅の健康機能性』ー甲州小梅に見出すアンチエイジング効果
 
山梨学院大学管理栄養学部管理栄養学科 名取貴光氏
 2018年1月30日に開催された山梨県漬物協同組合の新春賀詞交歓会において、山梨学院大学管理栄養学部管理栄養学科の名取貴光氏が「甲州小梅に見出すアンチエイジング効果」の演題で講演。研究の結果、アンチエイジング効果の他、様々な健康機能性が確認され、業界にとっても関心度の高い内容となった。
【名取氏講演要旨】今回の研究では山梨県で栽培されている甲州小梅に多く含まれる特殊成分ポリフェノールに注目し、アンチエイジング効果に関する研究を行った。
甲州小梅より成分を抽出した液を線虫にかけたところ、老化マーカー分子の蓄積の減少や延命効果が確認された。線虫の平均寿命は23日だが、抽出液をかけた線虫の平均寿命は26日と1割伸びた。甲州小梅抽出液に有意な寿命延長効果が認められ、アンチエイジング効果を期待することができる、とした。
また、甲州小梅に由来するウメリグナン類に骨粗鬆症予防効果がある可能性が示された他、線虫を用いた神経変性疾患予防試験の結果、アルツハイマー病予防効果、食品成分による記憶・学習力向上効果、パーキンソン病予防効果ができることが分かった、と指摘した。
【令和2(2020)年2月10日号10面】
 
 

理事長に聞く

理事長に聞く
 
山梨県漬物協同組合 理事長 長谷川正一郎氏(長谷川醸造株式会社 社長)
甲州小梅は凶作で原料不足
大事に販売していく1年
 
山梨県は県周囲を山岳に囲まれる豊かな自然を背景に、小梅生産量日本一を誇る。特産品の一つである甲州小梅の魅力や原料状況などについて山梨県漬物協同組合の長谷川正一郎理事長に話を聞いた。(千葉友寛)
◇ ◇
‐原料状況は。
「昨年の作柄は開花期に気温の乱高下や降雪があり、着果率が少なかった。そして収穫直前の降雹と低温の影響が大きく、全体的には6割作という凶作となった。小梅は長野県や群馬県でも生産されているが、どこの産地も大きな被害を受け、場所によっては壊滅的な被害が発生したところもある」
‐原料価格について。
「カリカリ梅用の価格は1割以上上がった。山梨県では生産者と加工業者の信頼関係が構築されており、産地ごとに原料の供給ルートが確立されている。我々は毎年わずかでも原料を高く買い上げる努力をしている。それは豊作の時も同じで、収入の安定化を目指している。昔から両者が助け合ってきた経緯があり、これまでは生産量の振れ幅ほど価格の変動がなかった。しかし、今年は原料が全く入らず、他県の業者が高値でも原料を購入しようとする流れもあったが、原料の絶対量が足りないため、どこのメーカーも予定数量を漬け込むことはできていないようだ」
‐販売状況は。
「昨夏は冷夏だったこともあり、猛暑で好調に売れた一昨年の夏と比べると売れ行きは大きく下回っている。値上げも実施して出荷数が減少している分、原料の使用量も減って助かっている部分もあるが、今年の新物が入ってくるまで原料をつなげることは難しい状況となっていることに加え、売上も落ちている。当社は豊作だった一昨年に漬け込みを増やしたこともあり、原料が切れる心配はないものの、限られた原料を大事に販売していく年になっている」
‐甲州小梅の魅力は。
「山梨県の小梅の生産量は全国一を誇り、製品の出荷量も全国第1位。質、量ともに山梨県が自慢できる特産品の一つだが、残念なことに県民をはじめ全国的にもあまり知られていない。今年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されるので、日本のみならず世界の人に甲州小梅の魅力を知っていただく活動をしたいと思っている」
‐今後の活動について。
「一昨年1月の山梨漬協の新春賀詞交歓会で山梨学院大の名取貴光先生に講演していただき、アンチエイジング効果や認知症の予防効果など甲州小梅の健康機能性についての研究発表を行っていただいた。付加価値の要素となる特産品や健康機能性をPRしていくことが重要だ。2月1日に甲府市で開催された食育シンポジウム&ワークショップ『未来につなげたい食文化~おいしい発酵食生活で健康長寿~化』に参加した。同イベントは山梨県食品産業協議会の主催で、料理家の真藤舞衣子さんとパネルディスカッションを行った。今後はワイン業界などの他業種、行政、大学、研究機関と連携して甲州小梅の付加価値を高めていきたいと考えている」
【2020(令和2)年2月10日第5010号10面】
 
山梨県漬物協同組合 http://www3.nns.ne.jp/~rs-date/
長谷川醸造株式会社 https://www.umeume.co.jp/
 
|トップページ|会社案内|食料新聞オンライン情報サービス2020|公式メールマガジン「食料新聞ニュース」|食料新聞デジタル2020年11月30日号|記者のオススメ!2020|プロが売りたい! 地域セレクション|工場長・店長必見!関連資材機器・原料|総務・福利厚生サポート|食べて応援!伝統食品|コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ|全日本漬物協同組合連合会|自由民主党 漬物振興議員連盟|漬物グランプリ2020|漬物JAS・全国漬物検査協会2020|漬物研究同志会2020|日本漬物産業同友会 2020|業界インタビュー2020|全国調理食品工業協同組合 2020|全国水産加工たべもの展 2020|「梅」関連情報2020|業界人事・機構・IR情報 2020|データ・法令・資料2020|講演録 2020|フェイスブック掲載記事アーカイブス|漬物WOMAN・漬物MEN 2020|全国スーパーマーケット協会|AJS・オール日本スーパーマーケット協会|【バイヤー必見】イチ押し商品!|本店・催事・キャンペーン・イベント情報|お店へ行こう♪|アニバーサリー 2020|ぬか情報2020|糀(麹)・甘酒情報2020|こんにゃく情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2019|「大豆」関連情報2020|熊本県辛子蓮根 情報|「塩」関連情報2020|漬物イタリアンの提案|ご購読・広告出稿のご案内|リクルート情報|お問い合わせ|サイトマップ|個人情報保護方針|
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921