株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

【バイヤー必見】イチ押し商品!長谷川醸造

 

長谷川醸造株式会社(山梨県)「甲州産小梅」

長谷川醸造株式会社(山梨県)「甲州産小梅」
 
山梨で育まれた小梅
 
~山梨県は日本一の小梅産地~
 

山梨県産小梅の特徴

山梨県産小梅の特徴
 
長谷川醸造本社近く
釜無川からの眺め

自然豊かな山梨が生む「甲州小梅」

周囲を南アルプスや富士山、八ヶ岳、奥秩父等の山にぐるりと囲まれ、県面積の約8割を山岳地帯が占める山梨県。その自然豊かな土地柄を背景に、桃や葡萄の生産量が日本一であることはよく知られているが、実は小梅の生産量でも日本一。

 

「甲州小梅」は種は小さく実は厚く、小粒ながら食べごたえがあるのが特徴の品種。清らかな水と土で育まれ、爽やかな香りが豊かで味も一級。カリカリ梅はこの小梅を若もぎしたもので、梅干しは完熟させたもので作るのが一般的だ。

 

イチ押し商品

イチ押し商品
 
「甲州産小梅」と「梅干しと昆布」

【お菓子・おつまみ売場】
山梨県産の小梅を使用した、お菓子・おつまみ売場にイチ押しの商品が「甲州産小梅」とその姉妹品「梅干しと昆布」だ。どちらもチャック付きの袋入で常温保存可能なため、CVSSMでの導入が広がっている。

 

「甲州産小梅」は甘味料や糖などの甘みを加えず、さっぱりとした味付けながら、梅本来のすっぱさを楽しめるカリカリ小梅。スポーツやレジャー中の熱中症対策としても便利だ。無着色で、袋の小窓から見える緑色の梅の実が爽やかな味を思い起こさせ、食欲をそそる。

 

「梅干しと昆布」は、小梅と北海道産昆布を乾燥させて、パリパリ食感のスナック状にしたもの。油を使わずに乾燥させているため風味がそのまま残り、梅干しの酸っぱさをしっかりと感じさせてくれる。そして昆布は一噛みするとパリっと砕け、口の中で次第に粘り気とともにうま味が出てくるという、新感覚のスナック。

※本品の販売者は東京の老舗乾物メーカー・株式会社川越屋の名義。長谷川醸造は製造者として併記される。

 


 
 
【漬物売場】

漬物売場向けの主力商品の一つが「信玄小梅ぼし昆布漬」である。塩分は12%。カップの底に北海道産昆布を敷いて、昆布のうま味を足しつつ梅の酸味を和らげた。
 

もう一つの人気商品である「昔ながらの小梅ぼし」は、地元山梨や東京など多くのスーパーで定番商品となっている。〝昔ながら〟とうたうように、塩分は15%と高めだが、本物志向の高まりから、着実に売り上げを伸ばしている。しその風味を加えた「昔ながらの小梅ぼし(しそ漬)」も人気で、賞味期限はいずれも6カ月。
 

梅干市場は、はちみつ梅など低塩タイプの商品が主流となっているが、同社ではその昔ながらの梅干にこだわり、山梨県特産の甲州小梅で商品化を図っている。

   
 

 

記者の“ココがイチ押し!”

カリカリした食感と酸っぱさが心地よく、ついつい2個、3個と食べてしまう「甲州産小梅」。せっかくのチャック付き袋なのに、一気に食べきってしまいそうな美味しさです。暑い時期、カバンに忍ばせておけばクエン酸補給、塩分補給ができる強い味方になってくれます。

(担当記者:小林悟空)

 


 
 

甲州小梅干ができるまで

甲州小梅干ができるまで
 

小梅を収獲

完熟した小梅を収穫します。カリカリ用の場合は梅が熟しきる前に若もぎします。

 

洗浄・選果

収穫した梅をすぐに水で洗浄した後、果径18mmを基準に選果します。

 

塩漬け

小梅を大量の塩で塩漬にします。

 

天日干し

自社敷地内にあるハウスで天日干しにします。小梅が均等に干し上がるよう、毎朝ざるを揺する作業が欠かせません。

 

塩慣れ

干し上がった小梅を3ヶ月間樽の中で熟成。塩角が和らぎ、まろやかな酸味が生まれます。

 

検査・包装・出荷

完成した小梅干は厳密な検査を経てから包装し、出荷されます。

 

企業紹介

企業紹介
 
長谷川醸造本社

 

明治393月より醤油製造業としてスタートして以来、110年以上の歴史をもつ長谷川醸造。甲州小梅の漬物製造を始めたのは昭和35年から。現在はこの2つが二大柱となって、だしつゆ、金山寺味噌、漬物各種と時代の変化に対応した食品製造を目指している。
 

特に山梨の特産である「甲州小梅干し」は主力として「地域の小梅生産者とともに生きる」を信念に、特産農産物振興の一翼を担う。

 
 
 

企業情報

企業情報
 
会社 長谷川醸造株式会社
代表

代表取締役 長谷川 正一郎

創業 明治39年(1906年)
業務内容
甲州小梅ぼし、醤油、だしつゆの製造・販売
住所(本社) 〒400-0332 山梨県南アルプス市鏡中條3481
電話(代表)
055-282-1516
FAX 055-282-1704
ホームページ
https://www.umeume.co.jp/
メール
info@umeume.co.jp
 

地図

地図
 
〒400-0332 山梨県南アルプス市鏡中條3481
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921