株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

稲垣来三郎匠

   
丸昌稲垣株式会社(長野県飯田市)
 
味噌・漬物蔵元が作る美味しさ
   

稲垣来三郎匠(長野県飯田市)は、明治41年創業の味噌・漬物蔵元「丸昌稲垣株式会社」創業者の名を冠したブランド。本店の建物は築130年の古民家を移築再生したもので、南信州伝統の本棟造り建築の趣を感じながら、味噌・甘酒・漬物など様々な商品を選ぶことが出来る。

 

【店舗ホームページ】http://www.raizaburou.jp/

 

オススメ商品

オススメ商品
 

多彩に展開する「信州味噌」

 

稲垣来三郎匠では、味噌蔵元として多彩な味噌を販売している。そのラインナップは、伝統の木桶仕込みによってなめらかな甘さに仕上がった「中千成味噌」、味噌玉をイメージした可愛らしい「信州っ子」(田舎・糀)、飯田市上久堅(かみひさかた)産の大豆と米を使用して地域ブランド味噌「上久堅味噌」といったものから、炒め物などに使用出来るチューブタイプの「胡桃みそ」まで様々。好みや用途に合った味噌を見つけることが出来る。

 
 
味噌コーナー
 
 

中千成味噌

 
信州っ子
 
胡桃みそ
   
 


 

「豆腐の味噌漬」や「甘酒」も

 

同店で是非味わいたいのが、こだわりの信州味噌を使って作る、「豆腐の味噌漬」と「豆腐のもろみ漬」。舌触りがとろりとしてまろやかな味わいの「豆腐の味噌漬」、豆腐の芯まで芳醇なもろみの味がしみ込んだ「豆腐のもろみ漬」は、どちらも酒の肴からサンドイッチの具材まで、幅広い活躍が期待出来る。また2018年に竣工した甘酒専用工場「あまざけの里川路工場」で作られた各種甘酒も人気を博している。

 
 

「豆腐の味噌漬」と「豆腐のもろみ漬」

 

人気の「民芸あまざけ」

 

味噌蔵見学も受付中

味噌蔵見学も受付中
 

店舗に隣接する工場では味噌蔵を公開しており、見学が可能。

 

店舗従業員の案内で、高さ190cm、直径220cmの味噌桶を間近に見ることが出来るため、観光客からも人気を博している(要予約)。

 

予約は電話(0265-35-7755)またホームページ「お問い合わせ」から

 

 

店舗概要

店舗概要
 
住所 長野県飯田市上郷黒田2721-1
アクセス

飯田I.Cから車で約20分、松川I.Cから車で約15分

電話番号 0265-56-1550
営業時間
10:00~17:00
定休日 なし
ホームページ
運営会社
丸昌稲垣株式会社
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921