株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

特別会員 秋本食品(神奈川県)

   

漬物業界を代表するメーカーベンダー

 
 

本社・湘南工場

 

秋本食品株式会社(秋本大典社長、本社=神奈川県綾瀬市)は1933年、風光明媚な湘南の地で大根の品種改良から沢庵の製造をスタート。「本物の食の充実こそが、豊かな生活を営む基盤である」という創業以来変わらない想いで漬物を供給し、2018年に創業85周年を迎えた。

時代を越えても変わらない「食の伝統」と変化していくニーズに対応し新しい味を生み出す「技術の革新」。そして、それらを継承する「秋本の心」が信頼につながり、今日では漬物業界を代表するメーカーベンダーに成長した。

 

契約栽培農家は300カ所以上、物流センター取扱い機能は25万パック、得意先は120社を超えた。本社のある神奈川県を中心にスーパー、直売店、卸売市場、通信販売など、多方面に販売チャネルを持ち、「誰でも、どこでも、お求めいただける」というモットーを追求している。

 
 

看板商品

看板商品
 
あとひきだいこん

あとひきだいこん

 

同社の看板商品は「あとひきだいこん」と「王道キムチ」。

発売から25年以上が経っているロングセラー商品「あとひきだいこん」は、独特のカリっポリっとした食感と、程よい甘さがあとを引く元祖糖しぼりだいこん。かつお節感をアップさせた合わせだしのうまさが特徴で、お年寄りから子供まで美味しく食べられる味に仕上げた。カットサイズも均一化し、粒ぞろいで食べやすくなっている。大根の浅漬売上No.1商品として広く認知されている。

 
 

 
 
王道キムチ

王道キムチ

 

発売15年目で重ねキムチ売上げNo.1の「王道キムチ」は、こだわりの製法と本格的な味で不動の人気を誇る。韓国伝統のポギキムチ製法を踏襲し、同社開発の独自重ね漬け製法により味にムラがない。白菜の葉一枚一枚にたっぷりヤンニョムを手塗した手間隙かけたこだわりのキムチとなっている。大根、人参、ニラ、玉ねぎ、ごま、オキアミ塩辛、唐辛子、にんにく、生姜を同社独自の配合により、キムチの味に深みを出している。

 

秋本食品の強み

秋本食品の強み
 
2019年8月に竣工した東海工場

仕入れから販売まで一貫した自社管理体制

 

国産の原料野菜にこだわっている。仕入れから製造・物流・販売まで一貫した自社管理体制を敷き、コールドシステムや製造履歴管理など、様々な取り組みを行っている。また、業界屈指の物流・販売網を活かし、全国各地の商品を仕入れて供給。地域で愛されている特産品から季節感を活かした春夏秋冬の浅漬まで、全てのカテゴリーに精通し、多様なニーズにきめ細かく対応している。

昨年8月には静岡県磐田市に東海工場を竣工。これまで外部委託していた製造や物流機能を内製化し、出荷までを一貫して行っている。原料保管などの温度管理の他、最新鋭の異物除去洗浄ラインを導入するなど、HACCPに基づく衛生管理と品質管理で安心安全な商品作りを行っている。生産能力はこれまでの約2倍となる5000万円~6000万円(月間売上)で、主要取引先のイオングループをはじめ、東海地方の食品スーパーへ商品を供給している。

 

全国つけ物・惣菜展示見本市

全国つけ物・惣菜展示見本市
 
第41回全国つけ物・惣菜展示見本市の会場

毎年6月に開催している全国つけ物・惣菜展示見本市は、バイヤーをはじめ、業界関係者ら1000人以上が来場。全国の新商品や自慢の逸品が一堂に会して活発な商談が行われる。昨年6月の第41回見本市では『新時代の漬物を創る流通の和』をテーマに、全国の有力メーカー61社が参集。秋冬の棚替えに向けた新商品や売れ筋商品のPRが行われた。現在、漬物に特化した展示会を開催しているのは同社を含めて2社のみで、その価値は年々高まっている。

同社はまだ見ぬ未知の美味しさを弛まぬ努力で模索し、食を通じて社会に貢献し続けることで多くの方に愛される100年企業を目指している。

 
 

企業情報

企業情報
 

秋本大典社長/秋本善明専務

   
会社名 秋本食品株式会社
本社

〒252-1123 神奈川県綾瀬市早川2696-11

TEL 0467-71-6001(代表) FAX 0467-71-6008

支社 東海支社
〒438-0051 静岡県磐田市上大之郷110番地
TEL 0538-39-7333(代表) FAX 0538-39-7322
創業 1933年10月19日
資本金 8,000万円
代表者
代表取締役社長 秋本大典
代表取締役専務 秋本善明
従業員数
393名
工場 本社 湘南工場
藤沢工場
東海工場
事業所
<営業所>
藤沢出張所 / 南部出張所

<直営店店舗>
鎌倉あきもと 本店 / 鎌倉あきもと スカイツリータウン・ソラマチ
グループ会社
株式会社鎌倉あきもと
鎌倉あきもと 本店
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2-11-22
TEL&FAX:0467-22-0101
 
株式会社アキモ
〒321-0912 栃木県宇都宮市石井町2341
TEL:028-667-0545(代表) FAX:028-667-5749
その他 女性活躍推進法
 

本社 地図

本社 地図
 
〒252-1123 神奈川県綾瀬市早川2696-11
 
|トップページ|会社案内|食料新聞オンライン情報サービス2020|公式メールマガジン「食料新聞ニュース」|今週の記者のオススメ!2020|プロが売りたい! 地域セレクション|工場長・店長必見!関連資材機器・原料|総務・福利厚生サポート|食べて応援!伝統食品|コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ|全日本漬物協同組合連合会|自由民主党 漬物振興議員連盟|漬物グランプリ2020|漬物研究同志会2020|日本漬物産業同友会|漬物業界インタビュー2020|全国調理食品工業協同組合 2019|全国水産加工たべもの展 2020|「梅」関連情報2020|業界人事・機構・IR情報 2020|データ・法令・資料2020|漬物WOMAN・漬物MEN 2020|全国スーパーマーケット協会|AJS・オール日本スーパーマーケット協会|【バイヤー必見】イチ押し商品!|本店・催事・キャンペーン情報|お店へ行こう♪|ぬか情報2020|糀・甘酒情報2020|こんにゃく情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2019|「大豆」関連情報2020|熊本県辛子蓮根 情報|「塩」関連情報2020|漬物イタリアンの提案|ご購読・広告出稿のご案内|リクルート情報|お問い合わせ|サイトマップ|個人情報保護方針|
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921