株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
http://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 
   
 
≪株式会社食料新聞社≫は、「伝統食を次の世代に受け継ぐこと」を目標に、食料新聞・メールニュース・SNSを併用した広報、宣伝サービスをおこなっております。
 
ご質問・ご相談などは、電話 03-5835-4919(ショクイク) またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。
 

紙面見本

紙面見本
発刊済み各号の、紙面見本画像です。主に1面を収録。(毎週月曜発刊)
クリックすると拡大し、記事と広告を確認することができます。
11月13日号~
8月21日号~10月30日号
5月29日号~8月14日号
         
   
 
☆★毎月19日は「食育の日」★☆ ☆★毎月21日は「漬物の日」★☆
☆★6月29日は「佃煮の日」★☆ ☆★8月5日は「発酵の日」★☆
☆★8月31日は「野菜の日」★☆ ☆★11月24日は「和食の日」★☆
 
         
 

食料新聞フェイスブック

食料新聞フェイスブック
 
 
 
 

食料新聞インスタグラム

食料新聞インスタグラム
 
 

イベント・セミナー・その他情報

イベント・セミナー・その他情報
2017-11-12 「FOOMA JAPAN 2018」
  2017-10-06 「TOKYO PACK 2018」
 

「漬物振興議員連盟」設立総会が開催される

「漬物振興議員連盟」設立総会が開催される
 
望月会長
 
野﨑会長
 
 
「漬物振興議員連盟」設立総会
   
会長に元環境大臣の望月義夫氏
 全日本漬物協同組合連合会(野﨑伸一会長)が設立に向けて準備を進めてきた「自由民主党漬物振興議員連盟」の設立総会が2017(平成29)年12月6日、衆議院第一議員会館にて開催された。
 当日は発起人代表として衆議院議員で元環境大臣の望月義夫氏、元農林水産大臣の森山裕氏をはじめ、前総務大臣の高市早苗氏ら自民党所属の国会議員、農林水産省や厚生労働省など関係省庁の担当者、全漬連から野﨑会長、藤川研四郎専務理事ほか都道府県理事長ら全体で約50名が出席した。
 会長を務める望月氏は「我が国の代表的な食べ物である漬物文化をもう一度再確認し、再評価し知恵を絞って新たなる出発をすることが、我々国会議員の責務だと思って本日このような議連を作らせて頂いた」と力強く設立を宣言。
 全漬連より漬物需要の減少や原料の確保、人手不足といった業界が抱える現状の問題点の説明があり、外国人技能実習制度の期間延長やHACCP義務化といった具体的なテーマに関しても出席した国会議員との間で活発な意見交換が行われた。今後も漬物需要の掘り起こしと消費拡大を目指して活動を行っていく。尚、当日の司会進行は事務局長の武井俊輔衆議院議員が務め総会を司った。【詳細は2017(平成29)年12月11日号食料新聞に掲載】
 

FOOMA JAPAN 2018

FOOMA JAPAN 2018
 
2018年6月12日(火)~15日(金)に開催

一般申込み受付を開始
 一般社団法人日本食品機械工業会(林孝司会長、東京都港区)は、2018(平成30)年6月12日(火)~15日(金)の4日間、東京ビッグサイト(東1~8ホール)において「食の技術は無限大。」をテーマに「FOOMA JAPAN2018」国際食品工業展を開催する。
 「FOOMA JAPAN」は、食品製造プロセスの上流から下流まで、食品分野のあらゆる製品や技術およびサービスなどが一堂に集結する「食の技術」の総合トレードショーで、今年は過去最多の789社が出展し、国内外から10万人を超える人々が来場した。出展社アンケートでは、大多数(96・3%)が会期中に来場者と商談ありと回答。また出展社同士の商談もあったという回答が76・2%に達するなど、ビジネスマッチングのための商談が活発に行われ、正に新たな食のビジネスを切り拓く場と化している。
 1978年の初開催から41回目を迎える来年も「食」の安全・安心を基本に、省力化・省人化・高付加価値化をさらに追求した最新の製品やサービス、および限りなく進化する技術などを披露する予定。
 次回開催に向けて出展規約の通り、11月1日より一般(主催団体の一般社団法人日本食品機械工業会の会員でない企業)の出展申込受付を開始した。募集の対象は「原料処理」、「食品製造・加工(菓子・パン/食肉・水産物/麺類/調理食品/飲料・乳製品/農産物/豆腐/発酵・醸造/その他食品)」「エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション」「鮮度管理・品質保持」「包装・充填」、「保管・搬送・移動」「計測・分析・検査」「衛生対策・管理」「環境対策・リサイクル」「設備機器・技術・部品」「コンサルタント・特許」「情報サービス・団体など」の全12分野で、締切りは11月21日となっている。

【2017(平成29)年10月30日第4911号13面掲載】

 

【問い合わせ】
FOOMA JAPAN運営事務局

 TEL:03‐6809‐3745(受付時間:月~金9:00~17:00)

 FAX:03‐6809‐3746
http://www.foomajapan.jp
締切り日:11月21日(火)
  

 

TOKYO PACK 2018

TOKYO PACK 2018
 
出展募集 受け付け中
早期割引 12月15日まで
 2018(平成30)年10月2~5日にかけて東京都江東区の東京ビッグサイトにて開催する「TOKYO PACK 2018」の出展募集が9月11日から受け付け中。
 テーマは「考えよう 地球をまもるパッケージ」。12月15日迄に申し込むと早期割引が適用される。
 本展示会はさまざまな業界で活躍している包装資材・容器、包装機械を中心に紹介。調達から生産、物流、流通、販売、消費、廃棄・リサイクルに至るまで、あらゆる分野を網羅した世界有数の国際総合包装展となっている。今回で27回目を迎える。
 前回の出展社数は669社、来場登録者数は6万2171人だった。
【2017(平成29)年9月25日第4907号5面】
 
公式ウェブサイト http://www.tokyo-pack.jp/
 
 
 

キャンペーン

キャンペーン
 
 
 「野菜ソムリエコース」入会費用割引実施中  
  
 食料新聞では一般社団法人日本野菜ソムリエ協会(福井栄治理事長)の協力のもと、「野菜ソムリエ」の資格取得制度を推奨しています。
 
 本紙を通して「野菜ソムリエコース」にお申し込みいただいた方を対象に入会金(1万800円)を割引致します。
 
 <資格名称が新しくなりました>
「野菜ソムリエコース」についての詳しい情報はこちら
 
 また、各都道府県の講演会に講師として野菜ソムリエを迎えることも可能です。ご要望の際は本紙東京本社編集部(03-5835-4919)までご連絡ください。
 
 「野菜ソムリエ」は野菜・果物の基礎知識から種類・旬・保存方法・栄養価・素材を生かした調理方法や野菜・果物の魅力を一般の人にどう伝えるかといったコミュニケーションの分野まで幅広く学べる資格取得制度です。
 
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921