株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
http://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 
   
 
≪株式会社食料新聞社≫は、「伝統食を次の世代に受け継ぐこと」を目標に、食料新聞・メールニュース・SNSを併用した広報、宣伝サービスをおこなっております。
 
ご質問・ご相談などは、電話 03-5835-4919(ショクイク) またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。
 

紙面見本

紙面見本
発刊済み各号の、紙面見本画像です。主に1面を収録。(毎週月曜発刊)
クリックすると拡大し、記事と広告を確認することができます。
11月13日~1月1日号
8月21日号~10月30日号
5月29日号~8月14日号
         
   
 
☆★毎月19日は「食育の日」★☆ ☆★毎月21日は「漬物の日」★☆
☆★6月29日は「佃煮の日」★☆ ☆★8月5日は「発酵の日」★☆
☆★8月31日は「野菜の日」★☆ ☆★11月24日は「和食の日」★☆
 
         
 

食料新聞フェイスブック

食料新聞フェイスブック
 
 
 
 

食料新聞インスタグラム

食料新聞インスタグラム
 
 

イベント・セミナー・その他情報

イベント・セミナー・その他情報
  2017-11-12 「FOOMA JAPAN 2018」
  2017-10-06 「TOKYO PACK 2018」
 

漬物グランプリ2018

漬物グランプリ2018
 
募集期間を2月21日まで延長
全日本漬物協同組合連合会(野﨑伸一会長)は2018(平成30)年2月15日、「漬物グランプリ2018」の作品募集期間を2月21日まで延長したことを発表した。
 当初の募集期間は2月15日までだったが、締切間近になって問い合わせが増加していた状況もあり、応募が間に合うように延長することを決定した。
 「漬物グランプリ2018」は、1次書類審査と2次書類・実食審査を経てファイナリストを選定。決勝大会は4月28日に東京ビッグサイトで開催されている第11回ホビークッキングフェア2018内特設会場で実施される。
 
【漬物グランプリ公式Webサイト】
 

「FOOD TABLE in JAPAN2018」好評開催中!

「FOOD TABLE in JAPAN2018」好評開催中!
 
   
明日 16日(金)まで、幕張メッセでお待ちしております!
 
 一般社団法人新日本スーパーマーケット協会(横山清会長、東京都千代田区)ら4団体が主催する「FOOD TABLE in JAPAN2018」が2月14日(水)・15日(木)・16日(金)の3日間、幕張メッセ全館で好評開催中です。

 「FOOD TABLE in JAPAN2018」は、「第52回スーパーマーケット・トレードショー(SMTS)2018」、「第13回こだわり食品フェア2018」、「デリカテッセン・トレードショー(DTS)2018」、「第3回外食FOOD TABLE」の4展示会合同開催で、食に関する最新の情報・商材・サービスが集結する国内最大級の商談展示会。幕張メッセでの開催は昨年に引き続き2回目となり、今回も3日間でおよそ10万人の来場者が見込まれています。
 
 本紙は「第52回スーパーマーケット・トレードショー(SMTS)2018」に出展中です。(小間番号2―611)
 出展ブースでは「SMTS2018」をはじめ、「こだわり食品フェア」、「DTS2018」、「外食FOOD TABLE」4展示会の見どころや、スポンサー各社様の最新情報を網羅した特別号を配布しております。
 
 「FTJ2018」の無料招待券(当日入場料5000円)をご希望の方は、東京本社 TEL03・5835・4919までご連絡下さい。
 
公式ウェブサイト http://www.foodtable.jp/jp/index.html
 
 ※本紙関連の出展者名簿を下記よりダウンロードできます。
 

「お弁当・お惣菜大賞2018」

「お弁当・お惣菜大賞2018」
 

 デリカテッセン・トレードショー実行委員会[実行委員長:三科 雅嗣 / (株)いちやまマート 代表取締役社長]は、2018年2月14日(水)から16日(金)まで、幕張メッセにおいて、中食産業(お弁当・お惣菜)に特化した商談展示会「デリカテッセン・トレードショー2018(略称:DTS2018)」を開催する。
 本展示会は、「FOOD TABLE in JAPAN 2018」において中食産業に向けた情報発信を担うものとして開催し、すべての来場者に最新情報を発信するとともに、他業態と同時開催することにより相乗効果をもたらし、新たなビジネスチャンスを生み出す場として開催される。

◆主催:デリカテッセン・トレードショー実行委員会
 実行委員長:三科 雅嗣[(株)いちやまマート 代表取締役社長]
 ※以下、副委員長2名、実行委員9名、出展者代表委員21名、アドバイザー4名 で構成
◆協賛者:キユーピー株式会社 /共同印刷株式会社 / 国分グループ本社株式会社 /
 昭和産業株式会社 / 株式会社食研 / 株式会社白子 / 日清オイリオグループ株式会社 /
 株式会社日本アクセス / ヤマサ醤油株式会社 (50音順)

 

本展開催に先立ち、本展の主催者企画「お弁当・お惣菜大賞2018」の受賞・入選商品が決定した。

 

「お弁当・お惣菜大賞2018」概要

◆エントリー対象
2016年10月1日(土)~2017年9月30日(土)に販売された商品

◆エントリー期間
2017年6月1日(木)~9月30日(土)

◆部門
【弁当部門】【惣菜部門】【サラダ部門】【麺部門】【丼部門】【おにぎり部門】【寿司部門】
【調理パン部門】【スイーツ部門】【ヘルシー部門】【祭事部門】【売場部門】の12部門を
それぞれ【スーパーマーケット】【CVS・専門店他】の2業態に分けた、合計24部門の審査

◆審査項目
商品 …共通項目として ①値ごろ感 ②容器・包装 ③おいしさ(最終審査のみ) のほか、部門
ごとに異なる2~4つの項目を加えた指標
売場 … ①品揃え ②清潔感 ③こだわり ④買いやすさ ⑤売場全体のイメージ ⑥テーマ設定

◆エントリー数
 52,283件

◆最優秀賞
 【弁当部門】天然真鯛のゆずめし弁当(有楽調理食品/いかりスーパーマーケット)、旬菜弁当(デイ・ナイト/檪 あじいちい)
 【惣菜部門】涼風 夏おでんゆず風味(有楽調理食品/いかりスーパーマーケット)
 【サラダ部門】有機キヌアの13品目シェフズサラダ(成城石井)
 【麺部門】新感覚!汁なしアジアンフォー(富士シティオ/Fuji)
 【丼部門】桜海老たっぷり天丼(静鉄ストア)
 【おにぎり部門】飛騨産赤かぶ梅酢仕立ておにぎり(中部フーズ/バロー)、もち麦入りおにぎり 枝豆と塩昆布(ローソン)
 【寿司部門】バリューの田舎寿司(土佐山田ショッピングセンター/バリュー)
 【調理パン部門】スルガエレガントあんぱん(静鉄ストア)
 【スイーツ部門】フォークで食べる八女抹茶のクリームおはぎ(ダイキョープラザ/ダイキョーバリュー)
 【ヘルシー部門】該当なし
 【祭事部門】プレミアムフライデーセット(ウジエデリカ/ウジエスーパー)、七夕寿司(ひまわり食品/味燦舞)
 【売場部門】総菜選挙(サミット/サミットストア)

◆入選商品

 別表参照


公式ウェブサイト URL:http://www.obentou-osouzai.jp/

 

新進 「日本のおいしさプレゼント2018」CP

新進 「日本のおいしさプレゼント2018」CP
 
キャンペーンパンフレット
   
A賞「輪島の朝」
株式会社新進(籠島正雄社長、東京都千代田区)では、冬季の消費者プレゼントキャンペーンとして「日本のおいしさプレゼント2018」キャンペーンを昨年と同様の内容で実施する。
同キャンペーンは同社の製品が、和食関連のアイテムを中心に構成されていることもあり、日本人が愛すべき〝ご飯食〟のおいしさと喜びを、消費者にさらに訴求していこうという目的で企画されたもの。昨年実施したところ好評を集めたことから、今年も引き続き実施する。
当選賞品は、旬の時期に日本全国で水揚げされた魚介を、石川県輪島市でおいしく加工した干物セット「輪島の朝」と、米どころ新潟県阿賀野市で、減農薬の特別栽培方法により丹精込めて仕上げた厳選コシヒカリ米「瓢湖」(ひょうこ)の2本立てになっている。【キャンペーン内容】<応募期間>2018(平成29)年1月~4月30日。<対象商品>特級福神漬、大根おろし他、全11品(CPパンフレット参照)※対象商品の出荷は2018年2月末頃を目途に、予定数終了まで。
 
B賞「瓢湖」5kg
<当選賞品>A賞「輪島の朝」(ノドグロ、真アジ他、冷凍干物10枚詰合せ)B賞「瓢湖」(新潟県阿賀野市産減農薬特別栽培米〝コシヒカリ〟5㎏)<応募方法>郵便ハガキに、商品に印刷されている応募券を、A賞2枚、B賞1枚を1口として貼付し、必要事項記載の上、キャンペーンプレゼント係あてに応募<抽選・発表>2018年1月より4月末日までの期間中に、応募ハガキの中から厳正なる抽選で、A賞500名、B賞500名を当選とする(当選者の発表は発送をもって代える)。【A賞「輪島の朝」】全国のこだわり魚介を石川県輪島市で詰合せた逸品干物セット(10枚入り):山口県産ノドグロ開き2枚、北海道産ホッケ開き1枚、長崎県産真アジ3枚、福井県産赤カレイ開き2枚、島根県産連子鯛開き1枚、石川県産するめいか1枚
【B賞「瓢湖」5㎏】秋~初冬に毎年白鳥が飛来することで有名な新潟県阿賀野市瓢湖近くを産地とした、減農薬仕上げの特別栽培米〝コシヒカリ〟。本物の米作りを目指す農家が丹精込めた逸品。
【2017(平成29)年12月18日第4916号9面】
 
株式会社新進 https://www.shin-shin.co.jp/
キャンペーンページ https://www.shin-shin.co.jp/c-camp/index.html
 

FOOMA JAPAN 2018

FOOMA JAPAN 2018
 
2018年6月12日(火)~15日(金)に開催

 一般社団法人日本食品機械工業会(林孝司会長、東京都港区)は、2018(平成30)年6月12日(火)~15日(金)の4日間、東京ビッグサイト(東1~8ホール)において「食の技術は無限大。」をテーマに「FOOMA JAPAN2018」国際食品工業展を開催する。
 「FOOMA JAPAN」は、食品製造プロセスの上流から下流まで、食品分野のあらゆる製品や技術およびサービスなどが一堂に集結する「食の技術」の総合トレードショーで、今年は過去最多の789社が出展し、国内外から10万人を超える人々が来場した。出展社アンケートでは、大多数(96・3%)が会期中に来場者と商談ありと回答。また出展社同士の商談もあったという回答が76・2%に達するなど、ビジネスマッチングのための商談が活発に行われ、正に新たな食のビジネスを切り拓く場と化している。
 1978年の初開催から41回目を迎える来年も「食」の安全・安心を基本に、省力化・省人化・高付加価値化をさらに追求した最新の製品やサービス、および限りなく進化する技術などを披露する予定。
 出展カテゴリーは「原料処理」、「食品製造・加工(菓子・パン/食肉・水産物/麺類/調理食品/飲料・乳製品/農産物/豆腐/発酵・醸造/その他食品)」「エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション」「鮮度管理・品質保持」「包装・充填」、「保管・搬送・移動」「計測・分析・検査」「衛生対策・管理」「環境対策・リサイクル」「設備機器・技術・部品」「コンサルタント・特許」「情報サービス・団体など」の全12分野。

【2017(平成29)年10月30日第4911号13面掲載】

 

【問い合わせ】
FOOMA JAPAN運営事務局

 TEL:03‐6809‐3745(受付時間:月~金9:00~17:00)

 FAX:03‐6809‐3746
http://www.foomajapan.jp
※出展申込受付期間は終了。全出展社名の公開は2018年2月下旬を予定。

 

 

 

TOKYO PACK 2018

TOKYO PACK 2018
 
出展募集 受け付け中
 2018(平成30)年10月2~5日にかけて東京都江東区の東京ビッグサイトにて開催する「TOKYO PACK 2018」の出展募集受け付け中。
 
出展申込締切:2018年4月27日(金)まで
※上記期日前において満小間になった場合、出展キャンセルが発生次第、出展申込先着順に案内
 
 テーマは「考えよう 地球をまもるパッケージ」。
 本展示会はさまざまな業界で活躍している包装資材・容器、包装機械を中心に紹介。調達から生産、物流、流通、販売、消費、廃棄・リサイクルに至るまで、あらゆる分野を網羅した世界有数の国際総合包装展となっている。今回で27回目を迎える。
 前回の出展社数は669社、来場登録者数は6万2171人だった。
【2017(平成29)年9月25日第4907号5面】
 
公式ウェブサイト http://www.tokyo-pack.jp/
 
 
 

キャンペーン

キャンペーン
 
 
 「野菜ソムリエコース」入会費用割引実施中  
  
 食料新聞では一般社団法人日本野菜ソムリエ協会(福井栄治理事長)の協力のもと、「野菜ソムリエ」の資格取得制度を推奨しています。
 
 本紙を通して「野菜ソムリエコース」にお申し込みいただいた方を対象に入会金(1万800円)を割引致します。
 
 <資格名称が新しくなりました>
「野菜ソムリエコース」についての詳しい情報はこちら
 
 また、各都道府県の講演会に講師として野菜ソムリエを迎えることも可能です。ご要望の際は本紙東京本社編集部(03-5835-4919)までご連絡ください。
 
 「野菜ソムリエ」は野菜・果物の基礎知識から種類・旬・保存方法・栄養価・素材を生かした調理方法や野菜・果物の魅力を一般の人にどう伝えるかといったコミュニケーションの分野まで幅広く学べる資格取得制度です。
 
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921