本文へ移動

全国調理食品工業協同組合 2024

第69回通常総会開催 ハワイで総勢91名が参加

岩田理事長
佐々副理事長
加藤副理事長
福井副理事長
福島副理事長
柴田専務理事
ウェルカムパーティで乾杯
異文化体感 交流深める機会に
“互いの利益”心から願う関係へ
 【大阪支社】全国調理食品工業協同組合(岩田功理事長)は5月20~24日の日程で第69回通常総会を米国ハワイ・ホノルルにて開催した。組合員とその家族、事務局を含めて総勢91名が参加。海外の文化や物価を体感するとともに、家族ぐるみの交流を深め、佃煮・煮豆を守り繋いでいく仲間としての団結を一層深める機会となった。
 一行は20日午前中(現地時間)にハワイへ到着。初日の夜には全員集合でウェルカムパーティ、翌21日には地区ブロック会ごとの食事会、23日の総会後にはサヨナラパーティが催された。日中は思い思いに観光を楽しみ、夜はその体験を持ち寄って話に華を咲かせ、終始笑顔に溢れた時間を過ごした。
 ウェルカムパーティで最初に挨拶に立った岩田理事長は「ハワイ総会は2020年に組合65周年を記念して実施するはずだったが、コロナにより4年延期しての実施となった」とし「昔から日本人にとってハワイは夢の楽園、特別な場所であり、その魅力はコロナ禍を挟んでも変わっていない。全力で楽しみながら、日本との違いを感じ取ってほしい」と話し、大勢がハワイで集まれたことを喜んだ。
 続いて佐々重雄副理事長が「今日の日中だけで物価の高さを痛感した。日本に帰れば何でも安く感じてしまいそうだ。4泊5日という短い時間だがビーチやゴルフ、ショッピングなど目一杯楽しんで、帰ったらまた頑張っていこう」と呼びかけ、乾杯の音頭を取った。
 食事はブッフェ形式で、ハワイの郷土料理ポケ(味付け刺身)やガーリックシュリンプ、珍しいヤシの樹の芽のサラダなどを楽しんだ。最後は加藤英敏副理事長が、一行の旅が楽しく安全に終えられるよう祈念し、中締めの言葉とした。
 2日目はブロック会別の食事会。ステーキハウスなどハワイならではの店を訪れるブロック会もある中、近畿ブロック会(阪田嘉仁会長)は恒例となっている和食店を訪問。「義経」では職人、給仕とも日本人スタッフが揃っており、日本の味やもてなしがハワイでも受け入れられていることを確認した。米国人との結婚を機にハワイへ移住する日本人が多いこと、日系人も観光客も多いハワイでは日本食が定着していることなどを聴くことができた。
全員でフラダンス
 そして4日目は総会を終えると、シェラトンワイキキを会場にサヨナラパーティが開かれた。
 福井正一副理事長はまず「これだけの人数のいろいろなわがままに対応してくれた事務局へ感謝を」と柴田昌美専務理事らへ拍手を送った。
 ハワイで感じ取ったことに話題を移すと「先週はかつてない豪雨だったそうだ。異常気象は世界中で顕在化している。この美しい自然を守り、そして我々の商売で重要な原料確保のためにも、地球環境を守ることは大切。企業・個人として積み重ねていかねばならない」と話し「若い世代には苦労をかけると思う。しかしこの旅行で友好を深め、今まで以上に協力関係を築き、互いの利益を願えるようになっているはずだ」とハワイで集まった意義を強調し、乾杯した。
 宴席ではハワイアンミュージックとフラダンスを鑑賞しながら、4日間の思い出話に華を咲かせ、全員でフラダンスを踊り笑い合った。最後は福島光宏副理事長が、安全に帰国し、元気に仕事へ戻れるよう祈念してサヨナラパーティーの幕を閉じた。(大阪支社・小林悟空)


ウェルカムパーティのひととき

原料確保・宣伝・研修に力 若手研修会はマルヤナギ小倉屋で

第69回総会
 23日に開催された総会は、柴田専務理事の司会により岩田理事長が議長を務め、全10議案を審議。原案通り承認された。
 開会挨拶に立った岩田理事長はハワイでの総会開催や、若手研修会、ブロック会研修会で海外視察を積極的に行うことについて「海外を見れば日本での常識を崩せるし、非日常な場所で仲間と語り合うことで仲も深まる」と狙いを語った。
柳本副理事長
 また組合員慶事として柳本一郎副理事長が令和6年度春の叙勲で旭日双光章を受章したことが紹介され、柳本副理事長は「皆様のご指導ご鞭撻があり受章させていただいたものと思っている。これからも業界のために力を尽くしていきたい」と感謝の意を示した。
 議案審議へ移り、第一、二号は昨年度の事業報告及び決算について。昨年度はいかの共同購入事業において、極端な原料不足に陥っている現状を水産庁へ陳情、輸入追加枠を勝ち取り、組合員の原料確保を助けた。
 また共同宣伝事業では各ブロック会を通じて子ども食堂への寄付、イベントでの無償配布等を行ったほか、展示会への出展費用補助を実施した。企業ごとに行う社会貢献活動への補助金支給も、13社の申請があった。若手後継者育成研修会では17名が参加し米国ニューヨークを訪問。展示会や市場視察を行ったことが報告された。
 第三号で本年度の事業計画と予算案が審議され、共同購入事業や消費拡大宣伝事業、教育及び情報提供事業、福利厚生事業を引き続き継続実施していく。
 第四号は借入金残高の最高限度額を3千万円とすること、第五号は賦課金を平等割で年額2万4千円とし6月までの一括納付とすること、第六号は新規加入組合員の加入金を2万円とすること、第7号は常勤理事の報酬額を決定した
 八号議案では新規加入員として株式会社鮎家(滋賀県)、株式会社一イ大畑食品(静岡県)の加入が承認された。
 第九号は若手後継者育成研修会の件で、来年2月27日に株式会社マルヤナギ小倉屋(兵庫県)の工場視察を実施予定。柳本副理事長による講演も行われる。
 第十号は、有限会社タカハシ食品について本社を東京都立川市から函館市へ移転登記したものの、旧本社も東京営業所として稼働していることから、特例として東日本ブロック会所属とすることとした。
【2024(令和6)年6月11日第5164号4面】

兵調食総会 柳本理事長が旭日双光章 

柳本理事長
兵調食の総会
青年交流会への準備協力を要請 
 兵庫県調理食品協同組合(柳本一郎理事長)は1日、神戸市の「第一楼」で、総会を開催した。
 開会に際し柳本理事長は「円安が進み、コストアップで各社、利益の確保に苦しんでいると思う。自社では何とか利益を確保するため、各種構造改革に着手しているものの、まだ道半ばだ」と挨拶した。
 次に昨年度の収支や本年度の事業案等が上程され、全案承認された。本年度の主な事業としては、6月29日「佃煮の日」のPR協力、9月に調理食品青年交流会が神戸市内で開催のため、大会時の講演・工場視察の実施に向けた準備に協力していくことが確認された。
 その後の情報交換では、中国経済の減速で、失業率が上昇しているため、輸入に悪影響が出ると見られ、原料等の調達時に警戒が必要だと、各社より語られた。
 柳本理事長は4月29日発表の春の叙勲で、旭日双光章を受章しており、会員からはお祝いの言葉と、拍手が捧げられた。柳本理事長は「全調食、兵調食と、業界のために力を注いできた甲斐があった。これからも、自分ができる限り貢献していきたい。この場を借りて、日頃からお世話になっている当会会員にも感謝の想いを伝えたい。いつもありがとうございます」と謝辞を述べ、その後懇親が深められた。
 【2024(令和6)年5月11日第5162号2面】

<春の褒章叙勲受章者> 柳本一郎氏が旭日双光章

 政府は令和6(2024)年春の叙勲受章者を29日に公表。業界関係者の叙勲では、全国調理食品工業協同組合副理事長で株式会社マルヤナギ小倉屋代表取締役会長の柳本一郎氏が旭日双光章を受章した。
柳本氏
【旭日双光章 柳本一郎氏】
 柳本氏は、長年の水産物加工業振興功労に対し、この度旭日双光章受章の栄誉に浴した。
 柳本氏は、昭和29年3月22日生まれ、70歳。昭和51年3月に神戸大学経営学部卒業後、同54年7月に株式会社小倉屋柳本(現マルヤナギ小倉屋)に入社し、平成7年2月に代表取締役社長就任。令和4年2月から代表取締役会長(現任)。
 業界団体では、全国調理食品工業協同組合で平成9年5月より理事。平成27年5月には副理事長、安心安全委員会委員長に就任し、自社における企業行動規範の制定・実践の経験を生かして会員の食品安全に対する意識向上に尽力。会員企業の行動規範制定率を約2割から6割へと引き上げた。
 全調食の近畿ブロック会でも平成17~29年でブロック会会長を務め、自身の人脈を生かして国内外での研修会や講師の招聘を積極的に行った。6月29日「佃煮の日」には京都市中央卸売市場での佃煮PR事業を推進した。
 また兵庫県調理食品協同組合においては平成30年から現在まで理事長を務め、神戸市の「みのりの祭典」に出店し佃煮・煮豆のPRに尽力した。
 このほか一般社団法人兵庫県食品産業協会副会長理事、東灘食品衛生協会会長、一般社団法人神戸市食品衛生協会理事などの要職を務めている。
 また柳本氏は、平成17年に兵庫県知事表彰(自治功労)、平成23年に兵庫県知事表彰(食品流通功労)、令和2年に国税庁長官納税表彰を受賞。平成24年には黄綬褒章も受章している。
 柳本氏は「業界の皆様の支えがあってのこの度の受章。感謝の気持ちを大切に、業界貢献を続けていきたい」と語った。
【2024(令和6)年5月1日第5161号1面】

マルヤナギ小倉屋 https://www.maruyanagi.co.jp/

<フードネットワーク関東> 臨時総会で笈川陽平代表が再任 新副代表に小沼敏也氏

笈川代表
総会出席者で
フードネットワーク関東の総会
フードネットワーク関東(笈川陽平代表)は4月23日、浅草ハコバナにて、臨時総会を開催した。
 笈川代表は「本日は役員改選を主体とした臨時総会を開催させて頂いた。ご協力よろしくお願いしたい」と挨拶した。
 笈川代表が議長に選出され、執り行われた議事では、役員改選が行われ、笈川代表、勝木秀昭副代表、飯田一雅副代表の再任、また新たに小沼敏也氏の副代表就任が決議された。
 その後、今後の活動方針について意見交換が行われた。
 今期は2カ月に1度開催する定例会において、テーマを決めて勉強会、ディスカッションを実施していくことが決まった。次回は6月18日に定例会が開催される。
 【新役員】代表:笈川陽平(丸安商店)、副代表:勝木秀昭(勝木食品工業)、飯田一雅(江戸一飯田)、小沼敏也(小沼水産)、監事:甲斐智重(石田食品販売)、高澤宏司(髙沢食品)、監査:永坂紀之(共販)、岩崎龍太郎(佃屋食品工業)、会計:武藤康浩(協立)、白井公徳(仁徳)、事務局:打木義久(ウチキ食品)※敬称略 
【2024(令和6)年5月1日第5161号2面】

<東日本ブロック会> 第46回通常総会を開催 子ども食堂へ6742個の佃煮煮豆提供

菊池会長
佐々副理事長
菊池前理事長
東日本ブロック会の総会
 全調食東日本ブロック会(菊池光晃会長)は4月19日、ビジョンセンター東京八重洲にて第46回通常総会を開催、32名が出席した。
 冒頭、4月15日に株式会社出羽屋の戸田廣社長が逝去されたことが事務局より報告され、黙祷が捧げられた。
 菊池会長は開会挨拶で、円安進行や物流費上昇などが続く厳しい環境下に触れ、「輸入原料は為替の影響で秋の仕入れが心配になっている。値上げを実施した商品については、買い控えも見られ、数量が減少している。今後のコスト上昇分を価格に乗せた場合、さらに販売数量が減少する可能性があり、自社努力により経費削減も継続していく必要がある。また物流費の上昇も続いており、共同配送など他社と連携することでコストダウンにつなげていきたい。今までは考えられなかった変化を起こしていく時期に来ているのではないか。苦しいのは皆一緒、知恵を出し合ってこの難局を乗り切っていきたい」と呼びかけた。
 菊池会長が議長に選出され執り行われた議事では、①令和5年度事業報告及び収支報告、②令和6年度事業計画及び収支予算についての議案が上程され、原案通り採択された。
 令和5年度は、研修会や共同宣伝事業(佃煮の日キャンペーン)、豆類宣伝事業などを中心に事業を展開。2月の研修会では、人財マネジメントをテーマにした講演会を実施した。
 共同宣伝事業、豆類宣伝事業としては、世田谷区社会福祉協議会、千葉市子ども食堂ネットワーク、かわさき子ども食堂ネットワークへ、6742個の佃煮煮豆を提供した。また3月に代々木公園で開催された「ファーマーズ&キッズフェスタ2024」へ出店し、佃煮・煮豆の試食販売を実施した。
 令和6年度は、研修会や共同宣伝事業(佃煮の日キャンペーン)を中心に事業を計画、子ども食堂寄贈事業やイベント出店に引き続き力を入れていく。国内にて視察研修旅行の開催も検討している。
 続いて、全国調理食品工業協同組合の佐々重雄副理事長が挨拶。円安要因など足元の経済動向について説明、中小企業が置かれた厳しい環境に触れ、投資の重要性を強調した。また情報交換会では、当日出席した初参加の組合員らが自己紹介を兼ねて近況を報告した。
 最後に、全調食前理事長で菊池食品工業代表取締役会長の菊池幸氏が講演。全調食の歴史や歴代の理事長を紹介した。また、デジタル化が進む中、人間の存在価値を発揮していくことの重要性を強調。「会社経営には生産性も大切だが、従業員への対応など、社員は家族という意識を持ち、心の通った経営をしていく必要がある」と指摘した。
【2024(令和6)年5月1日第5161号14面】

全調食西日本ブロック会総会 研修や寄付事業継続

本多会長
原料・経営問題で情報交換
【大阪支社】全国調理食品工業協同組合西日本ブロック会(本多隆士会長)は4月17日、ホテルグランヴィア岡山で定時総会を開催。本年度事業計画の議論や、情報交換を行った。
 本多会長は「エネルギーの高騰や円安が続き我々のコストは上昇している中で、いままた賃上げ要請もあり苦労しているところだと思う。業界に関わる人が幸せになれる方法を考えていきたい」と挨拶し、情報交換の必要性を訴えた。
 議事は本多会長が議長を務めて進行。第一号の前年度事業報告では、こども食堂へ佃煮・煮豆を無償配布したことや広島県のフードフェスティバルに出店したこと、鹿児島県の鰹節工場見学研修等を実施したことを報告。続く第二号では本年度事業計画と予算案が審議され、引き続き食育を兼ねたこども食堂支援や、研修活動を実施していく方針となった。
 議事終了後は懇親会・情報交換会が開かれた。各社とも調理食品業界の発展という目的を共有し、原料面の情報交換から、経営課題の吐露まで赤裸々に語り合い、有意義な時間を過ごした。最後は岡田尚士理事による中締めで幕を閉じた。
全調食近畿ブロック会の総会
【情報交換会トピックス】
 <原料>
 ▼今年の国産昆布は凶漁。今年1万tを切る可能性も。昨年水温が高く根腐れを起こした漁場がある。不漁続きで在庫も不足している。▼輸入昆布は昨年約1000t輸入。品質は上がっているが、国産品との価格差が縮まっており、需要者のニーズに応じて輸入量を協議する方針。将来的には中国が日本産を買うようになる可能性もある。▼黒豆は不作続きで品質もバラつきがある。歩留まりが悪いため見かけの収量よりも原料状況は厳しい。▼輸入豆は海外に買い負けしている状態であり現状価格の維持は不可能。▼その他いわし、ちりめん、いか、海苔など大半の水産物が不足している。▼ふき等の山菜は収穫する人が引退し急激に収量が減っている。
 <商品開発>
 ▼従来の佃煮用から外れた規格の魚や、新素材に挑戦していく必要がある。▼惣菜やレトルト商品、菓子、サプリメントなど佃煮以外の分野へ進出していく。
 <販売動向>
 ▼コロナが収束し土産や業務用はほぼ回復。通販が落ちたが合計ではプラス。▼値上げして売上点数は若干落ちたが売上金額はアップした。
 <経営>
 ▼年末商戦のため単発アルバイト募集サービスの「タイミー」を使い好感触だった。▼値上げは遠慮なく断行している。原料や人手に上限があるため利益の出ない取引を続ける意義が薄い。値上げに応じてもらえない場合は、代表者が対応して営業マンの負担を和らげることが大切。▼物流費削減のため関東に倉庫設置を検討したい。▼山椒など陸のものを自社で栽培する計画。
 <その他>
 ▼清涼飲料水は大手NBが値上げで販売点数減となり、量販店PBが大幅に伸長。価格競争が激しい。
【2024(令和6)年4月21日第5160号2面】

全調食東海北陸ブロック会総会 第46回通常総会開催

平松会長
笠島総括係長
原課長
補助金テーマの講演実施 
 【大阪支社】全調食東海北陸ブロック会(平松賢介会長)は16日、第46回通常総会を名古屋市のマリオットアソシアホテルにて開催した。
 開会に先立ち、平松会長が「円安や世界的な物価上昇で、水産物の輸入価格は高騰しており、業界全体として厳しい状況だ。メーカーとしては、商品の価値を高め、適正価格で消費者に購入してもらえるよう努力が迫られている」と挨拶した。
 続いて岩田功理事長が登壇し「全調食では来月5月にハワイで総会を開催し、今秋には大阪で秋季大会を実施する。会員が懇親を深められる企画を用意しているので、期待してほしい」と語った。
 次に、平松会長が議長に選任され議事に移行した。第46期の事業が振り返られ、第47期の事業案が報告された。新年度から静岡県焼津市のイチニンベン大畑食品が新規入会し、大畑文孝代表取締役社長が挨拶。全議案が承認された。
第46回通常総会
 総会終了後、経産省中部経済産業局の笠島達矢総括係長、日本政策金融公庫の東海北陸地区総括課の原伸介課長が登壇し、会員は、補助金をテーマとした講演会に耳を傾けた。
 笠島総括係長は「中堅・中小企業においては、賃上げに踏み切れていない企業もあり、経産省では『中堅・中小企業の賃上げに向けた省人化等の大規模成長投資補助金』を用意している。4月末まで公募を行っているため、応募して活用してほしい」と紹介した。
 原課長は「本公庫では、食品産業向け資金制度がある。工場の設備増強等を、固定金利・長期返済で融資可能だ。気軽に問い合わせてほしい」とした。
 講演会の後は、懇親会に移り、市況を中心に情報交換を行った。中締めの挨拶は大畑晃一副会長が担当し、「元日に発生した能登半島地震が与えた打撃は想像以上で、元から高齢化・過疎化が進む能登地域では、明確な復興計画が未だ見えず不安だ。だが、本ブロック会の会員からの励ましの言葉が本当に救いになっている」と謝辞を述べ、会員から激励の拍手が送られた。
【2024(令和6)年4月21日第5160号2面】

全調食近畿ブロック会総会 阪田嘉仁氏が新会長に

阪田新会長
柳本直前会長
鵜殿氏
佃煮の日キャンペーンや台湾研修を計画
 【大阪支社】全国調理食品工業協同組合近畿ブロック会は4月16日、神戸ポートピアホテルで役員会・定時総会を開催した。野村啓介ブロック会会長が会社都合により退任したことから臨時役員改選が行われ、阪田嘉仁氏が新たに会長に就任した。
 総会冒頭、柳本一郎直前会長は、野村佃煮がブンセンへ事業譲渡し(4月11日号既報)、それに伴い野村氏が退任した旨を報告。臨時役員改選が発議され、総会前の役員会にて推薦を受けた阪田氏の名前が挙がると、全会一致で拍手をもって承認された。また田中智樹氏が幹事に就任した。
 阪田新会長は「大任を仰せつかり重責を感じる。会員の皆様に役立てる事業を考えていきたい」と抱負を語った。
全調食近畿ブロック会の総会
  また柳本直前会長は「円安が進み我々食品業界はコスト上昇が著しい一方で、他業種では賃上げが進んでいる。経営の転換を迫られている時代」と前置きした上で、ブロック会での情報交換と協力の重要性を訴えた。
 議事へ移ると阪田新会長が議長に就き、前年度事業・会計報告並びに本年度事業計画・予算案が審議され、原案通り承認された。
 本年度は、滋賀県での「佃煮の日」キャンペーンや大阪での豆類宣伝事業、研修会として3月に台湾訪問を計画。その後は各県事業報告が行われ、兵庫県からは、調理食品青年交流会が9月11日に開催予定であることが発表され、若手や後継者の参加が呼びかけられた。
 総会後は神戸料亭「松廼家」4代目女将の鵜殿麻里絵氏を招き特別講演会が開かれた。1917年創業の「松廼家」は第二次大戦、阪神淡路大震災で2度にわたり建物が全壊、またコロナ禍でも大打撃を受けたが、その度、ブランドを見つめ直し、復活を遂げてきた歴史を紹介。また物販事業として新神戸駅直結の店舗「兵庫県おみあげ発掘屋」を運営。兵庫県や神戸市の魅力発信に努めていることを語った。
 福井正一顧問は「鵜殿氏は新事業立ち上げにより産みの苦しみを、コロナ禍を乗り越え継続の苦しみを知っている。我々は2代目、3代目として事業継続の難しさを今まさに痛感しているところ。鵜殿氏を見習っていかねば」と感謝の言葉を述べた。
 その後は情報交換会を兼ねた懇親会も催され、一人ずつ近況報告の時間が設けられるなど有意義な時間を過ごし、終了となった。
【2024(令和6)年4月21日第5160号2面】

愛佃同友会 岩田会長と渡邉副会長再任

(右)から松岡新副会長、岩田会長、渡邉副会長
愛佃同友会総会
松岡妙明氏が新副会長に
 【大阪支社】愛知県調理食品協同組合の青年部組織である愛佃同友会は3月15日、愛知県名古屋市のアイリス愛知にて、総会を開催した。
 開会に際し岩田晃明会長は「この1カ月でバンコクと台湾に出張し物価高騰を肌で感じ、日本は値上げで遅れていると実感した。海外の企業は、いかに値上げを行い、利益を確保するかをまず考える。日本の企業は可能な限り価格維持をして消費者が離れないことを優先するが、もう限界が近づいている。調理食品、惣菜メーカーが適切に利益を確保し、販売していくかが業界存続に関わるだろう」と挨拶した。
 次に議案の審議へ移り、令和5年度事業が確認された。
 続いて令和6年度の事業案としては、調理食品青年交流会神戸大会へ会員が参加する他、新年会、忘年会、家族会を行うことが話し合われ、岩田会長から会員へ参加を呼び掛けた。
 本年は役員改選期で、岩田会長は再任され、2期目となる。渡邉光副会長も再任。また松岡妙明氏が新たに副会長に就任、水谷誠志副会長は理事に就任する。
 閉会挨拶に立った水谷副会長は、「1期、副会長を務めさせていただいた。当社では先週の日曜日に三重の桑名駅で開催された、はまぐり祭りの運営に携わり、祭りは大盛況だった。消費者は、日常の買い物では財布の紐が硬いものの、イベントでは多少の贅沢をする。価格よりも、価値を重視するからで、いかに付加価値をつけられるかが重要だと気付かされた」と話した。
 総会終了後は懇親会場に移り、副会長に就任する松岡氏が乾杯の音頭を取り「本同友会の発展のためにより尽力したい」と抱負を語った。
 中締めの挨拶は渡邉副会長が担当し「資材、原料仕入価格、何もかも値上がり、特に砂糖と塩の価格高騰は煮豆メーカーには厳しい。良い商品を開発して勝機を見出したい」と語り、懇親会は締めくくられた。
【2024(令和6)年4月11日第5159号7面】

<全調食東日本ブロック会> 「ファーマーズ&キッズフェスタ」に出店

子ども連れの家族が多数来場
佃煮・煮豆などを販売
 「ファーマーズ&キッズフェスタ2024」(主催:公益社団法人日本農業法人協会)が2~3日の2日間、東京都渋谷区「代々木公園」で開催された。
 同フェスタは、日本のプロ農業者が集い、「子どもと農業をつなぐ架け橋」として都会の子どもたちに元気なニッポン農業を発信するイベント。
 こだわりの新鮮な農産物や美味しい食を東京のど真ん中で届けるとともに、農業&食の魅力発信に加えてSDGsに関する食農ワークショップ、楽しいステージなど様々なコンテンツを用意し、農業の魅力と楽しさを紹介した。
 会場には出展社ブースが立ち並び、できたてアツアツの肉や汁物、揚げ物、ジャムやドリンクといったバラエティ豊かなフードやスイーツ、自宅に持ち帰って味わえるこだわりの農産物や加工品が販売された。
 本紙関連では、全国調理食品工業協同組合東日本ブロック(菊池光晃会長)が出店。同フェアには2回目の出店となり、加盟企業10社から1200パックの商品が集まった。
 日本の伝統食であり、健康食でもある「佃煮・煮豆」や惣菜等の試食・販売を行った。
 同フェスタでは、うたのお姉さんのステージやアンパンマンショーなども行われるため、子ども連れの客が多数来場。煮豆や佃煮、ハンバーグなどの試食も大好評のうちに販売会を終了した。
【2024(令和6)年3月11日第5156号5面】

小沼水産(茨城県)

兵調食 井上食品・井上社長が新理事へ

柳本理事長
井上社長
中川理事
兵調食の理事会
イカナゴ漁1日で終了の地域も
 【大阪支社】兵庫県調理食品協同組合(柳本一郎理事長)は11日、兵庫県神戸市の「がんこ三宮店」で、理事会を開催した。
 開会に際し柳本理事長は「コストアップで各社、利益の確保に苦しんでいると思う。自社では何とか利益を確保するため、各種構造改革に着手しているものの、まだ道半ばだ。今年のイカナゴ漁は1日で終わった地域もある。原料確保も厳しい状況だ」と挨拶した。
 各種議案が審議された後、今年9月に調理食品青年交流大会が神戸で開催のため、そのスケジュールが確認された。
 その後、情報交換がなされ、最後に懇親会に移った。理事の中川元文氏(井上食品常務取締役)は、3月末をもって井上食品を退職するため、兵調食においても勇退となる。後任は、同社の井上淳也代表取締役社長が務め、本理事会で参加の挨拶が行われた。
 兵調食を勇退する中川理事は「30年にわたり、本組合に参加し、過去の青年交流大会の運営に携わってきたことを思い出す。親睦を深めつつ、各社の商品開発への熱い思い、業界のトレンドを学ぶことができました。今までありがとうございました」と長年の謝辞を述べた。
 後任の井上社長は「中川さんに引き続き、調理食品に加え、おつまみや珍味の情報提供も行って参ります。よろしくお願いします」と挨拶し、会員から拍手が送られた。
 【情報交換会の要旨】
 ▼イカの年間輸入量が2万tを切っている▼ブリ珍味がスーパーで売れている▼中国経済の減速で日本経済にも悪影響がありそうだ▼韓国産の山椒は日本のものに似ているが、生産量が少なく入手しづらい▼くるみの輸入価格は安くなった
 【2024(令和6)年3月11日第5156号5面】

大調食 令和5年度通常総会

廣川理事長
親睦を深める研修会を実施
【大阪支社】大阪府調理食品協同組合(廣川昌平理事長)は2月23日、大阪市天王寺区の天王殿にて、令和5年度通常総会を開催した。
 開会に際し廣川理事長は、「昨年はロシアのウクライナ侵攻継続や中東紛争が世界に大きな衝撃を与え、さらにはエネルギー価格や原材料費高騰に繋がった。今年に入り能登半島地震、羽田空港での航空機事故が起こり、日常がいかに大切か実感している。業界としては、時代の変化の中でも、調理食品の需要を維持・拡大していかなければならない」と挨拶した。
 議案に移ると、廣川理事長より、令和5年度の事業報告が行われた。昨年11月16日に、大阪府松原市の松原市社会福祉協議会へ煮豆・佃煮の寄贈が実施され、また2024年に開催される全国水産加工たべもの展の運営のために関連業界団体とのミーティングがなされた。
 続いて、令和6年度予算案を廣川理事長が読み上げ、大阪府内の社会福祉協議会や子ども食堂への煮豆・佃煮寄贈事業の継続、組合員を対象とした食品表示や物流の2024問題の研修会開催を検討していることが語られた。
令和5年度通常総会
 全国水産加工たべもの展の最終審査が2月21日に実施され、3月22日に表彰式があることも伝えられ、全案、全会一致で承認となった。
 総会終了後は、懇親会に移り、廣川理事長は「コロナ禍があり、親睦を深める研修が長らくできていない。本年は近年とは違う形で企画したい」と述べ、組合員から意見を募り、後日役員で決定されることになった。
 懇親会では、青年組織である大阪佃志会の赤名祐貴会長が挨拶を行い、「組合や業界が今以上に繁栄できるよう盛り上げていくことが、若手である佃志会の役目だ。引き続き応援をよろしくお願いします」と話し、歓談後、懇親会は和やかな中、締めくくられた。
【2024(令和6)年3月1日第5155号2面】

令和5年度理事会を開催 一イ大畑食品、鮎家の加入承認

岩田理事長
本多会長
広島での初の理事会
【大阪支社】全国調理食品工業協同組合(岩田功理事長)は8日、広島県広島市のホテルグランヴィア広島で令和5年度理事会を開催した。広島での理事会は、初の開催となる。
 開会に際し岩田理事長は「若者のおせち離れと言われるが、伝統的なイベント離れは進んでいる。シニアの方は伝統食品を好む人が多いが、あと10年経つと世代交代が進み、深刻な佃煮・煮豆離れとなると思われる。全調食としては、組合企業が新商品開発・販路拡大に役立つような情報発信を行い、バックアップしていく」と挨拶した。
 次に、柴田昌美専務理事が令和5年度の事業や予算支出等について、若手後継者育成研修会ではニューヨークに訪問、その他展示会出展への助成、佃煮・煮豆PRの実施等を報告した。
 令和6年度は、5月にハワイで第69回通常総会を開催し、10月には大阪で秋季組合大会が行われる予定だ。また、全調食協報は、ペーパーレスの観点から、紙での発刊から、データをウェブサイトにアップする方式に変更となる。
 続いて、新規加入の審議に移った。平松賢介東海北陸ブロック会長の推薦で静岡県焼津市の一イ(いちにんべん)大畑食品が、野村啓介近畿ブロック会長の推薦で滋賀県大津市の鮎家の加入が審議され、2社ともに理事会承認を得た。
 最後に、各ブロック会長より令和5年度の事業の振り返りがあり、東日本ブロック会の菊池光晃会長からは、静岡県に研修で訪問し、佃煮作りに欠かせない醤油の学習として、醤油工場を訪問したことを発表。
 東海北陸ブロック会は研修会でベトナム、福井県に訪問し、東南アジアの経済成長を肌で感じたこと、北陸新幹線の延伸により福井への観光需要が高まることが、平松会長より語られた。
 近畿ブロック会は、タイへ研修で訪問し、ケンミン食品の現地ビーフン工場の生産管理の巧みさ、食文化の豊さに触れたことが、野村会長より示された。
 本理事会開催エリアで西日本ブロック会の本多隆士会長は「近々、当ブロック会では鹿児島で研修を行う。組合ならではの交流の場を作っていく」と話した。
【2024(令和6)年2月21日第5154号3面】

<全調食東日本ブロック会> 定例研修会に32名 「戦略的人材マネジメント」学ぶ

菊池会長
森氏
第45期定例研修会
 全調食東日本ブロック会(菊池光晃会長)は20日、東京都港区のビジョンセンター田町にて第45期定例研修会を開催、32名が出席した。
 研修会では、株式会社ビジネスプロデュース代表取締役の森功有氏が「成長企業の舞台裏 戦略的人材マネジメント」というテーマで講演した。
 開会挨拶で菊池会長は、昨年のおせち商戦に言及。「値上げの影響もあり、全般的に動きが良くなかった。値上げで物量が減ることにより、製造原価が上がり、利益率が減少するという難しい状況。いよいよ我々の利益の支えであったおせち料理が儲からなくなってきたと痛切に感じた」と振り返った。
 また「時代が大きく変わる中、ビジネスのやり方も大きく変化させなければ、利益を出すことが難しくなっている。こうした厳しい環境下において、同業者はもはやライバルではない。協力して乗り越えていきたい」と呼びかけた。
 今期の活動報告として、4月の通常総会、佃煮・煮豆キャンペーンの他、子ども食堂寄贈事業について報告。今期の子ども食堂寄贈事業はここまで3回実施され、東京都世田谷区、千葉県千葉市、神奈川県川崎市の子ども食堂へ合計6000個以上の佃煮・煮豆等を無償配布した。
 また4年ぶりの開催となった視察研修旅行では、静岡県焼津市を訪問、鰹節工場と醤油工場を見学した。 今後の予定としては、3月2、3日に代々木公園で開催される「ファーマーズ&キッズフェスタ2024」に出店し、佃煮・煮豆の即売を行う他、来年10月に米国カリフォルニアにおいてクルミの研修を実施する予定が発表された。
 続く研修会では、株式会社ビジネスプロデュース代表取締役の森功有氏が講演した。森氏は同社が事業展開するビジネス資質を見える化した診断システム「ESP診断」を紹介。「ESP診断」により社員をリーダータイプやマネジャータイプなど4つのタイプに分類、そのマトリクス分布により、成長する企業や苦戦する企業の特徴が見て取れることを、具体的事例を交えて説明した。
 森氏は人財マネジメントの黄金律について「良い人財には良い上司を、良い上司には良い人財を、そして良い環境を与えることが大切。是非、優秀な人材を発掘したらスカウトしてほしい」と話し講演を結んだ。 その後、会場では初参加の組合員らが自己紹介や近況報告を行い、貴重な情報交換の機会となった。
【2024(令和6)年2月21日第5154号3面】

<全調食東日本ブロック会> 川崎のこども食堂に寄贈 佃煮・煮豆など計2620個

(前列左から)柴田副会長、佐藤理事長、佐野副理事長、塚本会長
寄贈された佃煮、煮豆、甘納豆
 全調食東日本ブロック会は1月30日、令和5年度第3回「子ども食堂等寄贈事業」として、かわさきこども食堂ネットワーク(佐藤由加里理事長)に佃煮煮豆2320個(協賛企業18社、25種類、佃煮1570個、煮豆750個)を寄贈した。
 合わせて、宣伝商材としてクリアファイル、佃煮・煮豆リーフレット各100枚も贈呈。また、全国甘納豆組合連合会(塚本裕会長)より、甘納豆300個も寄贈された。
 かわさき市民活動センター(川崎市中原区)で開催された寄贈式では、東日本ブロック会の柴田純道副会長、甘納豆組合連合会の塚本会長らが出席。かわさきこども食堂ネットワークの佐藤理事長、佐野めぐみ副理事長に目録を贈呈した。
 寄贈を受けた佐藤代表は、「こども食堂で料理を作る人はほぼ全員が素人で、限られた短い時間の中で30~100食以上の料理を作るのには限界がある。寄贈していただいた佃煮や煮豆は非常に助かるので感謝したい。また、おやつを提供する費用も少ないので、甘納豆は喜んでもらえる」と感謝の言葉を述べた。
 出席者全員で記念写真を撮った後も、お互いの現場サイドでの貴重な情報を交換し、寄贈式は無事終了した。
【2024(令和6)年2月21日第5154号3面】

愛調食 おせち数量減少も売上伸長

加藤理事長
会員が能登地域へ煮豆提供で支援 
 【大阪支社】愛知県調理食品工業協同組合(加藤英敏理事長)は16日、名古屋市の魚貝三昧げん屋にて、新年情報交換会を開催した。
 最初に加藤理事長が、POSデータを元に昨年末のおせち商戦を分析した。
 「おせちは全体的に各社が前年より5~10%ほど値上げし、販売数量が落ちたが、値上げ分で売上は伸長している。販売総額をカテゴリー別に見ると、黒豆煮は過去8年横ばい、昆布巻きも直近4年間は横ばい。田作、お多福豆や豆きんとんは年々減少傾向、栗甘露煮は年々減少傾向も今年は若干上昇。一方で栗きんとんは直近8年間で最も販売総額が高い」と総括した。
 さらに「自社では、全品で約10%値上げし、数量が10%近く落ちた。数量が減ると物流コスト等を抑えられるので、利益面では微増益だった。適切な値上げの必要性を実感した。市場全体を見ると、重詰めおせちは頭打ちだ。大手コンビニエンスストアの販売数量が平均的に前年比で約10%減少し、ネット通販では多少伸びたが、重詰めはコロナ特需が明けて需要減がこれからも続き、厳しくなるだろう」と語った。
 その他、能登半島地震の発生で、農水省から緊急支援物資の要請を受けた全調食から、会員企業であるカネハツ食品に依頼があり、1月13日に煮豆4920個(4品目)を現地へ供給したことが報告された。
 なお、1月3日と6日、同社では自主的にフードバンクやNPO法人を通じて、自社の和惣菜・煮豆・昆布佃煮を両日で計2260パック供給している。
おせちの売行きを情報交換
 加藤理事長は「自動補足式はかり機(オートチェッカー)の証明新基準が今年4月1日から適用されるため、新規で購入する際は対応の製品を導入してほしい。既存使用の製品は、2027年4月1日に経過措置の期限が切れるため、余裕を持って2025年度までに検定受検をおすすめする」とアナウンスも行った。
 続いて各社はおせち商戦や近況を報告、その後、渡邉正宣副理事長が乾杯の音頭を取り、一同歓談し、小林利生副理事長が中締めの挨拶を行った。
 渡邉副理事長、小林副理事長ともに、会員の日頃からの協力について感謝の言葉を述べ、会員同士は団結を確かめ合い、新年会は締めくくられた。
【情報交換会トピックス】
 ▼おせちのセットものは数量が落ちたが、単品おせちは田作り、黒豆、昆布の数量が例外的に増えた。3品は値上げしても需要をつかんでいる▼甘露煮の規格外サイズを使った焼きハゼが好評だった▼田作りは、前年より販売数量が増えた▼単品おせちはほぼ利益が出ない。作り続ける理由として伝統性があるものの、他のラインアップを強化したい▼おせちはダウントレンドだが、下げ止まったのでは。少なくとも、団塊の世代が80歳になるまでは、安定していると見ている
【2024(令和6)年1月21日第5151号2面】
株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F

TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
TOPへ戻る