本文へ移動

人事・機構・IR情報2024

2024年2月

正栄食品工業 本多秀光氏が新社長

 正栄食品工業株式会社(東京都台東区)は代表取締役社長に本多秀光副社長が就任すると発表。2024年1月30日開催予定の第76期定時株主総会において、正式に決定した。
 なお、本多市郎社長は代表取締役会長に就く。本多新社長は1983年獨協大学経済学部卒、同年正栄食品工業入社。2000年取締役商品部長、2010年専務取締役、2016年代表取締役副社長。
【2024(令和6)年2月1日第5152号2面】

正栄食品工業

キユーソー流通システム 富田仁一氏が社長に

 株式会社キユーソー流通システム(東京都調布市)では、1月10日開催の取締役会において代表取締役、役員および執行役員の異動について決議した。取締役執行役員共同物流事業担当兼関連事業担当の富田仁一氏が代表取締役社長に就任、現社長の西尾秀明氏は、代表権のない取締役会長に就任予定。異動は、2月22日開催予定の第58回定時株主総会および取締役会において、正式に決定する。
 【富田仁一(とみた・じんいち)氏の略歴】
 ▼1964年1月20日生▼1986年4月 三英食品販売株式会社入社▼1990年12月 キユーピー株式会社入社▼2008年7月 同社広域CVS営業部長▼2014年7月 同社フードサービス本部営業一部長▼2015年10月 キユーピータマゴ株式会社営業本部副本部長▼2017年2月 コープ食品株式会社代表取締役社長▼2020年1月 株式会社キユーソーエルプラン代表取締役社長▼同年2月 キユーソー流通システム取締役執行役員共同物流事業担当(現任)▼2023年2月 関連事業担当(現任)
【2024(令和6)年2月1日第5152号2面】

キユーソー流通システム 

大象ジャパン 金會燦氏が新社長

 大象ジャパン株式会社(東京都中央区)は、新人事を発表。沈容台代表取締役社長が退任し、後任として金會燦氏が代表取締役社長に就任した。
【2024(令和6)年2月1日第5152号2面】

大象ジャパン

2024年1月

ピックルスホールディングス 売上高は前期比6・6%増

2024年2月期第3四半期決算
 株式会社ピックルスホールディングス(影山直司社長、埼玉県所沢市)は12月28日、2024年2月期第3四半期の決算短信を発表した。
 売上高は、巣ごもり需要の反動減の影響が落ち着いたことや、コンビニエンスストア向けの売上が好調に推移したことにより増収となり、売上高は前年同四半期比6・6%増の280億2400万円となった。
 利益については、調味料、包装材などの原材料価格や物流費の上昇、また、夏場の記録的な猛暑による野菜価格高騰の影響を受けたものの、増収効果により増益となり、営業利益は14億5800万円(同3・7%増)、経常利益は15億4400万円(同3・7%増)、親会社に帰属する四半期純利益は10億3300万円(同5・6%増)となった。
【2024(令和6)年1月21日第5151号5面】

ピックルスHD

スーパーバリュー 内田貴之氏が社長就任

 株式会社スーパーバリュー(埼玉県上尾市)は、昨年11月27日開催の取締役会において、代表取締役執行役員社長・岸本圭司氏の辞任を受理。替わって、取締役執行役員経営企画室室長・内田貴之氏を代表取締役執行役員社長に選任し、同日付で就任した。岸本氏は顧問に就任。
【内田貴之(うちだ・たかゆき)氏の略歴】
 ▼1956年11月1日生▼1979年4月 日産自動車入社▼2000年1月 ビステオンジャパン入社 プログラムマネージャー▼2002年10月 ヤオコー入社 業務改革室部長▼2008年1月 日本マクドナルド入社 サプライチェーンロジスティック部長▼2013年4月 三越伊勢丹フードサービス 代表取締役社長就任▼2017年6月 ロピア・ホールディングス 取締役就任 管理本部長(現OICグループ)▼2022年8月 スーパーバリュー取締役執行役員就任 経営企画室室長▼2023年3月 ロピア・ホールディングス 取締役(現任)▼同年11月 
スーパーバリュー代表取締役執行役員社長就任
【2024(令和6)年1月21日第5151号5面】

スーパーバリュー
 

ミクロ 役員改選で新人事

 株式会社ミクロ(山形県天童市)は、昨年11月29日開催の第57期定時株主総会並びに取締役会において役員改選を行い、それぞれ就任した。新役員は次の通り。
 ▼代表取締役社長:鎌田三義▼常務取締役:小松寿美(昇任)▼取締役:小田実(新任)、本多淳(新任)▼監査役:鎌田秀子
 ※後藤久一代表取締役会長は本株主総会をもって退任し、相談役(非常勤)に就任した。
【2024(令和6)年1月11日第5150号9面】

ミクロ

十二堂えとや 駒月宏昭氏が社長就任

駒月新社長
 十二堂株式会社(屋号=十二堂えとや、福岡県太宰府市)では昨年12月1日付で、石井斉社長の後任として駒月宏昭氏が代表取締役社長に就任した。
 同社は、2022年1月に株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(吉村元久代表取締役CEO、東京都千代田区)の傘下に入り、駒月氏は4代目の社長となる。
 十二堂えとやは、大宰府に直営店3店舗を構え、地元だけでなく全国に多くのファンを持つソフトふりかけ「梅の実ひじき」等を製造・販売。太宰府観光の定番みやげとしてはもちろん、家庭用としても高い知名度と根強い人気を誇る。
 先日放送された「秘密のケンミンSHOW極」の「ご飯のお供特集」でも紹介され、問い合わせが殺到。製造が間に合わない状況が続いている。
【2024(令和6)年1月11日第5150号9面】

十二堂えとや

塩野正市食品 塩野剛三氏が社長就任

塩野新社長
 塩野正市食品有限会社(愛知県豊橋市)は、2023年11月1日付で、専務の塩野剛三氏が代表取締役社長に就任した。塩野正光社長は、取締役に就いた。
 塩野新社長は、昭和49年10月2日生まれの49歳。平成7年に同社へ入社し、平成12年から専務を務めてきた。
 塩野新社長は「私の祖父であり、当社創業者の塩野正市は『色よし、味よし、日持ちよし』の精神で佃煮作りに取り組み、私もその精神を大切にしている。現在、特に課題に感じているのは、原料である魚が以前のように獲れないこと。農作物を始めとして原料の新規開拓を行っていき、新たな需要を創造したい。佃煮の可能性を探求していく」と語った。
【2024(令和6)年1月11日第5150号12面】

塩野正市食品
株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F

TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
TOPへ戻る