和食業界のイベントを紹介するページです

qrcode.png
http://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

イベント写真館 勝僖梅 新ブランド

 

勝僖梅 新ブランドで海外展開

勝僖梅 新ブランドで海外展開
 
燻し梅ピューレ
燻し梅ピューレ
 
梅チーズトリュフ仕立てと梅チーズトリュフ仕立て(備長)
梅チーズトリュフ仕立てと梅チーズトリュフ仕立て(備長)
   
鈴木専務(右)と輿水氏
万能調味料「燻し梅ピューレ」
 贈答用の高級梅干しを製造販売する勝僖梅(細川竜二社長、和歌山県和歌山市)は2017(平成29)年4月11日、東京中央区銀座の創作和食店「SHARI THE TOKYO SUSHI BAR」にて新ブランド「プラムコンシェルジュ」の立ち上げと新発想の3商品試食発表会を開催した。
 鈴木崇文専務取締役は、「新ブランド『プラムコンシェルジュ』は梅干しの新たな食シーンを提案する商品をブランド化していくもので、今後も商品化を行っていきます。梅干しはご飯と一緒で和のイメージが強いのですが、洋食のシーンに打って出るブランドにしたいと考えています。日本の若い人や海外の方にも食べていただける商品として開発しました」と概要を説明した。
 赤坂「燻」のオーナーシェフ、輿水治比古氏の協力を得て開発した万能調味料「燻し梅ピューレ」は、紀州南高梅の梅干しをピューレ状にして、水あめや砂糖、みりん等で深みのある甘酸っぱい味に調味した後に、低温を保ちながら約16時間かけて桜チップで燻した。冷燻は長時間を要するが、食材本来の特長を十分生かし、雑味のないピュアな燻しの香りと味がつく。香り高い薫香と深みのある甘酸っぱいウメの味が特徴で、梅干しの味や酸味が合う料理に加えて、燻製が合う料理にもマッチ。和洋中、多くの料理や食材に合う万能型の調味料に仕上がった。
 洋食にも合わせやすく、生野菜や白身魚の刺身、オリーブオイルと合わせてかけて〝カルパッチョ風〟や、クリーム系のパスタソース、肉のソースなどにオススメ。上にかけるだけで料理をさっぱりと、香り良いものにする。また、クリームチーズとの相性も抜群で、上にのせると、ビールの最高のアテになる。3月に幕張メッセで開催された「フーデックス・ジャパン2017」で試食を提供したところ、パン・菓子メーカー、調味料会社など数十社からラブコールを受けるなど、反響を呼んだ。内容量は250gで税抜価格は2500円。
 ワインやシャンパンにもよく合うおつまみの「梅チーズトリュフ仕立て」と「梅チーズトリュフ仕立て(備長)」は、フランス産のコンテチーズの中でも12カ月以上熟成させたエクストラを使用。チーズおろしで細かく削り、ピューレ状にした梅干しに練り合わせた。紀州南高梅の梅干しはチーズの塩味とのバランスを考え、7~8%まで減塩して使用している。商品は練り合わせたものを丸いボール状に成型し、おろしたパルミジャーノ(イタリア産)をふんわりまとわせて、トリュフ風に仕立てた。
 「梅チーズトリュフ仕立て」はアクセントとして、梅ピューレにハイビスカスのパウダーを加えている。ハイビスカスのフルーティさで、梅干しの強い酸味に丸みを持たせながら、パルミジャーノの旨みのあるミルク感を引き出している。内容量は50gで税抜価格は800円。「梅チーズトリュフ仕立て(備長)」はアクセントとして、梅ピューレにパウダー状の備長炭を加え、梅干しの強い酸味を抑えた。加えてパルミジャーノを軽く燻しており、ほのかな薫香の漂いとともに、チーズの味わい、控えめな梅干しの酸味が口どけの最中に広がる。内容量は50gで税抜価格は900円。
 4月17日から同社店頭とホームページ、一部百貨店で販売をスタートし、今後は海外への展開も視野に入れて準備を進めている。
【2017(平成29)年4月17日第4887号8面】
 
株式会社勝僖梅 http://www.shoki-bai.co.jp/
 
   
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921