有限会社川津食品

qrcode.png
http://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

有限会社川津食品 大分県

   
豊かな自然と共に歩む、柚子の香りをまとう企業
 

<企業紹介> 川津食品

<企業紹介> 川津食品
 
 九州発祥の調味料・柚子こしょう製造の老舗。50年以上前から取り組んでいる先駆け的存在であり、確かな品質で定評のある有力企業である。昭和30年代に先代社長の川津英美氏が、まだ市販されていなかった柚子こしょうの生産を開始。ここ数年で柚子こしょうの人気が全国的に広まりつつあり、業務用はますます拡大中だ。
 また同社では、敷地内で「川津シャクナゲ園」も営み、毎年4月中旬~5月中旬にかけて開園。この園で誕生した八重咲きの日本種「卑弥呼(ひみこ)」は、英国王立園芸協会から国際登録日本種の第1号認定を受けており、ここだけでしか見られない希少品種である。
 
 
 

<オススメ商品> 「粒柚子胡椒」「ゆずリッチ」など豊富に

<オススメ商品> 「粒柚子胡椒」「ゆずリッチ」など豊富に
 
 「粒柚子胡椒」は、従来のペースト状の製品にはない、食感も楽しめる柚子こしょう。柚子と唐辛子を完全にすり潰すのではなく、つぶつぶを残した状態で加工しているため、口の中でばらばらと解けてゆき、噛み砕くときに柚子の香りと唐辛子の辛味がつんと鼻に抜ける。柚子と唐辛子、存在感たっぷりの商品だ。
「YUZU RICH(ゆずリッチ)」は、スイートチリソースから発想を得た液状の「甘酸っぱい柚子こしょう」。甘さと酸味をプラスし、砂糖の「甘味」と醸造酢の「酸味」、唐辛子の「辛味」と、柚子のほんのりした「苦味」という4つの味が合わさり、それを素材にかけることによって「旨味」が増す、まさに「リッチ」な味わい。第24回東京ビジネスサミット2010「隠れた逸品コンテスト」食品部門でグランプリを受賞したのを皮切りに、「楽天市場O―1グランプリ決定戦」新創作料理部門大賞を受賞するなど、数々の賞に輝いた名品。
その他、完熟柚子とかぼすの酸味、果汁の自然な甘味、昆布ダシの旨味が三身一体となった「柚子ポン酢」も好評を博している。
 
話題沸騰!「パクチーペッパー」
佐賀県武雄市の「江口農園」(江口達郎社長)が研究に研究を重ねて作り上げた香り高いパクチー。
このパクチーと運命的に出会った川津社長が、数年の構想期間を経てようやく完成したのが「パクチーペッパー」だ。
手摘みによる新鮮な葉を濃厚なペースト状に加工し、パンチのある辛みが特徴の九州産唐辛子と合わせ、液体調味料に仕上げた。
九州の太陽のエネルギーをたっぷり蓄えた「佐賀たけおパクチー」のフレッシュ感あふれるスパイスである。パスタ・ピザはもちろん、揚げ物や蒸し料理などにさっとひと振りすれば、いつもの味がエスニック料理に変身する。
 

記者のココがイチ押し!

記者のココがイチ押し!
 
 川津食品の柚子こしょうが他のと違うのは、なんといってもその「香り」です。口に入れた瞬間、柚子のさわやかな香りがふわりと鼻腔をくすぐり、それだけで食が進みます。仕事柄、いろいろな柚子こしょうを食べてみましたが、この「香り」が他者と決定的に違うのです。
 一度食べたらやみつき。ほかの柚子こしょうを食べても、なんとなく物足りなくなるはずです。ぜひ一度、お試し下さい。
(担当記者:菰田隆行)
 

<企業情報>

<企業情報>
 
会社 有限会社川津食品
代表 代表取締役社長 川津峰之
創業 昭和36年
業務内容 1.柚子こしょうの製造、卸
2.柚子果汁、カボス果汁の製造、卸
3.農産物加工(柚子・その他柑橘類、いちご、唐辛子等)
4.加工食品の開発
5.その他、付随する一切の業務
住所(本社) 〒877-0212 大分県日田市前津江町大野2256番地
電話(代表) 0973-53-2501
FAX 0973-53-2413
HP http://www.yuzu-kosyo.jp
メール info@yuzu-kosyo.jp
   
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921