食料新聞 電子版

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 
   

 
この度の「令和2年7月豪雨」におきまして被災された皆様には、心より深くお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧されますよう、衷心よりお祈り申し上げます。
食料新聞社
 
   

 
新型コロナウイルス対策に伴い、弊社では当面の間、社員の一部を下記の通り在宅勤務とさせていただく場合もございます。
 
①編集記者は在宅勤務となりますので、御用向の際は担当者携帯電話、メールアドレスまでご連絡をいただきますようお願いいたします。
 
②東京本社、大阪支社の事務担当者は時差出勤、交代勤務となりますので、何卒ご理解のほどお願いいたします。
 
③福岡支局への御用向きは、支局長・菰田の携帯電話、メールアドレスまでご連絡をいただきますようお願いいたします。

※本社、支社、支局へのご連絡は、弊社電子版(当ホームページ)の「お問い合わせフォーム」もご活用ください。
こちらから→ https://www.syokuryou-shinbun.com/publics/index/3/
 
以上、たいへんご迷惑をおかけいたしますが、今後も感染予防対策に努力して参る所存でございますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
食料新聞社
 

   
 
≪株式会社食料新聞社≫は、「伝統食を次世代に受け継ぐこと」を目標に、新聞紙面・電子版・メールニュース・SNS「おいしい新聞 食料新聞社」を併用した広報、宣伝サービスを行っております。
 
ご質問・ご相談などは、電話 03-5835-4919(ショクイク) またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。
 

紙面見本

紙面見本
発刊済み各号の、紙面見本画像です。主に1面を収録。(1日、11日、21日発刊)
クリックすると拡大し、記事と広告を確認することができます。
2020年5月~7月
2020年2月~5月
2019年11月~20年2月
2019年9月~11月
2019年6月~8月
2019年3月~6月
 

会社案内

会社案内
       
   
 
☆★毎月19日は「食育の日」★☆
☆★毎月21日は「漬物の日」★☆
☆★5月29日は「こんにゃくの日」★☆
☆★6月29日は「佃煮の日」★☆
☆★8月5日は「発酵の日」★☆
☆★8月31日は「野菜の日」★☆
☆★11月24日は「和食の日」★☆
 

食べて応援!伝統食品

食べて応援!伝統食品
 

新型コロナウイルスの影響を受けている伝統食品業界の現況に、「食べて応援」できる取り組みをご紹介します。

 

コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ

コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ
 

全国各自治体の新型コロナウイルスの影響を受けている企業への融資に関する情報、相談窓口をまとめてご紹介しています。

 

オンライン情報サービス

オンライン情報サービス
 
         
 

食料新聞フェイスブック

食料新聞フェイスブック
 
 

食料新聞インスタグラム&ツイッター

食料新聞インスタグラム&ツイッター
   
 

直営店紹介

直営店紹介
 
 

東海漬物(愛知県) 夏季限定 特別パッケージ

東海漬物(愛知県) 夏季限定 特別パッケージ
 
こくうまキムチ 320g
 
こくうまキムチ 200g
   
お漬物由来のQ―1乳酸菌が生きて腸まで届くキムチ
東海漬物株式会社(永井英朗社長、愛知県豊橋市)では、日頃からご愛顧いただいている〝こくうまファン〟の期待に応える施策として、夏季限定の「長野県産高原白菜使用」と謳った特別パッケージによる展開を実施中。差別化を図り、広告コミュニケーションと併せて「こくうま」ブランドの継続的な認知と「こくうま」指名買いの促進を図る。
期間(生産期間)は6月29日~7月30日予定(※店頭状況によるが、最終生産日より10日から2週間ぐらいまで店頭で販売される)。ここ数年、年間でも比較的安定して供給のできる7月を中心とした夏白菜の時期に、一大産地である長野県産白菜を100%使用した商品としてPRしている。
特別パッケージの展開と連動して、雑誌広告や笑福亭鶴瓶さんのこくうまTVCM(夏レシピ編)が8月中旬まで展開予定。長野県の素晴らしい白菜産地の風景を入れた特別パッケージとTVCMなどのメディア効果で店頭を盛り上げ、キムチ売り場の活性化を図っていく。「こくうまキムチ」の賞味期間は製造日より25日。
また、今年3月に発売した「お漬物由来のQ―1乳酸菌が生きて腸まで届くキムチ」は、4月に発表された漬物グランプリ2020(主催=全日本漬物協同組合連合会)において、同商品が浅漬・キムチ部門で唯一のキムチ製品として金賞を受賞。新型コロナウイルの感染拡大で乳酸菌の健康機能性がクローズアップされている中、特に注目を集めている。
同商品の特徴は、商品名にあるように「Q―1乳酸菌が生きて腸まで届く」こと。Q―1乳酸菌(L.plantarum TK61406)は同社オリジナルの自社乳酸菌1000株の中から選び抜かれた格別な漬物由来の乳酸菌で、生きて腸まで届くことや高い人工消化液耐性が実証されている。
Q―1乳酸菌は生きて腸まで届き、善玉菌を増やすことで腸内環境を改善することが期待できる。それを50g中25億個入れたこのキムチは、刻んだ白菜、大根、にんじん、にらを原料とし、毎日食べ続けられ、飽きがこないように塩麹とアカシアハチミツを使用して甘口タイプに仕上げた。まろやかな味わいの中にも魚介エキスと魚醤の旨味とコクがプラスされており、奥深い味が楽しめる。規格は50g×2パックの小分けパッケージで、個食、食べ切り、簡便といったニーズにも対応している。賞味期間は製造日より30日。
【2020(令和2)年7月21日第5028号2面】
 
 

秋本食品 王道キムチ30g増量キャンペーン

秋本食品 王道キムチ30g増量キャンペーン
 
王道キムチ 30g増量
 
皿盛り
   
 
秋本食品株式会社(秋本大典社長、本社=神奈川県綾瀬市)は、7月1日より「王道キムチ」の30g増量キャンペーンを実施し、キムチ市場を盛り上げている。「王道キムチ 30g増量」の販売期間は7月31日まで(予定)。
「王道キムチ」は、国産白菜の葉一枚一枚にたっぷりとタレを手塗した、こだわりの重ねキムチ。日本人好みの本格キムチの味わいを実現した一品で、タレにはオキアミ塩辛や唐辛子、にんにく、しょうがなど、10種類の豊富な具材を使用することで、複雑に絡み合う旨みを生み出している。乳酸菌を加えることにより、発酵が進む環境を整え、ゆるやかにさわやかな酸味が増していく。生きている乳酸菌が作り出す味の変化が楽しめる。内容量は200g+30g増量で賞味期間は15日間。
 
沖縄産シークヮーサー果汁使用 あとひきだいこん
6月1日より発売した季節限定フレーバー「沖縄産シークヮーサー果汁使用 あとひきだいこん」は、国産の新鮮な青首大根を使用し、じっくり漬け込んだ元祖糖しぼり大根「あとひきだいこん」に、太陽と山の恵みを受けて育った沖縄産のシークヮーサー果汁を合わせた一品だ。一口サイズにカットしているため食べやすく、初夏にぴったりの甘酸っぱい味わいが楽しめる。厳選された糖で大根の水分を絞ることで、パリポリの好食感を作り出している。沖縄をイメージした爽やかなパッケージで、夏らしさを演出する。内容量は180gで賞味期限は11日間。販売期間は6月1日から8月31日。
 
パリパリきゅうりキムチ
3月1日より期間限定(11月30日まで)で販売している浅漬タイプの「パリパリきゅうりキムチ」は、家でお酒を飲むおつまみとして好評となっている。新型コロナウイルスの影響で家呑み需要が増加する中、お酒のお供に最適な一品として好調な売れ行きを見せている。パリパリとした食感のきゅうりの浅漬に、甘く仕上げたキムチのタレをトッピングしたきゅうりキムチ。新鮮な国産きゅうりを使用し、食欲をそそるにんにく風味に漬け込んだ。フレッシュなきゅうりをあしらったデザインで、赤を基調としたキムチ売場のアクセントになる。同商品は漬物グランプリ2017(主催=全日本漬物協同組合連合会)で金賞を受賞している。内容量は200gで賞味期限は6日間。
【2020(令和2)年7月21日第5028号2面】
 
 

片山食品(新潟県) 発売16周年記念セール

片山食品(新潟県) 発売16周年記念セール
 
ドデカ盛 割干ハリハリ
 
ドデカ盛 きんぴらめかぶ
   
発売16周年記念ドデカ盛企画 家ご飯 家飲み需要にぴったり
片山食品株式会社(片山吉朗社長、新潟県新発田市藤塚浜)は、全国トップシェアのにんにく漬を主力に、農産物と海産物を組み合わせた惣菜漬物など、数々のヒット商品を生み出している有力メーカーとして知られている。
同社では発売16周年を記念した感謝セール「発売16周年記念ドデカ盛企画」を実施する。
ボリューム満点の超目玉企画で、まだまだ続くことが予想される家ご飯、家飲み需要にぴったりだ。販売期間は7月27日出荷~9月30日出荷まで。
 
発売16周年で累計販売数3000万パックを達成した「割干ハリハリ」と、同じく発売16周年で累計販売数2000万パックを達成した「きんぴらめかぶ」の感謝セール企画としてドデカ盛規格で販売。ともに売場で存在感を発揮するよう表面積を大きくした大カップ形態で、商品ラベルは縦横兼用タイプを使用し、売場に合わせた陳列が可能。縦置きすると現行角カップと同サイズになるので売場のメンテナンスに手間がかからない。
「ドデカ盛 割干ハリハリ」は、国産原料(割干大根、昆布、人参)を使用。割干大根のパリポリした歯ごたえが楽しめる醤油ベースの味付けで、ご飯のおかずやお酒のおつまみにピッタリの一品だ。内容量は200gで賞味期限はD+29。
「ドデカ盛 きんぴらめかぶ」は、めかぶと千切ごぼうと千切人参を、きんぴらごぼう風の調理感のある特製醤油ベース調味液で旨味よく仕上げた。ご飯のお供はもちろん、納豆や豆腐のトッピングにも利用できる。内容量は280gで賞味期限はD+29。
【2020(令和2)年6月22日第5025号3面】
 
片山食品株式会社 →こちらから
 
 

野菜ソムリエ 入会キャンペーン

野菜ソムリエ 入会キャンペーン
 
 
 「野菜ソムリエコース」入会費用割引実施中  
  
 食料新聞では一般社団法人日本野菜ソムリエ協会(福井栄治理事長)の協力のもと、「野菜ソムリエ」の資格取得制度を推奨しています。
 
 本紙を通して「野菜ソムリエコース」にお申し込みいただいた方を対象に入会金(1万800円)を割引致します。
 
<全国各地で無料講座説明会を開催中!>
「野菜ソムリエコース」についての詳しい情報はこちら
 
 また、各都道府県の講演会に講師として野菜ソムリエを迎えることも可能です。ご要望の際は本紙東京本社編集部(03-5835-4919)までご連絡ください。
 
 「野菜ソムリエ」は野菜・果物の基礎知識から種類・旬・保存方法・栄養価・素材を生かした調理方法や野菜・果物の魅力を一般の人にどう伝えるかといったコミュニケーションの分野まで幅広く学べる資格取得制度です。
 
 
|トップページ|会社案内|食料新聞オンライン情報サービス2020|公式メールマガジン「食料新聞ニュース」|食料新聞デジタル2020|記者のオススメ!2020|プロが売りたい! 地域セレクション|工場長・店長必見!関連資材機器・原料|総務・福利厚生サポート|食べて応援!伝統食品|コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ|全日本漬物協同組合連合会|自由民主党 漬物振興議員連盟|漬物グランプリ2020|漬物JAS・全国漬物検査協会2020|漬物研究同志会2020|日本漬物産業同友会|漬物業界インタビュー2020|全国調理食品工業協同組合 2020|全国水産加工たべもの展 2020|「梅」関連情報2020|業界人事・機構・IR情報 2020|データ・法令・資料2020|漬物WOMAN・漬物MEN 2020|全国スーパーマーケット協会|AJS・オール日本スーパーマーケット協会|【バイヤー必見】イチ押し商品!|本店・催事・キャンペーン情報|お店へ行こう♪|ぬか情報2020|糀・甘酒情報2020|こんにゃく情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2019|「大豆」関連情報2020|熊本県辛子蓮根 情報|「塩」関連情報2020|漬物イタリアンの提案|ご購読・広告出稿のご案内|リクルート情報|お問い合わせ|サイトマップ|個人情報保護方針|
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921