本文へ移動

セキヤ食品工業(愛知県豊川市御津町)

「子持ししゃも」で国内トップクラス
セキヤ食品工業(関谷冴基社長、愛知県豊川市御津町)では「子持ししゃも」の製造量が国内トップクラスを誇る。卵がたっぷりと詰まったカナダ産のカラフトシシャモを秘伝のタレでじっくりと炊く。シシャモの柔らかい身にプチプチとした卵が弾ける風味は一度食べたらクセになる美味しさに仕上がっている。
また、地元豊川産の”ハーブ鮎”を使用した「ハーブ鮎の甘露煮」も人気を集めている。ハーブ鮎は地元豊川水系の良質な地下水とハーブエキスを配合した餌で育てることにより、霜降りのような良質な食感と鮎本来の風味を追及したこだわりの鮎。そのハーブ鮎を絶妙な火加減で焼き、秘伝のタレでじっくりと煮込むことによって中骨まで柔らかく仕上げた。口の中でほどける鮎の旨みにタレの香ばしさが加わり至福の味わいを生み出している。
子持ちししゃも
ハーブ鮎の甘露煮
豊川市は鮎養殖生産量で日本一を誇る鮎産地として知られ、「とよかわ鮎」は豊川市の優れた地域資源を認定する「とよかわブランド」にも登録されている。
サンマやイワシの甘露煮で知られる同社では、近年様々な新商品を発売。ロシア産ワカサギを使用した「わかさぎ佃煮」や愛知県産の生姜を千切りにして甘辛く炊き上げた「生姜の佃煮」などの注目商品をラインナップしている。

企業情報

会社株式会社セキヤ食品工業    
代表

代表取締役 関谷冴基

住所(本社)愛知県豊川市御津町御馬東109-2
電話(代表)0533-75-4161
FAX0533-76-4161
HPhttps://www.mikawa-sekiya.com/index.html
株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F

TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
TOPへ戻る