本文へ移動

◎発酵長寿 信州ふるさと便 丸昌稲垣

丸昌稲垣(長野県)

丸昌稲垣 本社工場

民芸あまざけ

丸昌稲垣株式会社(稲垣勝俊社長、長野県飯田市)は味噌・漬物製造だけでなく調味料、菓子等オリジナル商品を直販し、さらには問屋部門を持つ強みを生かして南信州の特産品を全国販売している。
丸昌稲垣の甘酒の特長はスッキリとした優しい口当たりだ。手造りの工程を守ることで深みのある甘味と旨味が口にゆっくりと広がっていく。信州伝統の甘酒は抜け掛けという時間と手間を要する技法で白米をじっくりと蒸し上げ小ぶりの樽で一晩かけてじっくりと発酵させている。酒粕を加えないためアルコール成分もなく米・麹・塩のみでできた本格醸造である。
信州新鮮パリパリ野沢菜
―――――

南信州で全国の30%を製造しているという野沢菜漬に関しては「信州新鮮パリパリ野沢菜」が引き続き人気。この商品は「手間なく手軽に安心して美味しく食べ切れる野沢菜漬」をキーワードにして中食のニーズに素早く対応した商品として引き合いが強い。手作業で角パックに丁寧に詰めているため見た目も一際きれいなのが特長である。持ち運びしやすく液切りも簡単。内容量80gと食べ切りサイズなのも嬉しい。

味噌蔵元が造ったみそ漬
―――――
味噌漬は「味噌蔵元が造ったみそ漬」が個食タイプとして引き合いが強い。地元ではSMだけでなく大手CVSにも採用されている。大根、胡瓜、生姜入りと大根、胡瓜入りの2タイプがあり漬物の定番アイテムとして好評を博している。
 
しま瓜の粕漬
―――――
しま瓜の粕漬」は信州伊那谷特産の縞瓜を飯田の地酒・喜久水の酒粕で漬けた粕漬。パリパリとした食感と酒粕の風味が口に広がりやみつきになる。地元で知られる漬物名人のレシピを採用し製造を行っており添加物もほとんど使用されていない。6月下旬に丸々と実った縞瓜を収穫し旨味を凝縮させる形で漬込み棚に並べればその日のうちに売切れとなるロングセラー。一年に1回の収穫で今年も新物が入荷し問い合わせは年々増えている。量は限られているため大事に漬込まれ販売されている。
 
 

「稲垣来三郎匠」Webショップ→ http://www.raizaburou.jp/

企業情報

会社名丸昌稲垣株式会社
代表者代表取締役 稲垣 勝俊
創立大正14年11月
資本金5,000万円
住所【本社・営業本部】〒395-0004 長野県飯田市上郷黒田2720
TEL:0265-35-7755(代) FAX:0265-35-7758

【直営店】〒381-2206 長野県飯田市上郷黒田2721-1
TEL:026-556-1550(代) FAX:026-556-1557
事業内容味噌、野沢菜漬、味噌漬、山ごぼう漬、小梅漬、浅漬、あまざけ、一夜漬味噌
全国漬物名産漬物販売、糀
ホームページhttp://www.marusyow.co.jp/index.html
取引銀行八十二銀行、飯田信用金庫
 

地図

【本社・営業本部】
〒395-0004 長野県飯田市上郷黒田2720

紙面アーカイブ

【2022(令和4)年12月1日第5113号6面】
株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F

TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
TOPへ戻る