食料新聞 電子版

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 
   
 
≪株式会社食料新聞社≫は、「伝統食を次世代に受け継ぐこと」を目標に、新聞紙面・電子版・メールニュース・SNS「おいしい新聞 食料新聞社」を併用した広報、宣伝サービスを行っております。
 
ご質問・ご相談などは、電話 03-5835-4919(ショクイク) またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。
 

紙面見本

紙面見本
発刊済み各号の、紙面見本画像です。主に1面を収録。(毎週月曜発刊)
クリックすると拡大し、記事と広告を確認することができます。
2019年11月~
2019年9月~11月
2019年6月~8月
2019年3月~6月
2019年1月~3月
2018年10月~12月
 

会社案内

会社案内
       
   
 
☆★毎月19日は「食育の日」★☆ ☆★毎月21日は「漬物の日」★☆
☆★6月29日は「佃煮の日」★☆ ☆★8月5日は「発酵の日」★☆
☆★8月31日は「野菜の日」★☆ ☆★11月24日は「和食の日」★☆
 
 

オンライン情報サービス

オンライン情報サービス
 
         
 

食料新聞フェイスブック

食料新聞フェイスブック
 
 

食料新聞インスタグラム&ツイッター

食料新聞インスタグラム&ツイッター
   
 

直営店紹介

直営店紹介
 
 
 
令和2(2020)年1月1日号1面
 
令和2(2020)年1月6日号1面
 
令和2(2020)年1月6日号2面(大阪支社版 表紙)
 

「漬物グランプリ2020」

「漬物グランプリ2020」
 
「漬物グランプリ2020」(主催:全日本漬物協同組合連合会、後援:農林水産省)の決勝大会が4月30日(木)、東京ビッグサイト西3・4ホール(第13回ホビークッキングフェア2020内 特設会場)で開催される。
 
現在応募を受付中で、2月14日(金)まで受け付けている。
今回から法人の部はエントリー部門を新設し、「本漬部門」「浅漬・キムチ部門」で応募可能。
 
「法人の部」応募条件は、次の通り。
①全日本漬物協同組合連合会所属企業が製造し、2020年3月中旬(2次審査実施時点)で市販されている商品
②これまでの漬物グランプリでグランプリを受賞していない商品
一次審査料金無料、2次審査料金5,000円(1作品)
 
表彰内容は、グランプリ1作品、準グランプリ1作品、一般審査特別賞1作品、金賞、銀賞
   
詳しい応募要項、及びエントリーシートのダウンロードはこちらから
( 898KB )
 

栃木県漬協 漬物鑑評会

栃木県漬協 漬物鑑評会
 
漬物鑑評会の表彰式挙行  知事賞にアキモ「ゆずだいこん」
 
 
県知事賞のアキモ「ゆずだいこん」
 
栃木県産業技術センター所長賞のすが野「ワインらっきょう」
 
栃木県漬協理事長賞の荒井食品「じっくり漬けた旨いなす」
 
栃木県漬協理事長賞の遠藤食品「新がり完成品ST白1㎏」
 
栃木県漬協理事長賞のすが野「ごはんにかけるごぼうと昆布」
 
栃木県漬協理事長賞の吉沢食品工業「たまり漬ごぼう」
   
受賞企業による記念撮影
栃木県漬物工業協同組合(秋本薫理事長)では2019年11月26日、第2回「栃木県漬物鑑評会」の表彰式をとちぎアグリプラザ(宇都宮市)で挙行。最高賞である栃木県知事賞には、アキモの「ゆずだいこん」が選ばれた他、全6品が受賞の栄に浴した。
<受賞作品>
【栃木県知事賞(1品)】
▼アキモ「ゆずだいこん」
【栃木県産業技術センター所長賞(1品)】
▼すが野「ワインらっきょう」
【栃木県漬物工業協同組合理事長賞(4品)】
▼荒井食品「じっくり漬けた旨いなす」
▼遠藤食品「新がり完成品ST白1㎏」
▼すが野「ごはんにかけるごぼうと昆布」
▼吉沢食品工業「たまり漬ごぼう」
 
 
 

<キャンペーン情報> 片山食品(新潟県)

<キャンペーン情報> 片山食品(新潟県)
 
10g増量 しば漬・刻み胡瓜
 
10g増量 つぼ漬・刻み胡瓜
 
10g増量 しば漬・青しその実
   
2色セット製品増量セール
人気のアソートタイプ
 
片山食品株式会社(片山吉朗社長、新潟県新発田市藤塚浜)は年末年始に向けて2色セット製品の増量セールを実施する。
整然とした売場作りに貢献できる角カップ容器形態商品で、内容量は全て100g、賞味期限はD+44。
販売期間は12月27日出荷~1月31日出荷まで。
「10g増量 しば漬・刻み胡瓜」は、人気の胡瓜の漬物2種入りで一挙両得の一品となっている。しば漬はさっぱりとした梅酢と醤油味の調味液で漬け込み、刻み胡瓜はピリッと辛味のある醤油味の調味液で漬け込んだ。
「10g増量 つぼ漬・刻み胡瓜」は、ポピュラーな定番漬物2種入りの詰め合わせ商品。つぼ漬はほど良い甘さで後を引く旨味のある醤油味の調味液で漬け込んだ。刻み胡瓜は食べやすく、トッピングしやすい刻み形状に仕上げた。
「10g増量 しば漬・青しその実」は、定番のしば漬と青しその実漬のアソート商品。青しその実漬はしそ風味のある醤油味の調味液に漬け込んだ。
いずれの2色商品も、ご飯はもちろん、お茶漬やおかゆ、お酒のおつまみとして幅広く利用できる。毎日食卓に置いておきたい商品だ。
【2019年12月16日第5004号8面】
 
片山食品株式会社 http://www.powerkun.co.jp/
 
 

東海漬物 12月から「こくうまキャンペーン」

東海漬物 12月から「こくうまキャンペーン」
 
キャンペーンのポスター
20g増量セールも実施
東海漬物株式会社(永井英朗社長、本社=愛知県豊橋市)は、2019年12月から2020年2月まで、「こくうまのおいしさ&健康キャンペーン」を実施する。
今年は夏季に続き+20g増量セールと、魅力満載のクローズド方式の消費者プレミアムキャンペーンを同時実施する。
「日本の最もスタンダードなキムチはこくうま」を合言葉に、改めてこくうまの美味しさを実感してもらいつつ、様々なシチュエーションで食べてもらえるように今年も魅力的なプレミアム商品をピックアップした。
笑福亭鶴瓶さんのテンポの良いTVCMとともにキムチ売り場を活性化し、多くの消費者との絆を深めていく。
 
【キャンペーンの概要】
◆実施期間:2019年12月‐2020年2月
◆実施地域:全国
◆対象商品:こくうまキムチ320g、こくうまキムチ200gの合計2品
◆生産期間:2019年11月29日~2020年1月下旬の予定(対象品の販売計画数量を達成次第生産終了)
◆応募形式:対象商品についている応募シールを必要枚数集めてハガキ等で応募
 
こくうま熟うま辛キムチ(320g+20g)
◆応募締切:第1回目=2020年1月10日(金、当日消印有効)、第2回目=2020年2月15日(土、当日消印有効)
◆応募先:〒530‐0041大阪市北区天神橋2‐5‐25
「こくうまのおいしさ&健康キャンペーン~国産有名ブランド牛肉&オリジナル雑穀米セットプレゼント~」係
◆当選者発表:当選通知等の発送をもって発表にかえる
◆当選賞品:抽選で下記の賞品を合計2500名にプレゼント。
A(2枚コース):日本3大和牛のカレーセット(9個入り)、1000名
B(3枚コース):米沢牛 すき焼き用バラ肉500g、400名
C(4枚コース):近江牛 こだわり焼肉5点セット500g、100名
Wチャンス:(外れた人の中から)北海道産「ふっくりんこ1・5㎏」+東海漬物オリジナル12種雑穀のセット1000名
【2019年11月4日第4998号3面】
 
東海漬物株式会社 http://www.kyuchan.co.jp/
 

野菜ソムリエ 入会キャンペーン

野菜ソムリエ 入会キャンペーン
 
 
 「野菜ソムリエコース」入会費用割引実施中  
  
 食料新聞では一般社団法人日本野菜ソムリエ協会(福井栄治理事長)の協力のもと、「野菜ソムリエ」の資格取得制度を推奨しています。
 
 本紙を通して「野菜ソムリエコース」にお申し込みいただいた方を対象に入会金(1万800円)を割引致します。
 
<全国各地で無料講座説明会を開催中!>
「野菜ソムリエコース」についての詳しい情報はこちら
 
 また、各都道府県の講演会に講師として野菜ソムリエを迎えることも可能です。ご要望の際は本紙東京本社編集部(03-5835-4919)までご連絡ください。
 
 「野菜ソムリエ」は野菜・果物の基礎知識から種類・旬・保存方法・栄養価・素材を生かした調理方法や野菜・果物の魅力を一般の人にどう伝えるかといったコミュニケーションの分野まで幅広く学べる資格取得制度です。
 
 
|トップページ|会社案内|食料新聞オンライン情報サービス|食料新聞ニュース|今週の記者のオススメ!2020|今週の記者のオススメ!2019|プロが売りたい! 地域セレクション|工場長・店長必見!関連資材機器・原料|総務・福利厚生サポート|全日本漬物協同組合連合会|自由民主党 漬物振興議員連盟|漬物グランプリ2019|漬物JAS・全国漬物検査協会|漬物研究同志会|日本漬物産業同友会|漬物業界インタビュー|全国調理食品工業協同組合 2019|「梅」関連情報 2019|豊橋佃志会 |日本惣菜協会 2018|業界人事・機構・IR情報 2019|データ・法令・資料2020|データ・法令・資料2019|アニバーサリー 2019|イベント写真館 2019|全国スーパーマーケット協会|AJS・オール日本スーパーマーケット協会|バイヤーインタビュー|【バイヤー必見】イチ押し商品!|本店・催事・キャンペーン情報|お店へ行こう♪|ぬか情報2019|糀・甘酒情報2019|こんにゃく情報2019|こんにゃく情報2018|豆腐・油揚・がんも情報|「塩」関連情報2019|「塩」関連情報2018|漬物イタリアンの提案|ご購読・広告出稿のご案内|リクルート情報|お問い合わせ|サイトマップ|個人情報保護方針|
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921