本文へ移動

前田食品工業有限会社 佐賀県

九州特産の高菜、本物の味を追求
 相知高菜の畑

<企業紹介> 前田食品工業有限会社

前田食品の高菜乃華シリーズ
高菜乃華シリーズ

 毎年、ゴールデンウィークに開催される「有田陶器市」で有名な佐賀県有田町にて創業以来、一貫した漬物製造卸の会社として、半世紀にわたり高菜漬製造に専念している。
会社の理念として、
1.安心、安全なる原料は健康な土壌から。
2.伝統の製造方法を大切にする。
3.国内原料にこだわり、製品に妥協はしない。
これらを掲げ、安心かつ美味しい製品を食卓に届けている。
漬け込みは、発酵菌が棲みついた昔ながらの木樽に、一株一株丁寧に塩とウコンを加えながら、手作業で並べていく。これにより、乳酸発酵した美味しい高菜漬ができあがる。

<オススメ商品> 高菜ご飯の素

高菜ご飯の素
同社が令和元年に新発売した「高菜ご飯の素」は、九州産高菜のみを使用。味の深みと混ぜやすさを考慮して油炒めされており、ご飯との相性は抜群だ。
前田龍哉社長は「全ての部分にこだわった」と語る。開発には数カ月をかけて試行錯誤を繰り返し、納得のいく味に仕上げた。社員への試食も実施したところ「高菜にはうるさい女性社員が『美味しい!』とまとめ買いして行ってくれるので、手応えを感じている」(前田社長)と語っている。
 食べ方は、炊き上がったご飯2合に高菜ごはんの素1袋を入れ、しゃもじで切るように混ぜ合わせるだけで出来上がり。玉子や豚肉を入れ、高菜チャーハンにしても美味しく食べられる。内容量120g、賞味期限90日。

<オススメ商品> 幻の高菜・相知高菜 「本場の本物」に認定

「本場の本物」の認定証

 製品の中でも、高級仕様の「高菜乃華」シリーズの評価が高い。「葉がくれ」(レギュラー)、「辛子高菜」、「辛子めんたい高菜」などがあり、やや高めの価格設定ながら安定した売れ行きを示す。特に「辛子めんたい高菜」は、お土産品として定着している。
 一方、佐賀県唐津地区で〝幻の高菜〟と呼ばれた「相知(おうち)高菜」の復活に取り組み、見事に再生させた。その努力が実り、平成25年5月に、その相知高菜が「本場の本物」に認定された。

相知高菜「辛子高菜」
 「本場の本物」とは、食品産業センターが策定する認証マーク。製造者を中心とする地域の団体もしくは特認者が定めたこだわりの基準を、同センターが設置した審査専門委員会がチェックした上で、はじめて商品に表示できるようになるもの。

 「相知高菜」のアイテムは「姿もの」「ごま高菜」「葉がくれ(油炒め)」「辛子高菜」「辛子めんたい高菜」などが揃っている。

通常本漬高菜に使用される品種・三池高菜よりも、葉部の割合が多く、繊維も柔らかいのが特徴である。

相知高菜の「ごま高菜」
相知高菜「ごま高菜」
相知高菜「めんたい高菜」
相知高菜「めんたい高菜」
相知高菜「高菜炒め」
相知高菜「高菜炒め」

記者のココがイチ押し!

 明治27(1894)年創業、120年を超える歴史を持つ同社。漬物カテゴリの中では比較的安価な商材だった高菜漬を、「高菜乃華」などのブランドでいち早く「高級路線」へとかじを切った同社の功績は大きい。その集大成が、「相知たかな」の復活である。ひと味違う同社の高菜漬をぜひ一度、ご賞味ください。(担当記者:菰田隆行)

佐賀県「相知高菜」 “100年フード”に認定

広瀬会長(右)と前田社長
100年フード認定の相知高菜製品
100年フード認定証
 文化庁では、我が国の多様な食文化の継承・振興への機運を醸成するため、地域で世代を超えて受け継がれてきた食文化を100年続く食文化「100年フード」と名付け、文化庁とともに継承していくことを目指す取組を推進している。
 2回目となる令和4年度は、応募のあった90件について審査を行い、認定基準を満たした70件を認定、そのうち評価が高かった4件を有識者特別賞とした。
 令和4年度「近代の100年フード部門」(明治・大正に生み出された食文化)で認定された「相知高菜」は、全国唯一の在来品種。古来より名峰・作礼山の山麓、佐賀県相知町楠地区で栽培されてきた。
 明治になり、唐津炭田である相知町には炭鉱労働者などで人口が増加していき、相知高菜漬は手間のかからないご飯のおかずとして需要が伸長。大正9年には、相知町で最初の高菜漬製造販売の広瀬仙吉商店が開業し、相知高菜漬は県内外へと広まった。
 しかし、相知高菜と比べ収穫量に勝る三池高菜などの新品種が現れ、昭和40年代には相知高菜から三池高菜へと移行。相知高菜漬はまぼろしの高菜漬となっていたが、伝統ある相知高菜漬の復活が期待される中で相知高菜の種子が奇跡的に相知町楠で発見された。
 その種子で試験栽培を行い、関係者の努力により平成21年に相知高菜漬が見事に復活。相知高菜漬は他の高菜漬と比べ、柔らかな食感と甘酸っぱさが際立っているので、ごはんのおかずや油炒めなどでおいしく食べられる。(参考:文化庁「100年フード」サイト)
 受賞団体の「伝統食品相知高菜漬け推進協賛会」(広瀬忠伸会長)には前田食品工業(前田龍哉社長、西松浦郡有田町)と広瀬会長が社長の広瀬仙吉商店(唐津市相知町)が加盟している。
 広瀬会長は「ラーメンやチャーハンなどの具材として高菜漬が伸びている。食材として、これからの100年を見据えていきたい」とコメント。前田社長は、「現在は生産量が限られているため、協賛会への農家の加盟も増やしていきたい」と語っている。
【2023(令和5)年4月1日第5124号5面】

「100年フード」公式サイト
https://foodculture2021.go.jp/jirei/

前田食品工業 公式リンク集

 

前田食品工業 オンラインショップサイト http://shop.maeda-shokuhin.jp/


インスタグラム【公式】 https://www.instagram.com/maedashokuhin4019/
 

<企業情報>

会社前田食品工業有限会社
代表
代表取締役社長 前田龍哉
創業明治27年
業務内容高菜漬各種 製造卸
住所〒844-0018 佐賀県西松浦郡有田町本町丙1497-10
電話0955-42-4019
FAX0955-42-5140
HPhttp://www.maeda-shokuhin.jp/index.html
メール

高菜漬レシピ

高菜漬にかつお節、七味唐辛子を合わせて白ご飯に。まろやかな中にもピリッと辛く、ご飯が進みます
 
とろろご飯の上に、高菜漬をトッピング。ご飯がもっと食べたくなる、絶妙の組み合わせ!
白飯に高菜漬を混ぜ込み、刻んだベーコン、バターを加えた「高菜バターライス」
炊き立てのご飯に混ぜた「高菜ご飯」。混ぜ込むことで、ご飯にしっとりとした艶が出るのがポイント
「カレー高菜パスタ」。ベーコンと日本酒を加えて調味。ピリ辛で、飽きることのない味。チーズを振りかけても美味
豚肉・卵を加えて炒めた「高菜チャーハン」。ご飯を少なめにすれば、他の味付けは全く必要ありません
マヨネーズと混ぜ合わせた「高菜マヨ」。唐揚げに付けて食べたり、キュウリ、ニンジンなど野菜スティックにも
定番の豚骨ラーメンにトッピング。高菜漬は油との相性が良いので、ゴマ油を少し垂らして風味付け
 

紙面アーカイブ

2023年8月1日号11面



2022年4月1日号8面 高菜特集

前田龍哉氏が社長就任

 〝高菜漬〟一筋の前田食品工業有限会社(佐賀県西松浦郡有田町)では、先月開催の同社取締役会において役員人事を決定し、前田節明社長の子息で取締役統括本部長の前田龍哉氏が代表取締役社長に就任した。節明氏は代表権のある会長に就任した。
 龍哉新社長は、「コロナ禍が続く厳しい中での就任となりましたが、社業発展に全力を尽くす所存でございますので、前任者同様格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます」と語っている。
【前田龍哉(まえだ・たつや)氏の略歴】
 ▼昭和48年10月7日生まれ▼東亜大学工学部卒業後、前田食品工業入社▼平成18(2006)年11月より取締役統括本部長就任▼令和3(2021)年10月の取締役会にて代表取締役社長就任
【2021(令和3)年11月1日号1面】
 
 
2021(令和3)年4月1日号6面
株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F

TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
TOPへ戻る