本文へ移動

オギハラ食品株式会社 福岡県

オギハラ食品 社屋全景
オギハラ食品 社屋全景

<企業紹介> オギハラ食品株式会社

30周年仕様パッケージの「元祖三池ごまたかな」

 〝ごまたかな〟のパイオニアメーカーである同社は、大正5年創業。その間、沢庵や楽京を取り扱っていた時期もあったが、高菜漬は創業以来ひとすじに製造を続けている。

 その歴史の中で、「ごまたかな」というヒット商材が生まれ、同社を高菜漬の中でもトップ企業に押し上げる原動力となった。
  「元祖三池ごまたかな」は、ごまの芳ばしい香りが高菜独特の臭みを消し、食べやすさが消費者に受け入れられた。また、大手弁当チェーンの「高菜弁当」に採用されたことも売上増に拍車をかけた。

 その後も「明太子高菜」などで、高菜カテゴリでのシェアを伸ばしている。

 「元祖三池ごまたかな」は、吉本興業が選出する「47シュフラン」〝2016ご飯のお供部門〟の金賞を受賞している


30周年キャンペーン実施中
 「元祖三池ごまたかな」は、2022年で発売30周年を迎える。それを記念して、「ごまたかな30周年ありがとうキャンペーン」を4月1日より実施中。
 同品のキャンペーン仕様パッケージに付いている応募券を切り取り、専用の応募用紙または郵便ハガキに貼って応募すると、抽選で毎月30名に「高菜詰合せギフト」(応募券1枚で有効)が当たる。応募用紙は、同社ホームページ(下記参照)からダウンロードできる。
応募期間は2022年12月31日まで、当日消印有効。



また「ごまたかな」は、日本経済新聞が実施している「日経POSセレクション」で、2017年から2019年まで3年連続でセレクションに選ばれている。
 
※「日経POSセレクション」とは?
日経新聞社によると、これは同社が独自に集計するPOSデータベースサービス「日経POS情報」を基に選定されるもの。1年間に来店客千人当たり販売金額の伸び率が前年度比20%以上と人気が急上昇した商品で、なおかつ店舗カバー率や日経商品分類の小分類(2000分類)内の順位、メーカー別シェア伸び率など4つの指標で一定基準を満たしたものが選ばれる。伸び率の高さなどに応じ「プレミアム賞」「ゴールド賞」「セレクション賞」の3賞に分かれる。
「日経POSセレクション2019」では、加工食品・飲料・酒類など約200万点の中から選定された。
「日経POSセレクション」特設サイト→ http://nkpos.nikkei.co.jp/posselection_2019

<オススメ商品>

高菜油炒め 「漬物グランプリ2022」で銀賞受賞

高菜油炒め
オギハラ食品は、業界でも先駆的に高菜の油炒めを本格量産化したことで知られる。
その同社が2022年4月より、伝統の製法を受け継いできた「高菜油炒め」を、装いも新たに新発売。「漬物グランプリ2022」で銀賞を受賞した。
高菜油炒めは、もともと地元の福岡・大牟田で親しまれてきた家庭の味。仕事で汗をかいた炭鉱夫が味の濃いご飯のお供を求め、家庭で調理されていたものだ。
その高菜油炒めを同社では昭和30年代より製品化し、作り続けてきた。油炒め製品はこれまでにも中国産原料で「直火釜炒め」を製造してきたが、九州産原料調達への取組を強化してきた成果で、十分に確保できる目処がついた。九州産高菜使用を謳って、地元産をアピールする狙いだ。
「高菜油炒め」は、九州の濃口醤油と胡麻油で味付けすることで高菜漬本来の風味とよく合い、しっとりとした食感に仕上げている。
同社営業部サブマネージャーの中川隆博氏は「辛子高菜は、辛味が苦手な人からは敬遠されがちですが、本品は辛味がなく、〝味変〟できるので汎用性があり、期待できます」とコメントしている。

「からし高菜」

「からし高菜」
同社が2020年9月に発売した「からし高菜」は、コロナ禍で外食を控え中食需要が増えてきているなか、家庭での食事でより美味しい高菜漬を食べてもらいたいという想いも込めての発売となった。
「からし高菜」は、同社の地元・大牟田市にあるミシュラン掲載「直球料理 松田」オーナーの監修によるもの。九州産高菜に3種類の唐辛子と、九鬼産業株式会社(田中啓之社長、三重県四日市市)製のごま油を加え、直火釜で炒める。
仕上げには秘伝のだし醤油を加えた、しっとりと旨味のある「からし高菜」だ。高菜油炒めの先駆け企業である同社が、昭和40年から代々作り続けている直火釜製法で、じっくりと炒めた高菜は風味抜群だ。
温かいごはんはもちろん、かまぼこや竹輪などと合わせておつまみにも最適。またチャーハン、スパゲティなどの料理レシピにも手軽に使える。
同社は料理サイト「クックパッド」と提携しており、「からし高菜と豚肉のバターガーリックパスタ」「味噌煮込み高菜バーグ」「高菜オムレツ」「鶏肉と長芋の高菜炒め」などのレシピが掲載されている。
使いやすさを追求したパッケージは、同社の「元祖三池ごまたかな」と同様に袋の上部をアーチ型にした設計。袋上部の両端に高菜が詰まって取り出しにくいとの声を受け、取り出しやすい設計を採用した。
温かいごはんにピッタリ
からし高菜と豚肉のバターガーリックパスタ
おつまみにも最適

博多の名物コラボ「明太子高菜」

「明太子高菜」
 オギハラの「明太子高菜」は、付け合わせの「漬物」ではなく、より「惣菜」に近い商材としての利用を見込んで開発された。

 九州を代表する二大名産品の明太子と高菜漬のコラボレーションで、しっとりと甘辛い味付けに仕上げている。明太子のひと粒ひと粒が際立つ食感と旨味にこだわった一品である。
 
 「明太子高菜」は「日経POSセレクション2019」で、高菜漬カテゴリー年間売上No.1を受賞し、そのポテンシャルの高さを証明。受賞後は「No.1エンブレム」入りのパッケージを投入している。

ごまのコクと香りが際立つ「旨辛味高菜」

「旨辛味高菜」
「旨辛味高菜」
 「明太子高菜」の姉妹品が「旨辛味(うまからみ)高菜」。これはラー油ベースの高菜漬として大人気だった「極みからし高菜」をさらに美味しく、顧客の声に応えてグレードアップした。味のグラデーションはそのままに、ねりごまでヒート感をマイルドに仕上げた。ナッツのように濃厚なごまの香りが際立つひと品である。
 九州産の高菜に「焙煎ごま」「ごま油」「純ねりごま」の3種を加えることでコクと香り、さらにまろやかさをプラス。3種のごま原料は、高菜に対して14%と高い配合比。同社の看板商品「元祖三池ごまたかな」のごま原料配合比は約3%なので、「旨辛味高菜」の比率がどれだけ高いかがわかる。
 純ねりごまとごま油は「九鬼産業」社製を使用。「旨辛味高菜」のごま原料中の半分を占めるねりごまは他のごま原料に比べ、香りと味(コク)が優れているほか、栄養吸収率も抜群。健康性もアピールできる。
オギハラ食品の事務所
明るく清潔なオギハラ食品の事務所
オギハラ食品のテストキッチン
オギハラ食品のテストキッチン。商品の試作や検査などが行われる

記者のココがイチ押し!

 大ヒット商品である「ごまたかな」は刻み醤油漬だが、同社が実は、業界内で早い時期から「油炒め」を始めた企業であることはあまり知られていない。長く培ってきたその技術力が、ごまたかな以後も「明太子高菜」などのヒット商品を生み出す原動力となっている。(担当記者:菰田隆行)

オギハラ食品 プロモーションビデオ

ラーメンにこだわる人のための高菜 特別MOVIE!

こだわりぬいたスープにマッチした高菜をセレクトして頂くために、ラインナップを充実!

 

オギハラ食品 インスタグラム →こちらから

<企業情報>

会社 オギハラ食品株式会社
代表
代表取締役 荻原 浩幸
創業 大正5年4月
業務内容 高菜漬の製造及び販売
住所(本社) 〒836-0026 福岡県大牟田市浜田町20-7
電話(代表)
0944-52-3003
FAX 0944-51-3003
HP www.ogihara-foods.co.jp/
メール
 

<企業情報 紙面アーカイブ>

 
2021(令和3)年4月1日号8面掲載
 
 
2019(令和元)年10月28日号1面掲載
株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F

TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
TOPへ戻る