食料新聞 電子版

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 
   

 
新型コロナウイルス対策に伴い、弊社では当面の間、社員の一部を下記の通り在宅勤務とさせていただく場合もございます。
 
①編集記者は在宅勤務となりますので、御用向の際は担当者携帯電話、メールアドレスまでご連絡をいただきますようお願いいたします。
 
②東京本社、大阪支社の事務担当者は時差出勤、交代勤務となりますので、何卒ご理解のほどお願いいたします。
 
③福岡支局への御用向きは、東京本社TEL(03-5835-4919)、もしくは菰田の携帯電話、メールアドレスまでご連絡をいただきますようお願いいたします。

※本社、支社、支局へのご連絡は、弊社電子版(当ホームページ)の「お問い合わせフォーム」もご活用ください。
こちらから→ https://www.syokuryou-shinbun.com/publics/index/3/
 
以上、たいへんご迷惑をおかけいたしますが、今後も感染予防対策に努力して参る所存でございますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
食料新聞社
 

   
 
≪株式会社食料新聞社≫は、「伝統食を次世代に受け継ぐこと」を目標に、新聞紙面・電子版・メールニュース・SNS「おいしい新聞 食料新聞社」を併用した広報、宣伝サービスを行っております。
 
ご質問・ご相談などは、電話 03-5835-4919(ショクイク) またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。
 

紙面見本

紙面見本
発刊済み各号の、紙面見本画像です。主に1面を収録。(1日、11日、21日発刊)
クリックすると拡大し、記事と広告を確認することができます。
2020年12月~21年1月
2020年8月~11月
2020年5月~8月
2020年2月~5月
2019年11月~20年2月
2019年9月~11月
 

会社案内

会社案内
       
   
 
☆★毎月19日は「食育の日」★☆
☆★毎月21日は「漬物の日」★☆
☆★5月29日は「こんにゃくの日」★☆
☆★6月29日は「佃煮の日」★☆
☆★8月5日は「発酵の日」★☆
☆★8月31日は「野菜の日」★☆
☆★11月3日は「高野豆腐の日」★☆
☆★11月24日は「和食の日」★☆
 

食べて応援!伝統食品

食べて応援!伝統食品
 

新型コロナウイルスの影響を受けている伝統食品業界の現況に、「食べて応援」できる取り組みをご紹介します。

 

オンライン情報サービス

オンライン情報サービス
 
         
   
 

食料新聞フェイスブック

食料新聞フェイスブック
 
 

食料新聞インスタグラム&ツイッター

食料新聞インスタグラム&ツイッター
   
 

直営店紹介

直営店紹介
 
 

「ねりま漬物物産展」オンラインで開催!! 【練馬漬物事業組合】

「ねりま漬物物産展」オンラインで開催!! 【練馬漬物事業組合】
 
練馬漬物事業組合(小澤優貴組合長)は、第33回「ねりま漬物物産展」(後援:練馬区)をオンラインで実施する。
本年度は、社会的状況を鑑み従来の来店型イベントは開催せず、代替えとして新しい生活様式に対応すべく組合ホームページ(HP)とECサイトを新規に開設し、インターネットを活用した販売方法で開催する。
実施内容は、令和3年1月12日スタートで「ねりま漬物物産展」のHPを開設した。
「ねり漬.com」→ https://neritsuke.com
 
このHPでは物産展の告知、大根の収穫・干し風景の発信、練馬漬物の歴史、練馬大根の情報、組合員情報等を掲載する。また、このHPは通年で情報発信できる仕様とし、来年度からは練馬大根の種まきからリアルタイムで発信を行う。
物産展のECサイトは同HPからリンクし、ねりま本干し沢庵、区内漬物事業者商品の販売を行う。注文はECサイトから、またはHPから注文書をダウンロードし、FAX・郵送でも受け付ける。
受付期間は令和3年1月21日~2月7日。発送時期は、令和3年2月19日から順次発送の予定。

紙媒体では、A4サイズのチラシ(表面:オンライン物産展の告知、裏面:注文書)を区内公共施設、区内郵便局(約50か所、有料)を配布し設置する。
一方、本年度のみの対応として、商品を見て決めたい消費者のためサンプルShopを開催。ねりま本干し沢庵、各メーカーの現物サンプル全商品を展示する。ねりま本干し沢庵のみ試食(個食パック)を無料配布する。
開催時期は令和3年1月21日~2月7日まで。
開催場所は、㈱雅香岡田店舗(東京都練馬区高松5-17-9)。営業時間11:00~18:00、定休日:月曜日、駐車場3台。

ホームページ・ECサイトは今年度の展開だけでなく、来年度以降の物産展においてもイベントとサイト販売の併売を行う予定。それにより地域的に限られた消費者に対する販売手法から、都内、全国の消費者に対して練馬大根沢庵の希少性の高い価値を発信することが可能になると考えている。
 
※後援:練馬区HP→こちらから
 
 

売れ筋特集 Web展示会【2020(令和2)年12月1日号】

売れ筋特集 Web展示会【2020(令和2)年12月1日号】
 
ブーム関連商品や季節商品を提案
新型コロナウイルスの感染拡大で展示会やイベントの開催が延期または中止となるケースが増加している。各メーカーでは新商品や季節商品などの提案を行う場が大幅に減少していることもあり、積極的な新商品開発が行われていない状況だ。
そのような状況下、弊社では紙面とHPを活用し、「紙面とWebで展示会」をコンセプトに、ブームに関連した商品、今売れている商品、季節商品、先取りの春夏向け商品、自社製品を活用した独自の健康法など幅広いテーマで紹介する。
遠藤食品株式会社は社会現象にもなっている人気アニメ「鬼滅の刃」に関連する「国産 佃煮生姜 平切」を提案。秋本食品株式会社は鍋需要期に合わせた増量規格の「オモニの極旨キムチ」(30g増量)、片山食品株式会社は期間限定で受験生応援パッケージのにんにく製品を発売する。
株式会社新進の「大根おろし」は、大根をおろす手間なく、使いたい時に使いたい分だけ使える簡便性の高い商品で、コロナ禍の内食・中食需要の拡大を受けて躍進。やまう株式会社ではコロナ禍の巣ごもりにより家飲み需要が高まるなか、「家飲みの友」となる〝おつまみ漬物〟として「麻辣(マーラー)ザーサイ70g」などの提案を強化している。
前田食品工業有限会社は炊き上がったご飯と混ぜ合わせるだけでできる「高菜ご飯の素」、93歳となった今も元気で仕事に取り組んでいる株式会社伊勢惣の足立開作会長は「麹をそのまま飲む」という自身の健康法を紹介している。
特集紙面はもちろん、食料新聞HP専用ページでも詳細情報を掲載。コロナによってさらに多様化したニーズに対応した情報をより広く発信する。
 
売れ筋特集 Web展示会→ こちらから
 
 

東海漬物 こくうま「栄養も健康もバランス」キャンペーン

東海漬物 こくうま「栄養も健康もバランス」キャンペーン
 
「こくうま」キムチプレミアムCP対象商品(320g)
 
「こくうま」キムチプレミアムCPシール
 
「こくうま」キムチ増量セールシール
   
キャンペーンのポスター
東海漬物株式会社(永井英朗社長、愛知県豊橋市)は、12月から来年2月まで『こくうま「栄養も健康もバランス」キャンペーン』を実施する。この冬は12月より消費者プレミアムキャンペーンをスタートし、来年1月~同末日予定で+20gの増量セールを合体させた変則の企画となる。
コロナ禍で初めての冬季を健康に過ごしていただくために、コクとうまみと辛さのバランスの取れたこくうまキムチと、こくうまキムチを使った冬場に美味しい「こくうまバランス鍋」を開発推奨し、消費者プレミアムキャンペーン、増量セールとともにキムチ売場の活性化を図る。笑福亭鶴瓶さんのテンポの良いTVCMとともに多くの消費者との絆を深める。
【キャンペーンの概要】
◆実施期間:2020年12月―2021年2月
◆実施地域:全国
◆対象商品:こくうまキムチ320g、こくうまキムチ200gの合計2品
◆生産期間:①消費者プレミアムキャンペーン=2020年11月30日~②消費者プレミアムキャンペーン+20g増量セール=2021年1月1日~2021年1月末日の予定(対象品の販売計画数量を達成次第生産終了)
◆応募形式:対象商品についている応募シールを必要枚数集めてハガキ等で応募
◆応募締切:第1回目=2021年1月8日(金、当日消印有効)、第2回目=2021年2月15日(月、当日消印有効)
◆応募先:〒530―0041大阪市北区天神橋2―5―25『こくうま「栄養も健康もバランス」キャンペーン』係
◆当選者発表:当選通知等の発送をもって発表にかえる
◆当選賞品:抽選で下記の賞品を合計2000名にプレゼント。A(2枚コース):岩手前沢牛すき焼き用モモバラ400g(冷凍)900名。B(4枚コース):石垣牛すき焼き用モモバラ600g(冷凍)100名。Wチャンス:(外れた人の中から)東海漬物オリジナルまごころセット(滋賀県産ダイシモチ100%の紫もち麦、富山県産コシヒカリのやわらかい玄米、減塩漬物:決めだしシリーズ3品セット)
【2020(令和2)年11月11日第5039号14面】
 
東海漬物HP  →こちらから
 

野菜ソムリエ 入会キャンペーン

野菜ソムリエ 入会キャンペーン
 
 
 「野菜ソムリエコース」入会費用割引実施中  
  
 食料新聞では一般社団法人日本野菜ソムリエ協会(福井栄治理事長)の協力のもと、「野菜ソムリエ」の資格取得制度を推奨しています。
 
 本紙を通して「野菜ソムリエコース」にお申し込みいただいた方を対象に入会金(1万800円)を割引致します。
 
<全国各地で無料講座説明会を開催中!>
「野菜ソムリエコース」についての詳しい情報はこちら
 
 また、各都道府県の講演会に講師として野菜ソムリエを迎えることも可能です。ご要望の際は本紙東京本社編集部(03-5835-4919)までご連絡ください。
 
 「野菜ソムリエ」は野菜・果物の基礎知識から種類・旬・保存方法・栄養価・素材を生かした調理方法や野菜・果物の魅力を一般の人にどう伝えるかといったコミュニケーションの分野まで幅広く学べる資格取得制度です。
 
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921