株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

株式会社東京にいたか屋 東京都

   
べったら市 今宵は温き 月明り[花柳章太郎]
 

<会社紹介>

<会社紹介>
 
   
東京にいたか屋本社 社屋
株式会社東京にいたか屋(中川英雄社長、東京都中央区日本橋)は、お江戸日本橋のべったら漬最大手。
同社の製造する「東京べったら漬」は漬物の中で唯一、東京都中央区観光協会が東京都中央区観光協会推奨名産品に指定しており、全国観光土産品連盟は東京ブランドの全国観光土産品連盟推奨品に認定していることでも知られる。
今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止となった、東京・日本橋大伝馬町の宝田恵比寿神社界隈で催される「べったら市」では、同社が商品供給を大方行ってきた。
人気の秘訣は、素材と味の良さ。大根製品にあってべったら漬に用いられる原料は、皮むきするため、特に上質なものが使用される。つまり、上質な素材と米こうじの風味を生かした最高品質の味わいが、江戸時代から長年にわたって庶民に愛され続けてきたといえる。
昨今では、その需要の高まりから、定番アイテムとして主にハーフサイズの商品、さらには、昨今販売が好調のカップ詰めのスライスタイプを常時品揃えするスーパーが多く、季節商材から通年商材へと、完全に位置づけが変わった。
 
東京名産「にいたか屋のべったら漬」
また、伝承の製造技術も人気を陰で支えている。「新規にべったら漬の製造に取り組むことは非常に難しい」と言われるほど、製造には長年培われた経験に裏打ちされた高度な職人の技が必要とされる。
数あるべったら漬の中でも、高い評価を受ける東京にいたか屋の『東京べったら漬』は、長年の契約栽培の実績を基盤に、各地の農協や、にいたか屋グループの青果卸との太いパイプを活かし、良質な原料の確保に最大限の努力をしている。今や通年商材として安定した需要を持つことから、本格シーズンを迎える『東京べったら漬』の売れ行きにも、全国の小売店から大きな期待が寄せられている。
現在、東京にいたか屋では盤石な生産体制を整えるべく、原料確保も万全で、企業努力に余念がない。
商品構成も袋詰めを中心として樽物、カップ詰め、スライスと幅広いものになっている。今シーズンは製法に改良を加え、10月よりスライスなどカップ類の賞味期限を延長した上で色持ちもよくした。
最需要期の10月から年末にかけて販促キャンペーンを積極的に展開することで、東京名産の「にいたか屋のベったら漬」を拡売し、お江戸日本橋の食文化を広くPRすると共に、おせち商戦に向けて祝膳の一品としても提案していく。
【2020(令和2)年10月21日(第5037)号12面】
 
 
【2020(令和2)年10月21日(第5037)号12面】
 

<商品アイテム>

<商品アイテム>
 
 
<べったら市>
   
東京の名産品として
↑クリックして拡大

全国観光土産品連盟・日本商工会議所

・ 全国推奨観光土産品

>> 参考HPへ
 

(東京都) 中央区観光協会

・ 推奨名産品

>> 参考HPへ
 
「東京べったら漬」が【観光土産品の表示に関する公正競争規約】による審査で合格
↑クリックして拡大
 

弊社の「東京べったら漬」商品が、【観光土産品の表示に関する公正競争規約】による審査で合格し認定証が発行されました。審査は、公正競争規約に関する①必要事項、②過大包装関係、③特定事項の表示関係、④不当表示関係、⑤JAS法、食品衛生法等に関する表示について審査が行われ合格となりました。

  ●認定証発行元:
全国観光土産品公正取引協議会 / 東京ブランドみやげ品公正取引協議会
●公正競争規約に関する参考書類PDF:
「よくわかる景品表示法と公正競争規約」: 消費者庁
「観光土産品の表示に関する公正競争規約」 : 全国公正取引協議会連合会
 
加盟・会員団体等
 

<会社概要>

<会社概要>
 
会社名
 
株式会社 東京にいたか屋
 
代表
代表取締役社長 中川 英雄
創業
昭和5年4月 (個人商店 新高屋として)
事業内容
漬物製造 および 食品輸出入、卸
本社所在地
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町3-2-2
TEL 03-5614-9090 / FAX 03-5614-9085
工場所在地
〒366-0032
埼玉県深谷市幡羅町1-12-3
TEL 048-571-3345 / FAX 048-573-1547
資本金 1,000万円
HP
 

<グループ会社>

<グループ会社>
 
会社名
株式会社 日本橋にいたか屋
事業内容 漬物製造
所在地
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町3-2-2
TEL 03-5614-9090 / FAX 03-5614-9085
資本金 2,000万円
「日本橋にいたか屋」は、東京にいたか屋ブランドの製造を担うグループ会社です。販売を担う「東京にいたか屋」、製造を担う「日本橋にいたか屋」が連携を取って、より一層こだわりの高い、安全で安心の食品を皆様にお届けしてまいります。
 
   
本社 東京都中央区日本橋浜町3-2-2
 
工場 埼玉県深谷市幡羅町1-12-3
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921