株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

関連資材機器トピックス2021

 

4月1日号 リスパック 全国で展示会開催

4月1日号 リスパック 全国で展示会開催
 
バイオ容器
 
 
惣菜用容器
 
液漏れしづらい容器
 
フルフル機能つき容器
   
プラ容器の展示商談会 環境意識やテイクアウト需要に対応
【大阪支社】プラスチック包装資材の製造・販売を行うリスパック株式会社(大松栄太社長、岐阜県岐阜市)は、3月から4月にかけて、春の展示商談会「リスパックNEXT2021SPRING」を東京・名古屋・大阪・岡山で実施した。営業本部販売促進部営業支援チームチームリーダーの上野文宏氏は「コロナ禍でスーパーでの食品購入機会は増加し、外食店もテイクアウト・デリバリーへ次々と参入する中で、エコで利便性の高い包装容器を探す企業は急増している」と話す。
展示は次の6つのテーマに沿って行われた。
①加速する外食産業の進化:テイクアウトやデリバリー、ミールキットなど急拡大する市場に向けた提案。盛り付けやすさや保温性などのニーズに応える。
②バイオの選択:バイオマス度や用途・温度帯で選べる6種類の素材を展示。価格を抑えたバイオマス度10%の新素材の容器や、消費者へアピールできるPOPも提案する。
③惣菜・時短・簡便商品ニューノーマル3か条:惣菜はバイキングスタイルが廃止されたことから、盛り付け等の作業性の良さと見栄えの良さにこだわった容器を展示。時短・簡便ニーズへはレンジ調理できる容器や、ミールキット用容器などを提案。
④生活者・ユーザーニーズ機能性容器:佃煮やちりめんに適した、振って出せる「フルフル容器」、液漏れがなく使用後は小さく潰せるので日配品に適した容器、カット野菜の鮮度を長持ちさせるガス置換容器などの機能性容器を提案。
⑤巣ごもり特需フルーツ・デザート:用途に応じた豊富なサイズ・カラーラインナップで提案。
⑥感染対策関連商品:軽量で吸音性に優れ、リモート会議にも適するパーテーション「リミュート」を実演展示。簡易的な小部屋を設けられる大きいサイズも提案している。
【2021(令和3年)4月1日第5055号5面】
 
 
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921