本文へ移動

全国スーパーマーケット協会2024

<流通3団体> 4月度実績 総売上は前年比102・5% 日配も102・1%と伸長

増井副会長
近藤部長
野呂社長
 一般社団法人全国スーパーマーケット協会・一般社団法人日本スーパーマーケット協会・オール日本スーパーマーケット協会の流通3団体は5月21日、全国スーパーマーケット協会会議室(東京・神田)で、4月販売統計調査(実績速報版)を発表した。
 全国スーパーマーケット協会の増井德太郎副会長、日本生活協同組合連合会(日生協)渉外広報本部広報部の近藤美奈子部長が、それぞれ4月度の統計結果を報告した。
 ゲストスピーカーとして、食品の輸出入・卸売、小売店「ブラジルストア」等を運営する有限会社ワールドリンクス(埼玉県坂戸市)の野呂正道代表取締役が、同社の事業概要や取組について発表した。
 増井副会長は4月のSM統計調査実績を発表。総売上高は1兆158億1172万円で、全店ベースの前年同月比は102・5%、既存店ベースでは101・8%だった。食品合計の売上高は9251億3155万円で、全店ベース102・7%、既存店ベース101・8%だった。
 部門別では、生鮮3部門(青果・水産・畜産)合計3470億2597万円で102・4%。日配2031億3607万円で102・1%。惣菜1057億3885万円で103・7%。一般食品2692億3066万円で103・2%だった(以上全店ベース)。
 増井副会長は「総売上高は14カ月連続で前年比増となった。しかし、節約志向の高まりは継続している。畜産は輸入肉の高騰で安価な鶏肉にシフトし、売上は前年比減。青果は生育遅れで相場高による売上増はあったが、利益はとれていない。水産は相場がやや高めで、イカナゴの不漁などで売れ筋商材にばらつきがある。惣菜は花見時期が降雨続きでずれ込み、品揃えに苦慮した店舗が多かった。青果の相場高で冷凍野菜は好調だったものの、日配品は不調。米は値ごろ感があり、節約志向の効果が表れて好調。ビールも新製品のCM戦略で好調だった」と概況を説明した。
 次に日生協の近藤部長が4月度供給実績(速報値)を報告。全国65主要地域生協の総供給高は、2421億5300万円で前年比101・1%と8カ月連続の前年超えとなった。
 近藤部長は「店舗は前年比103・7%と依然節約志向は高いものの、物価上昇による点単価の伸びが影響し、部門別では全部門で前年を超えた。宅配は100・4%で、利用点数は昨年並みだが、こちらも点単価上昇による客単価の押し上げが見られた。一部生協では、商品を抱き合わせて買い上げ点数が増えると、割引率が上がるバンドル企画を実施し、それが奏功したようだ」と報告した。
 続いて、ゲストスピーカーのワールドリンクス・野呂社長が発表。同社は1998年8月、ブラジル移住経験のある創業者(野呂社長の実父)が、ブラジルに日本食を普及させたいとの思いで創業した。
 その後、現地の日本食ブームで輸出業が軌道に乗り、現在では南米地域に日本食品やキッチンウェアの輸出を行っている。キッコーマンの醤油や日本海水のふりかけなど、ブラジル向け専用商品もある。
 一方、国内でも2008年に在留外国人向けの「ブラジルストア」を開店。2009年4月からは国内卸営業部を開設し、徐々にブラジルの商品だけでなくフィリピン、ベトナム、インドネシアの商品も増えた。
 2019年には、群馬のディスカウントショップでブラジル人向けコーナーを開設。その後、コロナで売上が厳しい時期もあったが、2022年までに全国で100店舗導入を達成。現在でも在日外国人向けのコーナーが全国の小売店で増えており、どの地区にはどこの外国人の在留が多いか、という情報を元に、店舗によってアレンジする。
 同社は3年前からスーパーマーケット・トレードショーにも出展しており、「我が社の取組は、日本人がまだ知らない食材を紹介する機会にもなる。日本と世界の食の懸け橋になれれば」(野呂社長)と語っている。
【2024(令和6)年6月1日第5164号8面】

ワールドリンクス https://www.worldlinks.co.jp/

霧島農産(宮崎県)
有坂食品(長野県)

<春の叙勲・褒章> 三科雅嗣氏が藍綬褒章 農水省での褒章伝達式で受章

伝達式に臨む三科氏と英美令夫人
褒章伝達式
 令和6(2024)年春の叙勲・褒章で、一般社団法人全国スーパーマーケット協会副会長で株式会社いちやまマート(本部:山梨県中央市)代表取締役社長の三科雅嗣氏が、藍綬褒章を受章した(一部既報)。
 褒章伝達式が14日、東京都千代田区の農林水産省7階講堂で行われ、三科氏と令夫人の英美氏が出席した。伝達式は国歌斉唱、褒章伝達、褒章着用、坂本哲志農林水産大臣祝辞の順に進行した。
 三科氏は受章に当たり、「関係各位のご協力でこのような栄えある章をいただき、大変感謝している。現在はスーパーだけに限らず、あらゆる業態が過渡期にあると思う。私の周りを見ると、当社の社員たちはデフレ経済の中で育ったため物価高を経験していない。しかし、日本の物価は世界に比べればまだまだ低く、私はこの物価高はむしろ好機だと思っている。この大きな変革にどう対応するか、社内でも勉強会を行っている。難しい時代だが、面白い時代でもあると言える。これからも皆様に支えていただきながら、経営と協会活動に努めて行きたい」と語っている。
 三科氏は昭和50年3月慶応義塾大学商学部卒業、昭和53年6月1日 株式会社いちやまマートに入社、平成3年4月28日~現在 同代表取締役社長。
 平成13年より社団法人日本セルフ・サービス協会(現:一般社団法人全国スーパーマーケット協会)理事を務め、常任理事を経て令和3年より全国スーパーマーケット協会副会長を務めている。
 また、同協会主催「デリカテッセン・トレードショー」実行委員長も務め、「お弁当・お惣菜大賞」を広く注目されるアワードに育て上げた。
 伝達式終了後、受章者各氏は皇居に移動し、天皇陛下に拝謁した。
【2024(令和6)年5月21日第5163号1面】

いちやまマート https://ichiyamamart.com/

<全国スーパーマーケット協会>「SMTS2025」申込期間発表

SMTS2024の会場
協会会員は7月1日より
 一般社団法人全国スーパーマーケット協会(横山清会長)は、2025年2月12日(水)、13日(木)、14日(金)に幕張メッセ全館で開催予定の『スーパーマーケット・トレードショー2025』(=SMTS2025)、『デリカテッセン・トレードショー2025』(=DTS2025)への出展申込み期間を発表した。
【全国スーパーマーケット協会会員優先受付期間】
 2024年7月1日(月)12時~7月19日(金)15時
【一般受付期間】
 2024年8月5日(月)12時~2024年8月9日(金)15時
 ※受付終了日前に申込みが募集小間数に達する場合もある
 なお出展申込はSMTS、DTS共に各公式ウェブサイトより受け付ける。
【2024(令和6)年5月11日第5162号1面】

公式ウェブサイト
SMTS https://www.smts.jp/jp/index.html

<春の褒章叙勲受章者> 三科雅嗣氏が藍綬褒章

 政府は令和6(2024)年春の褒章受章者を28日公表。業界関係者で、褒章は一般社団法人全国スーパーマーケット協会副会長で株式会社いちやまマート代表取締役社長の三科雅嗣氏が藍綬褒章を受章した。
三科氏
【藍綬褒章 三科雅嗣氏】
 藍綬褒章受章の三科氏は昭和53年、食料品スーパーマーケットの株式会社いちやまマート(本部:山梨県中央市)に入社。平成3年、同社の代表取締役社長に就任、以来現在まで、スーパーマーケットの経営に携わっている。
 中・小型店舗の積極的なスクラップ&ビルドを実施し、店舗面積の拡大と標準化による競争力の強化を推進、地元経済の活性化と雇用の拡大にも寄与している。
 「健康的な食生活が幸せをもたらす」を経営理念に、プライベートブランド「美味安心」等の開発も含め、美味しく安心・安全な食品の提供に努めている。
 平成13年より社団法人日本セルフ・サービス協会(現:一般社団法人全国スーパーマーケット協会)理事を務め、常任理事を経て令和3年より一般社団法人全国スーパーマーケット協会副会長を務めている。
 また、同協会主催「デリカテッセン・トレードショー」実行委員長も務め、「お弁当・お惣菜大賞」を広く注目されるアワードに育て上げた。
 副会長に就任した2021年、リアル商談が困難な状況の中、地域食品メーカーや卸の関係者が移動しなくても商品をアピールできる機会の創出を提言。協会におけるセールスサポート事業『FOOD トレード“アシスト”パッケージ(FTA)』の創設を推進した。
 さらに、三科氏は消費者庁「食品ロス削減推進会議」の委員を委嘱され、スーパーマーケットが地域のコミュニティの中心であり、消費者であるお客様の正しい知識普及の促進にふさわしい場であるとして店頭活動への支援を求めると共に、フードバンクの活用や、納品期限の緩和、賞味期限の年月表記への移行推進など、様々な提言を行った。
【三科雅嗣氏の主な略歴】
 昭和50年3月慶応義塾大学商学部卒業、昭和53年6月1日 株式会社いちやまマート入社、平成3年4月28日~現在 同代表取締役社長、平成19年12月28日~現在 株式会社美味安心代表取締役、平成23年2月16日~現在 株式会社ビミ・ドゥーエ 代表取締役、平成13年3月5日 社団法人日本セルフ・サービス協会理事、平成21年8月27日 同常任理事(改組、名称変更)、平成30年9月1日 一般社団法人全国スーパーマーケット協会常任理事、令和3年3月24日~現在 同副会長、令和元年11月19日 消費者庁食品ロス削減推進会議委員(~令和5年11月18日)
【2024(令和6)年5月1日第5161号1面】

いちやまマート https://ichiyamamart.com/

流通3団体3月度実績  日配は前年比106・9%  丸江(岩手県)がゲストで取組発表

中村常務理事
近藤部長
丸江の江口社長(右)と江口常務
一般社団法人全国スーパーマーケット協会・一般社団法人日本スーパーマーケット協会・オール日本スーパーマーケット協会の流通3団体は4月23日、全国スーパーマーケット協会会議室(東京・神田)で、3月の販売統計調査(実績速報版)を発表した。
 オール日本スーパーマーケット協会(AJS)の中村伸一郎常務理事、日本生活協同組合連合会(日生協)渉外広報本部広報部の近藤美奈子部長が、それぞれ3月度の統計結果を報告。ゲストスピーカーとして株式会社丸江(岩手県一関市)の江口大洋社長と江口有常務取締役兼営業統括部長が、同社の事業概要や取組について発表した。
 中村常務理事が3月のSM統計調査実績を発表。総売上高は1兆415億6014万円で、全店ベースの前年同月比は106・3%、既存店ベースでは105・2%だった。食品合計の売上高は9606億3151万円で、全店ベース106・6%、既存店ベース105・3%だった。
 部門別では、生鮮3部門(青果・水産・畜産)合計3579億3694万円で106・1%。日配は2125億5354万円で106・9%。惣菜は1141億9819万円で104・5%。一般食品は2759億4285万円で108・1%だった(以上全店ベース)。
 中村常務理事は「総売上高は13カ月連続で前年をクリアした。青果や水産は収穫量、水揚げ量ともに減少したが、相場高で売上は伸長。日配では、低温傾向が続いたためホット商材を提案できた店は功を奏した。食品の中では惣菜の前年比が最も悪く、前年は好天で行楽需要が伸びた反動減となった。気温が低く、雨も多かったため行楽のスイッチが入らなかった。景気判断DIでは、客単価が大きく上昇した一方で、来客数DIはマイナス圏となり、この影響をヒシヒシと感じているというコメントが見られた」と概況を説明した。
 次に日生協の近藤部長が3月度供給実績(速報値)を報告。全国66主要地域生協の総供給高は、2385億5700万円で前年比100・4%と7カ月連続の前年超えとなった。
 近藤部長は「店舗供給高が776億6500万で同105・7%であった一方、宅配供給高は1557億4700万円で同98・9%とマイナスとなった。一部の生協で営業日数が前年より少なかったことや、組合員の勧誘活動が進んでいないため、利用人数が前年を下回る傾向が続いている。店舗の部門別では、酒を除く全部門で前年を超えた。また、玄米、ブランド米、無菌米飯含めた米全般が引き続き好調となっている」と報告した。
 続いて、ゲストスピーカーの丸江・江口社長と江口常務が発表。同社は岩手県一関市を本部に、スーパー4店舗(宮城県栗原市含む)と、外食部門の「びっくりドンキー」(5店舗)、アミューズメントストア(2店舗)と多角的な経営を行っている。
 同社は先ごろAJSに加盟。近隣に出店した競合店(ドラッグストア)への対応策として、本まぐろ解体ショーなどの集客イベントを実施し、AJS加盟の他店の情報を参考にして売上を伸ばしている。
 また、AJSの分科会をモデリングし、自社内にも販促企画チーム、コミュニケーションチーム、AJS/コプロのPB製品「くらし良好」拡販チームなどを結成。社内での情報共有を密にすることで、適正な運営を推進している。
 質疑応答では、AJS加盟の利点として江口社長が「情報や知恵の共同仕入れや、教育カリキュラムの充実が魅力だった」と回答。インバウンド需要の動向については、社長の従弟である江口常務が「外食店より駅前のスーパーで外国人に弁当や惣菜が良く売れている。外の店で食べるより、ホテルに帰ってロビーなどで宴会をしている」と、興味深い情報を開示していた。
【2024(令和6)年5月1日第5160号15面】


<全国スーパーマーケット協会> 「S検」申込受付5月31日まで

小売業の知識や技術向上
 一般社団法人全国スーパーマーケット協会(横山清会長)では、2月1日より「スーパーマーケット検定(S検)」の申し込みを受け付けている。
 「S検」は、スーパーマーケット検定の略称で、スーパーマーケットをはじめとする小売業や流通業関係者の知識と技術の向上や、業界全体のレベルアップを図ることを目的とした検定試験として、多くの人が活用している。 
 同試験は、厚生労働省が策定した「職業能力評価基準」に準拠しており、人材育成や昇進(昇格)試験の一部としても広く活用されている。これまでに、延べ10万人以上が受験(受講)している。
 事業者にとっては、自社の強みや弱さの把握、採用すべき人材の明確化、人材戦略の計画・実施、人材育成への効果的な投資、能力に基づいた人事評価など。従業員にとっても、能力の客観的な把握、キャリア形成の目標設定。モチベーションアップ、スキルアップなどの活用メリットがある。
 2024年第1期は5月31日が申込締切となる。「S検」の詳細、申し込みは下記URLより。
【2024(令和6)年4月1日第5158号5面】

全国スーパーマーケット協会「S検定」サイト
http://s-kentei.com/

<流通3団体> 2月度実績 うるう年で前年比増

江口専務理事
近藤部長
渋谷氏
齋藤氏
 一般社団法人全国スーパーマーケット協会・一般社団法人日本スーパーマーケット協会・オール日本スーパーマーケット協会の流通3団体は21日、日本スーパーマーケット協会会議室(東京・日本橋)で、2月の販売統計調査(実績速報版)を発表した。
 日本スーパーマーケット協会の江口法生専務理事、日本生活協同組合連合会(日生協)渉外広報本部広報部の近藤美奈子部長が、それぞれ2月度の統計結果を報告。「SM物流研究会」から株式会社ライフコーポレーション首都圏物流部の渋谷剛部長、株式会社カスミSCM担当齋藤雅之マネジャーが出席し、同研究会の取組について発表を行った。
 江口専務理事が2月のSM統計調査実績を発表。総売上高は9690億3371万円で、全店ベースの前年同月比は105・7%、既存店ベースでは105・0%だった。食品合計の売上高は8970億8772万円で、全店ベース106・0%、既存店ベース105・2%だった。
 部門別では、生鮮3部門(青果・水産・畜産)合計3381億62万円で105・2%。日配は1949億1636万円で106・8%。惣菜は1018億8550万円で106・5%。一般食品は2621億8523万円で106・2%だった(以上全店ベース)。
 概況については「うるう年により1日多かったことで+3%程度増加し、全てのカテゴリが前年比増だった。気温が高く鍋関連商材は不振だったが、惣菜では恵方巻が予約、当日販売含めて好調だった。一般食品は値上げの効果があり、2022年10月以降値上げした品目数が増加している。全体的にここ数カ月、客数は前年並みで買い上げ点数減少、客単価アップというトレンドは変わっていない」と説明した。
 次に日生協の近藤部長が、全国66主要地域生協の2月の実績を報告。総供給高は、2471億6300万円で前年比102・7%。内訳は店舗供給高が786億9600万で同103・8%、宅配供給高は1629億800万円で同103・6%、そのうち個配は105・3%だった。
 概況については「営業日数が1日多いこともあり、6カ月連続の前年超えとなった。店舗の部門別では、畜産品を除く全部門で前年を超えた。米はブランド米へのシフトもあって二桁伸長を続けており、特に玄米の人気が上昇している。宅配は前年超えしているものの、利用人数は前年を下回る傾向が続いており、いわゆる“仲間作り”が鈍化している」と報告した。

SM物流研究会が活動報告
 続いて「SM物流研究会」の現状について、カスミの齋藤マネジャーがこれまでの取組を発表。昨年3月にSM4社で発足した同研究会は、持続可能な食品物流構築に向けた取組宣言を発表。さらに荷待ち・荷役作業等時間の削減検討、政府の「物流革新に向けた政策パッケージ」に基づく業界別自主行動計画の策定協力など取組を推進してきた。
 続いてライフコーポレーションの渋谷部長が今後の活動について、①物流センターのトラック荷待ち時間を3月末までに1時間以内へ②首都圏エリアにおける共同配送の研究③生鮮物流、バラ積み納品削減、チルド加工食品物流についての研究‐の項目を発表した。
 荷待ち・荷役作業等時間の計測状況では、昨年10月の荷待ち1時間超過率14・8%が、今年2月には8・1%まで改善している。3月末までの達成見通しについては、「バース予約システムの導入推進や、バラ積みからパレット納入の推進で達成を目指す」(渋谷部長)とした。
 研究会への加盟企業は3月に5社が新規加盟し、全15社となっている。
【SM物流研究会加盟企業】(加盟順)
 ▼サミット(東京都)▼マルエツ(同)▼ヤオコー(埼玉県)▼ライフコーポレーション(東京都)▼カスミ(茨城県)▼西友(東京都)▼いなげや(同)▼東急ストア(同)▼原信(新潟県)▼ナルス(同)▼平和堂(滋賀県)▼エコス(東京都)▼たいらや(栃木県)▼マスダ(茨城県)▼与野フードセンター(埼玉県)
【2024(令和6)年3月21日第5157号11面】

<全国スーパーマーケット協会> 「食品表示管理士」制度

適正な表示作成できる人材育成
 食品の原産地(加工食品は原料原産地名)、原材料名などの表示については、食品表示法の食品表示基準に従った表示が義務付けられている。
 しかしながら、最近、スーパーマーケットにおいて、事実と異なる原産地の表示をして販売していたとして、食品表示法に基づき表示の是正などを指示された事案が複数回発生している。
 一般社団法人全国スーパーマーケット協会(横山清会長)では、2005年より「食品表示管理士」制度を開始し、スーパーマーケットの現場視点で表示が適正であるかどうかを判断できる、適正な表示を作成できる人材の育成をサポートしている。
 初級・中級・上級の試験に加え、基礎を学ぶ講習「食品表示 入門講習」、部門に特化した「売場点検講習(惣菜・水産・畜産)」と、様々な対象、ニーズに応えたプログラムを用意し、全てオンラインで受講・受験ができる。基本的な知識の習得と法令遵守の徹底を図ることができる講習となっている。
【2024(令和6)年3月21日第5157号11面】

SMTS2024が開催 登録入場者数7万5858名

 横山会長
 横山事務次官
 南審議官
 吉田専務理事
開会式のテープカット
 第58回スーパーマーケット・トレードショー2024(主催:一般社団法人全国スーパーマーケット協会)が2月14日~16日、幕張メッセ全館で開催された。 
 SMTS2024は、2190社・団体、3521小間の規模で開催され、3日間の登録入場者数は7万5858名となり、前回開催(6万2525名)から1万人以上増加。会場は3日間を通して多くの来場者で賑わいを見せた。
 会期初日となった2月14日の合同開会式は、実行委員長を務める全国スーパーマーケット協会会長の横山清氏を始めとした各展示会関係者の他、一般社団法人石川県食品協会専務理事の吉田繁氏、来賓として農林水産省農林水産事務次官の横山紳氏、経済産業省大臣官房総括審議官の南亮氏が出席した。
「SUPER-DX コンテスト」優秀事業表彰式
 横山会長は「1963年の初開催から、今回第58回を迎えた。SMTSは日本のスーパーマーケットの歴史と共に歩んできた。これまでの皆様の協力に心より感謝したい」と語り、「今回のSMTSをきっかけに今年一年、このインフレを上手に活かしながら新しい価格体系の形成を目指していきたい」と今後の抱負を述べた。
 吉田専務理事は、令和6年能登半島地震の被災状況の報告と共に復興に向けた支援への御礼を述べ、「3月16日の北陸新幹線延伸も好機として、金沢へ、石川へ、北陸へ訪れてほしい。早期復旧に向けて応援消費の面でも支えていただきたい」と石川県を代表して挨拶した。
 その後、横山事務次官、南審議官が祝辞を述べ、11名によるテープカットで展示会が幕開けした。
 なお開会式に続いて、経済産業省主催の「第2回SUPERーDXコンテスト」優秀事業表彰式が昨年に続いて開催され、Cloudpick Japan株式会社、株式会社DATAFLUCT、株式会社KURANDO、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの代表者が表彰を受けた。
スーパーマーケット・トレードショー2024
 SMTS会場内の主催者企画「食のトレンドゾーン」には、急速な勢いで訪日外国人観光客数が回復するなど今注目のカテゴリー「インバウンド×食」ゾーンが新設され、インバウンド関連の情報発信が行われた。また4年ぶりに会場内に「SMTS・DTS セミナーステージ」が復活。DTS主催者企画「お弁当・お惣菜大賞2024」をはじめとした各種表彰式の他、横山会長による「SMTSスピークス」など注目のプログラムが実施された。
 次回「第59回スーパーマーケット・トレードショー2025」は来年2月12日~14日の3日間、幕張メッセ全館で開催される。
【2024(令和6)年2月21日第5154号1面】

SMTS2024 

<SM3団体> 統計調査1月 日配既存店売上102.6%

増井副会長
近藤部長
渡邊氏
大創産業・渡邊氏が「レジ流し」紹介
 一般社団法人全国スーパーマーケット協会・一般社団法人日本スーパーマーケット協会・オール日本スーパーマーケット協会の流通3団体は21日、1月度販売統計調査の記者発表会を東京都千代田区の全国スーパーマーケット協会にて実施した。
 全国スーパーマーケット協会の増井德太郎副会長、日本生活協同組合連合会渉外広報本部広報部の近藤美奈子部長が、それぞれ1月の統計調査結果(いずれも速報値)を報告。ゲストスピーカーとして出席した、株式会社大創産業(広島県)執行役員店舗開発本部本部長の渡邊有和氏が、同社が推し進める「レジ流し」業態などについて紹介した。
 1月の総売上高は1兆93億3968万円。全店ベースの前年同月比は102・5%で、既存店ベースは101・8%。食品合計の売上高は9362億5338万円で全店102・9%、既存店102・2%だった。部門別に見ると、生鮮3部門(青果・水産・畜産)合計は、3582億9849万円で、全店101・8%、既存店101・1%。日配は2079億12万円で、全店103・3%、既存店102・6%。惣菜は1082億3197万円で全店104・1%、既存店103・3%。集計企業数は270社、総店舗数は8380店舗だった。
 増井副会長はSMTS2024が盛況裡に終了したことについて御礼を述べた上で1月の概況について報告。「売上は11カ月連続で前年超えとなったが、節約志向の高まりや買い上げ点数の減少を指摘する声が多く聞かれている。実質賃金が伸び悩む中、値上げ効果も一巡し、前年比プラスを維持することが難しくなってきているとの声が多かった」と説明した。
 部門別では、日配は暖冬の影響で鍋関連の水物や練物、麺類は伸び悩んだ地域が多かった。冷凍食品、納豆、豆腐などは堅調に推移した。
 惣菜は引き続き好調を持続。揚げ物類の動きが良く、米飯類やおかず類の動きも良かった。節分の恵方巻も堅調に推移した。
 日生協の近藤部長が1月度供給実績を報告。全国66主要地域生協の総供給高は2454億9200万円で前年比100・2%となった。内訳は店舗供給高が856億6100万で102・9%、宅配供給高が1547億3100万円で99・5%。
 近藤部長は「総供給高は5カ月連続の前年超えとなった。店舗は物価高の影響で節約志向が継続しているが年末の客数はコロナ前の水準に回復している。宅配は、1月第1週目の配達を休む生協が増え、稼働日数の減少などにより前年割れとなった」と述べた。
 続いて、ゲストスピーカーとして出席した株式会社大創産業(広島県)執行役員店舗開発本部本部長の渡邊有和氏が同社の「レジ流し」業態について発表。「レジ流し」業態とは、店舗内の一部スペースにDAISOの売場を作りスーパーマーケットのレジにて食品等と一緒に会計できる仕組み。
 食品の買物のついでに日用品の購入ができることから、集客力が強化され、店舗にとっては新規顧客層の獲得につながる。渡邉氏は、店舗レイアウトやこれまでの成功事例を説明しながら、「レジ流しによりSMとDAISOがウインウインの関係になり。お客様に喜んでもらうことを目指したい」と話した。
【2024(令和6)年2月21日第5154号6面】

<SMTSスピークス> 『百年スーパー時代』 横山会長が業界展望語る

横山会長
 スーパーマーケット・トレードショー(SMTS)のセミナーとして毎年恒例となっている一般社団法人全国スーパーマーケット協会会長の横山清氏の講演会「SMTSスピークス」が会期初日の14日に開催された。
 今年の講演タイトルは『百年スーパー時代』。1953年に日本初のセルフサービスのスーパーマーケット「紀ノ国屋」が開店してから70年が経過した。〝人生百年時代〟と言われる昨今だが、スーパーマーケットも百年時代が迫っている。横山会長はこれまでのスーパーマーケット業界の歩みを振り返ると共に、変化の激しい時代を生き抜くための指針を述べた。
 横山会長は、日本標準産業分類が改定され、4月より「食料品スーパーマーケット」が新設されることについて触れ、「スーパー誕生から70年、スーパーマーケットが戸籍を得ることになった。スーパーマーケットはコロナ禍などの悪条件にも強く、スーパーマーケット時代が到来するのではないか。今の業態を残しながら、オンラインとオフライン両方で進んでいくだろう」と指摘した。
 また、人口減少や高齢化社会のなか、ますます地域のインフラ、ライフラインとしての役割が求められていると強調した。
 続いて、「流通革命」著者の林周二氏、ライフコーポレーション創業者の清水信次氏、イトーヨーカ堂創業者の伊藤雅俊氏ら業界のカリスマと共に過ごした時間を回想、故人との思い出や業界への貢献に思いを馳せ、感謝の気持ちを述べた。
SMTSスピークス
 また、2018年に開催された全国スーパーマーケット協会創立60周年記念大会の際に届けられた安倍晋三元首相のビデオメッセージを紹介、会場でビデオの上映が行われ、「SMTSにも3年間続けて来て頂き、本当に感謝している」と想いを述べた。
 横山会長は『競合は成長の粮(かて)、協業の力を高め、良い品を納得の価格で提供し、使命を果たす』という自身が今年元旦に記した年頭所感を紹介。「顧客のための競合は、成長の根源であり、グループの力をさらに強化して、価値ある商品・サービスを納得できる価格でお届けするのが私たちの使命」とした。
 今後について、「コロナ禍においてコロナ特需があったが、その後に必ずコロナ不況がくると言われている。現在、インフレで物価が上がっている一方で、実際には安売りが始まっている。これに対してどう対応していくか。30年前はインフレは敵だと流通関係者は口を揃えていたが、今はデフレが敵だ。新しい価格体系に移行し、とにかくインフレをつくることが必要になっている」と方向性を示した。
【2024(令和6)年2月21日第5154号6面】

<DTS2024> 「お弁当・お惣菜大賞」表彰式 各部門の最優秀賞を表彰

家森委員長
 「デリカテッセン・トレードショー」の主催者企画である「お弁当・お惣菜大賞2024」の表彰式が14日、千葉県千葉市の幕張メッセ国際会議場にて開催された。
 今回の「お弁当・お惣菜大賞」は1万4992件の応募の中から、弁当部門、惣菜部門など11部門をスーパーマーケット、専門・CVSの2業態に分けて審査が行われた。
 その結果、最優秀賞20品、優秀賞49品、特別賞9品、入選153件、合計231品が選出された。表彰式では、各部門の最優秀賞受賞者が登壇し、表彰状が贈られた。
 表彰式では、特別協賛者8社(キユーピー、KIS、国分グループ、昭和産業、白子のり、日清オイリオ、ハナマルキ、ヤマサ醤油)の紹介(企業名のみ)、概要の説明と審査結果、審査委員、アンバサダーの紹介に続いて、審査委員長を務めた家森幸男氏(武庫川女子大学国際健康開発研究所所長)が講評を行った。家森委員長は、日本に「カスピ海ヨーグルト」を紹介したことで知られ、長寿に関する研究の第一人者で著名だ。
受賞者及び審査員、アンバサダーによる記念撮影(写真提供:一般社団法人全国スーパーマーケット協会)
家森委員長は「長寿には、食への心掛けが欠かせない。日本が長寿国なのは、和食が大いに関係している。特に魚を食べると、心筋梗塞の予防効果が期待できるという研究結果が明らかになっており、ぜひ積極的に摂取してほしい。本大賞は、お弁当やお惣菜を通して食環境が改善され、日本人全体の健康寿命を延ばすことが大きな目標だ」と語った。
 続いて各部門の最優秀賞受賞者が登壇し、家森審査委員長より表彰状が授与された。
 受賞者代表として、スーパーマーケット・丼部門で「肉巻牡蠣の揚煮重」が最優秀賞に輝いた株式会社ダイキョープラザの担当者、スーパーマーケット・寿司部門で「5種のあじ食べ比べ寿司」が最優秀賞に輝いたヤオマサ株式会社の担当者がそれぞれ謝辞を述べた。
 その後、受賞者全員と審査員、アンバサダーを交えて記念撮影が行われ、表彰式は和やかに終了した。
【2024(令和6)年2月21日第5154号6面】

2024年SMTS・DTS・こだわり食品フェア 本紙関連の出展者名簿

流通3団体12月度実績 客数減も売上は前年比増 田尻会長が過去30年のデータ発表  

田尻会長
中村常務理事
近藤部長
 一般社団法人全国スーパーマーケット協会・一般社団法人日本スーパーマーケット協会・オール日本スーパーマーケット協会の流通3団体は1月23日、日本スーパーマーケット協会会議室(東京・日本橋)で、12月の販売統計調査(実績速報版)を発表した。
 オール日本スーパーマーケット協会の中村伸一郎常務理事、日本生活協同組合連合会(日生協)渉外広報本部広報部の近藤美奈子部長が、それぞれ12月度の統計結果を報告。ゲストスピーカーとして、オール日本スーパーマーケット協会の田尻一会長が「2024年年頭所感・新年を迎えて」のテーマで発表した。
 中村常務理事が能登半島地震の加盟企業被災状況などを報告。「協会からは、日赤を通じて見舞金を拠出する予定」と報告した。
 続いて12月のSM統計調査実績を発表。総売上高は1兆2127億5975万円で、全店ベースの前年同月比は103・7%、既存店ベースでは102・5%だった。食品合計の売上高は1兆1014億3148万円で、全店ベース104・4%、既存店ベース103・1%だった。
 部門別では、生鮮3部門(青果・水産・畜産)合計4153億9760万円で103・5%。日配は2419億4801万円で105・8%。惣菜は1298億8385万円で104・7%。一般食品は3142億202万円で104・4%だった(以上全店ベース)。
 概況として「客数や買い上げ点数は前年割れだが、売上は前年を超えた。青果は相場高が解消、水産もカニが相場安で良い動きだった。年末商戦は、曜日回りで消費者が外食等へ流れたこともあり、やや苦戦。だが、景気判断DIは好調の基準である50を6カ月連続で上回り、基調に大きな変化は見られない」と説明した。
 次に日生協の近藤部長が能登半島地震の被災状況を報告。「配送サポートメンバーの募集を呼びかけ、全国10生協から30名が集まった。支援センターを立ち上げ、今後も支援を続けていく」と報告した。
 全国66主要地域生協の12月の総供給高は、2905億6000万円で前年比100・9%と4カ月連続の前年超え。内訳は店舗供給高が887億5300万で同102・8%、宅配供給高は1965億9600万円で同100・7%、そのうち個配は1481億2600万円で101・8%だった。
 概況については「節約志向が継続したが、単価上昇が前年比増に影響した。部門別では生鮮3部門、総菜、日配品等が前年を超えた。宅配は利用人数の減少傾向が続いているが、客単価上昇で前年超え。苦戦していた衣料品・住関品が回復している」と報告した。
 続いて、ゲストスピーカーの田尻会長が、過去30年間の小売関連データを発表した。
 「1992年から2020年の約30年間で、小売店は店舗数が2・7倍、従業員が2・3倍と伸びた反面、店舗面積は1・9倍。百貨店やGMSが減少し、コンビニやドラッグなど小型店舗の増加傾向を示し、業態の構成比が大きく変化している」と報告。
 続けて「さらに衝撃的な数字として、この間で売上はわずか1・1倍しか伸びていない。胃袋の総数が減少していく中で、業態ごとの競合が激しくなっており、今後も厳しい状態は続いていく」と語った。
 人口1000人当たりの店舗数のデータでは、「石川県が全国1位。これは、人口の少ない地域ではSMが出店しにくいため、CVSの比率が高くなる」と分析した。
 SDGsについては「これまで地球を壊していたのは人間の方で、つまりSDGsは先祖返りだ。物流面で見ると、1980年代は週2回、10tトラックでの配送が当たり前だった。これを毎日発注・毎日納品に変更したのは我々店側の都合だった訳で、先祖返りしながら共同配送や物流拠点の共同化を進め、どう人口減に対応していくか。それがこれからのカギとなる」と語った。
【2024(令和6)年2月1日第5152号3面】

お弁当・お惣菜大賞2024 計22部門の受賞商品発表

弁当部門最優秀賞の「三陸産茎ワカメと鮭の炊き込みご飯弁当」(彩裕フーズ)
寿司部門最優秀賞の「5種のあじ食べ比べ寿司」(ヤオマサ)
 一般社団法人全国スーパーマーケット協会(横山清会長)は、2月14日から16日まで幕張メッセにて開催する「デリカテッセン・トレードショー2024(略称:DTS2024)」の主催者企画「お弁当・お惣菜大賞 2024」の最優秀賞・優秀賞・特別賞・入選商品を選出した。
 「お弁当・お惣菜大賞」は、スーパーマーケットや専門店、コンビニエンスストア等で実際に販売している数多くのお弁当・お惣菜・サラダ・パン等の中から、食の専門家で構成された審査員により、特に優れた商品を選出し表彰するプログラム。13回目となる今回は1万4992件のエントリーがあった。
 表彰式は、DTS2024会期初日の2月14日に行われる。会期中、「お弁当・お惣菜大賞」ブース(3ホール/3-413)にて受賞商品の展示を行う他、「受賞・入選商品の味が知りたい」という声に応えるため、ブース内フードコートにて一部商品を販売する。
【お弁当・お惣菜大賞2024概要】
◆エントリー対象
2022年10月1日(土)~2023年9月30日(土)に販売された商品
◆エントリー期間
2023年7月20日(木)~9月30日(土)
◆部門
【定番商品部門(天ぷら)】【弁当部門】【惣菜部門】【サラダ部門】【麺部門】【丼部門】【おにぎり部門】【寿司部門】【パン部門】【スイーツ部門】【各国料理部門】の11部門を、それぞれ【スーパーマーケット】【専門店・CVS 他】の2業態に分けた、合計22部門での審査
◆審査項目
商品:①おいしさ(最終審査のみ)②テーマまたはコンセプト③原材料のこだわり④調理法や味付け、作業効率のこだわり⑤見た目のこだわり⑥オリジナリティ⑦値ごろ感
◆エントリー数
1万4992件
◆受賞商品(78商品[最優秀賞20、優秀賞49、特別賞9])
◆入選商品(153商品)ウェブサイト参照。(URL:https://www.obentou-osouzai.jp/)
◆表彰式
2月14日(水) 14時50分~15時50分(DTS2024会期初日)
幕張メッセ ホール8 セミナーステージ

【2024(令和6)年1月21日第5151号5面】

スーパーマーケット・トレードショー公式サイト
https://www.smts.jp/jp/index.html

1月21日号 DTS特別インタビュー

(一社)全国スーパーマーケット協会 事業部流通支援課兼事業創造室 チーフディレクター 籾山朋輝氏

売場テーマは価値創出
おにぎり部門エントリー大幅増

 デリカテッセン・トレードショー2024(以下、DTS)が2月14日から16日まで幕張メッセにて開催される。DTSは中食産業の最新情報を発信する商談展示会。主催者企画「お弁当・お惣菜大賞」は近年注目度が上昇、売場の販促ツールとして大きな存在になりつつある。DTS会場内では今年も受賞商品の一部を実食できるフードコートを展開する予定だ。DTSを主催する一般社団法人全国スーパーマーケット協会事業部流通支援課兼事業創造室チーフディレクターの籾山朋輝氏にインタビュー。籾山氏は『お弁当・お惣菜大賞』の今年のエントリー商品の特徴について言及。商品開発の傾向が〝価格訴求”から〝価値訴求〟へ変化していることを挙げた。(藤井大碁)
 ーデリカ売場の販売動向について。
 「値上げが進んだことにより、惣菜カテゴリーの売上は、SM3団体統計調査の直近3カ月のデータを見ても、既存店で前年比3~6%増と好調が続いている。だが、同時に人件費や製造コストも上昇しており、利益面は売上ほどには伸びていないのが実情だ。全体的には、即食や簡便性を求める生活スタイルに加え、家飲みも定着しており、引き続きスーパーの惣菜への需要は堅調に推移していると言えるのではないか」
 ー今回のDTSの見どころ。
 「出展者数は前回よりやや増加し、50社・団体、238小間の規模になる。新規出展も10社程あり、中食産業に特化した様々な最新情報を発信するので是非ご注目頂きたい。『お弁当・お惣菜大賞』の受賞商品の一部を実食できるフードコートを今回も展開する他、デリカ関連のメニューを来場者に食べ比べしてもらう『食べくらべ体験 STAND』では、バックヤードでの導入が進むスチームコンベクションオーブンの活用メニューとして、注目が高まっている『ドリア』を試食して頂く予定だ」
 ー「お弁当お惣菜大賞2024」エントリー商品の特徴。
 「今回のエントリー商品を見てみると、極端な価格訴求型の商品が減っている。製造コストの高騰により、価格とクオリティの両立が難しくなった。その代わりとして、今回目立ったのが、メニューや食材に一捻り加えて、オリジナリティを演出した商品のエントリー。ご当地食材を使用したり、一つの弁当内で食べ比べが出来たり、様々な工夫を凝らすことにより価値を創出した商品が多く入賞している。またカテゴリーごとの特徴では、おにぎり部門のエントリー数が大幅に増加した。物価高で商品の一品単価が上昇する中、200~300円で一食完結できるこだわりのおにぎりのエントリーが増えた。一方、各国料理部門のエントリー数が減少した。コロナ禍で海外旅行に行けなかったため、家で海外の料理を食べて、旅気分を味わうというトレンドがあったが、そうした売場の企画が減少していることが見て取れる」
 ーデリカ売場の課題。
 「引き続き人手不足が大きな課題となっている。デリカ売場の商品を全て自社製造することは難しく、力を入れるもの、入れないものを見極めて、自社で作り切れない部分については、仕入れ商品をうまく活用していくことが求められている。また、コロナ前のデリカ売場でよく見られていた裸売りが未だ復活できないというのも売場にとっては課題の一つだ。裸売りができれば、華やかでシズル感のある売場が演出できるため、現在のテーマとなっている価値の創出にも繋がる」
 ー今後について。
 「即食や簡便性へのニーズは強く、惣菜への需要は引き続き高まっていくのではないか。近年、冷凍食品の進化も著しく、カテゴリーによっては惣菜と冷凍食品の棲み分けが進んでいく可能性もある。また、物価は今後も上昇していくと思うので、これまで以上に創意工夫を重ね、付加価値の高い商品の開発が必要になる。こらから先は、完全にコロナ明けの環境となるので、今年は、今後のデリカマーケットを占う意味でも重要な1年になると考えている」
【2024(令和6)年1月21日第5151号6面】

デリカテッセン・トレードショー公式サイト
https://www.delica.jp/

スーパーマーケット・トレードショー2024 2月14日より幕張メッセで開幕

横山実行委員長
昨年11月の合同記者発表会で決意を新たにする主催者代表
SMTS2023開会式のテープカット
「お弁当・お惣菜大賞2023」表彰式

「インバウンド×食」を新設 4年ぶりにセミナーステージ復活

第57回スーパーマーケット・トレードショー2023
 「第58回スーパーマーケット・トレードショー(SMTS)2024」「デリカテッセン・トレードショー(DTS)2024」(主催:一般社団法人全国スーパーマーケット協会)「第19回こだわり食品フェア2024」(主催:一般財団法人食品産業センター)が2月14日から16日まで、千葉市の幕張メッセ全館で開催される。
 「第58回スーパーマーケット・トレードショー2024」(横山清実行委員長)はスーパーマーケットを中心とする食品流通業界に最新情報を発信する商談展示会。2117社・団体、3497小間(2023年11月1日現在。前回実績は2046社・団体、3271小間)の規模で開催する。
 今回も全国各地から自治体や地方金融機関等の取りまとめにより、39都道府県のブースと1400社以上の地方メーカーが出展。海外からは13カ国、62社・団体、126小間が出展する。
 主催者企画「食のトレンドゾーン」では、前回好評だった「冷凍×食」「サステナビリティ×食」の2つのトレンドテーマに加え、「インバウンド×食」を新設。訪日外国人観光客数が急速に回復する中、滞在中の食事、お土産品の購入など、「食」分野のインバウンド需要に関連する食品・情報・サービスをバイヤーに提供することで、インバウンド消費の拡大、売上・利益の向上に貢献することを目的としている。
 また「SMTS・DTSセミナーステージ」、継続的近未来スーパーマーケット研究「Future Store 〝NOW〟2023‐2024」が4年ぶりに会場内に復活。セミナーステージでは開会式や各種表彰式の他、「DX」「物流2024年問題」「インバウンド」など注目度の高いテーマを題材としたセミナーを開催する。
 オンライン開催の「リテールトレンドウィーク2024 Vol.4」と合わせ、充実したプログラムを無料で聴講することが可能となっている。
 継続企画では、日本各地の酒蔵を集めた「てづくりNIPPON」、国内バイヤーとの個別商談会「ビジネスマッチング@SMTS・DTS2024」、海外バイヤーとの個別商談会「ジェトロ食品輸出商談会 at SMTS2024」等を実施する。
 「デリカテッセン・トレードショー2024」(三科雅嗣実行委員長)は、中食産業(お弁当・お惣菜)に特化した商談展示会。他業態と同時開催することにより相乗効果をもたらし、新たなビジネスチャンスを生み出す場として開催する。「第19回こだわり食品フェア2024」は日本全国から特色のある地域食品をはじめ、素材や製法、味付けや見せ方にこだわった食品を集めた「食」の専門展示会。地域食品のさらなる販売促進を図るため、商品の情報発信の場、商談の場を提供することを目的に開催する。
 【SMTS主催者企画】
<食のトレンドゾーン(4・5ホール)>

 3つの食のトレンドテーマを設定し、来場者に最新のトレンド情報と商品を紹介する。新設の「インバウンド×食」関連では、ゾーン内に主催者企画展示コーナーを設置する他、SMTS・DTSセミナーステージにて特別セミナーも実施する。
 ▽「インバウンド×食」インバウンドに関する食品・情報・サービス(5社・団体16小間出展)
 ▽「冷凍×食」冷凍に関する食品・機器・技術・サービス(51社・団体122小間出展)
 ▽「サステナビリティ×食」サステナビリティ(持続可能性)に配慮した商品(28社・団体55小間出展)
<てづくりNIPPON(1ホール)>
 日本の地域や質にこだわった造り手の〝技〟や〝思い〟を「お酒のあるく・ら・し」をコンセプトに、全国から選りすぐりの酒蔵を紹介する。また各酒蔵のSDGsや社会貢献への取組事例に焦点を当て、ブース内映像資料や紹介シートの作成等、ブース全体で出展酒蔵の魅力を発信する。日本酒、焼酎、クラフトビール、日本ワイン・果実酒、ウイスキー・スピリッツなどの酒蔵が45社出展。
<ビジネスマッチング@SMTS・DTS2024(国際会議場)>
 事前申込制で流通バイヤーとの個別商談会を開催。直接的な商談の場を提供する。2月14日(水)~2月16日(金)事前エントリー制、主催:(一社)全国スーパーマーケット協会、東京商工会議所。
<ジェトロ食品輸出商談会 at SMTS2024>
 日本産食品に関心を持つ海外バイヤーとSMTS2024出展者との商談会。4年振りのリアル商談会となる今回は、チリ、イギリス、スペイン、インド、オーストラリア等12カ国から海外バイヤーが来場。海外販路開拓の場を提供する(主催:(独)日本貿易振興機構)。
<出展者・商品検索システム「リテールトレンド」>
 2023年12月15日(金)より「リテールトレンド」ウェブサイト上にて出展者・商品検索システムを公開(2024年9月末まで)。登録可能件数の増加やメッセージ機能の搭載など、従来より機能性が向上。数ある出展者の中から、よりターゲットを絞りこんだ訪問を準備することができる(同時開催2展の情報も検索可能)。
<SMTS・DTSセミナーステージ(8ホール)>
 ▽開会式:SMTS/DTS/こだわり食品フェアの各主催代表者、関係省庁省、出展者代表者が登壇
 ▽第2回「SUPER‐DX コンテスト」表彰式‥流通業におけるDXの加速化を目的とした、流通業の課題解決策となる提案の表彰式(主催:経済産業省)。
 ▽SMTSスピークス:タイトル「百年スーパー時代」スピーカー 横山清氏(一社)全国スーパーマーケット協会会長/(株)アークス代表取締役社長)
 その他「スーパーマーケット白書」「DX」「物流2024年問題」「インバウンド」などのプログラムを実施する。
<継続的近未来スーパーマーケット研究「Future Store 〝NOW〟2023‐2024」(2ホール)>
 小売業界における課題と対策を定期的に議論するための推進協議会の開催や、議論内容をより深掘りおよび検証するための分科会を実施し、各会で得られた内容・成果を発表する。
 【DTS主催者企画】
<お弁当・お惣菜大賞2024>

 13回目となる今回は、1万4992件がエントリー。結果の公開は1月10日(水)を予定しており、会期初日の2月14日(水)に表彰式を行う。会期中は受賞商品の展示を行う他、「受賞商品の味が知りたい」という声に応えるため、フードコートにて一部商品を販売する。ウェブサイト:https://www.obentou-osouzai.jp/
<食べくらべ体験STAND>
 店内調理販売の導入提案として、デリカ関連のメニュー提案を来場者に食べくらべ体験してもらうコーナー。今回は、バックヤードでの導入が進むスチームコンベクションオーブンの活用メニューとして、注目が高まっている「ドリア」を、実演を交えて試食してもらう企画。
<デリカスタディ>
 デリカに関する情報を求めるニーズに応えるために、デリカテッセン・トレードショーの会期だけでなく、年間を通してデリカに関する勉強会を開催し、売れるメニューの提案や課題共有を図る。DTS2024では、年4回の開催を予定している。既に、2023年5月17日(水)・7月26日(水)・11月1日(水)の3講演を終え、残りは、1月17日(水)開催予定の1講演となる。
<惣菜デリ最前線>
 今回もお弁当・お惣菜に関する情報を満載した冊子「惣菜デリ最前線2024」を発行し、会場内で無料配布する。「お弁当・お惣菜大賞2024」受賞商品・売場の紹介を行う他、専門家・コンサルタント執筆による業界動向やトレンド、デリカに力を入れている小売業の販売現場や取り組み状況のレポートなどを掲載する予定となっている。
【2024(令和6)年1月1日第5149号13面】

スーパーマーケット・トレードショー公式サイト
https://www.smts.jp/jp/index.html
株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F

TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
TOPへ戻る