本文へ移動

「大豆・みそ・納豆・醤油」商材・企業紹介2023

旭松食品 特許技術で「大豆ミート」

「サステナブルチキン」発売
 旭松食品株式会社(木下博隆社長、大阪市淀川区)は丸大豆のみで粒状大豆ミートを製造する技術を特許出願した。
 本技術を利用した「旭松大豆ミートサステナブルチキン」を2023年2月1日より発売し、SDGsで拡大中の大豆ミート市場に本格参入する。
 鶏ひき肉のようなあっさりとした風味と見た目が特徴。大豆ミート独特のくせも少なく、料理に良くなじむ。
 一般的な大豆ミートは、丸大豆に含まれる油により製造が困難になるため、脱脂大豆を原料に製造しているものが多い。同社は特許出願済みの独自新製法により、丸大豆から大豆ミートを安定製造することが可能となった。
 原料大豆は、グローバルGAP認証取得農場で契約栽培する「高オレイン酸大豆」を使用する。オレイン酸はオリーブオイルなどにも含まれる注目成分で、冠動脈心疾患のリスクを低減できる可能性が示唆されている。脱脂大豆よりも丸大豆に多く含まれる。
【2023(令和5)年1月11日第5117号16面】

旭松食品 HP
https://www.asahimatsu.co.jp/
株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F

TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
TOPへ戻る