本文へ移動

シジシージャパン2024

「グリーン物流」特別賞 CO2排出量削減に貢献

表彰式で表彰を受ける6社の代表者
 株式会社シジシージャパン(堀内淳弘CGCグループ代表、堀内要助社長)は、株式会社ラルズ、株式会社フレスタ、原信ナルスオペレーションサービス株式会社、日本貨物鉄道株式会社、全国通運株式会社と共に「令和5年度グリーン物流パートナーシップ会議 特別賞」を受賞した。
 「グリーン物流パートナーシップ会議 物流パートナーシップ優良事業者表彰」は、環境負荷の低減、持続可能な物流システム構築に向けた荷主と物流事業者のパートナーシップを普及促進することを目的とした表彰制度。今回、「農林水産物・食品等における持続可能な物流システム構築モデル」として、物流2024年問題への対応やCO2排出量削減に大きく貢献したことが受賞につながった。
 野菜や果物は、天候不順などの理由により産地の変更が発生しやすく、これまで加盟企業各社がそれぞれ異なる産地からトラック輸送で仕入れていた。
 鉄道での輸送が困難な品目・輸送区間であったが、CGCと加盟企業、運送会社が連携して、調達先集約とモノの流れの可視化、物流ネットワークの構築をしたことで、鉄道コンテナ輸送にシフト(モーダルシフト)を実現した。
 効果として、CO2削減量は年間841・6t‐CO2(78%)、トラックでの輸送距離削減量は年間78万9822㎞(92%)が挙げられる。
 昨年12月18日に東京・永田町で開催された表彰式で、上記の6社に表彰状が授与された。
 シジシージャパンでは、今後、この取組に賛同する加盟企業をさらに増やしていく予定だ。
【2024(令和6)年1月11日第5150号14面】
株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F

TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
TOPへ戻る