野崎漬物株式会社

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

野崎漬物株式会社 宮崎県

   
おいしく、もっと健康に
 

<企業紹介> 野崎漬物

<企業紹介> 野崎漬物
 
 「環境」「地域」「自然」「技術」「安心」―。5つのキーワードをベースに、時代のおいしさを追求する。本物のおいしさを求める一人ひとりの食生活を見つめながら、より満足のある新しい食文化を創造し続ける。従業員の「人」を育てる福利厚生事業、小学生の工場見学を受け入れる「食育」、また「健全な食生活は健全な肉体から」と、ソフトボール、ミニバレーボール、リトルシニア野球など、各種青少年スポーツへの協賛事業も行っており、地元への貢献度・知名度は高い。関連会社の「一ツ葉フーズ」では、鶏炭火焼きやおせち料理など惣菜の製造・販売、持ち帰り弁当のほっかほっか亭宮崎地区本部など、多角的に事業展開している。
 

<オススメ商品> 看板の「千本漬」、「鶏の炭火焼」や「ひや汁」も

<オススメ商品> 看板の「千本漬」、「鶏の炭火焼」や「ひや汁」も
 
 看板商材は、なんといっても宮崎産干し大根の「千本漬」。やぐら干しされた大根を樽に仕込む際、一樽に約1000本を漬け込んだことからこの商品名が付けられた。内閣総理大臣賞を受賞した、同社自慢の一品である。
 プロパー商材の中ではミニサイズが定着しており「九州育ち」シリーズは、沢庵・高菜漬など食べ切りの量目と値頃感のある価格設定で、九州内のスーパーでも大人気商品となっている。
 また「てげてげ漬」は、漬物日本一決定戦「T-1グランプリ2012」の九州・沖縄ブロック大会、法人の部最高金賞に選ばれた。じっくり時間をかけて熟成乳酸発酵させた野菜を、あっさりして食べやすいように甘味・酸味のバランスをとり梅酢味に仕上げている。
 「千本漬燻製」は、同じく「T-1グランプリ2012」で銀賞を受賞。千本漬を香りのよい桜チップ100%でじっくり燻製している。
 「鶏炭火焼」は、備長炭100%の遠赤外線効果でじっくりと焼き上げ、その美味しさをぎゅっと真空パック。 炭火焼歴20年のたたきあげ職人が、自らの手で丹精込めて焼き上げた逸品。
 

<企業情報>

<企業情報>
 
会社 野崎漬物株式会社
代表 代表取締役社長 野﨑伸一
創業 昭和26年3月
業務内容 各種漬物製造販売
住所(本社) 880-0852 宮崎県宮崎市高洲町90
電話(代表) 0985-24-7767
FAX 0985-24-7784
HP http://www.nozaki-p.com/
メール info2@nozaki-p.com
   
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921