株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

鎌倉あきもと本店

   
秋本食品株式会社(神奈川県綾瀬市)
 
鎌倉の「風」、漬物の「音」と「香り」の感じられる売場
 
 
 

梅干から浅漬、本漬、鎌倉の風情を今に残す季節の商品まで、全国の逸品を取り揃える秋本食品株式会社(秋本大典社長、本社=神奈川県綾瀬市)の鎌倉あきもと本店(神奈川県鎌倉市)。昨年9月にリニューアルオープンし、観光客の関心を呼んでいる。

 

店舗改装に伴い、ブランドコンセプトも刷新。鎌倉の「風」、漬物の「音」と「香り」の感じられる売場を演出し、商品パッケージの上部は爽やかな「風」をイメージしたデザインとなっている。秋本善明専務を軸にデザイナーの意見を聞きながら、同社社員が中心となって漬物の魅力を集約させたブランドコンセプトを構築した。

   

売れ筋商品をセレクト

 

店舗には自信のアイテムを取り揃えている。

多くの商品を並べるのではなく、同店の売れ筋商品40~50品をセレクトして販売。

比率は季節によっても異なるが、浅漬が3分1(要冷)、本漬(非冷商品)が3分の2。ほぼ全品を試食することができ、美味しさを納得してもらって販売している。

 
目玉商品もある。鎌倉あきもと本店のみの限定企画として、地元の野菜を使用した自家製漬物を製造、販売する。海や山に囲まれ、ミネラルたっぷりの土壌で育つ鎌倉野菜は近年、京野菜とも引けを取らないブランド野菜として注目を集めている。採れたての旬の野菜を店で漬け込み、数量限定で提供。

 

鎌倉は世界遺産登録申請で脚光を浴びた平成25年以降、年間の観光客数が毎年2000万人以上を記録。歴史的建造物や海の魅力が見直され、若い人や外国人観光客も多く訪れるようになっている。店舗の所在地はJR鎌倉駅または江ノ電鎌倉駅下車徒歩約5分のところで、若宮大路沿い二ノ鳥居そば。人の往来が多く、休日は多くの観光客で賑わう。鎌倉の新たな新名所として国内外から注目を集めている。

 



 
 

鎌倉あきもと東京スカイツリータウン・ソラマチ店

 

また、同社では2012年5月にオープンした東京スカイツリーと同時に鎌倉あきもと東京スカイツリータウン・ソラマチ店を出店。東京初出店となった同店は、店舗作りを和風江戸時代イメージしたデザインで構成し、鎌倉あきもと本店の売れ筋商品50アイテムをソラマチ専用のオリジナル和風デザイン包材で商品化した他、ソラマチ店だけの限定商品も展開し、好評を博している。

 

店舗概要

店舗概要
 
住所 〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町2-11-22
アクセス

 JR鎌倉駅または江ノ電鎌倉駅下車

若宮大路沿いニノ鳥居そば
電話番号 0467-22-0101
営業時間
9:00~18:00
定休日  ―
ホームページ
運営会社 秋本食品株式会社 https://www.akimoto.co.jp/
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921