株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

【バイヤー必見】イチ押し商品!谷口醸造

 

谷口醸造(長野県)

谷口醸造(長野県)
 
 

山ごぼう漬

山ごぼう漬
   

市販用から業務用まで幅広い品ぞろえ

「山ごぼう漬」は、もりあざみの根を調味液で漬けた一品で、刺身や天ぷらの一皿に乗せて箸休めとして、また巻き寿司の具材として重宝されている。業務用にはロングタイプ(1kg)・切タイプ(1kg)・割タイプ(290g)の3品、小売向けにはロングタイプ(55g)、切タイプ(90g)の2品があるが、これだけの規格を取り揃えられるのは同社ならでは。

 

その見た目から、巻き寿司の具材としての需要は海外でも高く、海苔の代わりにアボカドやとびっこなどを使って作る巻き寿司〝ドラゴンロール〟にも用いられる。国内では2月の恵方巻シーズン前になると引き合いが増加。鮮やかな色合いと野性味ある風味は、巻物のアクセントとして今後大きな飛躍の可能性を秘めている。              

 
 
 

<業務用>

ロングタイプ1kg

 

<業務用>

お寿司屋さん290g

 

<市販用>

ロングタイプ55g 

 

<市販用>

黒ごま山ごぼう100g

 

野沢菜漬・ザーサイ

野沢菜漬・ザーサイ
 
谷口醸造は野沢菜漬のラインナップも多数持つ。季節ごとの商品を揃えているのが特徴である。
ザーサイの超人気アイテム「万里風味」も同社の商品だ。
 
 
 

春の野沢菜

「春の野沢菜」はほんのりと桜の香りがする野沢菜漬で春の売場にピッタリの商品だ。販売期間は3~4月末となっている。

 
 

初夏の野沢菜漬
「初夏の野沢菜漬」は枕崎産の鰹節からとっただしをぜいたくに使用した風味豊かな野沢菜漬。販売期間は5~6月末。

 
 

夏の野沢菜

「夏の野沢菜」は爽やかなシソの味付けが夏にピッタリの商品だ。販売期間は7~8月中旬。

 

秋の野沢菜漬

「秋の野沢菜漬」はこだわりの木桶による天然醸造の丸大豆醤油で漬けた風味・香り豊かな野沢菜漬。新米との相性も良く、秋の売れ筋となっている。販売期間は8月中旬~11月末まで。

 

冬の野沢菜漬

「冬の野沢菜漬」も風味・香りの良い丸大豆醤油を使用し、芳醇な醤油の香りが特長となっている。冬の寒さで旨味成分が凝縮された野沢菜を美味しく仕上げている。販売期間は1112月。

 

万里風味

コリコリと食感良く処理したザーサイに北海道産の帆立貝ひもと胡瓜をミックスし旨味たっぷりに味付け。肉厚のザーサイに醤油とゴマ油とラー油のバランス取れた味つけは絶妙で胡瓜と貝ひもは主役のザーサイをうまく引き立てている。

 

企業情報

企業情報
 

谷口醸造株式会社(谷口春之社長、長野県飯田市)は清らかな水と空気に恵まれた南信州の地に位置する老舗メーカー。醤油の製造業として創業以来、味噌・醤油の醸造から漬物製造へ、また直営店の併設へと、多様な業態を手がけて来た。現在も様々な野沢菜漬の商品ラインナップや、絶品のザーサイ「万里風味」など数々のヒットアイテムを提案し続けている。

 

 
社名 谷口醸造株式会社
本社・工場

〒395-0803  長野県飯田市鼎(かなえ)下山975番地

事業目的 食料品製造販売・観光土産販売
創業 昭和元年
会社設立 昭和32年
資本金 1,000万円
従業員数 103名(平成30年5月現在 パート含む)
代表者名 代表取締役 谷口春之
主な営業品目

野沢菜漬(古漬、浅漬)・山ごぼう漬・ザーサイ漬・長いも浅漬など 

電話番号

0265-22-0979

FAX番号

0265-52-3244

ホームページ

https://www.t-jozo.com/

 

地図

地図
 
〒395-0803  長野県飯田市鼎(かなえ)下山975番地
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921