全国調理食品工業協同組合

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

全国調理食品工業協同組合 2020

 

7月11日号 「6月29日は佃煮の日」キャンペーン

7月11日号 「6月29日は佃煮の日」キャンペーン
 
佃煮を贈呈する全調食東日本ブロック会の徳永会長(㊨から3人目)、組合員の山本氏(㊨から2人目)、全国調理食品工業協同組合の横山事務局長㊨
 
流山市の食堂で提供された佃煮を使ったメニュー
 
東日本B会が寄贈した佃煮はこども食堂を通して子供達に提供された
 
日本坂PAの食堂で佃煮が無償提供された
 
東名高速日本坂PA「焼津さかな工房」の佃煮コーナー
 
佃煮を贈呈する静岡県佃煮協組の清水代表理事㊨
   
佃煮を贈呈する浜幸の濱本社長㊧
全調食 佃煮の日キャンペーン​
佃煮文化 食育で継承
 
6月29日「佃煮の日」に合わせ、各地で佃煮の日キャンペーンが実施された。「佃煮の日」は東京佃島の守り神である住吉神社が造営された日(1646年6月29日)に由来し、全国調理食品工業協同組合(岩田功理事長)により2003年に命名され、2004年より日本記念日協会に登録認定されている。今年は新型コロナウイルスの影響を受け、例年同様の取組みが実施できなかった地域もあったが、佃煮配布などの食育活動を通して佃煮文化の継承に力が注がれた。
 
全調食東日本ブロック会(徳永伸一郎会長)では5月25日に千葉県東葛地区で「こども食堂」50カ所を取りまとめる「とうかつ草の根フードバンク」(千葉県流山市)に、会員企業7社の佃煮や豆商品、計1020個を寄贈した(一部既報)。
寄贈された佃煮・豆商品は柏市、松戸市、流山市、我孫子市、鎌ケ谷市、野田市のこども食堂ネットワークを通して、食料を必要としている地域の小学生や中学生ら子供達に提供された。流山市のこども食堂では、シジミ佃煮を使用した炊き込みご飯や昆布佃煮を使用した胡瓜の和え物が提供されるなど、そのまま食べるだけでなく料理素材としても使用できる佃煮の汎用性が示される貴重な機会となった。
静岡県佃煮商工業協同組合(清水英訓代表理事)では6月26日、清水代表理事が静岡県立焼津水産高等学校を訪れ、生徒代表にサンプル商品及び「佃煮の日」クリアファイルを寄贈。同日、東名高速日本坂パーキングエリア「焼津さかな工房」にもサンプル商品を贈呈し、「佃煮の日」店頭掲示PRを実施した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため試食ができないため、併設の食堂で付け合わせの一品として佃煮の無料提供が行われた。
また株式会社浜幸つくだ煮街道(濱本けい子社長、愛知県知多郡美浜町)では、6月29日に野間小学校など地元の4つの小学校に地元豊浜産「生炊きちりめん」などの佃煮商品を贈呈。濵本社長は「朝食でご飯と一緒に食べてほしい。そうすれば、体の調子が良く、勉強も頑張ることができると思う」と佃煮の栄養価や魅力を直筆の手紙を添えて伝えた。
その他、豊橋や秋田でも地元小学校への佃煮配布キャンペーンが実施された(本紙7月1日号にて掲載)。
なお、石川県佃煮調理食品協同組合(大畑晃一理事長)も例年であれば金沢市内の小学校で佃煮の歴史などを伝える出前授業と、給食への佃煮提供を行っているが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となった。大畑理事長は「子供たちへ佃煮の良さをPRできる場が減ったのは残念。事態が終息したら別の機会を探したい」と話している。
【2020(令和2)年7月11日第5027号1面】
 
全国調理食品工業協同組合 →こちらから 
 

7月1日号 佃煮の日

7月1日号 佃煮の日
 
佃煮を贈呈する豊橋佃志会の髙坂会長(左)
 
佃水会のPR活動
 
佃煮にちなんだクイズが出題された
 
佃煮を贈呈する佃水会の菅原代表幹事
   
6月29日『佃煮の日』
豊橋や秋田でキャンペーン
6月29日「佃煮の日」に合わせ、今年も各地で佃煮やクリアファイルの配布などが実施されている。
豊橋佃志会(髙坂悠太会長)は、豊橋市内の小学校2校(羽根井小学校、花田小学校)に佃煮小袋製品とオリジナル佃煮クリアファイルの配布を行った。
配布内容は、あさりしぐれ・ちりめん・子持ちししゃも甘露煮など各社が製造する豊橋特産の佃煮で、配布数は同会佃煮製造メーカー7社の計1015個。
豊橋市立羽根井小学校には6月25日、髙坂会長が佃煮を持参し、清水志哲校長に手渡しで佃煮を贈呈した。
清水校長は「豊橋が佃煮の一大産地であることを知らない児童も多く、今回のような機会を頂くことで、地元を知るきっかけにも繋がると思う」と感謝の気持ちを示した。
また秋田県佃煮組合の青年部組織・佃水会(菅原英信代表幹事)では6月29日、三種町の湖北小学校にてPR活動を実施。組合員8社144個の佃煮配布と共に、会員4名が小学校6年生17名に向け、佃煮にちなんだ4択クイズを出題した。「佃煮ができたのは何年前?」という問題では、約400年前との正解を聞いて児童たちは驚いていた。
「佃煮の日」は東京佃島の守り神である住吉神社が造営された日(1646年6月29日)に由来し、全国調理食品工業協同組合により2003年に命名され、2004年より日本記念日協会に登録認定されている。
【2020(令和2)年7月1日第5027号1面】
 
全国調理食品工業協同組合 →こちらから 
 

6月22日号 佃煮の日

6月22日号 佃煮の日
 
佃煮の日クリアファイル
6月29日「佃煮の日」
各地で佃煮配布など実施
今年も6月29日に「佃煮の日」を迎える。コロナ禍の影響がある中、各地で小学校への佃煮配布などが実施される。
全調食東日本ブロック会では、5月25日に「とうかつ草の根フードバンク」に、佃煮や豆商品を寄贈。秋田県佃煮組合の青年部組織・佃水会でも地元小学校への佃煮配布を実施する予定だ。
また、全調食東海北陸ブロック会では、豊橋佃志会が豊橋市内の小学校2校に佃煮を配布予定、静岡県佃煮商工業協同組合や石川県佃煮調理食品協同組合でも佃煮配布を予定している。 「佃煮の日」は東京佃島の守り神である住吉神社が造営された日(1646年6月29日)に由来し、2004年より日本記念日協会に登録認定されている。
【2020(令和2)年6月22日第5025号1面】
 
全国調理食品工業協同組合 →こちらから 
 
|トップページ|会社案内|食料新聞オンライン情報サービス2020|公式メールマガジン「食料新聞ニュース」|食料新聞デジタル2020|記者のオススメ!2020|プロが売りたい! 地域セレクション|工場長・店長必見!関連資材機器・原料|総務・福利厚生サポート|食べて応援!伝統食品|コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ|全日本漬物協同組合連合会|自由民主党 漬物振興議員連盟|漬物グランプリ2020|漬物JAS・全国漬物検査協会2020|漬物研究同志会2020|日本漬物産業同友会|漬物業界インタビュー2020|全国調理食品工業協同組合 2020|全国水産加工たべもの展 2020|「梅」関連情報2020|業界人事・機構・IR情報 2020|データ・法令・資料2020|漬物WOMAN・漬物MEN 2020|全国スーパーマーケット協会|AJS・オール日本スーパーマーケット協会|【バイヤー必見】イチ押し商品!|本店・催事・キャンペーン情報|お店へ行こう♪|ぬか情報2020|糀・甘酒情報2020|こんにゃく情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2019|「大豆」関連情報2020|熊本県辛子蓮根 情報|「塩」関連情報2020|漬物イタリアンの提案|ご購読・広告出稿のご案内|リクルート情報|お問い合わせ|サイトマップ|個人情報保護方針|
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921