株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

【バイヤー必見】 新進「とろろ芋」

 

新進(東京都)

新進(東京都)
 
とろろ芋

「とろろ芋」が好調

 

 株式会社新進(籠島正雄社長、東京都千代田区)が”手間いらずシリーズ”から昨年新発売した「とろろ芋」が発売以来、好調に推移している。

 

 「とろろ芋」は、国産長芋をスパウト容器に詰めた商品で、すりおろす手間なく、必要な量だけ、本格的な「とろろ芋」を味わうことができる。

 

 とろろ本来の味を保つ独自技術と特殊なすりおろし製法により、特有の粘りと風味を保ち変色を防止、賞味期間は冷蔵で45日を実現している。

 

 ご飯やそばの他、少量だけ使用するまぐろやおくら、納豆など一品料理へのトッピングにも便利だ。

 

 料理素材としての利用もオススメ。同社では「とろろ入りお好み焼」のレシピを公開している。手軽にふんわりとした生地のお好み焼きが出来上がる人気レシピとなっている。

 

とろろ芋レシピ

とろろ芋レシピ
 

とろろそば

 

とろろ(温そば)

 
 

とろろ入り お好み焼

   

とろろ入り お好み焼

とろろのふわっとした生地に具材が包まれ味わいと食感がグレードアップします!

 

【作り方】

1.キャベツを粗みじん切りにします

2.豚バラにくを適当な大きさ(一口サイズ)に切ります

3.紅しょうがをみじん切りにします

4.ボウルにお好み焼粉と水を入れてよく混ぜ合わせます

5.卵2個をいれて混ぜ合わせます

6.新進のとろろ芋1パック全部入れます

7.キャベツ、揚げ玉、紅しょうがを入れてしっかりと混ぜ合わせます

8.フライパンに油を熱し、生地を中火で焼いていきます

9.切った豚バラ肉を生地の上にのせ、両面焼いていきます

10.両面きつね色に焼けたら、お皿にのせ、ソースやマヨネーズ、トッピングにかつお節、青のり、紅ょうがなどをのせたら出来上がりです

   
   
 
 
 

「大根おろし」シリーズ

「大根おろし」シリーズ
 

「大根おろし」シリーズが定着

 
 また「大根おろしシリーズ」の売上も伸びている。使いたいときに使いたい分だけ使える簡便性に加え、大根の素材感そのままのみずみずしい味わいが支持を集めている。

 

 2013年に登場した新進の「大根おろし」。秋のサンマシーズンに売り上げが大きく拡大。その勢いを受けて2016年にはシリーズ商品として、シャキシャキ食感にこだわった「粗おろしタイプ」も登場した。2017年9月には、大家族や使用頻度の高い人向けの新商品「大根おろしファミリーパック」を発売。たっぷり使用できる徳用サイズ(180g入り)で、鍋料理などに「大根おろし」がさらに使いやすくなった。

 
 

大根おろし

 

大根おろしファミリーパック

 

大根おろし 粗おろしタイプ

 
   

大根おろしシリーズの大きな特徴として、クロスMDにより様々な売り場の活性化に貢献できることが挙げられる。サンマ以外にもシラスなど小魚やそば・うどんなどの麺類、焼肉やバーベキュー用の精肉などとも併売が多い。新進の「大根おろし」は、「大根をおろすのが面倒」といった人口高齢化に伴うニーズや、共働き世帯からの時短ニーズを受け、着実に食卓へ浸透してきている。

 

「大根おろしシリーズ」商品特長

■スピード:キャップを開けてすぐ使える。

■便利さ:使いたいときに、使いたい分だけ使える。大根おろしの為に大根1本まるまる買う必要がない。

■鮮度:納品された生大根を鮮度そのままに加工、まるでおろしたての味わい。

■技術力:水分を分離させず、独自のノウハウでシャキッとみずみずしい大根おろしの食感を維持。

■保存性:賞味期間は冷蔵60日(開封前)なので買い置きも可能。

   
大根おろし レシピリンク
 
 
 

新進「オリジナルエコバッグプレゼント」キャンペーン

新進「オリジナルエコバッグプレゼント」キャンペーン
 
キャンペーンで1000名に
 
株式会社新進(籠島正雄社長、東京都千代田区)では2月から、「オリジナルエコバッグプレゼント」キャンペーンを実施する。レジ袋の有料化が実施されるにあたり、地球環境にもお客様にも優しいエコバッグをプレゼントする。
【キャンペーン景品】
「野菜をコーディネートする」新進ならではの、カラフルな野菜たちをデザインした華やかなエコバッグ。レジカゴにもピッタリのサイズで、お買い物後の袋詰めの手間も短縮する。
【キャンペーン実施期間】
・商品出荷:2020年2月~3月(予定数終了まで)
・応募期間:2020年5月31日まで(当日消印有効)
【応募方法】
専用応募ハガキまたは郵便ハガキ1枚に、対象商品に印刷された応募券1枚を切り取ってセロハンテープで貼り、郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を記載して応募。一人何回でも応募できるが、ハガキ1枚につき1口となる
 
【応募先】
〒371-0857 群馬県前橋市高井町1-6 新進プレゼント係
【抽選・発表】
応募者の中から厳正なる抽選の上、期間中合計1000名に賞品をプレゼント。当選者の発表は発送をもって代える
【キャンペーン対象商品】
特級福神漬100g、カレー福神漬100g、良質福神漬100g、良質カレー福神漬120g、国産野菜カレー福神漬減塩100g、パリッコ100g、しば漬80g、葉唐きゅうり90g、国産野菜からし高菜減塩80g、国産野菜つぼ漬100g、大根おろし120g、大根おろし(粗おろし)100g
 
キャンペーン詳細は https://www.shin-shin.co.jp/c-camp/
【令和2(2020)年2月10日号2面】
 

CM動画

CM動画
 

使用例

使用例
 
   
他にも、大根おろしのおすすめメニューはこちら!
https://www.shin-shin.co.jp/item/item_list_osusume.html

 

   

 また、フレッシュな生タイプの「きざみ生姜」もシリーズに加わり、冷奴やうどん・そばの付け合わせとして重宝する。シリーズ商品「もみじおろし」も鍋や牡蠣の薬味として人気だ。 

 
 

きざみ生姜

 

もみじおろし

   
 
「バイヤー必見!イチ押し商品」新進・お箸倶楽部はこちら
   
 

オンラインショップサイト https://www.shin-shin.biz/

 
 

企業情報

企業情報
 
創業 明治27(1894)年5月
設立

昭和15(1940)年12月

資本金 1億円
代表者 代表取締役会長 籠島正直 (四代目 忠作)
代表取締役社長 籠島正雄
事業内容 漬物、調味料、小麦でん粉、小麦たん白食品、ポテト等チルド製品および各種食料品の製造販売
事業所
【本社】〒101-0041
東京都千代田区神田須田町2-19
TEL. 03-6206-4111(代表) FAX. 03-6206-4112
 
支店:東京、大阪、札幌、仙台、名古屋
営業所:前橋、広島、福岡
工場:総社工場、芳賀工場、利根川工場
関係会社
籠島澱粉(株)、九州新進(株)、北海道新進アグリフーズ(株)、アキバキャビン(株)、
(株)塩野、パターテ・ジャパン(株)、新進物産(株)、日本スタンゲ(株)、
唐山広野新進食品有限公司 、鹿児島くみあい食品(株)、
MYANMAR BELLE SHIN-SHIN FOODS CO., LTD.、MYANMAR AGRI FOODS CO., LTD.
ホームページ https://www.shin-shin.co.jp/
 

地図

地図
 
【本社】〒101-0041 
東京都千代田区神田須田町2-19
 

<企業活動情報 紙面アーカイブ>

<企業活動情報 紙面アーカイブ>
 

食料新聞 2020年8月21日号8面
 
 
食料新聞 2020年8月1日号12面
 
 
 
食料新聞 2020年8月1日号1面
 
 
 
食料新聞 2020年7月21日号20面
 
 
 
食料新聞 2019年7月22日号10面
 
|トップページ|会社案内|食料新聞オンライン情報サービス2020|公式メールマガジン「食料新聞ニュース」|食料新聞デジタル2020年11月30日号|記者のオススメ!2020|プロが売りたい! 地域セレクション|工場長・店長必見!関連資材機器・原料|総務・福利厚生サポート|食べて応援!伝統食品|コロナ対策融資 自治体支援情報まとめ|全日本漬物協同組合連合会|自由民主党 漬物振興議員連盟|漬物グランプリ2020|漬物JAS・全国漬物検査協会2020|漬物研究同志会2020|日本漬物産業同友会 2020|業界インタビュー2020|全国調理食品工業協同組合 2020|全国水産加工たべもの展 2020|「梅」関連情報2020|業界人事・機構・IR情報 2020|データ・法令・資料2020|講演録 2020|フェイスブック掲載記事アーカイブス|漬物WOMAN・漬物MEN 2020|全国スーパーマーケット協会|AJS・オール日本スーパーマーケット協会|【バイヤー必見】イチ押し商品!|本店・催事・キャンペーン・イベント情報|お店へ行こう♪|アニバーサリー 2020|ぬか情報2020|糀(麹)・甘酒情報2020|こんにゃく情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2020|豆腐・油揚・がんも情報2019|「大豆」関連情報2020|熊本県辛子蓮根 情報|「塩」関連情報2020|漬物イタリアンの提案|ご購読・広告出稿のご案内|リクルート情報|お問い合わせ|サイトマップ|個人情報保護方針|
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921