株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

【バイヤー必見】 新進「福神漬」

 

<新進の福神漬>

<新進の福神漬>
 
特級福神漬
 
カレー福神漬
 
国産野菜 カレー福神漬 減塩
 
国産野菜 無着色福神漬 減塩
 
良質福神漬
 
良質カレー福神漬
   
1930年より福神漬を「新進漬」の名称で発売

株式会社新進(籠島正雄社長、東京都千代田区)では、1930年(昭和5年)より福神漬を「新進漬」の名称で発売、同社の看板商品として長年にわたり全国で販売を行ってきた。
現在は、市販用から業務用まで用途に応じ数多くの種類を揃え、福神漬をカレーの名脇役として、また更に他の食材との組み合わせを常に模索し、研究開発に励んでいる。
「特級福神漬」は、だいこん、なす、なたまめ等、7種の野菜がカレーの風味を引き立てる甘さひかえめな福神漬。カレーの他にもピラフや丼物の付合せ等、幅広く利用できる。
「カレー福神漬」は、だいこん、なす、きゅうり等、7種の素材を伝統の味と技で丹念に漬け込んだ。カレーの辛さをやわらげ、旨みを引き立たせるカレー専用の福神漬。保存料、合成着色料は使用していない。

 

「国産野菜カレー福神漬 減塩」は、国内で収穫された原料野菜『だいこん、なす、きゅうり、れんこん、なたまめ、しそ、しょうが、ごま』8種類を丹念に漬け込んだ。「国産野菜 無着色福神漬 減塩」は、すべて国産野菜を使用、保存料や着色料は使用していない。
同社では、塩分が気になる人でも安心して食べてもらえるよう、おいしさはそのままに、福神漬の減塩にも取組んでいる。「特級福神漬」と「カレー福神漬」はそれぞれ従来より塩分を25%カット、「国産野菜 無着色福神漬」は同30%カット、「国産野菜 無着色福神漬 減塩」は同35%カットとなっており(日本食品標準成分表2015福神漬対比)、日本高血圧学会減塩委員会の減塩食品リスト(食塩含有量の少ない食品の紹介)に掲載されている。
その他、国内産の原料野菜を保存料を使用せずに漬け上げた「良質福神漬」や「良質カレー福神漬」も揃えている。

 

 

<福神漬の歴史>

<福神漬の歴史>
 
 
福神漬は古くから縁起の良い漬物として庶民に親しまれ、20世紀初頭、外国航路客船の食堂でカレーライスに添えられて以来、カレーの味わいを引き立てる名脇役として今日まで愛されてきた。
多種の野菜を使用したことから、その野菜を七福神の神様になぞらえて福神漬と命名したという説が有力だが、ご飯に福神漬さえあれば、他におかずが要らず食費が浮いてお金が貯まる、まるで福の神のような美味しい漬物ということで福神漬となったという説もある。福神漬はカレーのほかにも、チャーハンやピラフ、オムライス、焼きそばなどとも相性が良い。
 

<福神漬の日>

<福神漬の日>
 
「福神漬の日」ポスター
株式会社新進では2010年、七福神の「 7(しち)」「 29(ふく)」 の語呂合わせで7月29日を『福神漬の日』として制定。カレーや白いご飯のお供として長い歴史を刻んできた福神漬を日本の良き食文化の一つとして再認識してもらうことを目的にPRしている。
同社では例年、7月29日『福神漬の日』に合わせて、福神漬729個の無料配布を実施している他(2020年はコロナ禍により中止)、東京浅草の待乳山聖天にて福神漬の奉納と隆盛祈願を行っている。
 
 
福神漬を奉納
 
福神漬の無料配布(写真は2019年)
 

<レシピコンテスト>

<レシピコンテスト>
 
2020年最優秀賞「福神みたらし団子」
福神漬を使用した料理レシピを募集する『福神漬レシピコンテスト』は、カレーに添える以外にも美味しく食べられる福神漬の魅力を発信するイベント。
毎年募集テーマが設定され、全国から数多く寄せられた福神漬を使用したアレンジレシピの中から、料理の美味しさや福神漬の使用方法などを審査基準に最優秀賞や優秀賞などが決定、7月29日『福神漬の日』当日に結果発表が行われている。2020年に開催された「第12回 福神漬を使ったレシピコンテスト」では、『福神みたらし団子』が最優秀賞に輝いた。
同社では、『福神漬レシピコンテスト』の歴代受賞作品の他、料理研究家の一条もんこ先生やうんのえり先生が考案した福神漬レシピをホームページ上で紹介している。
 
 
 
2019年最優秀レシピの「とろり福神漬チーズのはさみカツレツ」
 
2018年最優秀レシピの「福神漬のミニピザ」
 
2017年最優秀レシピの「もちもち福神漬団子 和風出汁あんかけ」
   
 

オンラインショップサイト https://www.shin-shin.biz/

 
 

企業情報

企業情報
 
創業 明治27(1894)年5月
設立

昭和15(1940)年12月

資本金 1億円
代表者 代表取締役会長 籠島正直 (四代目 忠作)
代表取締役社長 籠島正雄
事業内容 漬物、調味料、小麦でん粉、小麦たん白食品、ポテト等チルド製品および各種食料品の製造販売
事業所
【本社】〒101-0041
東京都千代田区神田須田町2-19
TEL. 03-6206-4111(代表) FAX. 03-6206-4112
 
支店:東京、大阪、札幌、仙台、名古屋
営業所:前橋、広島、福岡
工場:総社工場、芳賀工場、利根川工場
関係会社
籠島澱粉(株)、九州新進(株)、北海道新進アグリフーズ(株)、アキバキャビン(株)、
(株)塩野、パターテ・ジャパン(株)、新進物産(株)、日本スタンゲ(株)、
唐山広野新進食品有限公司 、鹿児島くみあい食品(株)、
MYANMAR BELLE SHIN-SHIN FOODS CO., LTD.、MYANMAR AGRI FOODS CO., LTD.
ホームページ https://www.shin-shin.co.jp/
 

地図

地図
 
【本社】〒101-0041 
東京都千代田区神田須田町2-19
 

 企業活動情報 紙面アーカイブ

 企業活動情報 紙面アーカイブ
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921