株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

食料新聞デジタル

 

<野崎会>

<野崎会>
 
野﨑社長
 
木村会長
 
講師の田村氏
   
野崎漬物株式会社(野﨑伸一社長、宮崎県宮崎市)の取引業者約70社で構成する「野崎会」(木村寿志会長)の第35回通常総会が2019年10月15日、宮崎市の「宮崎観光ホテル」で開催された。野﨑社長は「地元で採れる国産原料をベースに製造を強化していく。世の流れがスピード化している現代では、伝統食品といえども時代に合わせた商品開発が必要」と今後についての指針を示した。総会に引き続き行われた講演会では、漬物振興議員連盟事務局長を務める衆議院議員・武井俊輔氏の事務所所長、田村俊彦氏が講師を務めた。田村氏は、現代日本が抱える課題を宮崎市の現状と比較しながら詳細に説明し、日本の将来に向けたビジョンを示した。
 
野崎漬物株式会社 http://www.nozaki-p.com/
 
 

<紀州梅の会>

<紀州梅の会>
   
紀州梅の会の梅干部会(濱田洋部会長)は2019年10月10日の「梅干献上の日」、京都の下鴨・上賀茂神社へ今年収穫した梅で漬けた新梅干を奉納し、紀州梅の発展や、人々の健康を祈願した。また、両神社に居合わせた参拝客各300名へ梅干を配布し、紀州梅をPRした。
 
 

<下北沢カレーフェスティバル2019>

<下北沢カレーフェスティバル2019>
 
国産カレー専用福神漬
 
やさしい福神漬
 
おつまみになった岩下の新生姜
 
ドライフルーツみたいな岩下の新生姜
 
岩下の新生姜のど飴
   
「下北沢カレーフェスティバル2019」が10月10日から開催。同イベントは今年で8回目となり、今年は142店舗が参加し個性豊かな自慢のカレーを提供する。開催期間は10月22日まで。
このイベントではスタンプラリーに参加することが大きな楽しみ方のひとつ。カレーを食べたり、イベントに参加するなどするとスタンプがたまり、先着順で賞品が貰えるシステムだ。
そのスタンプラリーの賞品として、やまうは「国産カレー専用福神漬100g」と「やさしい福神漬100g」を各1500個用意し、先着でどちらか1個を選べる。
また岩下食品は「おつまみになった岩下の新生姜」、「ドライフルーツみたいな岩下の新生姜」、「岩下の新生姜のど飴」の3点がセットになった「岩下の新生姜おやつセット」を先着500個提供する。
 
やまう株式会社 http://www.yama-u.co.jp/
岩下食品株式会社 http://www.iwashita.co.jp/
下北沢カレーフェスティバル2019 https://curryfes.pw/
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921