本文へ移動

株式会社中園久太郎商店 鹿児島県

鹿児島発のお漬物 ~良い商品は良い原料から~
沢庵の名品「兵六漬」

<企業紹介> 中園久太郎商店

鹿児島伝統の「山川漬」
 明治45年、創業者・中園久太郎が鹿児島市で漬物作りを始めて100余年。一貫して地元で採れる新鮮野菜を使い、美味しい漬物作りに精励してきた。
 同社が、昭和51年フジテレビ系で放送されたドラマ「嫁だいこん」のモデルとなったのは有名。干し大根の銘品「兵六漬」や「山川漬」「桜島大根漬」など、鹿児島県伝統の漬物を多数製造している。
 最近では桜島大根漬の「さつま漬」をふりかけにした製品が、平成23年の漬物日本一決定戦「T-1グランプリ」九州・沖縄地区法人の部でグランプリを受賞した。
 また、創業100周年事業として、指宿の特産マンゴーを使用した「指宿マンゴープリン」を開発するなど、進取の気性にも富んでいる。

<オススメ商品>

鹿児島伝統の「山川漬」、高菜漬や桜島大根も

 「山川漬」は、鹿児島伝統の漬物。大根を真冬の寒さの中、長期間吊り干しして十分に乾燥させる。その後、杵で塩を混ぜながら入念に突いて柔らかくし、瓶壷に堅く密閉して漬込む。そこから長期間熟成させた鹿児島県の伝統食品で、「ふるさと認証食品」にも指定されている。薄くスライスして三杯酢に一晩浸すと柔らかく漬けあがり、おいしく食べられる。
 天日干し大根の銘品「兵六漬」は、パリパリとした食感が最高。ご飯が進む一品だ。
 大根漬だけでなく、高菜漬も主力商材のひとつ。中でも惣菜風「高菜油あえ」は、唐辛子のピリッとした辛味とごま油の風味豊かな高菜漬。おにぎりやチャーハンにはもちろん、いろいろな料理に使用できる。
 「さつま漬のふりかけ」は、桜島大根の粕漬け『さつま漬』を細かく刻んでごまと昆布を加え、ふりかけにした一品。あったかご飯にかけるのはもちろん、お茶漬け、おつまみ、冷や奴の薬味、卵焼きなど、使い方いろいろ。
「高菜油あえ」
桜島大根を使った「さつま漬のふりかけ」

「ミニ沢庵」シリーズ

「漬物グランプリ2022」に出品した沢庵製品「ミニ」シリーズの「ミニ山川漬」が金賞以上を確定した。
 山川漬は、大根を冬の寒い時期に長期間吊り干し、十分に乾燥させた後、塩を混ぜながら杵で入念に突いて柔らかくする。これを瓶壷に堅く密閉して漬込み、3~6カ月もの長期間をかけて熟成させるという独特の製法で作られる。
 これは、鹿児島県で400年から500年の歴史を持つとも言われる“かめつぼ製法”だ。豊臣秀吉の朝鮮出兵時にも、山川港(現指宿市)で島津義久の軍船に付近の農家が漬けた大根の漬物を食料として積み込んだと記されており,これが今日の山川漬であると考えられる。平成3年に「ふるさと認証食品」にも指定されている。
 山川漬は、しっかりとした乳酸発酵の旨味が特徴。ご飯のお供、お酒のおつまみ、お茶請け、カレー、スパゲッティ、サラダなど様々な料理の素材としても使える。
 「ミニ山川漬」は、手ごろな食べきりサイズの少量タイプにした。2~3㎜の大きさに切って食べるのが一般的だが、切り方をアレンジすることで食感が変わるのも楽しめる。また、好みにより三杯酢に漬ければ、また違った風味となる。
 なお、同じく漬物グランプリ2022に出品したミニシリーズの「ミニ燻したくあん」も銀賞を受賞。燻し沢庵は、秋田のいぶりがっこの人気上昇で、様々な方面でブレイク中だ。同社の「ミニ燻したくあん」も、燻製の風味と沢庵の旨味が絶妙にマッチングした一品である。

のっける桜島大根

 主力商品のひとつ桜島大根を使った商品で、2020年に発売したのが「のっける桜島大根」。
 ご飯の付け合わせだけでなく様々なシーンで料理素材として使える一品で、第12回鹿児島県新作観光土産品コンクール(主催=県観光土産品公正取引協議会など)では、58品の応募の中から最上位の優秀賞に選ばれた。
「のっける桜島大根」のアイテムは次の3種類。
 ▼「麦みそ」=桜島大根を刻み、味付けは鹿児島ならではの麦みそで仕上げた。独特の甘さが食欲をそそる。ご飯はもちろん胡瓜・人参等の野菜にのせても、チーズと合わせておつまみにも。
 ▼「酒粕わさび」=桜島大根を刻んで酒粕に漬け込み、茎わさびを加えてピリッと辛いわさび風味に。クラッカーにチーズを合わせてカナッペ風にしたり、ちくわにのせるとわさびが効いてくせになる。
 ▼「塩麹トマト」=イタリアン風に仕上げた新しい塩麹漬。程よい塩気とトマト、バジルの風味が様々な料理に合うため、アレンジも自由自在だ。サラダのトッピングや、ポテトサラダに混ぜると酸味と塩気が程よいアクセントに。
 同社の直売店舗「かいもん市場 久太郎」の中園大喜店長は「ご飯のお供やおつまみとして、コンパクトで手に取りやすく、新しい漬物として提案したい」と語っている。

記者のココがイチ押し!

指宿の特産品を続々と商品化!
 同社の本社工場は、鹿児島県指宿市「JR日本最南端の駅・西大山」の目の前にあります。同社では、地元・指宿で採れる特産品を商品化しており、マンゴー・プリンやマンゴー・ジェラート、オクラ醤油漬など、ユニークな商品が目白押し!
 本社敷地内にある産直ショップ「かいもん市場」では、これらの商品を購入できるほか、西大山を訪れる観光客の案内スポットとして機能しています。(担当記者:菰田隆行)
 

中園久太郎商店 オンラインショップ →こちらから

中園久太郎商店 公式フェイスブック →こちらから

かいもん市場 久太郎 公式フェイスブック →こちらから

かいもん市場 久太郎 公式インスタグラム →こちらから

 

<企業情報>

会社 株式会社中園久太郎商店
代表 代表取締役社長 中園雅治
創業 明治45年
業務内容 各種漬物 惣菜 製造・販売
住所(本社) 〒891-0514 鹿児島県指宿市山川大山860-2
電話(代表) 0993-34-1180
FAX 0993-27-6015
HP http://www.tuke-mono.com/
メール jimu4@tuke-mono.com

中園久太郎商店 紙面アーカイブ

 
2021年4月1日号8面 高菜特集
 
2020年11月21日号5面 沢庵特集
株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F

TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
TOPへ戻る