水溜食品株式会社

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

水溜食品株式会社 鹿児島県

   
鹿児島のお漬物「薩摩かんぼし屋」
 

<企業紹介> 水溜食品

<企業紹介> 水溜食品
 
 「島津梅」でおなじみの水溜食品株式会社は、地元産の寒干し大根にこだわった良質の沢庵づくりに定評がある有力企業である。創業は昭和16年。看板商材「島津梅」の寒干し沢庵をはじめ、鹿児島県産の高菜漬・割干漬など、多彩な製造品目を誇る。
 水溜社長は、鹿児島県漬物商工業協同組合の理事長を長く務め、「鹿児島つけもの大使」の任命や、漬物の応援歌「ふるさとの贈り物」の制作など、鹿児島県の漬物業界に多大な功績を残している。
 
 

<オススメ商品> ラインナップ

<オススメ商品> ラインナップ
 
「ごぼう酢てぃっくす」
令和元年より発売している「ごぼう酢てぃっくす」が、引き続き好調な売れ行きを示している。
国産ごぼうを使用した甘酢漬で、ごぼう独特のしゃきしゃき食感が特徴である。甘酢の〝きゅん〟とする酸っぱさが、特に女性から支持されている。
常温流通が可能なので、一般の漬物売場ではなく〝おつまみ〟需要として販売先が広がっている。国内に200店舗以上を展開するコーヒー豆中心の食材店でも採用され、一躍人気商品となった。
千葉幕張メッセで2020年2月に開催された「スーパーマーケット・トレードショー2020」の、五味商店「こだわり商品コーナー」にも水溜食品として出展。こちらのブースでもイチ押し商品として「ごぼう酢てぃっくす」がアピールされ、試食した来場者は一様に「おいしい!」と感想を漏らし、好評を博した。
 
   
「島津梅」 割干漬の「ぽり×2」「高菜漬」
 看板商材は、干したくあんの「島津梅」。寒干し大根の旨味と梅酢の上品な香りが見事にマッチして、大好評を続けている。この商品は、現会長の水溜法光氏が社長時代、ある日ふと頭に浮かんだ「島津梅」という言葉を元に開発された。今では、同社を支える一番の売れ筋商材に育った。梅酢のさっぱりとした味わいが、歯ごたえのある干し大根に融合し、食べるほどに箸が進む逸品である。
 その他、ピロ包装の「割干漬」は、おつまみやお土産用として大人気の商材。社長の長男・光一氏が商品開発した「ぽり×2」は、女性にも訴求するデザインだ。
 また、県産の高菜漬は特にホール(姿)物に定評がある。それぞれ製品のカテゴリーごとに「かんぼし屋」「わりぼし屋」「たかな屋」等のロゴをデザイン。特長をストレートに訴求するとともに、親しみのある製品としてアピールしている
 

記者のココがイチ押し!

記者のココがイチ押し!
 
水溜食品のイチ押しは、何といっても干し沢庵の銘品「島津梅」! さっぱりとした梅酢で味付けされた干し沢庵は、ひと口噛むごとにさわやかな風味が口いっぱいに広がります。ご飯のお供にはもちろん、焼酎・日本酒・洋酒・ワインなど、様々な酒のおつまみとしても添えたい一品です。
その他にも「ぽり×2」や「ごぼう酢てぃっくす」など、おつまみに最適な商品が揃っており、お酒好きにはたまらないラインナップとなっています。
(担当記者:菰田隆行)
   
 

水溜食品 お漬物の薩摩かんぼし屋 →こちらから

水溜食品 インスタグラム →こちらから

 
 

<企業情報>

<企業情報>
 
会社 水溜食品株式会社
代表 代表取締役社長 水溜政典
創業 昭和16年
業務内容 干し沢庵・高菜・割干大根等の製造販売
住所(本社) 〒899-3511 鹿児島県南さつま市金峰町宮崎2940
電話(代表) 0993-77-0108
FAX 0993-77-1423
HP http://mizutamari-shokuhin.jp/
メール simazuume@po.synapse.ne.jp
   
 

水溜食品 紙面アーカイブ

水溜食品 紙面アーカイブ
 
 
2021年4月1日号6面 高菜特集
 
 
2020年11月21日号6面 沢庵特集
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921