株式会社食料新聞社|東京都台東区|新聞の出版|漬物|伝統食品|発酵食品|情報、広報、宣伝サービス

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

【バイヤー必見】 山本食品工業

 

山本食品工業(埼玉県)

山本食品工業(埼玉県)
 
国産うす塩味らっきょう
こだわりのらっきょう・生姜・にんにく製品

山本食品工業株式会社(山本正憲社長、埼玉県行田市)は、らっきょう・生姜・にんにく製品を主体とする1921年創業の老舗漬物メーカー。「うまさと健康を食べる」をテーマに、厳選した原料を独自製法で仕上げた製品は老若男女幅広い消費者から支持を集めている。

数あるらっきょう製品の中でも特にファンが多いのが「国産うす塩味らっきょう」。じっくりと乳酸発酵させ、繊細な塩加減で香り豊かならっきょうの風味を引き出している。らっきょう好きの人はもちろん、らっきょう特有の臭みが少ないため、らっきょうが苦手な人や初めての人でも食べやすいのも特徴となっている。
 
 
生姜の若だんな
 
源喜亭 新生姜
 
源喜亭 にっぽんのにんにく味噌仕込み
   
「生姜の若だんな」は、竹しょうがの中でも最も柔らかい部分を厳選してさっぱりと酢漬けにした。生姜本来のさわやかな旨みとシャキシャキと柔らかな食感を堪能できる。サラダ代わりやおつまみの一品として、リピーターが多い商品。

「源喜亭 新生姜」は、農商工等連携事業として認定された貴重な国産竹しょうがを使用した漬物。国産竹しょうがは生産方法が未だ全国的に浸透していない珍しく貴重な素材。同社が茨城県の園部商店と取り組む生産から販売までの一連の流れは、農商工等連携事業としての認定も受けている。収穫したてのフレッシュな色・歯ざわり・風味等を残した国産ならではのこだわりの味わいが楽しめる。
 
青森県産にんにくを天然醸造味噌と国産かつお節を加えて漬け込んだ「源喜亭 にっぽんのにんにく味噌仕込み」も国産にんにくの風味を存分に引き出した味わいが人気を集めている。
 
同社が位置する埼玉県行田市は、昨年(2017年)放送されたTBS系列のドラマ『陸王』の舞台として全国的に知名度が上昇。行田市を代表する会社として同社にも注目が集まっている。
 
 
 

にんにく増量キャンペーン

にんにく増量キャンペーン
 
「ピリ辛みそにんにく」「さわやかしそにんにく」のカップを10g、トレーを15g増量
らっきょう・生姜・にんにくを主力とする山本食品工業株式会社(山本正憲社長、埼玉県行田市)は、らっきょう漬け込み量が日本一、酢漬メーカーで売上トップの地位を確立している。同社では、第69期(2020年10月~2021年9月)の売上が101億円(第68期売上は96・9億円)となり、創業100周年の節目の年に、売上100億円を達成した。
10月よりスタートした新期は、FSSC22000認証を取得する世界基準の品質管理体制の下、『一品入魂』の精神にさらに磨きをかけ、より良い製品づくりに邁進していく。
同社が特にこだわるのが原料の品質だ。国内外の産地より厳選した原料を調達。昨年稼働した中国新工場では、原料の保管から処理、漬け込みまでの全工程でコールドチェーンを導入、徹底した鮮度管理を行うことで、らっきょう製品の品質が飛躍的に高まっている。また原料への強いこだわりが垣間見えるのが新生姜製品。中国の広大な大地で育まれた高品質な原料を使用。辛味の少なさに加え、筋がない柔らかさと、シャキシャキとした歯切れの良さを持ち合わせている。口の中に広がる香り高い新生姜の風味にも、その品質の高さが表れている。
さらに生産方法が未だ全国的に浸透していない珍しく貴重な素材である〝国産竹しょうが〟の栽培にいち早く着手。独自の栽培方法で契約農家と取り組む生産から販売までの一連の流れは、農商工等連携事業としての認定も受けている。
こうした先駆的な取組によりつくられる高品質な原料を、独自の製造技術により加工することで、らっきょう・生姜・にんにく製品の味わいに〝違い〟を生み出している。
現在、らっきょうと新生姜製品は、2021年新物に切り替わり、より鮮度の高い旬の味わいを楽しむことができる。
売場で好評を集めているのが11月より実施しているにんにく製品の増量キャンペーン。定番の「ピリ辛みそにんにく」「さわやかしそにんにく」のカップを10g、トレーを15g増量している。にんにく製品は、健康性の認知度アップに加え、リモートワークの増加やマスク着用により口臭を気にする機会が少なくなった影響もあり人気が上昇。今年、新発売した「黒酢にんにく」や、青森県産にんにくホワイト六片種を使用した「源喜亭 にっぽんのにんにく味噌仕込み」も好調に推移している。
 
 
黒酢にんにく
 
フレッシュ新生姜
 
国産うす塩味らっきょう
 
源喜亭 新生姜
   
また、らっきょう製品では、定番の「甘らっきょう」「ピリ辛らっきょう」「花らっきょう」3種の他、「国産うす塩味らっきょう」を始めとした国産シリーズも人気。酸度・塩度・糖度のバランスに徹底的にこだわり、じっくりと乳酸発酵させる味わいが支持を集めている。
生姜製品では「国産紅しょうが」「国産甘酢しょうが」「国産みじん紅しょうが」の国産シリーズ3品が好調。「生姜の若だんな」「おつまみ新生姜」「フレッシュ新生姜」といった新生姜製品もリピーターが増加中だ。「源喜亭 新生姜」は、貴重な国産竹しょうがを使用した漬物で、収穫したてのフレッシュな色、歯ざわり、風味を残した国産ならではの味わいが楽しめるこだわりの製品となっている。
同社は、昨年2月にテレビ埼玉の人気番組『いろはに千鳥』で、らっきょう・生姜・にんにく・奈良漬などの製品が放送され、人気漫才コンビ〝千鳥〟の二人(大悟・ノブ)がその味わいを絶賛した。この度発売されたムック本『るるぶ いろはに千鳥』では、埼玉を代表するご飯のお供として、「みそにんにく」と「奈良漬」が紹介されている。
【2021(令和3)年11月21日号10面】
   
 

ホームページ
http://www.kanetamaru.co.jp/

 

オンラインショップは→ こちらから

 

 
 

会社概要

会社概要
 
会社 山本食品工業株式会社
代表
取締役会長 山本 正幸
代表取締役社長 山本 正憲
創業 1921年(大正10年)
法人設立 1952年(昭和27年)10月1日
資本金 10,000,000円
業務内容
漬物(ふる漬類)の開発および製造
住所(本社・工場) 〒361-0025 埼玉県行田市埼玉4861-1
電話(代表) 048-559-2111
FAX 048-559-0580
製造品目 らっきょう、しょうが、にんにく、きざみ漬、奈良漬
取引銀行
埼玉りそな銀行 行田支店
 
 

マップ

マップ
 
〒361-0025 埼玉県行田市埼玉4861-1
 

紙面アーカイブ

紙面アーカイブ
 
 
食料新聞
2020年8月1日号5面
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921