全国スーパーマーケット協会

qrcode.png
https://www.syokuryou-shinbun.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F
TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
mail:
info@syokuryou-shinbun.com
──────────────────
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
──────────────────
 

全国スーパーマーケット協会2021

   
一般社団法人全国スーパーマーケット協会 に関する記事を紹介します。
 
 
 

横山清会長に聞く

横山清会長に聞く
 
一般社団法人全国スーパーマーケット協会 会長 横山清氏
〝アフターオフライン〟時代へ
大切なのはホットな気持ち
 
2021年2月17日(水)~19日(金)に千葉市・幕張メッセ全館で、「第55回スーパーマーケット・トレードショー2021」「デリカテッセン・トレードショー2021」(主催:一般社団法人全国スーパーマーケット協会)、「第16回こだわり食品フェア2021」(主催:一般財団法人食品産業センター)が開催される。今回は展示会開催のガイドラインなどを参考に充分な対策がとられ、「新しい生活様式」に対応した展示商談会となる。昨年11月21日に実施された3展示会合同記者発表会では、主催者の一般社団法人全国スーパーマーケット協会会長で、スーパーマーケット・トレードショー実行委員長の横山清氏(株式会社アークス代表取締役社長)がSMTSや今後の流通業界などをテーマに語った。(構成・藤井大碁)
 
 
 
 
―今回のSMTSについて。
「これまでは、たくさんの方に来ていただくことを目標に努力してきたが、今回は安心安全を第一として、必要な方に確実に来ていただくことを目標に開催したいと考えている。お客様のため、人のため、世の中のためになることをひたすら考えている人たちが集まるトレードショーにしたい。会場内の通路幅や商談スペースを拡充するなど、与えられた条件を完璧にクリアし開催する。当協会には304社の正会員、1000社を超える賛助会員が加入している。全国津々浦々から英知を結集し、出来る限りの努力をもって成功に導きたい。第55回大会ということで〝55(ゴーゴー)〟をキャッチフレーズに、危機感を持ちながら取り組んでいく。オンラインで参加できる仕組みも作り、最終的にはトレードショーがあってよかったと言ってもらえる結果にしたい」
―コロナ禍の状況。
「毎年正月に作っている私自身の年頭所感のなかで、今までは、〝我ら生活防衛隊”というフレーズを書いてきたが、これが〝生命防衛隊〟という表現に変わった。まさに現場は、命がけで仕事をしている。また業務用需要の減少で小規模な納入メーカーさんや問屋さんの中には、息切れしてきているところも出てきている。次年度に関しては、納入先の意見も聞き取りながら、共存共栄で、業界全体が健全に前を向いて進んでいけるように取り組んでいく必要がある」
―消費者の変化。
「環境が激変し、消費者の生活も今まで常識だったことを大きく変えざるを得ない状況になっている。無窮の変化とも言うべきか、とんでもないところに飛び込んだという実感を持っている。何年か経つと、元に戻ったという感覚を持つ人もいるだろうが、私は現実問題としては全く生活が変わってしまったと考えている。食生活も5年~10年間くらいは大きく変化するだろう。見たことのないような供給者・生産者の商品が、既に普通の家庭の食卓に並び、それがその地域の名物になっているという状況もある」
―スーパーマーケットの売上は好調だ。
「スーパーは好調だが、旅行関係などは大変厳しく、産業により明暗がはっきりしているため、この状況を喜んではいられないし浮かれてはいけない。世の中がこれぐらい変わるのか、これからどうするのか、という大きな課題を投げかけられている。明日、店舗の新装開店があるのだが、人を集めすぎてもいけないという非常に難しい時代になった。コロナは、一つのきっかけにより、潜在的なものが顕在化した良い例だろう。常識的なようで、非常識な生活を作り上げていかざるを得ない。小売業としてどのようにこの課題に立ち向かっていくか。100歳まであと15年、のたうち回りながら、やらなければならない天職だと感じている」
 
中央:横山氏、右から3人目:こだわり食品フェア田辺主催代表、左から3人目:DTS三科実行委員長
―流通業界の未来。
「資本主義社会の規模と力の関係、というものがオンリーワンではないということをしみじみ感じている。足し算でどんどん規模が大きくなっても、大きくなることがそのまま力になるとは言えない。近年、効率中心主義で儲からない店は閉める、あるいは効率の悪い人間は解雇するというようなトレンドがあったが、それは少しずつ修正されている。だからといって経済的に負けてしまえば存在が許されないため、そのバランスは非常に難しい。私どもは、どちらかというと中小中心のスーパーマーケット団体だ。長年にわたり地域密着型の典型的な仕事をしながら協会も一昨年で設立から60年を迎えた。今後も買物弱者をつくらないことをテーマに、地域のお客様の生活をしっかりと支えていくことが大切だ」
―小売業のデジタル化が進んでいる。
「コロナ以前は、数年後にはリアル店舗にオンラインの商売がつながると考えてきたが、それが逆になりつつある。リアル店舗が存在しながら、オンラインが主導となる〝アフターオフライン〟という時代も目の前に迫っている。だが、大切なのは、心というものはリアルでなければならないこと。生の人間が、ホットな気持ちでお客様に接する。デジタルを通じてであろうがなかろうが、それが最も大切であることに変わりはない」
―業界再編について。
「厳しい環境のなか、良い品物を良いサービスで提供しているだけでは戦えない時代であることが各社分かってきた。貧富の差が広がり、消費者の傾向も含めて、お店の作り方や働き方に影響が出てきている。個人的には、この1、2年が勝負ではないかと考えている。過去にも様々な流通再編があったが、不思議と増税の年が流通業にとっては大きな変わり目になることが多い。来年、再来年の前半あたりに、これまでよりもっと想定外なことが起きてもおかしくはない。だがそれは決して悲惨なことだけではなく、健全なかたちで業界が再編されれば、消費者にとっても良いかたちで変化していくだろうと考えている」
 
 

『第55回スーパーマーケット・トレードショー2021』

『第55回スーパーマーケット・トレードショー2021』
 
2月17日より幕張メッセで開幕
 
SMTSなど3展示会合同開催
徹底した感染症対策で安全安心第一に
「第55回スーパーマーケット・トレードショー2021」、「デリカテッセン・トレードショー2021」(主催:一般社団法人全国スーパーマーケット協会)、「第16回こだわり食品フェア2021」(主催:一般財団法人食品産業センター)が2月17日~19日に幕張メッセ全館で開催される。
今回は完全招待制の導入や出展者の人数制限、出展小間数の削減といった徹底した感染症対策がとられ、安全安心を第一に出展者や来場者を始めとした展示商談会に関わる全ての人達が安心して参加できるよう準備が進められている。
各展示会の見どころは次の通り。
 
スーパーマーケット・トレードショー2020
【第55回スーパーマーケット・トレードショー2021】
出展者数1472社・団体、2479小間(2020年11月15日現在)の規模で開催。今回も全国各地から自治体や地方金融機関等の取りまとめにより、1000社以上の地域産品メーカーが出展する。
主催者企画では、例年開催しているセミナーおよびバイヤー大学をウェブセミナーとして実施、展示会開催期間中以外の聴講が可能となる。その他、継続企画では全国から地域の酒造メーカーを集めた「てづくりNIPPON」、リアルまたはオンラインの参加が可能な「ビジネスマッチング@SMTS2021」、海外バイヤーとの完全オンライン商談「ジェトロ食品輸出オンライン商談会(SMTS)」等を実施する。
【デリカテッセン・トレードショー2021】
出展者数44社・団体、202小間(2020年11月15日現在)の規模で開催。
今回10回目の開催となる「お弁当・お惣菜大賞2021」には4万2549件がエントリー。会期中は受賞商品を展示する他、一部商品を実際に食べることができるフードコートを設ける。お弁当・お惣菜に関する情報を満載した情報誌「惣菜デリ最前線2021」を発行し会場で無料配布する。
【第16回こだわり食品フェア2021】
80小間以上のスペースに110を超える企業・団体が参加、30社を超える新規出展企業が参加する。全国各地から特色ある地域食品をはじめ、素材や製法、味付けや見せ方にまでこだわった食品が一堂に会する。
【2021年1月1日(第5044)号11面】
 
SMTSサイト http://www.smts.jp/
 
 
<<株式会社食料新聞社>> 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F TEL:03-5835-4919 FAX:03-5835-4921